日本には、まだ海外に知られていない素晴らしい商品や企業、地域が沢山あります。海外に情報を発信したくても言葉の壁で躊躇し、私達日本のプロダクトを世界に宣伝出来ず、ビジネスチャンスや夢、地域活性を狭めてしまっています。日本の本当の価値を世界に広めるプロジェクトを一緒に始めませんか?

プロジェクト本文

▼はじめにご挨拶

はじめまして、#日本の良いものを世界に発信しようwhoa!!計画 事業責任者の大谷敦子です。

           

多くのプロジェクトの中から、このページをご覧くださりありがとうございます。
本プロジェクトは、日本の良い商品・製品・企業・地域を世界に広めるために立ち上げたページになります。

ぜひ、最後まで読んでいただければ幸いです。

▼プロジェクトをやろうと思ったキッカケ

「海外に挑戦してみたいけど、英語は出来ないし、欧米となると余計に委縮するんだよね・・」

これは、ある地元企業さんに言われた言葉です。

私は高校在学中に、なんとなく参加したオーストラリアでのサマーキャンプをきっかけに、海外に興味をもち、高校卒業後間もなくオーストラリアへ留学しました。その後カナダに移り大学を卒業後、日経企業に就職しました。その6年間で、現地の方達だけではなく、世界各国から集まる方達と「食」「文化」を通して様々な交流を経験してきました。

日本の家族から送られてくる、日本食材、生活雑貨等の、私にとっては日本で当たり前の物が、現地の友人たちには大変珍しく、日本から荷物が届くたびに、私のアパートでは「日本食の試食会」が行われ多くの人が集まり、雑貨なども「これは便利だから譲って欲しい」と懇願される始末。

そこで初めて自分の生まれ育った地元の食品が、こんなにも海外の人に美味しいと言われる事、当たり前に手に入る生活雑貨が、他国に比べて質が圧倒的に良いこと、日本のアーティストの奏でるメロディーが彼らにも心地よいものなんだと言うことを目の当たりにしました。

           

帰国後も、仕事で世界各国を歩いてきました。海外の良いものを日本に伝えてきましたが、海外に出れば出るほど、日本には世界に負けないプロダクト、それらを作る企業やアーティスト、そして美しい街が存在することに気付きました。

「もっと日本の良いものを、日本の良さを海外に広めたい。それらを彼らに直に知ってもらいたい」

これらの体験がこの計画を考えるキッカケになりました。

 

▼このプロジェクトで実現したいこと

 

日本には海外の雑貨、食品、観光に関する情報が、ありとあらゆるかたちで存在します。情報を発信するメディアやインターネットの情報満載ページの数々、加えて本屋さんに足を運べば多くの種類の情報誌が並んでいます。

しかし海外は日本に比べて情報雑誌は格段と少ないです。ましてや日本についての情報は圧倒的に少ない。そんな中、海外では個人の書いたブログやSNSから情報を仕入れています。勿論その大半は日本での観光の情報がほとんどでしょう。しかし、海外での口コミは大変影響力があります

 

そんな状況を踏まえたうえで、私達#日本の良いものを世界に発信しようwhoa!!計画チーム

 

1.日本の商品・製品・企業情報を英語で発信するプラットフォームを作りたい

 

2.ただの文字や写真の情報ではなく、英語でレポート動画を配信することで、よりリアルに「プロダクトの良さ」「それに携わる企業やアーティストの雰囲気」「海外では知られていない地域の面白さ」を伝えたい。

 

3. 日本のプロダクトなどの情報を英語だけでなく、世界各国から来日して経験してもらい、彼らの国の母国語でレポートしてもらえる様、世界にレポーターネットワークを広げたい。

 

4.このプロジェクトをきっかけに海外からの問い合わせを一手に引き受け、日本の企業やアーティスト、自治体にご連絡し、多くのチャンスをスムーズに活かせるお手伝いをしたい。

 

私たちがプラットフォームになり、繋いだ点が、線、そして面に変化することによって、皆さんの海外での知名度が上がり、海外進出のチャンスに活かしていただきたいと思っています。

            

▼資金の使い道

この4月から本腰を入れて活動をしていく中で、資金がなく整えることができなかった下記2点を準備するために今回はクラウドファンディングを実施することになりました。 

①WEBサイトの制作・運営費(1年分)800,000円

②8月から開始する「“International Japan reporters”」準備費用 2,000,000円

*海外からのレポーターには日本での取材期間は無料で滞在していただく代わりに、プロダクトや訪問した企業などでの体験、訪れた地域や街との触れ合いなどを詳細にレポートしていただく契約をします。その際の滞在先兼プロジェクトチームのオフィスとして、空き家をこの金額で譲って頂く為の費用です。

これらの合計2,800,000円の一部の予算である、1,500,000円をクラウドファンディングを通して集め、必ず実行させて頂きます。

▼リターンについて

 

▼お気持ちコース (3,000円)

プロジェクトのノベルティー・サンクスレターお送りいたします。

    

 

▼応援コース  (5,000円)

プロジェクトノベルティーとご賛同メーカーさまより提供していただいている人気商品をサンクスレターと一緒にお送りいたします。

    

 

▼ご賛同メーカーさんの人気商品パック (10,000円)

ご賛同メーカーさまより提供していただいている人気商品セットとなります。(随時、各メーカーのコースは追加していきます。)

              

 

▼法人様・個人事業主様コース (15,000円)

プロジェクトホームページに社名・屋号を英語表記で掲載させていただきます。

 

▼法人様・個人事業主様コース (30,000円)

プロジェクトホームページに写真付きで社名・屋号を英語表記で掲載、バナーを張らせていただきます。ご希望のプロダクトの詳細情報を、情報発信ツールにて1点海外に英語で配信させていただきます。

 

▼法人様・個人事業主様コース (50,000円)

プロジェクトホームページに写真付きで社名・屋号を英語表記で掲載、バナーを張らせていただきます。ご希望のプロダクトの詳細情報を、情報発信ツールにて2点海外に英語で配信させていただきます。

 

▼法人様・個人事業主様コース (100,000円)

プロジェクトホームページに写真付きで社名・屋号を英語表記で掲載、バナーを張らせていただきます。ご希望のプロダクトの詳細情報を、情報発信ツールにて4点海外に動画付きで英語で配信させていただきます。

 

▼法人様・個人事業主様コース (200,000円)

プロジェクトホームページに写真付きで社名・屋号を英語表記で掲載、バナーを張らせていただきます。ご希望のプロダクトの詳細情報を、情報発信ツールにて3点海外に動画付きで英語で配信させていただきます。企業訪問をさせて頂き、その内容も海外に英語配信させていただきます。

▼最後に

持続的に海外に日本のプロダクトを発信し続けるために、『ビジネス』という形でアプローチしていきます。

現在はプラットホームとなる茨城県の天然醸造醤油蔵元 黒澤醤油様はじめ、(株)iFor様、フィクサー様、地元の企業様に賛同頂いております。

日本の良いものを海外に広めていくことは、自分の生まれ育った日本に対する誇りでもあり、また皆様のビジネスを海外に広げるチャンスや、日本に海外からお客様を呼び込み、地域活性化に繋がる手段の1つと考えております。

したがって私たちは、今までの海外の方々がイメージする「お決まりの日本」ではなく、
もっともっと知られていないプロダクトの数々や、それらの価値地域や街の良さを詳細に伝えることで、改めて付加価値を与え、多くのプロダクトが海外で認められるべきだと思います。

簡単なことのようですが、英語を母国語としない他の国に比べても、圧倒的に英語力の劣っている日本では、まだまだ出来ていないのが現状です。

だからこそ、皆さんと力を合わせて取り組み、皆さんの愛するプロダクトや街をもっと海外に広めていきたいのです!そして、皆さんと日本のプロダクトが認知されていく過程を楽しみたい!どうぞよろしくおねがいいたします!

  • 活動報告

    プロジェクトに関する追記

    2018/04/29

    【プロジェクトに関する追記です】 WHOA!!JAPANはこのようなシステムになっています。 WHOA!!JAPANのメンバーはアメリカ・カナダの各大学を卒業した…

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください