Logo 3a7b3934534dac03dc283cd4a393e86703f8b656270c3f0a33410fc6e1678389.png?ixlib=rails 2.1

いじめがない世界にする為、いじめについて考える歌と絵本を子どもたちに届けたい!!

5b02e447 fc98 456f 9c39 22660ab91ef9.png?ixlib=rails 2.1
現在の支援総額
2,103,000円
パトロン数
169人
募集終了まで残り
終了

現在70%/ 目標金額3,000,000円

このプロジェクトは、2018-06-10に募集を開始し、169人の支援により2,103,000円の資金を集め、2018-07-24に募集を終了しました

いじめがない世界にしたい! いじめについて考えるCD付の絵本「赤毛のロッソ」を 東京都内すべての中学校・小学校(約2000校)に寄贈したい!

【自己紹介】

皆さんはじめまして。シンガーソングライターの「つっちょ」と申します。

私は現在、中学校、小学校の道徳の授業でゲストティーチャーとして、いじめ防止の講演ライブ「つっちょのお話とミニライブ ~いじめについて考えよう~」を行っています。


実を言うと私自身、中学生の頃いじめを受けていました。

経緯としてはこうです。


私は小学2年からずっと野球少年でプロ野球選手になる事が夢でしたが、学区域だった中学に野球部がなかった為、学区域外の中学校に入学しました。

そのため、6年間共に過ごした友達と同じ中学に上がれず、最初は友達がほとんどいませんでした。

それでも持ち前の明るさで積極的に話しかけ、どんどん友達を作って楽しく学校生活を送っていましたが、中学2年の頃から仲の良いはずだった友達からいじめを受けるようになりました。

 

私は中1で身長が140センチと小柄で、部活で日に焼けて色黒で、明るくジョーダンも言ったりする、目立ちたがり屋の性格でした。

そんな私はいつしかいじめっ子の集団から目をつけられ「チビ」と言われたり、すごく傷つく嫌なあだ名を付けられたり、みんながいる前でプロレス技をかけられたり・・・

学校に行けばいつもからかわれ、馬鹿にされ、時には暴力を受けたり、仲間はずれにもされました。
今思えば、相手もからかい半分でいじめのつもりはなかったのかもしれません。

しかし、私にとっては、苦しくて悲しくて仕方のない毎日でした。
例えからかっているだけのつもりでも、毎日続けばやはりそれは「いじめ」なのです。


ある日、どうしても耐えられなくなった私は勇気を出して、「やめろ!」といっていじめっ子を思いっきり突き飛ばしました。
ケンカになることを覚悟していましたが、いじめっ子はやり返さず、ただただ驚いた表情をしているだけだったのです。
そしてその後、親と先生にいじめられている事を全て告白し、先生が注意してくれて私のいじめはなくなりました。
そして元々友達だったいじめっ子とは、今まで通りの友達に戻る事が出来ました。

傍観者だった人達はその後いじめに対して特に言及することもなく、まるで何事も無かったかのようでした。その人達があの時どう感じていたかは今もわかりません

 

【活動をはじめたきっかけ】

 このように、私にはいじめを受けた経験があります。

しかし、シンガーソングライターとして、いじめられていた過去に負い目を感じ

その過去を発信するようなことはなく、恋愛の曲を歌ったり、他の方と同じようにライブ活動を行っていました。

きっかけは、ある日、友人がライブに来てくれた時のことです。

当時のいじめ体験について書いた唯一の楽曲「からあげ」を聞いて、「すごく感動した」という言葉をかけてくれたのです。

 「からあげ」

 友人はこんな言葉もかけてくれました。

 「つっちょは人とは違う経験をしているのだから、こういう曲をもっと世の人に伝えたほうがいいんじゃないか?」

 それから自分なりに、一体何が出来るかを考え、まずは母校の中学校にギターを抱えて突撃して講演させてもらったのが始まりでした。

 

【講演活動を通じて】

 このときの講演では「感動した」「考えるきっかけになった」という声をたくさんいただき、

「いじめの経験がある自分だからこそ、人の役に立てることがある」と実感した瞬間でした。

 講演は他校の校長先生や関係者の方に口コミで広がり、2017年4月から本格的に「つっちょのお話とミニライブ ~いじめについて考えよう~」の活動をスタートさせました。

講演ではライブで歌を届けながら、

「いじめられている人ってこんなに辛いんだよ」

「僕は助けて!と言った事で解決できたよ」

「みんながいじめてるから一緒にいじめる、ノリで参加する。それで自分の心は本当に納得するかな?

などと声をあげ、どうやっていじめを乗り越えたか、いじめの辛さなどお話をしています。

ライブを通じてメッセージを届け、楽しみながらも真剣に考える。このスタイルは子ども達から大人まで幅広く受け入れられ、歌の持つ力の偉大さを実感しています。

講演ライブはたくさんの方に好評いただき、これまで25校で実施しました。

現在も継続して多くの学校から公演の依頼を頂いております。

2017年の1年間で160校もの学校に訪問して校長先生と意見交換を行い、講演ではこれまでに約10,000人の子どもたちの前でお話やライブを行いました。

この活動の中で、たくさんの人と出会いわかったことは

「今は誰がいじめの加害者、被害者になるかわからない。誰がなっても全く不思議じゃない」ということです。

そして、目の前のキラキラした純粋な子どもたちが些細なきっかけでいじめにあい、一生癒えない傷を負う子や、自ら命を落としてしまう子もいる。この事を現実のものとして感じ、いじめについて今まで以上に深く考えるようになっていきました。

【足立朝日新聞】

2018年2月5日号に掲載して頂きました。

 

【赤毛のロッソの誕生】

この活動の中で、いじめについて考えてもらいたいという想いから生まれたのが

「赤毛のロッソ」という曲です。

曲中に登場する猫のロッソは、毛の色が周りと違うというだけでいじめにあってしまいます。

もちろん全てのいじめがそうだとは限りませんが、周りとほんの少し違うというだけでいじめの対象にされてしまうことは誰にでも簡単に起こってしまうことなのです。

世の中には私が受けたものよりもずっと陰湿でひどい「いじめ」は存在するでしょう。

それでも、自分で勇気を出して行動を起こす事が、道を開く方法だと思うのです。

いじめを受けている子も、いじめに参加している子、いじめを傍観している子も同じです。

自分が行動を起こす勇気を持てば、必ず何かを変えられるのです。

私は自分の体験談や想いを込めた歌を通じて、行動を起こす「勇気

を与えたい。いじめられている子にしかわからない苦しみや痛みがあることを知ってほしい。

「赤毛のロッソ」にはこんな想いが込められています。

 

【 赤毛のロッソ 歌詞】
 
ねこ町のねこ中学一年生の 僕は赤毛のロッソです
人見知りばかりしてうまく話せない そんな赤毛のロッソです
ねこ中で一番の不良ねこヤンキ 誰も逆らえないんです
赤い毛がみんなと違うというだけで 僕が目をつけられたんです
 
大好きな給食のにぼし取られたり 爪でひっかいてきたり
先生にもパパにもママにも言えなくて 誰にも相談できなくて
 
「やめろ!やめろ!」って言いたいけど 胸が震えて声にならないよ
「やめろ!やめろ!」って心の中で叫ぶ事しかできないよ
 
教室で僕がいじめられてる時も だれも見て見ぬふりでした
でもある時ヤンキが学校さぼった日 ミッケが声かけてきました
「助けたら自分もいじめられちゃうかもって恐くて何も出来なかった」
初めてちゃんと、話しかけてくれたんだ 
じわじわ、勇気がわいてきた
 
「やめろ!やめろ!」って言えなかった 言葉をちゃんと声にしてみるよ
「やめろ!やめろ!」って心の声を 全部、振りしぼって言うよ
 
びっくりしてヤンキは尻もちついたんだ 周りのみんなも驚いて 
「びっくりしたよロッソ」「よく言ったなロッソ」 笑顔と拍手に包まれた
 
「やめろ!やめろ!」ってやっと言えた 胸がすっきり 晴れ渡ったみたい
「やめろ!やめろ!」って言えた僕を 少しだけ好きになれたよ
 
ねこ町のねこ中学一年生の 僕は赤毛のロッソです
友達におはようって笑顔で言えた 本当は人見知りのロッソです

【赤毛のロッソ サンプル動画】 

 

※絵本イメージ図

 

 

 

【歌と絵本に想いを乗せて届けたい】

 「赤毛のロッソ」は制作段階から、「絵と共にあるべき楽曲」だという強い想いがありました。

楽曲の歌詞をストーリーにした絵本を手にとって、読みながら歌を聞いてくれることで、

絵本の登場人物と自分を照らし合わせて考えてくれたり・・・

自分もロッソのように、勇気を出して行動を起こしたいと思ってくれたり・・・

みんなで一緒に歌を歌って輪が広まったり・・・

子どもたちのそんな姿を想像しています。

絵本と歌に

●行動する勇気を持ってほしい
●いじめについて考えるきっかけになってほしい
●みんなを繋ぐきっかけになってほしい

この想いを乗せて、たくさんの人に届けたい。

これがこのプロジェクトを通して私が成し遂げたい願いです。

 

【講演実績】

講演ライブの活動実績は以下の通りです。

足立区立千寿青葉中学校、千代田区立麹町中学校、板橋区立中台中学校、足立区立千寿桜堤中学校、台東区立上野中学校、足立区立栗島中学校、足立区立花畑北中学校、荒川区立尾久八幡中学校、江東区立深川第三中学校、北区立赤羽岩渕中学校、板橋区立板橋第一中学校、江東区立深川第一中学校、大田区立大森第三中学校、小平市立上水中学校、江東区立砂町中学校、江戸川区立葛西第二中学校、板橋区立赤塚第二中学校、港区立御成門中学校、足立区立桜花小学校、葛飾区立本田中学校、板橋区立高島第三中学校、足立区立第十三中学校、板橋区立志村第二中学校、江東区立辰巳中学校、足立区立花畑第一小学校

(2018年6月まで/25校)

本年度、6月以降は20校で講演ライブが決定しております。

 

【最後に】

ここまでご覧いただき、誠にありがとうございます。

私の講演を行うのは小学校、中学校が中心ですが、いじめは大人の世界にもあります。

この文章を読んでくださっている方の中にも、「いじめ」と聞いて何か感じることがある方もいらっしゃると思います。

いつでも、どこでも、誰もが些細なきっかけで被害者にも加害者にもなってしまう。それが「いじめ」というものです。

今もいじめに苦しんでいる人は、この世の中にどのくらいいるのでしょうか。

もしかしたら、今この瞬間も、大切な人がいじめの被害者や加害者になっているかもしれません。

私は、どんな人にもいじめの被害者にも加害者にも、傍観者にもなってほしくありません。

「いじめは関わる人全てにとって、幸せなことなど何一つ無いからです。

そして、一人ひとりが少しの勇気を持つだけで、いじめは減らす事が出来ると本気で考えています。

いじめられた経験を持つ私だからこそ、このことを伝えられる、誰かに行動を起こす勇気を与えられると信じて、全身全霊で活動に取り組んでいます。

私の活動は、たった一つの曲がきっかけで少しずつその輪は大きくなり、今ではより多くの人に私の想いを伝えられる機会をいただけるようになりました。

私自身が勇気を持って行動を起こしたことと、周りのたくさんの人の温かい応援があったからこそだと思っています。

この輪をもっと大きくして、もっとたくさんの人に私の想いを届け、勇気を持ってもらいたい。いじめについて真剣に考えてもらいたい。

そして、このプロジェクトを通じて、一人でも多くの人たちを笑顔に変えていきたい。

これが、私の願いです。

その為にみなさんもその輪の一人になって頂きたいと思っています。

ご支援、よろしくお願いいたします。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

本日の足立朝日新聞さんにインタビュー記事を載せて頂きました。

ありがとうございます。

【足立朝日新聞 7月5日号】

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
何と学校ライブを900回以上やっているシンガーソングライターの大野靖之さんからコメントを頂きました!

ご覧下さい。

↓↓↓↓↓
シンガーソングライターの大野靖之です!

つっちょさんの活動と、
クラウドファンディングを応援している者の一人です。

先日、中学校でのライブを観覧させていただきましたが、イジメという難しいテーマを、せつない歌と分かりやすいトークで、生徒たちの心にまっすぐ伝わっていくのがわかりました。
この度の絵本の企画もぜひとも成功させてほしいし、一人でも多くの子どもたちがイジメについて考えるきっかけになってほしいと願います。
みなさん応援よろしくお願いします!

 


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 大野靖之さん ありがとうございます。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

絵本作家の方を紹介させて頂きます。

今回のCD付き絵本「赤毛のロッソ」はご縁があり、
友人の紹介で絵本作家のハルさんにデザインをお願いさせて頂きました。

日本語がペラペラの台湾出身の女性です。

何とも可愛らしい絵を書いてくれてイメージにぴったりです。

既に全ページ進んでいて、
後は色づけをすればデザインが完成です!


色づけが出来次第少しずつ絵をアップしますので楽しみにしていてください。

本文や、リターンに載っている絵がハルさんが書いたデザインです。


プロフィールはこちらです。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

絵本作家:
Alice.D(晴羽 / ハル)

遊び心のあるイラストを描く台湾出身の女の子。

名前は ハルやアリスでヨロシクお願いします。


<プロフィール>

東呉大學 日本語文学学科(台湾台北)
大阪総合デザイン専門学校 絵本コースPALETTE CLUB SCHOOL
イラスト基礎Aコース12期卒業

日本語能力試験1級A.F.T

色彩コーディネーター2級

アロマテラピー検定1級資格持ち
自由な線でイラストを描く思いで、
希望と癒しの目線で、光があるからこそ見える色彩をイラストの中に入れているイラストレーター。


FBページ:晴天的羽毛- haru -Alice.D

Facebookはこちら

https://www.facebook.com/aliced913/

もっと他のイラストが見たい方はこちら。

https://www.flickr.com/photos/aliced913/collections/


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

こんな素敵な方が自分の絵本のデザインをやってくれるなんて感激です。

絵本のデザインが進んだらまたアップします。

つっちょ

 

【皆様からご支援頂いた資金は以下の用途に使わせていただきます】