子供たちの明るい未来と世界文化芸術の振興を目指すアーティスト - 廣川政樹

目次

• ご挨拶
• プロフィール
• 受賞歴
• イタリア・マテーラの個展へ向けて
• 支援金の用途について
• リターン品について
• 明るい未来への架け橋
• アートの使命と果てしない道のり
• エピローグ
• RenovArt プロジェクトについて

ご挨拶

はじめまして

グラフィックアーティストの廣川政樹と申します。アートを通じて、鑑賞者の方々の心に浄化の光を灯し、国境を超えた人々の絆を紡ぐ作品を創り出すことを、アート活動の指標としています。作品の表現手法としては主にデジタル媒体を用いたフォトコラージュを中心に展開し、日常とは異なる視座より世界を捉え直すことで新たな気づきや感動をお届けしたく、真摯に創作と向き合っております。

プロフィール

廣川政樹は日本のグラフィックアーティスト。フォトコラージュを主体としたアート作品を制作している。世界各地での展示や数々の国際デザインアワード受賞歴を持ち、美術年鑑グローバルアートマガジンへの作品寄稿も行っている。

受賞歴

• 2024 Global Art Virtuoso: Elite Artistic Career Achievement Award, Contemporary Art Collectors
• 2023 Harmony for Humanity: The Global Consciousness Art Prize, Contemporary Art Collectors
• 2023 Career Art Award 2023, Fondazione Effetto Arte
• 2023 ミケランジェロ国際芸術賞: "The Genius of Italy", Fondazione Effetto Arte
• 2023 Golden Design Award (2022 - 2023年 写真・フォトマニピュレーションデザイン賞部門), A'Design Award & Competition
• 2022 第11回 ITSLIQUID International Contest 栄誉賞, ITSLIQUID Group
• 2022 BEST COVER ARTIST AWARD (365 Art+ 6 Stars AWARDS), 365 Art+ Magazine
• 2022 ARTIST OF THE YEAR 2021ITSLIQUID Group

イタリア・マテーラの個展へ向けて

Image courtesy of Carmela Loiacono

RenovArt プロジェクトとの出会い

2022年春に「RenovArt: 未来のための100人のアーティスト展」への初参加を通じて、RenovArt プロジェクトと出会いました。イタリアの美術史家カルメラ・ロイアコノ氏に私の作品が認められ、出展のご依頼をいただいたのです。

RenovArt展への参加アーティストの方々の作品はどれも心温まるもので、魂の故郷について想いを馳せるものばかりでした。私の作品の選考過程も本当に印象的で、作品の奥底に込められた想念や、作者の持つ魂まで見透かされているかのようでした。

国際展示会への参加経験について尋ねられた時には必ず、RenovArt展の話をします。それは全ての出展作品にアートを人類の遺産として未来へ伝える意志と、平和への祈りが込められているからです。これらはアートの大切な役割であると信じています。

Image courtesy of Carmela Loiacono

イタリア・マテーラでの個展開催が決定

最初の RenovArt展が成功を収めた後、マテーラの人々からの温かいアンコールを受け、次の展示会では特設ブースが設けられました。この時の感謝の気持ちは今でも忘れません。その後も RenovArt展に作品を何度も展示いただき、ついに個展の開催が決定しました

Image courtesy of Carmela Loiacono

個展から未来へ伝えるもの

RenovArt展への参加を通じ、カルメラ氏と重ねた数多くの遣り取りの中で、この個展がプロジェクトにとって重要な役割の一端を担っていることに気づきました。それは、誰もが持つ宿命や運命についても深く考えさせられるものでした。

今後も精進を重ね、後の世代へ何を遺し得るのか、新しい作品に表現し個展へ臨みます。そして人々の心に輝きを灯す作品を制作し、マテーラから世界中へその光の輪を広げて参ります。この個展は、未来を祝福するためのスタートラインであると信じています。

こちらのクラウドファウンディングでのご支援は一切無駄にせず、アート活動を通じて文化芸術の発展に貢献し、世界中へ浄化と幸福の光を届けることをお約束します。

ご支援金の用途について

皆様からの温かいご支援に心より感謝申し上げます。

• 個展開催費用: 約110万円
• 旅費・宿泊費: 約40万円
• 配布品の印刷代・送料: 約5万円
• その他費用: 約45万円

リターン品について

皆様からのご支援は、今後のアート活動にとって大きな力と、何よりの励みとなります。その感謝の気持ちをメッセージやサインに綴り、サービス価格でお贈りさせていただきます。貴重な日々に幸せと彩りを添えられますように。心からの祈りと祝福を込めて。

1. ポストカードセット 3枚/6枚(メッセージ付き)/12枚(サインとメッセージ付き)
複数のセットを厳選いたしました。お好みの作品への差し替えも喜んでお受けします。

2. A4クリスタルプリント(額装済み/サイン付き)
特殊光沢加工を施したクリスタルプリントを額装し、作品の光彩を鮮やかに際立たせます。

3. A3/A4木製アートフレーム(サイン付き)
高級木製フレームに施されるクリスタルプリントは、お部屋を華やかに飾ります。

4. 大判ポスター(額装済み/サイン付き)
上質な半光沢紙にプリントされた額装ポスターは、日々に彩りと喜びを添えるでしょう。

5. 特注フォトパネル(アルミニウム・ディボンド素材/サインとメッセージ付き)
数量限定のフォトパネルには、作品をアルミニウム・ディボンド素材に美しく表現します。

※作品が万が一破損していた際はお知らせください。速やかに再発送させていただきます。

明るい未来への架け橋

文化芸術の振興と国境を超えた心の絆

アートの力を信じ、社会に積極的な影響を与えることを指標としています。イタリアのミラノ、ヴェネツィア、マテーラ、スペイン、英国など、世界各地での展示や様々なアート活動を通じ、文化芸術の振興国境を超えた人々の交流を深めることに尽力しています。

その過程で、欧州の美術館への寄付や、国立図書館などへの美術年鑑の寄贈、アートギャラリーへの作品寄贈の機会も賜りました。数々の国際芸術賞も授与いただき、「Harmony for Humanity」の受賞では活動が国際社会に於いて調和と共感を促すことを評価されました。これらの恵みが世界の文化芸術の継承・発展に僅かでも貢献することを願っています。

今秋に開催されるイタリア・マテーラでの個展をはじめ、アート活動から生まれる貴重な御縁と幸福の波及を世界へ広げるために、あなたのご支援を心よりお願いいたします。あなたのご支援は、アートを通じて国境を超えた心を繋ぐ架け橋となります。それは平等なグローバルコミュニティを形成し、明るく心豊かな未来を創造する礎となるでしょう。

アートの使命と果てしない道のり

Image courtesy of Carmela Loiacono

世界情勢の影響と個展の度重なる延期

個展開催へ向けての準備には、展示会場の設営プロモーションカタログ制作など、多岐にわたり費用が必要です。個展は 2022年秋の開催を当初予定しておりましたが、世界情勢の影響により何度も延期せざるを得なくなりました。

私は 11年間、スマートフォンアプリ事業を経営しており、それを基盤に沢山のアート作品を創らせていただきました。これまでに世界累計 5000万ダウンロードを突破し、それは何よりユーザーの方々の支えあってのもので、アート活動の存続にも欠かせないものでした。

しかし主に海外より事業収益を戴いているため戦禍の影響は免れず、アート活動の支えである事業も欧州からの撤退を余儀なくされ、個展は再び延期となりました。しかし今秋には個展を素晴らしい形で実現し、一人でも多くの方に喜んでいただきたく思います

アートの持つ本来の力

現在も事業のサービス改善に日夜努力を重ね、それと並行し、アート活動もより積極的に行っています。アートは有事の際にこそ本来の力を発揮すると信じ、近年は国際展示会などへの参加を通じて、微力ながら人々の心を豊かにする活動に従事させていただきました。

世界に於けるアートの役割について真剣に考え、平和をテーマにしたデザインアワードへ作品と論文を提出し、その運営団体を介して欧州美術館への寄付活動も叶いました。命の尊さについて訴えた作品が「Golden Design Award」を受賞したのは明くる年のことでした。

個々の力は小さくとも、力を束ねればアートは社会へ大きな影響力を持つと信じています。

エピローグ

アートが紡ぐ貴重な御縁

私がアート活動を通して出逢えたのは、本当に心豊かで優しい方々でした。国際芸術賞を受賞した時は、いつも沢山の祝福の言葉をいただきました。人種や言葉は違っても、そこには同じ表情があり、お互いに分かち合えるものがありました

時代が大きく変容を遂げるプロセスを迎え、あらゆる物事が加速する中、困難に直面されていない方は少ないと思います。そのような時にも祝福の言葉を人へ与えることができる、心美しい方々と出逢うことが出来ました。それらの御縁は私のアート活動が生んだ宝です。

今後も作品を観てくださる方の心が生来の輝きに溢れる作品を表現し、この世界へご恩返しをして参ります。クラウドファウンディングを通じて繋がった皆様との貴重な御縁も大切にし、将来お会いできる日を心待ちにしています。

全てを遍く照らす無償の光

人々のかけがえのない日常には、色とりどりの感謝の光が満ちています。個展へ向けて私とカルメラ氏の遣り取りは続き、その過程で沢山の学びと、力強いお言葉をくださいました。

私たち一人一人に使命や人生の目標があり、神は何をするために生まれて来たかを教えてくれているのでしょう。私は将来、あなたがアートの分野で大切な役割を果たすことを望んでいます。あなたにも同様の使命があり、それを作品で実現しなければならないのです

きっと様々な困難は涅槃へ至るための大切なメッセージであり、その答えはいつも「無条件の慈愛と祝福」であると気づきました。世界中の人々にとって、現在が如何に困難な時代であっても、人は何度でも雄々しく立ち上がることが出来る。今はそう強く信じています。

RenovArt プロジェクトについて

Image courtesy of Carmela Loiacono

RenovArt プロジェクトは、美術史家のカルメラ・ロイアコノ氏がキュレーターおよびプロジェクトマネージャーを務めています。このプロジェクトは、アートが持つ無限の可能性を信じ、それを通じて社会に積極的な影響を与えることを実現しています。

このプロジェクトに連なる数々の展示会は、現代美術の発展および知識の向上を目的としています。当初は国内外のアーティストの再生と奨励の証として開催され、現在もコンセプトを変えながら進化を続けています。

視覚的に美しいだけでなく、参加アーティストの方々がそれぞれに持つ固有の魂の神秘性を感じさせられる作品が展示されています。鑑賞者の方々の喜びが世界中の人々を幸福へと導き、明るく拓けた未来を築くことを願っています。

RenovArt プロジェクトとの歩み

Image courtesy of Carmela Loiacono

RenovArt プロジェクトは、美術史家のカルメラ・ロイアコノ氏が発案し進行を務めるプロジェクトで、これまでに様々な展示会を通じ、アートの力を社会に広めています。以下は、私が参加させていただいた展示会です。

• 2023 RenovArt | Shapes of Nature
• 2023 RenovArt | Panta Rhei
• 2023 RenovArt | Flowing Identities at Spazio Opera Gallery
• 2023 RenovArt | Flowing Identities
• 2022 RenovArt | 100 Artists for the Future (July 2022 | November 2022)

RenovArt プロジェクトへの出展作品

Kuan Yin Bodhisattva / 救世菩薩

仏教の観世音菩薩へ人々の心の平安を祈念し制作された作品です。仏教は哲学も科学も超越した領域にあり、神仏は時空を超えて存在します。この作品には祈りが込められていると言い表すより、この世界へ菩薩の顕現を祈念し、純粋な願い一つから制作されました。

Karma / 業

人の業の深さに、日々学ぶことの多さに、自ら背負った重荷に耐え難きものを感じながらも、ただ足元の暗がりだけを見据え、一歩ずつ前へと歩を進めるのみ。

展示歴

2023 ENIGMI, Arte Borgo Gallery, Rome/Italy
2023 CENSORED, M.A.D.S. ART GALLERY, Milan/Italy
2023 Paris 2023 International Contemporary Art Fair, VAN GOGH Art Gallery, Paris/France
2022 BRAIN CAKE 2022, M.A.D.S. ART GALLERY, Casa Milà - Barcelona/Spain
2022 WE CONTEMPORARY CATALOG & ART SHOW, MUSA International, Rome/Italy
2022 ROME INTERNATIONAL ART FAIR 2022, ITSLIQUID Group, Rome/Italy
2022 VIFAF 2022 - Virtual International Fine Art Fair Exhibition, World Of Crete, Crete/Greece
2021 SACRIFICE 2021, M.A.D.S. ART GALLERY, Milan/Italy

公式ウェブサイトの展示会メニューより、全ての展示歴をご覧いただけます。

国際美術年鑑

2023 PHOTOGRAPHY IN THE VISUAL CULTURE, MUSA International
2023 WORLD ART GUIDE 2023, Bellamonti Art
2022 WE CONTEMPORARY INTERNATIONAL ART CATALOG, MUSA International
2022 ART ANTHOLOGY V: MADRID EDITIONGuto Ajayu Culture

グローバルアートマガジン

365 Art+ Case 9. Faith

365 Art+ Case 23. LEGENDS

365 Art+ Case 28. DEBBIE WINGHAM’S DIAMOND QUEENDOM

365 Art+ Case 27. KOSHINO MICHIKO

公式ウェブサイトの 365 Art+ Magazine ページより、全ての掲載誌をご覧いただけます。

ご案内

公式ウェブサイトのクラウドファウンディング特設ページにて、こちらには書き切れなかった想いを綴っております。もし宜しければご覧いただければ幸いです。

支援金の使い道

集まった支援金は以下に使用する予定です。

  • リターン仕入れ費

  • 個展開催費用: 約110万円
    旅費・宿泊費: 約40万円
    配布品の印刷代・送料: 約5万円
    その他費用: 約45万円

※目標金額を超えた場合はプロジェクトの運営費に充てさせていただきます。

このプロジェクトの問題報告はこちらよりお問い合わせください