誰でもどんなアイディアでも否定されずプレゼンできみんなからの支援が集められる場所 応募のハードルを限界まで下げ、社会で陽の目を浴びていない面白い人の頭の中を覗き その『想い』そのままを形にする 賞金以外にcampfire fireballで生配信し、全てのアイディアが支援を募れる

プロジェクト本文

 

▼はじめに: このプロジェクトが始まるまでの流れ

初めまして、しょぼいMAKEMONEYというビジネスコンペ(newspicksのMAKEMONEYのしょぼい版)を主催している倉石(@kuranohu)です

このプロジェクトを始める事になったきっかけを書きます

ある日ネットサーフィンしてたら斎藤さん(knob3110)のnoteに当たりました
NewsPicksの番組、MakeMoneyに出演したらホリエモンに「全力で潰す」と詰められて泣きそうになった話

これが本当に面白くて、腹抱えて笑いました
その後でMAKEMONEY(newspicks主催のビジネスコンテスト)という番組も見ました
出て来るアイディアがこんなのあったらいいねって思うレベル、ドローンに超音波発信機つけて狩猟したり、声の形をリングにするとか
早く続編が見たくなるくらいMAKEMONEYは面白かった 

続編待つよりも、自分でやってみたくなりました。
ちょっと余ったお金ができたのでこれを面白い事に使う事にしました
賞金は最初14万円(自腹)にしてtwitterに書いたら

 

 



 


これをtwitterで呟いたら最初に紹介したnoteの作者、斎藤ノブヨシさんが
twitterで絡んできてくれました(詳しい経緯はこれを読んでください

そしてそのままJOIN。斎藤さんつながりでMAKEMONEYファイナリストの愛田ももさん(@aimomo119)もJOINしました(愛田さんのプレゼンもぜひみて欲しい♪)
ノブさんの神業によりサイトも完成!!

しょぼいMAKEMONEYサイト

自分は最初究極の悪ふざけのテンションでこれをしてましたが、仲間とアイディア出し合ったり、応募してくれたアイディアの『想い』を見てるうちに
これ、すごくいいコンテンツになるんじゃないか?と思いました


もうこれ以外ほとんど手がつかないくらい、ハマっていて
やってるうちに、何がやりたいか(WHAT)しかなかったのに、どうしてやるか(WHY)とどうやってやるか(HOW)の部分も尖っていきました

 


『勝手にゾゾとコラボ』(応募者全員にゾゾオリジナルのTシャツが買える1200円をプレゼントする)

 

 

 

Fireballを使った公開生動画プレゼン中に支援を受ける


google adwordsで本家MAKEMONEYを煽っていく

 

 

 

などの狂ったアイディアです笑
次に今決まっている内容をまとめます

▼このプロジェクトで実現したいこと

賞金20万!!
日本一ハードルが低いビジコンを作り出す!!

尖りすぎていて頭のネジが何本か飛んだ普通のビジコンには出せないアイディア
人に理解されない、でもこんなのがあったらいいなという『想い』を大切にし、
そのままの状態で世の中に生み出すことを実現する


アイディアを生み出した者たちによるプレゼン、それをそのまま形にする方法を公開討論
campfire fireballで生配信し、気に入ったら即支援できるシステムを採用


誰でもどんなアイディアでもプレゼンでき、みんなからの支援を集められる場を作る

プレゼンターのその後も追跡取材して、視聴者に届けます

 

▼このプロジェクトの『想い』


普通ビジコンは賞金をもらって、それを使って自分のビジネスをさらにスケールさせたり、始めたりする
なのでビジコンに出てくるアイディアは全て、お金がきちんと回るかどうかを問われることになる
本家メイクマネーもそう

でも、そうするとお金っていう小さい概念の中にアイディアが縮められてしまう
それはまるで子供の時の夢が、大人になるにつれて小さくなってしまうのに似てる

例えば、こんなのがあったらいいという「想い」がある。でも資金がない。ビジコンを見つける。でもこれだと勝てなさそうだな、審査員の受けが悪そうだな、お金には結びつかないなどの考えから、『想い』から生まれたアイディアを変えてしまう

しょぼいMAKEMONEYは「想い」の部分を大切にしたビジコンです
MAKEMONEY(お金を作るということ)をしょぼいものとし
自由な『想い』から生まれたアイディアを、そのまま形にして世の中に居場所を与える
そういうPUREな『想い』を大切にしたいという『想い』からこのプロジェクトは生まれました
そういうものでもできるんだ、してもいいんだという可能性を広げていきたい


▼これまでの活動

Webサイトを作った!
 → 結構見てもらえた!

Polcaで投げ銭を募った!
 → 初日で2万1000円集まった!笑

『勝手にZOZOとコラボ』を立ち上げた
 →応募者全員にZOZOオリジナルのTシャツ1枚分の値段、1200円プレゼント

食いつきそうな著名人にTwitterでDM送りまくった
 → カイリュー木村さんにtweetしてもらった!
 →プロ奢ラレヤーさんのvoicyで質問に答えてもらう

入会中のオンラインサロンで宣伝した
 → 投げ銭と応募が増えた!

専用のtweeterアカウント FBページ timebank(現在上場を目指す)を作った

▼資金の使い道

全てを応募者の「想い」を形にする為に使う
プレゼン後も応募者のその後に密着し「想い」がどうなったかを見届ける事に使う

▼リターンについて

5万円でしょぼいMAKEMONEYの審査員になることができる
残り3名
現在の3名は

・倉石 大資  (@kuranohu)  

しょぼいMAKEMONEY発案者、アフリカ、ヨーロッパ、中央アジア
世界を飛び回るBI研究者



・齋藤   暢儀   (knob3110)

 元祖makemoneyで堀江さんから全力で潰すという言葉を引き出した男
 OneStone株式会社 代表取締役CTO



・愛田 もも   (@aimomo119)   

元祖makemoneyファイナリスト 男性をアゲる専門家あげま二スト 

3万円でしょぼいMAKEMONEYのカメラマン or  動画編集者  or  ライターになることができる

3千円でしょぼいMAKEMONEYのスペシャルサンクスの欄に名前が載る

▼最後に

今、すこしづつお金に価値がない、お金なんて大切じゃないという考えが広がっている。同時に今までなかった新しいサービスが増えてきている。それらのアイディアにマネタイズという概念はない。自分ができることを行い、その結果世界がすこしよくなった。やりたかったことができたなどの、ちょっとした幸福感、自己満足・尊敬・自信、無心でハマることの面白さなどが、その人たちのインセンティブ(人の意欲を引き出すための刺激)になっている

お金を稼ぐことだけにインセンティブをおいていた人たちは、お金を稼ぐという行動をしなくてもよくなった時、何をするのか? 喪失感や不安を感じる人も多く出るという予想がある。そういう人たちの心のケアを考えるために、これからは心の専門家の価値が上がるという話もある

でも、できるだけ幸福感を味わって生きたいと、みんなが思う。そんな時創造するということは一つのいい救いになる。自分の『想い』やアイディアを形にしていくこと、これは一つの立派なアート

お金に縛られることをやめ、もっと自由に『想い』をクリエイトする
そんな『想い』をもつ私たちと一緒にこのコンテンツをぜひ楽しんで♪
支援する、中の人になる、拡散する・・・なんでもいい♪
ぜひこのコンテンツを一緒に面白がる戦友になってください♪


よろしくお願いします

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください