Please get in touch if you have any questions, interests or business ideas.

GET IN TOUCHno thanks!

猫殺処分みんなの力で5年でゼロに大作戦

キャンプファイヤー ふるさと納税のバッヂ

飼い主のいない猫(野良猫)を増やさない取組や、猫に起因する被害を減らす対策などに取り組むプロジェクトです。飯田市内に住む皆さんが猫の適正な飼育をしていただけるように、猫の不妊去勢手術費補助や地域猫活動を支援します。

現在の支援総額
15,000円
支援者数
2人
募集終了まで残り
166日

現在1%/ 目標金額1,500,000円

1%
このプロジェクトはふるさと納税ポータルサイト「さとふる」に掲載されている、CAMPFIREがサポートしたプロジェクトです

※このプロジェクトの決済は、さとふるへ移動します。

このプロジェクトは、All-In方式です。
目標金額に関わらず、2024/12/27 23:59:00までに集まった金額がファンディングされます。

プロジェクト本文

実施理由/背景

飼い主のいない猫(野良猫)が尊い命を失わないよう、猫の適正な飼育を広めよう!

飼い主のいない猫(野良猫)が庭でフンや尿をする、ごみの集積所を荒らすなどが問題となっています。かわいさのあまり野良猫に不用意に餌をあげてしまう、お腹を空かせているだろうからと餌を置いておく、といったことが野良猫を増やす要因となっており、猫による被害へとつながっています。このことは正しい知識があれば防ぐことができるもので、飯田市では、猫の飼い方、野良猫への接し方を市民の皆さんに知っていただくこと、そして、行動に移していただく方を増やしていくために、令和4年9月からクラウドファンディングを実施し対策のための財源としています。令和4年11月から始めている野良猫に対する不妊去勢手術費補助金は、令和6年3月末までに734匹分の申請があり、いただいた寄付金を充てさせていただいています。令和6年も引き続きクラウドファンディングを行い、殺処分やロードキルで尊い命をなくすことをゼロにする取組を進めていきます。

プロジェクト内容説明

猫の不妊去勢手術費に補助金を交付します

目指すところ

猫の殺処分、ロードキル「0」を目指します。

猫は屋内で飼育していただくことを原則とし、野良猫であっても適正な管理のもと命を全うできる社会を目指します。

寄付の使い道

猫の不妊去勢手術に対する補助金、地域への啓発活動

自治体からのメッセージ

プロジェクトに御支援をお願いします。

当プロジェクトは3年目の取組になります。猫の適正な飼育を啓発していくうえで皆さんからの応援は大変重要です。地道な活動となりますが、ご支援をよろしくお願いいたします。

事業スケジュール

通年 猫の不妊去勢手術補助事業
通年 地域猫活動の支援
通年 猫の適正な飼育についての啓発

【寄付に関する注意事項】
目標金額に到達しなかった場合の寄付金の返還はございません。
目標金額に到達しなかった場合、お預かりした寄付金は自治体内で使い道を検討し、自治体が取り組む各種の事業に活用させていただきます。
目標金額を超過した寄付金の取扱いについては、各自治体の判断となります。
また、クラウドファンディングの目標金額到達前に、自治体またはさとふるの判断により、寄付の受付を停止する場合があります。あらかじめご了承ください。
お礼品をお受け取りいただける金額以上の寄付であり、且つ、お受け取り辞退のご希望がない場合は、目標金額到達の如何を問わずお礼品をお受け取りいただけます。
サイト上で表示される寄付金額の数値は、入金が確認できた寄付金の合計となりますため、即時反映されるものではないことをご了承ください。
受付終了後に入金が確認できたものについては、受付終了後に数字を更新いたします。

このプロジェクトの問題報告はこちらよりお問い合わせください

ふるさと納税を通じて地域に火を灯していきます

CAMPFIREは、「好きな地域を応援する」という
ふるさと納税の本質に立ち返ります。
事業の取組や背景、関わる職員たちの想いを形にし、集まった支援金の使いみち、まちのビジョンやミッションを
明確にして、地域の魅力や地場産業を掘り起こして健全なふるさと納税を再構築していきます。
ふるさとを応援したい、あなたの思いに応えるための
クラウドファンディングプラットフォームがここにあります。