あなたの車に「スマホの指定席」を確保しませんか? ワイヤレス充電可能な全自動開閉式スマートフォン車載ホルダーを企画しました。 センサーが反応してあなたのスマホを自動でキャッチしてくれるので、片手でカンタンに操作ができます。 ぜひオート感の気持ちよさを体験してみてください!

プロジェクト本文

世の中にスマートフォン用車載ホルダーは数えきれないほどの種類がありますが、片手で簡単にスマホを装着可能な製品はそれほど多くはありません。

従来品でも”ワンタッチ着脱”、”オートホールド”などと謳っている製品もありますが、それらはバネなどを使って物理的に開閉させるものが多く、実際はそれほど簡単に着脱できなかったりします。

本製品【スマホの指定席】は指でタッチスイッチに触れると電動でアームが開き、スマホを近づけるとセンサーが感知して自動的にアームがキャッチする「本物」の全自動車載ホルダーです。

しかも今話題のワイヤレス充電もできちゃうんです!

 

最近ようやく増えてきたワイヤレス充電対応スマートフォン。

せっかくならこの便利な機能を活用したいですよね。

そしてこの機能を存分に活かせるのは、車の中です。

煩わしいコードから解放されれば、ドライブが快適になります

 

ドライブ中のスマートフォンをどこに置いたら良いか意外と困りませんか?

ドアポケットだったり、助手席だったり。

でも気が付いたら床に落ちていたりとか。

 

【スマホの指定席】ならダッシュボード、エアコン吹き出し口のどちらにも取り付けることができるから、あなたのお好きな位置にあなただけの”スマホの指定席”を設置することができます。

 

スマートフォンをカーナビとして使用できます。

またドライブレコーダーの代用として使うことも可能です。

※おすすめドライブレコーダーアプリ

Safety Sight、ドライブレコーダーZ、DriveMate SafetyCam、カーナビタイム、マルチドライブレコーダ2など

 

充電しながら音楽や動画を楽しむことができるので、ドライブ中の電池切れの心配はありません。

 

ご家庭やオフィスで使っても意外と便利!

キッチンでレシピを見ながらお料理したり、お部屋で動画やSNSを楽しむのに使ってみるのはいかがでしょうか。

 

ダッシュボード取付け用アタッチメントは、粘着性ジェルパッドとロック式吸盤で二重に固定するので安心です。

ジェルパッド部分は軽く水洗いすることで、何度でも粘着力が復活します。

 

アタッチメントのアームは伸縮したり回転したりととにかく自由度がハンパない!

 

360度お好きな角度に切替えできるので、スマホを横にしてMAPを見たり、縦にしてSNSをしたり思いのまま。

 

ボトム部分にもスマートフォンを支えるホルダーが付いているので、万が一の誤作動の場合でもいきなり落下する心配がありません。

これ、意外と重要ですよね。

 

充電が完了したら自動的に充電がストップするので、過充電からバッテリーを保護します。

 

充電中に温度が60℃を超えると、自動的に充電を停止します。

 

製品名:technologic スマホの指定席

サイズ:12x7x4cm(アタッチメント除く)

最大電力:10W(iPhoneシリーズの場合は7.5W)

充電距離:最大6mm

ワイヤレス充電:WPC Qi規格対応

安全機能:過充電防止、高温自動停止

製造国:中国

対応機種:iPhoneX、iPhone8、iPhone8 Plus、Galaxy S9、Galaxy Note8、Galaxy S8、Galaxy S7 edge、Xperia XZ2 他

セット内容:本体、アタッチメント×2(ダッシュボード用、エアコン吹き出し口用)、USB Type-Cケーブル、保証書兼説明書 ※カーチャージャーは付属しておりません。

ご注意点:こちらでご紹介した画像・動画はプロトタイプとなります。完成品のデザインは若干変更になる場合がございます。

 

Q:初期不良の場合は交換していただけますか?

A:当製品は1年間の保証を付けております。初期不良や通常の使い方で不具合等発生した場合は修理・交換に応じます。

 

Q:スマホケースを付けたまま充電できますか?

A:充電感度距離は最大6mmとなっておりますので、本体とスマホの距離が6mm未満であれば理論上は充電が可能です。

ただしスマホケースの素材が干渉しますので、一概に保証するものではありません。

当社で実験したところ、厚さ3mmのシリコン素材のスマホケースの場合は付けたままで問題なく充電できました。

手帳型スマホケースの場合は形状の問題で外してご利用いただくのが一般的です。

 

Q:有線充電のときと比較して充電時間は異なりますか?

A:当製品に限らず一般的にワイヤレス充電は技術上、有線充電と比較して充電時間は長くなります。

当工場での実験では、iPhone8を残量0%の状態から100%にするまでの充電時間は約3時間でした。

 

 

technologic by ALATAMA Ltd.

最先端のトレンドとテクノロジーをキャッチアップしつつ、常にエンドユーザーの視点で「あったらイイナ」を追求する東京に本社を置く輸入商社です。

オリジナルブランドによる商品開発や世界中から日本未上陸の最新ガジェットの発掘をしています。

 

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください