「HappyTown!」はプロジェクションマッピングを使用した新感覚の体感型知育ゲーム。ミッションはよりよい街をつくること!キッズスペースやファミリーがターゲットのイベント会場の集客ツールに活用し、多くの方に体験してもらいたい!このゲームが子供達の創造力と社会の接点を創るきっかけになれば嬉しいです。

プロジェクト本文

▼はじめにご挨拶

はじめまして。

株式会社「あんふぁに」のMacと申します。
〝遊びゴコロが止まらないデザイン〟をモットーにアプリやプロダクトのデザインをしています。


弊社制作のiOSアプリ

「SUM! - かわいい数字で算数遊び」と「文字がないのに持ち物チェックアプリ!? 」はApp Storeトップで特集され、カテゴリー別でそれぞれダウンロード数1位/2位を記録。国内外のデザイン賞を受賞。読売テレビドラマ『脳がスマホに埋められた!』にも使われました!

SUM! - かわいい数字で算数遊び | 文字がないのに持ち物チェックアプリ!? キッズデザイン賞受賞アプリCHECKIE!

この度私達は、プロジェクションマッピングを使用した新感覚の体感型知育ゲーム「HappyTown!」を開発中です。

スマホやタブレットの小さな画面から飛び出し、プロジェクションマッピングの大きな舞台で子供も大人も一緒にプレイ! 考えながら、協力しながら遊ぶことで、子供達の創造力を育むことを願っています。

 

▼HappyTown! ってどんなゲーム?

「HappyTown!」のミッションはよりよい街を作ること。プロジェクションマッピングの大きな画面の中に、みんなで理想の街を作ってください。

〜舞台はあなたの暮らす街〜

ゲームをするその街の白地図がベースです。道路や線路、家、学校…どこに何がどれくらい必要かを考え、みんなで協力して街を作っていきます。

 

 

〜遊び方はカンタン!〜


・画面をなぞる→道路や線路が出現

・マグネットを置く→家や学校など建物が建つ


 

 

 

大きなビルを建ててみよう! とか学校までの近道を作っちゃお! なんて創造力をフルに発揮してみてください。

 

〜住人をハッピーに!〜

そうそう、街には住人が暮らしています。

笑ったり、泣いたり、感情豊かな住人達。


住みやすいステキな街が作られると、住人達は笑顔になります。

でも、帰る家がなかったり、道路が行き止まりだったり、遊ぶ場所がなかったり…と

住人達が困ってしまうとすぐに泣いてしまいます。

どうしたら住みやすい街になるのかな?

みんなで考えて、協力して住人達が笑顔になるようなステキな街に!

 

▼子供達の創造力と社会の接点を創りたい


人工知能により、現存する職業のほとんどが無くなるとも言われているこれからの時代。

今後、子供達がこの時代を生き抜くために私達が目指していること。

それは、楽しく遊び、学びながら、人が幸せや喜びを感じる価値あるものを創造できる力をつけることです。

子供のうちから社会・世界の問題に触れ、考えることの必要性。

私達が提案する「お題」は、実際に地域が抱える問題や課題を、ゲーム風のキャラクターなどに置き換えていることがあります。

今回開発中の「HappyTown!」でも、子供達が自分の住む街の問題点を考えたり、また子供達のアイデアが実際の街作りに活用されたりすることを期待しています。

〜このゲームを通じて、子供達が社会を意識した活動ができるように、また社会も子供達の発想を受け入れられるようになることを願っています〜

 

つくった街はウェブで見れる!

みんなで作った街のイメージは、定期的にウェブサイトに送信! チェックしてみてね。

子どもが考えた街のイメージは、実際の都市開発に活かされるかな?

 

▼集客ツールとしてご活用ください

プロジェクターを設置して、壁に映像を映し出せば、すぐそこは子供達の遊び場に!

キッズスペースのある場所や商業施設など、子供達やファミリーが集う場の集客ツールとしてご活用いただき、できるだけ多くの方にこのゲームを体験してもらいたいと思っています。

想定設置場所

室内遊園地、博物館、科学館、地方の案内所、道の駅/高速道路サービスエリア/空港のキッズスペースなど。

また、イベント運営代理店、キッズスペース制作会社などコンテンツ企画・制作側のご支援もお待ちしております!

 

▼設置方法について

EPSONの電子黒板プロジェクターを2台横に並べて連動で使用します。1台で最大90インチのため、最大横4m×縦1.5mのサイズまで映し出すことができます。プロジェクターは壁にビス打ちなどで固定、または吊り下げ用機器を設置します。セッティングは弊社スタッフが行います。

設置方法の詳細やゲームのルールはこちら↓をご覧ください。

▼資金の使い道

いただいた支援金は、ソフトウェアのデザイン・企画・プログラム開発・構築費と、機材等に充当いたします。

▼リターンについて

このプロジェクトを応援してくださる方には、できる限りの楽しいことで応えたい!

多くの方にHappyTown!を体験して、楽しんでいただける機会を考えました。

 

<一般の方の支援へのリターン>

ただただ応援 

3,000円支援してくださった方には、HappyTown! 特設ウェブサイトに支援者としてお名前を掲載!

 

缶バッヂ 

4,000円支援くださった方には、特製缶バッヂをプレゼント。HappyTown! の可愛いキャラクターと建物、ロゴをプリントした直径25mmの缶バッヂです! 色の指定はできませんのでご了承ください。

特設ウェブサイトに支援者としてお名前を掲載!

 

 

限定特別イベント招待 

10,000円支援くださった方を、ゲームが正式リリースする前の限定特別イベントにご招待!HappyTown!のプレイの他、弊社アプリの賞品付きゲーム大会、また同時にプロモーションビデオ撮影も。ビデオに映るかも⁉︎

当イベントは2018年8~9月中の週末で弊社が指定。100名様まで。

特設ウェブサイトにはもちろん支援者としてお名前を掲載!

 

限定特別イベント招待+映像出演 

20,000円支援くださった方を、ゲームが正式リリースする前の限定特別イベントにご招待! HappyTown!のプレイの他、弊社アプリの賞品付きゲーム大会を開催。また同時にプロモーションビデオも撮影。ビデオ出演し、インタビューに答えていただきます(※お子様のいらっしゃる方限定)。

完成した映像はYoutube他SNSにアップ、特設サイトにもアップします。

当イベントは2018年8~9月中の週末で弊社が指定。5名様まで。
特設ウェブサイトにはもちろん支援者としてお名前を掲載!

 

建物に名前 

20,000円支援くださった方は、ゲームに出現する街の建物の看板をネーミング! ご希望の文字(10文字程度まで)を入れてください。建物はゲームプレイ時に必ず表示されます。仕様上、10名様まで。

特設ウェブサイトにはもちろん支援者としてお名前を掲載!

 

HappyTown! をレンタル・設置して子連れファミリーを集客したい商業施設や自治体からの支援に対するリターン

託児所、児童保育所、児童館、保育園、また、キッズスペース付きの道の駅や空港、サービスエリア、商業施設、博物館、科学館、室内遊園地、イベント運営代理店やキッズスペース制作会社などが対象になります。ご支援いただいた額はそのまま通常レンタル代になります。レンタル時期は2018年後半以降になります。

 

1日展示 

130,000円支援いただいた企業様へのリターンは、国内施設での1日展示です。ここには、現地調整費、機材等一式レンタル、ウェブサイトでのイメージ表示、地図イメージ一式のメール送信を含みます。場所により輸送費、移動代は別途必要になります。20社様までとさせていただきます。レンタル時期は2018年後半以降になります。

 

7日展示 

650,000円支援いただいた企業様には、施設での7日間展示をいたします。ここには、現地調整費、機材等一式レンタル、ウェブサイトでのイメージ表示、地図イメージ一式のメール送信を含みます。場所により輸送費、移動代は別途必要になります。また、故障等でスタッフを派遣・対応した場合、料金が別途発生致します。5社様までとさせていただきます。レンタル時期は2018年後半以降になります。

 

30日展示 

1,742,000 円支援いただいた企業様には、施設での30日間展示をいたします。ここには、現地調整費、機材等一式レンタル、ウェブサイトでのイメージ表示、地図イメージ一式のメール送信を含みます。場所により輸送費、移動代は別途必要になります。また、故障等でスタッフを派遣・対応した場合、料金が別途発生致します。1社様までとさせていただきます。レンタル時期は2018年後半以降になります。

 

※レンタルを実施される場合、機材および備品の破損、紛失、故障などにより今後の実施の支障になると判断させていただいた場合は、別途料金が発生致しますので、ご了承ください。

 

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください