プロジェクト本文

▼はじめにご挨拶

TA-netとは「特定非営利活動法人シアター・アクセシビリティ・ネットワーク」の略称です。

「みんなで一緒に舞台を楽しもう!」を合言葉に、当事者が主体となって観劇支援を推進するNPO法人です。

観劇サポートを研究・実践、啓発、相談、情報収集と発信を行っています。

▼このプロジェクトで実現したいこと

ニューヨークやロンドンの主要な劇場では、舞台手話通訳を定期的に実施し、多くの聞こえない観客が一緒に楽しむことができています。

しかしながら日本では、「舞台手話通訳」は見たことがないという人が多く、劇団側も導入に及び腰でなかなか普及しません。
台本貸し出しは誰でもすぐに簡単に行えるというイメージがあります。
また、字幕は海外からの来日公演で字幕がつくことが多いため、そのような場であれば見たことがあるという人は増えています。
私たちは「台本貸出」「字幕」の他に、「舞台手話通訳」という選択肢も必要としています。

日本でも「舞台手話通訳」を広めるべく、まずは無料でモデル上演会を行います。観客を入れた状態で、舞台手話通訳の模様を撮影、編集します。観客のインタビューも挿入し、どのような感想を持ったかということがわかるようにします。

完成したDVDを広く配布することによって、「自分の劇場でもやってみよう」と思うキッカケを作ります。

▼応募しようと思った理由

アーツカウンシル東京より助成を得ていますが、十分な金額ではありません。今回の上演会は無料で行うため、チケット収入が一切ありません。本プロジェクトの資金はDVDの制作資金に充て、また、コピーしたものを演劇界に広く配布します。

▼これまでの活動

詳細はTA-net公式ウェブサイトをご覧ください。

多くのサポートを実施しております。また、各種啓発に努めております。

2013年 観劇サポート開始

2013年12月 情報アクセシビリティForumにて秋篠宮妃殿下ご臨席のもとパネルディスカッション登壇

2014年 無料メルマガ発行開始。聞こえない人400名、聞こえる人600名に観劇行動の意識調査実施→2015年3月のシンポジウムにて発表

7月 アクセシビリティ公演情報サイト運営開始

2015年4月 演劇・舞台における手話通訳養成管理キュラム研究委員会立ち上げ

2015年 8月 英国視察ツアー実施

2016年2月 観劇支援システム研究会 立ち上げ

2016年3月 文化庁芸術選奨・新人賞(芸術振興部門)を受賞

 

▼資金の使い道

映像制作および普及のための啓発活動に使用します。

▼リターンについて

完成したDVDをさしあげます。

▼最後に

オリンピック・パラリンピックを控えた日本では、多様な観客がともに楽しめるような環境整備が急務です。多様な観客が客席にいることによって、その公演はより豊かな作品世界を構築することができるでしょう。このプロジェクトが、その第一歩となれば幸いです。

  • 活動報告

    ありがとうございました

    2016/09/05

    おかげさまで、目標の半分を超えてご支援をいただくことができました! あたたかい応援のメッセージをありがとうございました。 ただいま、DVDのマスタ…

  • 活動報告

    公演が無事に終了しました

    2016/07/08

    <ありがとうございました> 舞台手話通訳つきモデル公演および撮影会座・高円寺2 7/6(水)18:00-19:00 無事に終了しました。 おかげさまで早々に多くのご…

  • 活動報告

    稽古は今日も・・

    2016/06/24

    日々、稽古をしています! 演出の米内山陽子 演出助手のkinoko が真剣な眼差しで、 高橋恭子、田中千佳子、中村貴子の演技をチェックしています。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください