社会課題の解決をみんなで支え合う
無料掲載をご検討の方はこちら

プロジェクトオーナーの手数料の負担は一切なく、支援者さまからのご協力費(12%+税)により運営しています。

ごあいさつ

こんにちは、一般社団法人Try Angle代表の須田と申します。

私たちは障害や医療的ケアの有無に関わらず、誰もが安心して行きたいところへ自由に行ける社会を目指して活動をしています。

医療的ケア児とその家族のお出かけにはいくつものハードルがありますが、旅を安全に楽しめるよう、便利な情報がまとまったポータルサイトを作りたいと考えています。

ぜひあなたの力を貸してください!


「難病になってしまったから、もう旅行には行けない」――医療的ケア児の外出の難しさ

生きていくのに痰の吸引や人工呼吸器などを必要とする「医療的ケア児」は増加傾向にあり、全国に約2万人いるといわれています。

医療的ケア児は小児用のバギー(車いす)に乗っていたり、電源の確保が必要だったりするため、長時間の移動や旅行には大きなハードルがあるのが実状です。


医療的ケア児のお出かけのハードル

  • 子ども用バギーでの移動

  • 電源の確保

  • おむつ替えスペースの確保 など

旅行支援の1シーンより。大きなストレッチャー型車いすでは、転回するのも大変です。

実際に、私たちが活動をする中で出会うご家族から、「子どもに障害があるから、ほとんど家から出られない」「難病になってしまったから、もう旅行には行けない」という声を聞くこともあります。


だからといって、旅行に行きたくないのかといえば、そうではありません。

2020年に医療的ケア児のご家族を対象に行われたアンケート調査によると、回答者の96.8%もの方が、家族が日々の生活で行いたいこととして、「家族一緒に外出や旅行する」を行いたいと回答されています。


「医療的ケア児者とその家族の生活実態調査 報告書」(2020年3月)よりTry Angleにて作成

一方で、外出や旅行を行いたい人のうち、「問題なく行えている」と回答したのは17.2%に留まります。


「医療的ケア児者とその家族の生活実態調査 報告書」(2020年3月)よりTry Angleにて作成


Try Angleでは、こうした旅行やお出かけのハードルをできるだけ解消していくため、旅行の実現に向けて医療的ケア児のご家族から相談に乗ったり、宿泊施設向けに環境整備のお手伝いや試泊の取り組みを行なってきました。

社会全体でもバリアフリー、インクルージョンの考え方が浸透してきたこともあり、受け入れ可能な施設は少しずつ増えています。

しかし、こうした素敵な施設の情報はどこかにまとまっているわけではなく、いざ当事者の方が旅行をしよう!と思いたっても、移動方法、宿泊場所、商業施設……とひとつひとつ手探りで情報収集をしなければなりません。


また、施設側も、受け入れ体制を整えていることをどのように当事者に伝えればよいのか悩んでいることも分かってきました。

そこで私たちは、医療的ケア児のお出かけに便利な情報がまとまったポータルサイトを作りたいと考えています。



ポータルサイトに掲載するのは、以下のような情報です

  • 医療的ケア児の受け入れ体制が整っている全国の商業施設・宿泊施設などの情報

  • 当事者たちの実際のお出かけレポート

  • 医療的ケア児家庭が参加できるイベントなどの情報

  • 移動において気を付けておいたほうが良いことや、あると便利なグッズなどのお役立ち情報

  • 個別相談窓口(当事者家庭や受け入れ施設側の個別相談に対応します)

医療的ケア児を支援する事業者や団体、医療的ケア児の受け入れを促進している観光事業者から情報を提供いただき、医療的ケア児家庭に届けます。

ご家族にとっては旅行に必要な情報をまとめて得ることができ、事業者にとっても、医療的ケア児家庭との接点を生み出すことができます。

現在制作中のポータルサイトの画面イメージ

こうしたポータルサイトが、医療的ケア児家庭のお出かけへのハードルをなくし、障害の有無に関わらず好きな場所に行ける社会の実現に近づいていくと信じています。


サイト立ち上げに、あなたのご支援が必要です

本ポータルサイトの制作は、公益財団法人ベネッセこども基金様の「重い病気を抱える子どもの学び支援活動助成」に採択され、当該助成金を活用します。

一方で、上記助成金のみでは、ポータルサイト制作費用の全額をまかなうことが難しく、不足する金額分については、本クラウドファンディングで皆様からのご協力をいただきたいと考えています。

そのため、本クラウドファンディングでいただいた資金は、上記ポータルサイトの制作および周知費用、ポータルサイトの運営・保守のための人件費の一部に充当させていただきます。

<予算内訳>

ポータルサイト制作費:1,000,000円(助成金充当後の不足分)

ポータルサイト運営・保守のための人件費:500,000円


応援メッセージ

今回のプロジェクトを応援してくださる方々からメッセージをいただきましたので、ご紹介いたします!



今後のスケジュール
  • 2024年4月 ポータルサイトの制作開始

  • 2024年6月 ポータルサイトに掲載する旅行支援団体等への取材の開始

  • 2024年8月 ポータルサイトリリース(予定)


私たちについて

Try Angleは、石川県金沢市に拠点を構え、主に「医療的ケア児」の外出や、旅行に関する支援を行っている団体です。

①その人なりの一歩を後押しする

②「旅への障害をなくす人」をつなぎ、増やす

③旅を通してアクセシビリティの高い地域をつくる

この3つをミッションとして、医療的ケア児が安心して旅行ができる環境の整備を通じ、病気や障害の有無にかかわらず、誰もが旅行を楽しめる社会の実現を目指しています。


【事業概要】

WEBサイト:https://try-angle.org/


代表メッセージ

Try Angle代表の須田と申します。クラファンページをご覧いただき、ありがとうございます。

私は2019年から医療的ケア児の旅行支援に取り組みはじめ、今年で5年目を迎えました。

途中、新型コロナウイルスの流行もあり、なかなか旅行支援がしづらい状況が続いた年もありましたが、5類に移行してからは、Try Angleでも旅行の相談をお受けする機会が増えました。全国各地、あらゆるところへ行きたいというニーズをお伺いする中で、医療的ケア児の旅行支援に取り組んでいる全国の方々と繋がり、共に現地の情報交換をしながらチームワークで旅行を応援する、そんなネットワークを作れないか、と考えるようになりました。旅行の実現に向けて情報交換をしたり、連携したりすることで、医療的ケア児が全国どこへでも旅行に行ける、そんなコミュニティを作っていけたら、と考えています。

今回制作するポータルサイトは、その全国的なネットワークづくりの一歩目です。

Try Angleだけでは難しいことも、全国の医療的ケア児の旅行や外出を応援したいお気持ちを持った方々と一緒ならできると思っています。ぜひ応援をお願いします!



支援金の使い道

集まった支援金は以下に使用する予定です。

  • 人件費

  • 広報/宣伝費

※目標金額を超えた場合はプロジェクトの運営費に充てさせていただきます。

このプロジェクトの問題報告はこちらよりお問い合わせください