絵本を楽しんだ後に、実際にその内容を親子で学習体験できる絵本を出版したいと考えています。 絵本の読み聞かせで英語を学習し、絵本の内容を実際に体験することで、身につけられたら良いなと考えています。 机上の学習だけでなく、実際に体験したことは記憶に残りやすいので、オススメの英語絵本です。

プロジェクト本文

英語を学ぶことも教えることも大好き!

京都府で英会話講師をしていますYukiと申します。

子どもたちが楽しく英語を学べるよう、色んな教材を開発中!

教室で大人気の英語絵本の出版を考えています。

1人でも多くの子どもたちに楽しく英語を学習してほしいので、ご協力お願いいたします。

▼プロジェクトをやろうと思った理由

詰め込み教育ではなく、いかに楽しく効果的に学習できるかを常に考えています。

読み聞かせはとても素敵な活動なのですが、「読み聞かせをして終わり!」ではなく、その内容を次の活動につなげ、更なる学習ができればなと思い、絵本を書き始めました。

机上の学習だけでなく、実際に体験したことの方が記憶や思い出に残りやすいと思い、作ったのがこちらです。

 

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B07D61TDKW/ref=as_li_qf_asin_il_tl?ie=UTF8&tag=eruplus-22&creative=1211&linkCode=as2&creativeASIN=B07D61TDKW&linkId=f1be5577b5537a96d4b49f126c819c8b

 

 

 

 

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B07D19D2K9/ref=as_li_qf_asin_il_tl?ie=UTF8&tag=eruplus-22&creative=1211&linkCode=as2&creativeASIN=B07D19D2K9&linkId=b8cf5439e5a54d1a43bf691b89929c6a

 

どの絵本も当教室で読み聞かせをした子どもたちに大変人気があり、英語も内容もすぐに覚えていったので、是非書籍化し、出版したいと考えています。

 

 

▼このプロジェクトで実現したいこと

悲しいことに、大きくなってから勉強の仕方が分からずあきらめてしまう子をよく目にします。

小さい時から「勉強って楽しい!」「色んなことを知りたい!」と向上心を持てると、その後にとても役立つと思います。勉強が分からないという理由で、学習を諦めてしまう子1人でも少なくなるように、楽しい学習法・教材を生み出していきたいです。

 

▼絵本の使い方

①何度も読み聞かせをし、内容に興味をもたせます。

②何度も読むうちに自然と英単語や英語の表現をを覚えます

③実際に絵本の内容を体験してみます!

 

 

↑読み聞かせが終わったあとで、

「What color will it be mixing blue and red?」

「How can you make purple?」

「赤と青で何色?」

「紫って何色と何色?」

などとクイズを出し合うのもオススメです!

 

 

粘土を使った活動例です。↓

 

 

 

その他にも絵具で作った色水を混ぜるなど実際に体験し学習していくことができる内容です。

3歳の子でもできる活動例です。↓

 

さらに、絵本の内容に合った、歌を一緒に歌うなどすると、さらに子どもたちは楽しく英語を覚えていきます。

 

 

今回はColorsの絵本の出版を考えていますが、その他にも、家庭菜園、カレー作り、クッキーづくり、魚釣り、家庭科、算数など色々なバージョンがあります。

 

 

 

▼英語で他教科も学ぶ絵本シリーズについて

英語他教科を学ぶことで、英語だけを学習するよりも、学習の相乗効果が期待できます。

また、実際にその内容を親子で体験することで

「勉強って楽しい」

「これってどうして?もっと勉強したい」

「お母さん、お父さんと過ごす時間がとっても楽しい」

と感じてもらえたら最高です!

学習する力を身につけた子どもは、どんどん自分で学習を進めていけると思うからです。

「英語は難しい!」と何もせずに諦めるのではなく、小さいうちから楽しく英語と触れ合い親しんでほしいと願います。

 

▼資金の使い道

絵本を出版するための資金にさせていただきます。

 

▼リターンについて

簡易書籍版をお送りさせていただきます。是非、読み聞かせにお役立てくださいませ。

 

▼最後に

「親子の素敵な時間」「子どもたちが楽しく学ぶ教材」のためにお力をおかしくださいませ。どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください