プロジェクト本文

<9.24UPDATE いよいよ最終日、conomark×makiko yamamotoのTシャツデザインがアップ!>

 

スチャダラパーさん、PUNPEEさん、ina takayuki さんよりコメントいただきました!>

 

<9.18 UPDATE> YOU THE ROCK★さんよりコメント到着!

この本とプロジェクトは ほんの序章に過ぎない 業界のコアなメンツが一同に引き寄せられ まーくんの策略へ気付かぬうちに巻き込まれるのは? 一体何故?の謎の一部が解き放たれる まーくんのカレーは彼のレコードの様だ 経験と体験を反映させMIXされ 昇華し更に味わいを感じさせる宇宙そのものだ 性格も様々なスパイスが混在し それが源と成って完成し 継ぎ成るカオスを産み出すEFX この本とプロジェクトに携わる事が アナタの新たな世界を広げ開花し このバビロンを諦めず謳歌する為のヒントがある ようこそ! カレー屋まーくんの世界へ (遅いぞ追い付いて来い!BY ECD) YTR★

 

<9.12 UPDATE>

ジョイントワークTシャツ第二弾<ina takayuki>デザインを公開!

 

<9.4 UPDATE>
『カレー屋まーくんのあなたの知らないスパイスの世界』とアーティストとのジョイントワークTシャツ第二弾がリターンに追加になりました!(S,M,Lより選べるサイズ展開)

第二弾:ANI(スチャダラパー)、conomark×makiko yamamoto、 ina takayuki

 

<8.24 UPDATE>
『カレー屋まーくんのあなたの知らないスパイスの世界』とアーティストとのジョイントワークTシャツが発表+第一弾がリターンに追加になりました!(S,M,Lより選べるサイズ展開)
第二弾は8月末に追加予定となります。

第一弾:中原昌也、最後の手段、wack wack
第二弾:ANI(スチャダラパー)、conomark×makiko yamamoto、 ina takayuki


●アーティストプロフィール

中原昌也
1970年生まれ。90年代から暴力温泉芸者(Violent Onsen Geisha)名義で音楽活動を開始、現在はHAIR STYLISTICS名義で活動中。映画評論家、小説家としても活躍。『あらゆる場所に花束が・・・』(2001)で三島由紀夫賞、『名もなき孤児たちの墓』(2006)で野間文芸新人賞、『中原昌也 作業日誌 2004→2007』(2008)でBunkamura ドゥ マゴ文学賞を受賞。

 


最後の手段
2010年に結成。有坂亜由夢、おいたまい、コハタレンの3人からなるビデオ制作チーム。 手描きのアニメーションと人間や大道具小道具を使ったコマ撮りアニメーションなどを融合させ、有機的に動かす映像作品などを作る。国内外で活動中。 MV『やけのはら「RELAXIN’」』で第17回文化庁メディア芸術祭エンターテインメント部門新人賞受賞。七尾旅人『検索少年』PVコンテストグランプリ受賞。

 


wack wack
 2009年活動開始。 黒緑LESS主催のART SHOWへの出品をはじめ、盟友ROCKASENのアートワークを中心に、DJ NOBU主催FUTURE TERRORのフライヤー/Tシャツデザイン、DJ KURI主催BLACK FORESTのステッカー/フライヤーデザイン、"LOW END THEORY JAPAN TOUR"in OSAKAのフライヤーデザイン、bootcamp magazine 11へのアートワーク提供、Jungle Brothers×Black SheepコラボTシャツ作製、BUSHMINDの最新作「SWEET TALKING」、GAMEBOYS 1st Album「P.A.R.X.」、ROCKASEN 「Two Sides Of」のCDジャケットをデザイン。ここ近年では初の個展'' something over there''を開催、飲料メーカーchill out×ollie magazineとコラボzineを作製、Struggle For Prideの2nd Album「We Struggle For All Our Pride.」のCDジャケットをデザイン。 日本のデトロイトこと千葉を拠点にジャンルレスに活動するデザインチーム

 

ANI(スチャダラパー)
スチャダラパーMCとしての活動を中心に、ナレーター・DJなど、
存在、立ち位置、動向が様々な業界から常に注目を浴びている。
俳優としては、2015年にTBS系時代劇「水戸黄門スペシャル」、
赤塚不二夫生誕80周年記念舞台「レッツラゴン」に出演し話題を集める。
2016年7月29日公開の映画「シン・ゴジラ」に出演。
写真では、2008年6月に人生初となるギャラリー写真展「スチャダラパー ANI 展」を開催。
この個展をきっかけに、2009年3月リトルモアより、写真集「ブリングザノイズ」を出版。
グループとしては、デビュー25周年となる2015年にアルバム『1212』をリリース。
2016年に『スチャダラ2016 ~LB春まつり~』を開催し、
ミニアルバム『あにしんぼう』をリリース。
2017年に『ミクロボーイとマクロガール/スチャダラパーとEGO-WRAPPIN’』、
『サマージャム2020』の2曲を発売。
2018年4月8日(日)に日比谷野外大音楽堂で『スチャダラパー・シングス』を開催し、
ライブ会場限定販売となる4曲入りCD『スチャダラパー・シングス』を発売した。
http://www.schadaraparr.net/

 

conomark×makiko yamamoto

DJ Conomark1979年砂丘生まれ GRASSROOTS TRIBE 「Sound Signature with THEO PARRISH」「FUTURE TERROR」「EL NINO」 「oil works technics」「TIGHT」等 ジャンル問わず重要パーティーにて狂喜乱舞with me  
毎週末全国各地、気の合う仲間とパーティー継続中  
最も黒いレーベルBLACK SMOKER RECORDSより MIX CD「high」「SHARE」を。東京発のシューズブランド「BLOHM」との共同企画MIXCD 「BLOHM MIX」を150枚限定で発表。jazzysportより「Lalapalooza Series Vol.2」を発売。
2017/08/30 BLACKSMOKERRECORDSより新mixCD「LIFE(JAZZ)」を発売。

https://www.facebook.com/masatake.koike
Born in 1979 , specializing in black music. Tribes of GRASSROOTS Higashi-Koenji.Ongoing comrades and party congenial , every weekend , at around the country .Five released mixCD. It is filled with black psychedelia with oeuvre
Love & Peace

ina takayuki
ina takayukiのポートフォリオサイト。Portfolio of ina takayuki.:funkizm.net
日本/名古屋在住の芸術家/作家。
HP: http://www.funkizm.net/
音楽家との交流が深く、加山雄三、YUMI+HUGH HOPPER(ex. SOFT MACHINE)、Campanella、唾奇、Sweet William、Itto、ENTH、踊ってばかりの国、宮内優里、浪漫革命、KIREEK、B.I.G JOE(Mic Jack Production)、DJ SEIJI(SPC)、DJ FUMMY、MEXMANなどに作品を提供している。
過去の企業コラボレート:Technics / beats by Dre.dre / PRIVILEGE / ortofon / Manhattan Portage / Vestax / DENON DJなど。
その他の制作:”DMC JAPAN CHAMPIONSHIP”2009/2013/2014/2015メインアートワーク、音楽フェス”OUR FAVORITE THINGS” 2013-2017のグッズアートワーク、音楽フェス”りんご音楽祭” 2016、2018のメインアートワーク、SAKAE SP-RING 2018のメインアートワーク、YON FES 2018にLIVE PAINT出演。

 

 

<8/11 UPDATE>

スチャダラパーより、応援動画コメントをいただきました!本当に嬉しい。ありがとうございます!

 

カレー屋まーくんより

ハーイ!俺の名前はカレー屋まーくん。

カレー屋まーくんというからにはカレー屋だといいのだが、長く東京アンダーグラウンドの想像上の生き物と言われてきただけあって実態は非常に掴みづらい。
でもこのプロジェクトの為,みんなが豚の貯金箱を割るには少し自分の説明をしなければならないだろう、嫌なんだけどね。

部屋の隅で回り続けて大きくなった埃のような俺の名前を君が知ってるとしたら、おそらく98%はこの作品によってだろう。 2000年代最大級のヒットとなった『お嫁においで2015』『君といつまでも』のプロジェクトディレクターとして企画立案、楽曲監督、メディアへの広報活動、大企業への土下座及び資金提供要請、偉い人との連絡係、逃げようとしている人の捜索、催促に対する居留守、ありとあらゆる人への謝罪、飲物の買い出し係など、革命的とも言える作品を謝りながら作り出した。(インタビュー参照)ちょうどその頃俺は利根川のタニシをヘラで剥がす仕事を炎天下の中していて、これって煮て喰えないもんかなとよく思ってたのを覚えている。

他にもみんなの気づかない所で様々なディレクションや書き物仕事、アパレルデザインなどこっそり細々やっているがそれはいろいろやってるくらいにとどめておこう。知りたければ今度相席屋で話す事がなくなったとき話すよ。

忘れてはいけないもう一つのモグリ仕事が現在期間限定でやってる虎子食堂にてランチのみやってるカレー屋だ。(実は店名はないのだ。虎子食堂でやってるから便宜上虎子食堂と言われているが君が多摩川の河川敷でバーベキューをやっていても名前が無いようにここにも名前はない)

インスタ映えなんて言葉ができたように見栄えがだけの料理がもてはやされる風潮を完全否定していた俺だけど、やってもいないのに否定ってのはカッコ悪い、完璧にこなした上で否定してやろうとインスタ映えハンパねえ上にスゲー丁寧に作った副菜をアホのように付けたカレーを開発、1800円というランチには高い金を払わされた上接客は一切無し、挙げ句の果てには皿を戻さされるのに多くの雑誌に取り上げられボチボチのヒットとなった。ちょろいもんだ。

最近多くなった間借り店舗とは違って俺にはいつかは自分のお店をなんて願望は最初から全くなかった。よくよく考えてみろよ。ようやくうちも軌道に乗ったし体力的にキツくなってきたから店を任せられる人を育成しようなんて頑張った末、一人前になった弟子は独立〜はいやりなおし!年老いて一日15時間労働右手腱鞘炎、左肩四十肩、腰ヘルニアの無限ループなんて誰がなりたい?俺はやだね。

 

俺は最初から料理の技術は他のことに使おうと思っていて、お店もその為の説得力としてやっていたのだ!
その計画第一弾が今回のレシピ本『カレー屋まーくんのあなたの知らないスパイスの世界』だ!

そもそも全然好きではないインド料理を何とかして美味しく食べれないものかという他の料理人と真逆の地点から始まっている俺のインド料理理論は酒をほとんど飲まないインド人と二日で一升何年も飲み続けている俺との生活の違いも加わりかなり特殊だ。

この料理技術をすべて公開する。

そして俺が長年夢想していたのはただの料理本ではない!

料理本は大きく分けてプロ用とビギナーなどライトユーザー向けに別れ、基本的には料理を作ろうとしている人の為につくられていたのだが、ここに彼◯ごはんやもこ◯ち本など『お前写真集として買ったんとちゃう?』が現れヒットした。しかし依然としてターゲットとしてはまだ料理だ!

俺はここに書店のサブカル本として陳列されるような『料理を作る気が無い、もこにもカノにも興味がない本を読んでケラケラ笑いたい』層(俺はこれをscum層と呼んでいる)も読める料理本を作りたいと思っている。

料理本の世界はいつも綺麗だったりおしゃれだったりする。だからも◯みちが食い込んでくる!
しかし現実の世界に生きる人はそういったものへの憧憬が土石流のように崩れ、飲まれ、世界からやってくる救助隊を待ちながら生活している。

そんな現実世界の底辺部、腹の出た中年の俺が自分に『俺はも◯みちだ!綾小路◯みまろではない』と暗示をかけ、豪快にオリーブオイルをかける写真を撮りたい!なんてサイケデリックなんだっ!

他にもスパイスの正しい使い方だけではなく、棚の奥でデアゴステ◯ーニ状態になっているスパイスのネオかわいい使い方も教える。カルダモンはシャンソンを歌いながら鼻に詰めると会社のみんなと円満な関係を築くスパイスとなるんだぜ!

ここで本の序文を読んでくれ。大体なんかわかると思うから。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

インド発祥の『カレー』という料理が様々な経路を辿って日本に辿り着いて早4000年。

農耕が始まる前の『カレー』はクラスのいじめられっこにカレーを投げつけ苦悶する表情を楽しむロケット花火のようなものであり、その表情が更に豊かになるようにトロみがつけられたと言われています。

おでん芸が鉄板だった片岡鶴太郎がヨガに傾倒した精神性もそれと無関係ではないでしょう。

嫌がらせは徐々にエスカレートし、『熱いものを口に入れてやろう!』『スゲー辛くしてやろう』『あいつの嫌いな人参入れてやれ!』『だけどあいつの次に喰わされるの多分俺だからじっくり炒めたタマネギを入れとこう』『デミグラスソース余ってるから入れてやれ』『リンゴとハチミツ恋をしたぁ~』いつしかカレーは食べ物として食卓に上り日本の国民食と言われるまでとなりました。

元が元だけに世界各国の『カレー』は自分勝手に進化をとげ、物流のホットスポット日本では収拾のつかないくらい様々なカレーを食べる事ができます。

本書は様々な『カレー』の付け合わせの技術、付け合わせの付け合わせの『カレー』、『カレー』作ろうとしたけどよくわかんなくてバリ余ってるスパイスの処理方法、『カレー』を作ろうとしたけど作れなかった時の言い訳、『カレー』が嫌いな人がどうやってこの乱世を生き抜くかなど様々な『カレー』の技術について書いています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

最後にカレーを愛するすべての人が更に深くカレーを好きになれるように。

そんな人達にとってモンゴルの電話帳と同じくらい価値ある無意味を。

カレー屋まーくん

 

【タイトル】『カレー屋まーくんのあなたの知らないスパイスの世界』

【カラー】オールカラー予定

【サイズ】A4サイズ

【完成予定】2018年12月予定

【ページ】80~100ページ

【掲載レシピ】各スパイスごと使用レシピ(約20種類)、カレー数種類のレシピを掲載。

【資金用途】製作費用、出版費用、リターン製作費用、CAMPFIRE手数料、に使用させていただきます。

・基本のスパイスキットコース

俺が調合したスパイスとレシピのセットだ。あらたにこの為に調合するのはめんどいから店で使ってるやつをそのままパッキングする。要するに店とほぼ同じ物ができるという仕組みだ。さらに俺のステッカーが付く。世の中にはステッカーのように色々粘着するものがあるが、俺のステッカーは風邪を引いた時の鼻水とか中年の夏の首筋とかと同じグループだ。すげーオシャレなファッションブランドのステッカーと同じにすんな!
・カレー屋まーくん調合のベジタブルカレースパイスキット(レシピ付き、大人4人前)
・カレー屋まーくんステッカー

お礼のメール

・チキンカレーコース

本見て作るのめんどくさーい。わかったよ俺が作ったのを送る!店ではテイクアウトやってないから店以外で俺のカレーを食べれる数少ない機会だ。これは是非店の目の前で食べて欲しい。店以外で食べるのがレアって言ってるのに店の目の前で食べる遅れてきたパンクをやるチャンスを俺は与えたんだ!感謝しろ。
・まーくんが作った特製チキンカレーをお届け
・お礼のメール
・カレー屋まーくんステッカー1枚

・PUNPEE 7インチコース

今回の目玉のリターンだ。お嫁でコンビを組んだPUNPEEにそろそろ借りを返せと迫った所、まーくんには世話になってるので、カレーの曲が作りたいと思ってたという申し出が出た。 正直俺の力だけでは親戚が500円袋に包んでくれるのがせいぜいだ。ピーマンのファンを効果的に巻き込めるのはダウンロードコード付きレコードのみだろう。どうせ転売は止められないんだからそのビジネス俺も混ぜてくれ!
*7インチは年内完成を目指しますがプレス工場の混み具合、アーティストの降霊環境によって信じられないぐらい大幅に遅れることがよくあります。レコードだけは『おせーよ詐欺だろ!』って言いそうな人はご遠慮ください。期日通り頑張ることだけはお約束いたします。

・PUNPEEが手がけるカレーの曲の7インチレコード
・お礼のメール
・カレー屋まーくんステッカー1枚


・あなたの知らない世界コース

そこら辺にあるものを無理矢理かき集めてパックにしたリターンだ。来年の年始福袋で後悔しない為、これでもう二度と買うものか!と先に思っておこう。
・カレー屋まーくんのあなたの知らないスパイスの世界 1冊
・ベジタブルカレースパイスキット (レシピ付き、大人4人前)
・ポークビンダル スパイスキット (レシピ付き、大人4人前)
・お礼のメール
・カレー屋まーくんステッカー1枚


・音楽と本コース

みんなが喉から手が出るほど欲しいピーマンのレコードと鍋の下に敷く以外使い道の無い俺の本。二つを並べることによって奇跡的な化学反応がっ・・・しかしなにもおこらなかった。ファミコンのカセットを抱き合わせで買わされたあの時怒りは30年の時を経て俺によってカマゲンだ。
・カレー屋まーくんのあなたの知らないスパイスの世界 1冊
・PUNPEE 7インチレコード(DLコード付き) 1枚
・お礼のメール
・カレー屋まーくんステッカー1枚

・音楽と本とカレーコース

もうこれに金を出しくれるヤツ、血迷ってるというかいろいろ心配しちゃうよ。
でもきっとなんか偉い人だと思うよ。とか言っとく。

・カレー屋まーくんのあなたの知らないスパイスの世界 1冊

・PUNPEE 7インチレコード(DLコード付き) 1枚

・ベジタブルカレースパイスキット(レシピ付き、大人4人前)
・ポークビンダル スパイスキット (レシピ付き、大人4人前)
・お礼のメール
・カレー屋まーくんステッカー1枚

 

・全部のせコース

お前の作るものなら全部いただくよ。中世の貴族なら俺を見てそういうだろう。
君がほぼ全裸で民衆に石を投げられながら重い物をジャラジャラ付けられて広場の真ん中まで歩かされないことだけを祈るよ。
・カレー屋まーくんのあなたの知らないスパイスの世界 1冊
・PUNPEE 7インチレコード(DLコード付き) 1枚
・ベジタブルカレースパイスキット(レシピ付き、大人4人前)
・ポークビンダル スパイスキット (レシピ付き、大人4人前)
・本のスペシャルサンクスに名前を掲載(20文字以内)
・お礼のメール
・カレー屋まーくんステッカー1枚

 

・まーくん出張コース

本読んで作るのめんどくさいし上手に作れるかわからなーい!わかったよ、俺が出向けばすべて解決だ。若くて綺麗なマダムがいいとかは希望は一切ない。俺は全世界どんな肌の色の人々も仲良く暮らせる日を実現するため、誰よりも先にやめときゃ良かったと後悔させてもらうつもりだ。
*キッチンが無い、火が使えない、調理途中モモンガが上から振ってくるなど特殊な環境の場合はbaja130@hotmailからご相談ください。大迫ハンパねえ追加料金を頂くことがあります。
・カレー屋まーくんがあなたの家/職場/あらゆる会場にカレーを作りに出張します(交通費は別途ご負担いただきます)
・お礼のメール
・カレー屋まーくんステッカー10枚

・スペシャルサンクスに名前コース

料理界随一の奇書に名前を残すことがどれだけの人生の汚点か?それを知る事ができるのは金を払った君だけだ。
・本のスペシャルサンクスに名前を入れる事ができる権利
・カレー屋まーくんのあなたの知らないスパイスの世界 1冊
・PUNPEE 7インチレコード(DLコード付き) 1枚
・ベジタブルカレースパイスキット(レシピ付き、大人4人前)
・ポークビンダル スパイスキット (レシピ付き、大人4人前)
・本のスペシャルサンクスに名前を掲載(20文字以内)
・お礼のメール
・カレー屋まーくんステッカー1枚

・カレー屋まーくんが鈍行おつかいコース

そこら辺の産地直送野菜を扱っているところで買って作っても同じはずなのに、俺に無理をやらせて調理させるという優越感と馬鹿馬鹿しさを味わいたい人はこのコースを支援してくれ。
・カレー屋まーくんが鈍行に乗って全国の畑で材料を取ってきてその足でお宅に伺い料理する(材料を取りに行く交通費はこちらで負担しますが、お宅にお伺いする交通費はご負担いただきます)
・お礼のメール
・カレー屋まーくんステッカー10枚

・著者の下の欄にsupported by〜名前を入れる権利

かつて芸術家を庇護したのは王族や財閥だった。3秒しか遅れてない電車の遅延証明をもらう才能にかけては世紀の芸術家と同じくらいの才能を持つ俺を庇護する心意気に対して君の名前を僕の名前の下にひょっこりはんさせる権利を与えよう。もちろん企業名でも君の犬の名前でも構わない。君の心意気を歓迎する。
・著者の下の欄にsupported by〜として名前を入れる権利 

最後に 

革命はテレビには写らない!そしてこの革命は絶対に社会を正しい方向に進めたりはしない。

せいぜい開かなくなったビンの蓋が開いたり苦手だったナスを鼻をつまんで食べれるようになるくらいのことだ。

おっ忘れてた、無理矢理ピーマンからも一言もらったんだった 

〜〜〜アフリカ縦横断の長話やサッカー選手期の武勇伝、居酒屋店長経験で得た酒蔵のような秘蔵の豆知識。

「スーツの一番下のボタンはしめなくてもよいんだよ」と自分にやさしくかけてくれた言葉はアパレル時代に培われたものでしょう,,,

最近カレーを作ってるみたいなのでみんなで応援しよう!P

 

  

2018 夏 カレー屋まーくん

 

 

 

 

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください