プロジェクトについて

【更新履歴】

2024/05/29:リターン「E+プラン」「F+プラン」・ストレッチゴール1750万円達成・グッズデザインサンプルを追加しました。

2024/05/20:応援メッセージ第6弾・ストレッチゴール1500万円達成を追加しました。

2024/05/11:応援メッセージ第5弾・ストレッチゴールを追加しました。

2024/05/01:応援メッセージ第4弾を追加しました。

2024/04/19:応援メッセージ第3弾を追加しました。

2024/04/15:応援メッセージ第2弾を追加しました。


皆さん、こんにちは! 声優の梶裕貴と申します。

現在、自身の声優活動20周年を記念して誕生したキャラクタープロジェクト【そよぎフラクタル】を進行中、その第1弾として、歌声合成ソフト『梵そよぎ』の開発を進めております!

ソフト製作にあたり、ぜひ皆さんと一緒に、この壮大な取り組みの第一歩を踏み出すことができればと思い、今回、クラウドファンディングへの挑戦を決めました。

このプロジェクトに懸ける想いや、皆さんと一緒に実現したい夢について、本ページに自分の考えをまとめましたので、ご一読いただけると嬉しいです。

どうぞ、よろしくお願いします!

【発起人プロフィール】

▶︎ 梶裕貴 公式X

【ご挨拶動画】


【クラファン情報解禁生配信】


下記、各種オフィシャルアカウントにて最新情報発信中!

▶︎ そよぎフラクタル公式X

▶︎ そよぎフラクタル公式YouTube

▶︎ そよぎフラクタル公式サイト


今回、皆さんと一緒に成し遂げたい目標は…

私、梶裕貴の歌声をデータベースに持つ歌声合成ソフト『梵そよぎ』の製品化です。

キャラクターデザイン:米山舞



第1弾カバーMV「sense of wonder / 梶裕貴 covered by 梵そよぎ」


第2弾カバーMV「悪魔の子 / ヒグチアイ covered by 梵そよぎ」


第3弾カバーMV「オレンジ / SPYAIR covered by 梵そよぎ」


朗読『人間失格』【そよぎフラクタル】


AI技術によって人間の声質・癖・歌い方・話し方を高精度に再現可能となった、新世代の歌声合成ソフトウェア「CeVIO AI」とタッグを組み、ハイクオリティな歌声合成を実現しました。

こうした作品を誰でも自由に作ることができるソフト『梵そよぎ』の製品化が、今回のクラウドファンディングの目標です。


私の構想はこれだけではありません

このクラウドファンディングを皮切りに『梵そよぎ』を単なるソフトウェアのキャラクターとしてではなく、新しいエンタメを生み出す、もう一人の梶裕貴として、様々な場所で活躍させられたらと考えています。


私の経験値すべてを活かし、人生をかけて展開していく多次元キャラクタープロジェクト──

それが【そよぎフラクタル】です。


軸となるキャラクター『梵そよぎ』を中心に、梶裕貴と縁のあるクリエイターとのコラボレーションによる動画制作や楽曲制作を行い、ものづくりの輪を広げていくことが本プロジェクトの目的です。

コロナ禍を経て、

‘‘声優である自分にだからこそできる表現とは何だろう?’’と考えたこと、

自分の年齢とキャリアを思った時に‘‘何かを残したい’’と強く感じたこと──

さらには、‘‘自分を育ててくれた声優業界やアニメ業界への恩返しがしたい’’といった想いも、この企画の原点と言えます。


▼これまでに実現したコラボレーション

『梵そよぎ』キャラクターデザイン 米山舞

『週刊少年マガジン【そよぎフラクタル】漫画コンテスト作品』ネーム製作 諫山創


『梵そよぎ』ミニキャラデザイン 種田優太


『そよぎフラクタル』公式イメージソング「0-virtual」 澤野弘之


もちろん、著名クリエイターとのご縁だけではありません。

このプロジェクトに興味を持っていただけた‘‘あなた’’とも、一緒にものづくりをしていけたらと考えています。


▼【そよぎフラクタル】の目的

本プロジェクトの根底には、前述したように

‘‘これまでお世話になってきたアニメ業界・声優業界への恩返し’’

そして、‘‘プロアマ問わず、面白いものを作りたいと思った人が、しがらみなく、気の合う仲間と好きなものを作れる場所づくりをしたい’’という想いがあります。

誰もが楽しみながら新しい作品を生み出し、世界に通用するカルチャーを作れる場所として、その具現化を目指します。


たとえば、

歌声合成ソフト『梵そよぎ』を使って作曲・MV製作を行い投稿してみたり…

『梵そよぎ』というキャラクターを題材としたオリジナルストーリーを創作してみたり…

現在開発中の『梵そよぎ』AIと会話できるChatBotを使って、自分好みの『梵そよぎ』を育成してみたり。


また、『梵そよぎ』を題材とした音楽やイラストのコンテストを企画することで、まだ見ぬ新しいクリエイターたちにとってのチャンスとなるような機会を作っていけたらと考えています。


【そよぎフラクタル】と皆さんのアイデアが合わさった時、その可能性は無限大となります!


▼【そよぎフラクタル】の由来

幾何学模様(=フラクタル)の図形のように‘‘同じ理想を持ったクリエイターが集まって作品を生み出していった結果、俯瞰で見てみると、これまでにない全く新しい形を織りなしているはず’’という、創作ユニットとしての理想形を願い、生まれた言葉です。

また、私の声の特徴である「1/fゆらぎ」も音の波形的にフラクタルに属する、という説も由来のひとつになります。(※ 「1/fゆらぎ」とは…焚火やろうそくの炎、小川のせせらぎ、木々のそよぐ音など、人の脳や心に癒しや安らぎを与えるといわれる周波数のこと。)


▼【そよぎフラクタル】の展開

長期的にはアニメ化やゲーム化なども視野に入れ、多次元的にエンタメを盛り上げていこうと考えています。

まだまだ実現まで程遠い、果てしない計画ではありますが…
夢を見るのにお金はかかりません。
少しだけ、私の頭の中の構想を覗いてみてください!

『梵そよぎ』の世界を皆さんと一緒に形づくり、誰もが楽しくものづくりができる総合プラットフォームを創造していくことこそ、本企画の最終目標と言えるでしょう。

そして、このように壮大なスケールでお送りする【そよぎフラクタル】実現に向けた第一歩が、今回のクラウドファンディングであり、歌声合成ソフト『梵そよぎ』の製品化というわけなのです!


▼ そもそも歌声合成ソフトウェアとは

2004年、YAMAHAから『VOCALOID』が発売されて以来、日本の音楽史に様々な革命が起こってきました。

「楽譜を渡せば、自分の代わりに完璧に歌いきってくれるキャラクター」の登場───。

今、日本のエンタメの多くは『歌声合成ソフト』から生まれていると言っても過言ではありません。


ご存知のように『歌声合成ソフト』にとって最も大事な要素は‘‘声’’です。

であるとすれば、そんな“声"を使うことで成り立っている夢のようなツールを‘‘声優’’が使わない手はありません。

声に特化し、声の技術を学んできた声優。そんな声優が、自らの声を使って『歌声合成ソフト』を作ることで、その分野の可能性はさらに大きく広がると考えます。


▼ 今回の歌声合成ソフトウェア 「CeVIO AI」 について

今回、私は本プロジェクト実現に向け、リアルな音声再現、そして感情表現の幅を持つ「CeVIO AI」(チェビオエーアイ)でのソフト製作を選択しました。

CeVIO AIとは、最新のAI技術により、人間の声質・癖・歌い方・話し方を高精度に再現する新世代の歌声合成ソフトウェアです。

上記でご紹介した2本のカバーMVのような、非常に高いクオリティの歌声合成が可能となっております。

(※CeVIO AIには、「喋らせるソフト=トーク」と「歌わせるソフト=ソング」の2種類が存在します。)

▶︎ CeVIO公式サイト


▼ CeVIO AI の使い方
このような操作画面にて、音符を盤面に配置しながら制作していきます。


音符を配置すると音に応じて「ドレミファソラシド」の歌詞が割り当てられますので、


歌わせたい歌詞に自由に書き換えることで歌として仕上げていくことが可能です。


その他、細かく歌い方のニュアンスを整えたり、ビブラートをかけたりなど、実際の人間の歌声のような微調整を施すことで思い通り『梵そよぎ』に歌わせることが可能になります!

詳しい情報は公式サイトをご確認ください。


▼ 「CeVIO AI」 Q&A

Q:リターン品のソングボイスとソングスターターの違いは何ですか?

A:CeVIO AIを使用するには、ソングボイスとソングエディタの2つが必要となります。テレビゲームで例えますと、ソングボイス = ゲームソフト、ソングエディタ = ソフトを起動するためのゲーム機本体、のようなイメージです。

ソングスターターには、ソングボイスとソングエディタの両方が含まれておりますので、今回が初めてのCeVIO AIになる方はソングスターターをお求めください。既にCeVIO AIをお使いの方はソングボイスをお求めいただければと思います。


Q:これまでDTM(デスクトップミュージック)や宅録など、PCや音楽ソフトを使った音楽制作に触れたことがありません。初めての方が購入しても使いこなせますか?

A:CeVIO AIの使い方にあるように『梵そよぎ』を歌わせることは簡単です。『梵そよぎ』で初めてこうした歌声合成にトライする方をサポートする目的で公式のHow to動画の投稿も検討しております。


Q:CeVIOを購入すれば具体的にどのようなことができますか?

A:ご購入いただいたキャラクター(今回で言えば『梵そよぎ』)の歌声で自由な歌唱音源を作成することができます。別途ご用意いただくカラオケ音源と合わせて、「歌ってみた動画」などの作成も可能になります。


Q:使用するにあたってどのような環境や他機材が必要ですか?PCスペックはどの程度必要ですか?

A:

<対応OS>

- Windows 11 / 10 (64bit 日本語版または英語版) 

<CPU>

- Intel / AMD デュアルコアプロセッサー以上 ※4コア 以上 推奨

※処理性能が低いと再生中に音飛びが発生する場合があります。(ファイル出力は問題ありません。)

<メモリ>

- 4GB 以上 ※8GB 以上 推奨

<ストレージ(HDD/SSD)>

- 1GB 以上の空き容量(インストール用)

その他、詳しい情報については公式サイトをご確認ください。


Q:スマートフォンでも使用はできますか?

A:スマートフォンでの使用はできません。


現在、ありがたいことに、私は声優業を生業とさせていただいておりますが、
歳を重ねるごとに、また、仕事で喉を酷使をするたびに、自分の声帯の状態変化を敏感に感じます。

そんな中で…
もしも「歌声合成ソフト」という形で、現在の自分の声を残しておくことができたとしたら
十年後、二十年後、どうなるのだろうか?
はたまた、自分が死んだはるか未来の時代では?

そこに、果てしないロマンを感じるのです。
すでにこの世にいないはずの自分が、新たな作品づくりに参加できる日が来るかもしれない。

いわば、形のない──消えることのない財産、というわけです。


※2024/05/29:リターン「E+プラン」「F+プラン」追記


▼ (2024/05/29追記) 追加プラン『E+』『F+』について

ストレッチゴールで達成しました『CeVIO AI 梵そよぎ トークボイス』を含む追加プランです。

既存のEプラン・Fプランに含まれるリターンのうち、『CeVIO AI 梵そよぎ ソングボイス』『CeVIO AI 梵そよぎ ソングスターター』のみが、『CeVIO AI 梵そよぎ トークボイス』『CeVIO AI 梵そよぎ トークスターター』に切り替わったものになります。


また、ソング用のエディタと、トーク用のエディタは異なる商品になります。

ソング用のエディタではトークボイスを動かすことができませんのでご注意ください。

エディタ単体のご購入は、CeVIO AI公式サイトの「製品情報」をご確認ください。

▶️ CeVIO AI 公式サイト


▼ 『CeVIO AI 梵そよぎ ソングボイス』と『ソングスターター』の違いについて

CeVIO AIを使用するには、ソングボイスとソングエディタの2つが必要となります。テレビゲームで例えますと、ソングボイス = ゲームソフト、ソングエディタ = ソフトを起動するためのゲーム機本体、のようなイメージです。

ソングスターターには、ソングボイスとソングエディタの両方が含まれておりますので、今回が初めてのCeVIO AIになる方はソングスターターをお求めください。既にCeVIO AIをお使いの方はソングボイスをお求めいただければと思います。


▼ 『梵そよぎスピンオフ漫画 単行本(原作:諫山創)』について

『梵そよぎ』を題材としたオリジナルスピンオフ漫画を製本した商品になります。

「進撃の巨人」作者・諫山創先生ネームによる作品で、作画はILLUST DAYSにてコンテスト形式で募集します。

作画担当は決まり次第ご案内予定です。詳細はILLUST DAYSをご確認ください。

▶︎ ILLUST DAYS 企画ページ


▼ 『【そよぎフラクタル】オリジナルパーカー』について

【そよぎフラクタル】をイメージしたここでしか手に入らないオリジナルパーカーです。

デザインが決定しましたら、活動報告にてご案内させていただきます。

なおボディの色は白を想定しております。S~XLサイズからお選びください。

ご希望のサイズを必ずご選択ください。

 サイズ:身丈 / 身幅 / 肩幅 / 袖丈(cm)
 S:63 / 52 / 44 / 56
 M:67 / 55 / 48 / 60
 L:71 / 58 / 52 / 61
 XL:76 / 63 / 55 / 62
 素材:綿100%、裏パイル、10.0オンス


▼ 『梵そよぎAIの生配信「デモ」の視聴権』について

【そよぎフラクタル】の一環として、将来的に梵そよぎのAIを用いた、AITuber(中身がAIのVTuber)コンテンツのリリースを準備しております。まずはYouTube上での生配信を梵そよぎAIを用いて実施できればと考えておりまして、その生配信のデモを視聴できる権利になります。なお配信時期は秋以降を検討しております。ご支援いただいた皆様には、準備が整い次第ご案内させていただきます。


▼『梶裕貴&梵そよぎトークショー参加+直筆サイン提供』について

CeVIO AI『梵そよぎ』が完成し、リターンの品物が皆様に行き届いたタイミングで、都内某所にてトークショー形式のイベントを実施いたします。

また本リターン品を含むプランをご支援いただいた方には、もれなく『梶裕貴』と『梵そよぎ』の直筆サイン色紙をお届けします。

イベントの開催は秋以降を想定しております。ご支援いただいた皆様には、準備が整い次第ご案内させていただきます。


▼『米山舞・諫山創 イラスト複製原画』について

米山舞氏と諫山創氏による『梵そよぎ』イラスト複製原画になります。額縁入り、シリアルナンバー付きでお届けいたします。


▼『1on1オンライン企画会議』について

発起人である梶裕貴と【そよぎフラクタル】の今後の展開・活動内容について幅広くディスカッションする1on1オンライン企画会議の参加権になります。オンライン会議ツールを用いて、お一人あたり約30分ずつ実施させていただきます。なおセキュリティの観点からスタッフも同席させていただきますが、ディスカッション自体には参加いたしません。詳細に関しては、クラウドファンディング期間終了後にお1人ずつご案内させていただきます。


▼ 準備状況 

現在、歌声合成ソフト『梵そよぎ』の製品化に向け、開発における最終調整を進めております。

まもなく、すでに公開しておりますMVのように、皆さんのお好きな楽曲を『梵そよぎ』に歌わせることが可能になります。


▼ 今後のスケジュール

2024年 4月11日 クラウドファンディング開始

2024年 5月31日 クラウドファンディング終了

2024年 秋以降~  順次リターン発送開始&オフライン/オンラインイベント案内開始

    ※リターン発送のスケジュールは活動報告にて随時ご案内して参ります。


皆さんからご支援いただいた資金は、下記用途のために大切に使用させていただきます。

・CeVIO AIの開発費用

・広報費

・リターン品の製作費用、送料

・今後のプロジェクト活動資金

・クラウドファンディング手数料(17%+税)



声優業をしている中で──

とりわけ朗読劇などに出演した際に、声や音、その限られた表現だからこその可能性を強く感じます。

視覚を必要としない世界だからこその自由。
たった一言で安心させることもできるし、逆にものすごく不安にもさせてしまう。
〝言霊〟という言葉があるように、声にも、それだけ大きな力が宿っていると思うんです。

そして、そんな声の表現に特化した能力を持つ人のことを‘‘声優’’と呼ぶのでしょう。

だからこそ、私はその無限の可能性を【そよぎフラクタル】を通して、もっと突き詰めていきたいですし、

文化や言葉の壁を越えて、世界中の人たちに伝えていけたらと考えているのです。


昨今、AIとの向き合い方について、しばしば議論されていますよね。
クリアしていかなければならない問題も多々あると思います。

それでも私は、AIと敵対するのではなく、共存すべきだと考えています

AIという技術自体に善悪はない。あくまで、それを使用する人間側のモラルにかかっている。
いま現在、無法地帯となってしまっているであろう声の権利問題、
そして、生成AI業界においてのルールづくりにも、本企画を通して貢献することができたら幸いです。

同時に、上記のようなデジタル技術を使った企画はもちろん、アナログな表現にも全力で取り組んでいきたいと考えています。

新しいエンタメが急増しているこの時代だからこそ、
朗読劇などのシンプルかつ、ストレートなコンテンツから学べることを蔑ろにしてはいけない。

その両輪が揃ってこそ、誰もが魅力的に感じるエンターテインメントは生まれると、私は信じています。


▼応援メッセージ第1弾

▼応援メッセージ第2弾

▼応援メッセージ第3弾

▼応援メッセージ第4弾

▼応援メッセージ第5弾

▼応援メッセージ第6弾


Q. 「CeVIO AI 梵そよぎ」は一般販売されますか?

A. 本プロジェクトが成功した場合は、一般販売を実施する方向で考えておりますが、その場合に販売するのはダウンロード版のみの想定となります。パッケージ版を希望するお客様は、今回のクラウドファンディングでお求めください。


Q. CeVIO AI 以外の歌声合成ソフトは開発しますか?

A. 本プロジェクトが成功した場合は、別のソフトでの展開も検討できればと考えております。


Q. リターンのお届け予定日はいつですか?

A. 原則2024年の秋以降、準備が完了した商品から随時発送開始できればと考えております。スケジュール前後する可能性ございますので、詳細に関しては活動報告を通して随時お知らせする予定です。


Q. 取扱説明書にクレジットする名前に制限はありますか?

A:本名/ハンドルネームなど、お好きな名前で申し込みいただけます。ただし、全角8文字以内(半角16文字、半角カナは不可)、記号等使用不可、【自分以外の特定人物を比喩するお名前】や【公序良俗に反するお名前】はNGです。その他、問題があると判断される内容の場合には変更をお願いすることがございます。変更に応じて頂けない場合はクレジット掲載をお断りさせていただくことがあります。ご了承お願いいたします。

Q:取扱説明書にクレジットされる名前の入力を忘れた or 間違えてしまいました。
A:2024年6月15日までは内容の追記・変更を受付いたします。CAMPFIREの「支援したプロジェクト」のページから、「備考」の項目を編集してください。期日を過ぎてからの変更は無効とさせていただきますのでご了承ください。


<決済方法の一覧>

販売事業者名
株式会社en.
代表者または通信販売に関する業務の責任者の氏名
請求があり次第開示いたします
事業者の住所/所在地/電話番号
請求があり次第開示いたします。
対価以外に必要な費用
無し
その他記載事項
プロジェクトページ、リターン記載欄、共通記載欄(https://camp-fire.jp/legal)をご確認ください。

<募集方式について>

本プロジェクトはAll-or-nothing方式で実施します。目標金額に満たない場合は、計画は行わず支援金はご返金となります。

エンタメ領域特化型クラファン
手数料0円〜 企画からリターン配送までお任せプランも!
無料掲載をご検討の方はこちら

このプロジェクトの問題報告はこちらよりお問い合わせください