【日本初!<車イス押してくれませんか?>日本全国 車イスヒッチハイクの旅】

現在の支援総額
¥1,447,000
パトロン数
154人
募集終了まで残り
25日

現在144%/ 目標金額1,000,000円

このプロジェクトは、All-In方式です。
目標金額に関わらず、2018/07/19 23:59までに集まった金額がファンディングされます。

元車イス芸人・ホスト 寺田ユースケの挑戦。日本全国の道行く方々に「車イス押してくれませんか?」と声をかけて進みます!身体が自由に動く今しかない!僕を観て欲しい!笑顔になって欲しい!この旅の中に、気軽に助け合える社会になるヒントもきっとあるはず。 YouTube「寺田家TV」で、旅を共有します!

●●● 開始から約2日で100万円以上のご支援をいただきました!●●●

大変有り難いことに、開始から約2日で100万円以上のご支援をいただくことができました。
ご支援・シェアしてくださった皆様本当に本当にありがとうございます。

今回が人生初のクラウドファンディングということで、どのくらいのご支援をいただけるのか正直不安でした。そんな中、最初に車イスヒッチハイクの旅の活動費として100万円という大きな目標を掲げさせていただきました。そして、実際にクラウドファンディングが始まると予想を遥かに上回るペースでご支援をいただき、とても嬉しかったです。

皆様、本当にありがとうございます。

大人ふたりで約4ヶ月間で日本全国を訪れるにあたって、活動費を少しでも多くご支援いただければと思っております。
また、もっともっと多くの方にこの旅について知っていただきたいです。


  

●●● NEXT GOAL 200万円へ! ●●●

この旅の企画をより充実させるために、NEXT GOAL(次の目標)として200万円という、さらに大きな目標を掲げさせていただきます。
皆様、引き続き一緒に盛り上げていただきますと幸いです。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

2018年6月5日 寺田ユースケ・まゆみ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


初めまして!寺田ユースケです!

車イスで生活をしています!!

このページでは、大きく分けて
【自己紹介と僕のこれまで】
【なぜ車イスを押してもらって進む旅を続けたいのか?】
について書かせてもらっています!!

【自己紹介と僕のこれまで】 

生まれつきの障がい(脳性まひ)で足をひきずるように歩いていたため、周りを気にしてネガティブだった青春時代。20歳の時に『車イス』と出会ったことにより人生がポジティブになり、単身イギリス留学、元車イス芸人、元車イスホスト、車イスヒッチハイカーなどこれまで様々な経験をしてきました。

今も迷いながらも自分を表現できる場所を探しています。

 

■幼少期■

■イギリス留学時代■

■お笑い芸人時代■

  ■ホスト時代■

 

【車イスを押してもらって進む旅は面白いはず!!】

イギリス留学先で障がいを笑いに変えていることを目の当たりにして、障がいも笑いに変えたいと意気込んでスタートさせたお笑い芸人。実力不足もあり挫折し、ひょんな機会から歌舞伎町で車イスホストになりました。

終電帰りでお酒も飲めないホストでしたが、
お店に恵まれたこともあり、自分自身と向き合う大切な時間を過ごさせていただきました。

 終電で帰るとはいえ、不規則な生活を続けていると次第に体調が悪くなりました。

 歌舞伎町は僕が活躍できる場所ではないのかもしれない、、、

もしかすると明日身体が動かなくなるかもしれないという不安な日々を過ごす中で、僕はどんな人生にしたいかを考えるようになりました。

体が動く間に、「日本全国の様々な土地へ訪れて、新しい世界を観る旅をしたい」という気持ちが芽生えました。

 

2016年、年末。

テレビが好きで、お笑いが好きで、でも自分が何をしたらいいかわからない。

そんな時に、「車イスを押してくれませんか?」という言葉が浮かんできました。

日本全国の道行く方に車イスを押してもらって旅をしたら面白いじゃん!!
旅をしている自分の姿を想像すると、ワクワクして、居ても立ってもいられなくなりました。 

一度しかない人生、これをやるしかない。

【16/47都道府県を既に旅をして、初心に返って考えたこと。】

思いついた旅のことをすぐに周りの人たちに話すと、
僕の旅が「気軽な助け合い」も広めることができるかもしれないよと、
多くの方に協力していただき、旅をスタートさせる準備を進めていきました。

2017年の4月。

HELP(助けて)とPUSH(後押し)で、HELPUSH(ヘルプッシュ )。
ヘルプッシュ  車イスヒッチハイクの旅として僕は、日本全国の旅に出ました。

車イスも、ベビーカーも、ご年配の方も、生きづらさを感じている全ての人が気軽に助けてと言えるように。

1ヶ月のうち約3週間を旅先に出て、1週間は都内で仕事をする生活を繰り返し給料を全て旅に使い、47都道府県中の16道県(中部・東北・北海道)を訪れ、320組の方々に車イスを押してもらって進みました。

ツイッターやインスタグラム、そしてスマホのライブ配信をしながらの旅。

有難いことにたくさんのメディアに取り上げていただき、2017年の11月に年内の旅を終えました。


(中京テレビ キャッチ!24TV より 2017年8月25日)


(日本テレビ the SOCIAL より 2017年12月11日)

 
(函館新聞 2017年9月15日) 

 


(朝日新聞夕刊 2017年6月1日)

【僕の挑戦・旅の中にヘルプッシュがある!】

旅に出る前は、「気軽な助け合いを!」と大きな声で言って旅をするのがベストだと思って始めましたが、旅で実際に車イスを押してくれた320組の方々、ヘルプッシュに共感してくださった方々から教わりました。

百聞は一見にしかずではないけれど、僕の人生、旅の中に常にヘルプッシュ(気軽な助け合い)があると。


(165組目 福井県から岐阜県 うしおさん)


(139組目 福井県 東尋坊で出会った皆さん)


(159組目 若狭和田ビーチの皆さん)


(229組目 ケアホームカナンの皆さんと鈴木さん) 

(車イスを押してくださった皆さん)

だから、、残りの27県を訪れる時は、僕が「気軽な助け合いを!」と大声で言う必要はないのではないか。それよりも初心に帰って、純粋に道行く方々に「車イスを押してもらって進む旅」をもっともっと楽しんで、ありのままの姿を多くの方に見てもらいたいと思うようになりました。

僕に出来ることは、ただ純粋に「車イスを押してもらって進むこと」。
その一つ一つを全力で楽しむことが、結果的に社会に良い影響を与えることが出来るなら嬉しいと思っています。

 

■なぜ車イスを押してもらって進む旅を続けたいのか?■
【僕の原点。車イスは、かぼちゃの馬車】

生まれつき足が不自由でネガティブだった僕は、20歳の時に車イスに出会ったことでポジティブになりました。

しかし青春時代は足が悪いってことで自分に自信が持てなくて恋愛もうまくできず、くすぶっていました。

そんな僕が車イスに乗って人が変わりました。
どこにでも行けるようになり、車イスは僕にとってまるでかぼちゃの馬車のようでした。

 

車イスに乗ってから7年間。
車イス単身留学、車イス芸人、車イスホスト、そして車イスヒッチハイク….

自分をどう表現したらいいのかわからなくて、客観的にみてもブレながら進んでいると思います。

けれど、この7年間、ひとつだけブレていないことがあります。

それは、車イスに乗ってから広がった面白い世界をたくさん観たいということです。

どう旅を続けようかと迷っている時に、

同じような境遇の子どもたちから、「寺田さんのようになりたい!」と言ってもらえて、僕のやってきたことが、少しは誰かの役に立っていたということに気がつかせてもらいました。

自分中心はいけないことだと思っていたけれど、自分のやりたいと思ったことをやってもいいのかもしれない。僕が挑戦している姿をもっとたくさんの人に知ってもらうことで、誰かの人生を少しでも明るく出来るかもしれないと思うようになりました。

【ひとりの挑戦から、ふたりの挑戦へ】

(妻のまゆみと)

車イス生活である僕一人で出来ること、共有できることにも限界がありました。

僕の人生を変えてくれた女性に出会い、昨年末に結婚しました。
妻は仕事を辞めて、僕とともに歩む道を選んでくれました。

僕の身体のことも理解してくれている妻がカメラスタッフとして旅に同行します。さらに、昨年までは東京と旅先を行き来しており、長期的なスケジュールで全国踏破を目指しておりましたが、「この旅に集中したい!」という想いで、残りの27県は、今年8月上旬~年内までのスケジュールで行いたいと思っております。

紆余曲折した僕が僕自身を表現できると確信しているこの旅を通して、面白いことをしていきたいです。そして、旅の様子をたくさんの人に共有するために、妻とふたりで運営するYouTubeチャンネル「寺田家TV」を立ち上げました。

こちらのリンク↓からYouTubeチャンネル「寺田家TV」へ。
https://www.youtube.com/channel/UCI4yBwvm17eA6VzkrGi9ljw/videos?view_as=subscriber

ひとりでは出来なかったことが、ふたりになった今なら出来る。

昨年の旅で出会った方々、後押ししてくれている方々に感謝しながら、
“自分たちの挑戦のためにも、もっと力を入れて車イスを押してもらって進む旅を続けたい!”です。

そんな僕たちの姿が、誰かの人生にちょっとでも影響を与えられるのであれば、とてもとても嬉しく思います。

 

最後まで読んでいただき本当にありがとうございました。
旅を全力で楽しんで、全力で共有していきます!!

ぜひ、みなさんのお力をお貸しください。
どうぞよろしくお願いいたします!!

 

PS.【誕生日を最高の一日にしてくれませんか?】

余談ではありますが、クラウドファンディングは初挑戦です。
そしてオープン日は、5月31日で28回目の誕生日です!(5/30の夜にオープンしてますが、日付をまたいで)

僕は生まれたときに障がいを持ちました。
寺田家に待望の長男が誕生した日であり、寺田家の運命が変わった日でもあります。

昔は、誕生日を素直に喜べなかった年が続きました。

でも今は違います。
この5月31日を僕にとっても、母親にとっても、家族にとっても最高の一日にしたいです。

お誕生日おめでとう!と応援いただけるととても嬉しいです!

 

 

  ーーーーーーーーーーー追記 ーーーーーーーーーーー

【メディア掲載一部抜粋】

 <新聞>
・日経新聞 映像    (全国)  (2017.05.05)
・朝日新聞 夕刊    (全国)(2017.06.01)
・北國新聞 朝刊    (石川)(2017.06.07)
・中日新聞 朝刊   (名古屋)(2017.07.04)
・読売新聞 朝刊  (全国)(2017.08.17) など

<テレビ>
・AbemaTV AbemaPrime (2017.05.24) (新潟 佐渡島)
・福井放送 FBC おじゃまっテレ(2017.06.13 )(福井 東尋坊)
・東海テレビ みんなのニュース ONE  (2017.07.18)(地元愛知)
・山形放送 YBC news every. (2017.08.16)(山形)
・news every. 2017.10.19(東京)  など

 <WEBメディア>
・日テレNEWS24 the SOCIAL(2017.12.11)    
・朝日新聞デジタル(2017.06.01)   など

30媒体以上に掲載していただきました。本当に感謝しております。
これからは自分たちでも、もっともっと多くの方に楽しい配信を届けていきます!

ーーーーーーーーーーーーー ーーーーーーーーーーー

【今後の旅のスケジュール】

・47都道府県中の16道県(中部・東北・北海道)は既に訪れております。
・2018年8月上旬スタートー 2018年11月下旬まで。
・関東(東京を除く)からスタートし、近畿地方から南下していきます。
・基本的に移動を含め1都道府県につき、4日間滞在(1日は体調管理のためお休み)

(※一筆書きの旅ではなく、日本全国を訪れる企画です。)
(※スケジュールは旅の進行具合によりフレキシブルに変更する場合があります。)
(※寺田が既に決まっている仕事の関係で、東京都内に戻ることもあります。)

☆旅のスケジュールは今後、寺田のSNSなどで随時公表していきます。

☆寺田ユースケの公式ホームページはこちら↓
https://yusuke-terada.com/