リュックに付いているバックルを外すだけでショルダーや前抱えバッグに変身する、便利なリュックショルダーを開発しました。一度背負ったら、いちいち肩から下ろさなくても中身を簡単に取り出せます。
 この発明品は、従来のリュックスタイルよりもっと簡単・便利・楽になります。大容量で収納ポケットも多く、小さな小物も迷子になりません。軽くて丈夫なナイロン素材で、パソコンや重い教科書を運ぶのにも最適です。
 ご利用シーン:動画(買い物&物品取出し)

発明学会「発明発表オーディション」でトップ賞受賞!
 2023年の『発明発表オーディション』でトップ賞を受賞し、テレビ朝日『スーパーJチャンネル』にも取り上げられた「シノッチリュック」の商品化を目指して、本プロジェクトを立ち上げました。『発明発表オーディション』は、個人による発明事業化を支援する一般社団法人発明学会主催の発明イベントです。
 リュックショルダーは、発明歴わずか2年で優勝を手にした発明家が開発した革新的なアイデア商品です。ベルトのバックルを1つ外すだけでリュックからショルダーに変わるという、非常にシンプルな発明が評価されました。
こんなお悩みありませんか?
・荷物を取り出す時、リュックを背中から下ろすのが面倒
・電車やバスの中で座る時、いちいち下ろさずに前で抱えたい
・教科書や部活用品を入れるとリュックが型崩れする
・普段使いからアクティブシーンまで活躍するリュックが欲しい

   背負ったまま荷物が取り出せるリュックショルダーは電車に乗る時も買い物をする時も、いちいち肩から下ろして、スマホやお財布を探す必要がありません!リュックの上げ下ろしによる、肩への負担も軽減します。通勤通学をより快適にしたいという、発明家のアイデアがふんだんに詰め込まれた機能的なリュックです。

①横のベルトでリュックを固定します。
②左側のバックルを外します。
③右腕を抜いてショルダーバッグに。
④リュックを前に回して前抱えバッグに。

特徴1.多彩な収納ポケットを搭載、リュック内の荷物をすぐに取り出せるよう、多彩なポケットを搭載しました。

特徴1-①単独PCポケット
 ノートパソコンやタブレット端末が収まる、PCポケットを設けました。大サイズは●17インチ、小サイズは●13インチまでのパソコンを収納可能。衝撃から守るクッション材も内蔵しており、パソコンによる背中へのあたりを和らげます。

特徴1-②大容量メインポケット
 メインポケットには、大容量の収納スペースを確保しました。大サイズの大容量メインポケットにはスポーツ時に必要な着替えやスニーカーも入るので、ジムバッグやゴルフバッグとしてもご利用いただけます。

特徴1-③分類多用途ポケット

 スマホやペンなど、細々とした荷物が迷子にならない分類多用途ポケットも搭載。頻繁に出し入れする、出番の多い小物の収納に最適です。ポケット内には、大事な鍵の収納に便利なキーチェーンも付いています。ワンタッチ式なので、取り外しも簡単です。

特徴1-④フロントポケット
 リュック正面にはフロントポケットを施しました。小物類がしまいやすい小さな空間で、ポーチとしてもご活用いただけます。

特徴1-⑤左右メッシュポケット
 リュックの両側にあるメッシュ素材のポケットは、ペットボトルや折りたたみ傘を入れておくのにぴったり。急に喉が渇いた時や雨が降ってきた時も困りません。

特徴2.撥水加工を施した防水ナイロン
 リュックは丈夫なナイロン製で、型崩れしにくい素材でありながら、使い込むほど柔らかさが出て体に馴染みます。生地の表面には撥水加工も施しているため、水に濡れても中まで浸透しません。

特徴3.背中や肩にかかる圧力を軽減
 クッション性のある背面パッドと幅の広いショルダーハーネスを採用し、背中や肩にかかる圧力を軽減。重い荷物を運んでも、負担の少ない設計です。背中パッドは蒸れにくいメッシュで、通気性もアップ。快適かつソフトな背負い心地を実現しています。
特徴4.変幻自在の3WAY
 特徴4ー①リュックスタイル 両手が自由に使えて、歩きやすいリュックスタイル。雨の日や自転車通勤時にも活躍します。


 特徴4-➁ショルダースタイル 斜めがけにするとバッグの位置が自由に変えられるので、荷物が取り出しやすくなります。

 特徴4-③前抱えスタイル 前抱えスタイルは電車やバスに乗車している時も、周囲の邪魔になりません。

特徴5.側面まで開くダブルファスナー 好きな位置で開閉できる、ダブルファスナーを採用しました。側面までガバッと開くから、書類の出し入れも楽々!

男性も女性も着用できる、ユニセックスなデザインです。
サイズ:

●大サイズ:48cm×31cm×20cm(目安:体重80kg以上の方)カラー :ブラック
●小サイズ:39cm×30cm×15cm(目安:体重75kg以下の方)カラー :コンビカラー(ブラック×ネイビー) 
どんなコーデとも合わせやすいオールブラックは、ビジネスシーンや普段使いでも大活躍します。パソコンの持ち運びや部活用にも最適なサイズです!小柄な女性でも使いやすいサイズです!ブラックとネイビーのグラデーションを効かせた落ち着きのあるカラーで、洗練されたスタイルに。
製品スペック
 ①バッグサイズ:
      (大)48*31*20cm(小)39*30*15cm
 ②ショルダー2本:
  (大)7cm幅 80cm長さ(~最長100cm)
  (小)7cm幅 70cm長さ(~最長90cm)
 ③容量:
      (大)30L(小)18L
 ④バッグの重量:
      (大)1000g (小)700g
 ⑤耐荷重: 
      (大)20kg    (小)15kg
 ⑥素材:
        本体-ナイロン大小共通/裏地-メッシュ大小共通
        持ちて-(大)ナイロン/(小)樹脂;金具等
                         (※測定方法により、多少の誤差が出じる場合がございます。ご了承ください)

こんなシーンにおすすめです。

・学生さんの通学や部活、ビジネスパーソンの通勤に・買い物、お稽古やジム通い、ちょっとしたアウトドア、プレゼントも

発明者紹介
 1944年生。通信機器製造業に勤務、22歳の時に自動車整備士になる。30歳の時に地方公務員現業職となり、35年間勤務する。現在は年金生活をしながら発明学会会員となり、リュックショルダー(2023年3月に実用新案登録済)の商品化に向けて日々奮闘中です。
 発明家としての経験はまだ浅いのですが、「発明発表オーディション」のトップ賞を受賞したことで励ましの声をたくさん頂き、発明学会の松野様・永盛様によるアドバイスのもと、株式会社スリーエーの高野大地と製造工場に足を運び、30年以上の実績を誇るカバン製造のプロにもご意見を伺いながら、なんとか今日を迎えることができました。これまで応援してくださった皆さまには、心より感謝申し上げます。また、目標達成に向けて全力で取り組んでまいりますので、是非ご支援のほど、宜しくお願いいたします。
一般社団法人 発明学会の推薦
(一社)発明学会は、同会会員の主婦が考えた『初恋ダイエットスリッパ(売上総額70億円)』をはじめ、多くのヒット商品を輩出してきた、個人による発明事業化を支援する公益法人です。同会は、発明学会 会員によるクラウドファンディングの挑戦をサポートするため、CAMPFIREと業務提携を行い、同会の審査に通ったプロジェクトに同マークを付与し、支援しています。今回、クラウドファンディングに挑戦する『リュックショルダー』が、審査の結果、発明学会クラウドファンディング推薦作品として認められました。 発明学会「発明クラウドファンディング サポートプロジェクト」https://www.hatsumei.or.jp/support/hcf-sp/index.html
このプロジェクトで実現したいこと
 本プロジェクトは元々、一人の発明家の夢から始まりました。「リュックは両手が自由に使えて便利だけど、荷物を取り出す時に肩から下ろすのが面倒…」そんな妻の一言が発明の原動力となり、リュックショルダーの開発に至りました。
 今回のクラウドファンディングを通して、リュックショルダーの便利さを万人に知ってほしいと思っています。妻の悩みを解決したリュックショルダーを一人でも多くの人に届け、皆さまと幸せを分かち合うことができたら本望です。
リターンについて

早割5種 支援単価 

  ①一個購入 通常価格14,080円+送料1000円→10,000円(税送料込み)
  ②二個購入 通常価格28,160円+送料1000円→19,400円(税送料込み)(一個あたり9,700円)
  ③三個購入 通常価格42,240円+送料1000円→28,800円(税送料込み)(一個あたり9,600円)
  ④四個購入 通常価格56,320円+送料1000円→38,000円(税送料込み)(一個あたり9,500円)
  ⑤五個購入 通常価格70,400円+送料1000円→47,000円(税送料込み)(一個あたり9,400円)
      ※表示金額は税込・送料無料
スケジュール
 2024年8月19日   クラウドファンディング終了
 2024年10月末から   支援者様リターン発送
 2024年11月    ホームページショップ販売開始予定 
資金の使い道
 原価の償却(実用新案権取得費用、サンプル代、試作品材料と工費、倉庫代、その他必要経費)と販売店の立ち上げに充当します。
募集方式について
 本プロジェクトはAll-or-Nothing方式で実施します。目標金額に満たない場合、計画の実行及びリターンのお届けはございませんので、誠に不本意ではございますが、ご支援者の皆さまには心よりお詫び申し上げます。

このプロジェクトの問題報告はこちらよりお問い合わせください