入江開発室は「自分のサービスだけで生きていく」をコンセプトに集まる個人開発者のオンラインサロンです。

プロジェクト本文

▼入江開発室とは?

入江開発室は「自分のサービスだけで生きていく」をコンセプトに集まるオンラインサロンです。個人開発でマネタイズすることを目標に、開発をしているメンバーが集まっています。

▼入江開発室のミッション

ビジネスをつくりだす人たちを増やし、サービスで社会をアップデートしていく。

サービス=ビジネス。だれもがサービスをつくれる時代において、課題を解決するためのサービスがどんどん生まれる場所にしていきたいです。

▼入江開発室をつくったきっかけ

世の中に役立つサービスをつくりたい」そんな思いで独立してはや7年、気がつけばクライアントの受託開発ばかりやっている自分がいました。がむしゃらに働いた結果、受託開発はうまくいき、月200万を安定して売上としてだせるまでになりました。(参考:フリーエンジニアが年間3,600万円の売上を上げた方法を解説する

しかし、ここまで受託開発が順調ながら、僕は受託開発をやめました。その理由は、15年も受託開発をやってきて、正直、他人のシステム作るのはもういいかな...と思ったから。

スキルはお金になるけど心は満たされませんでした。ここからは自分が好きなものを作って世の中に出したいという気持ちしかありません。

僕と同じように、いつかはサービスをつくって生きていきたい!と思っている人はたくさんいるはず。そう考えている人のロールモデルになりたいし、この熱狂を共有したい、そう考えて「入江開発室」を立ち上げました。

まさに「自分のサービスで生きていく」ことは僕の目標でもあります。
このスタートに経つまでに15年以上を費やしてしまいました...

いまはコストをかけずに、プロダクトをつくれるようになりました。環境はすでに整っています。あとはきっかけだけ。

結局、僕がやりたいことは「個が好きなことで生きていける」世界をつくりたいということです。好きな仕事を自分でつくりだし、社会貢献できるようになれば、みんな幸せになります。(詳しいミッションとビジョンはこちら

入江開発室で個人開発を応援するとともに、ノウハウをみんなで共有。個人をエンパワーメントして、個人開発のPDCAを一緒にまわしていく。そうすれば、プロダクトの成功確率は間違いなくあがります。

入江開発室を素敵なプロダクトがどんどん生まれる場所にしていきたいです。

▼入江開発室にはいると、どんないいことがあるの?
① 個人開発の成功確率があがる

入江開発室はSlackで交流をしています。メンバーは自分の個人開発チャンネルをつくることが可能です。モチベーションの維持、意見交換、壁打ち、仲間をみつける...などつくるほうも参加するほうも学びがあります。

②公式プロジェクトが進行中

入江がリーダーとなって進める開発プロジェクト、MENTAVoyageの開発に参加できます。(ただし開発人員は定員と条件あり、2つともLaravel)

githubで人が書いたコードをレビューしたり、されたり、実装方法について議論をしたり、動いているプロダクトをもとに実践でチーム・プロダクト開発を学べます。開発に参加されなくても、仮説検証で参加したり、アイデアを持ち寄ったり参加方法はさまざまです。

1)MENTAは2021年までに流通総額1億円/年、国内のエンジニアが誰でも知っているサービスとなるように育てていきます。

2)Voyageは入江開発室から生まれたサービスです。日本で一番使われるコミュニティツールを目指しています。CAMPFIREさんとともに共同開発中です。

③入江による相談受付・コラム

僕はこれまでに20個ほどのサービスをつくってきていて、プロダクトからだけで毎月4-50万ほどの収益をだしています。(2019年3月時点)。この経験を活かして、相談・アドバイス・応援を積極的にしています。

つまり、個人開発として成功するためのあらゆることを詰め込んだものが入江開発室です。

1日あたりのサロンの参加費用は2980円 ÷ 30日 ≒ 100円。1日100円、コーヒー代を投資してみませんか?

個人開発を応援するコミュニティとして、みんなで知見を共有して、プロダクトの成功確率をあげていきたいです。その結果、自分の好きなことで生きていける人がたくさんでてくると思っています。

公式サイトはこちら(参加者の声やプロジェクトなどを掲載しています)

▼入江慎吾プロフィール

入江慎吾(@iritec_jp)。受託開発をやめ「自分が作ったサービスで生きていく」ことを決意。個が好きなことで生きていける世界をつくりたいと思っています。プログラミングなど、いつでもメンターをさがせる「MENTA @mentajp」。コミュニティをアクティブにする「Voyage」などを開発。(もっと詳しく:ドン底から僕を救ってくれたのは、自分でつくったサービスだった。

▼注意事項

・お申し込み完了後、slackへの参加が必要です。
・入江開発室内の情報について、外部へ漏洩することを禁止致します。
・他の利用者への誹謗中傷、荒らし行為などに該当する行為があった場合、強制退会とさせていただく場合があります。
・その他規約はCAMPFIRE利用規約に準じます。
https://camp-fire.jp/pages/term

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください