プロジェクト本文

■アニメーション監督 森本晃司 最新演劇作品『羊人間012』

今年12月に開催される、アニメーション監督の森本晃司と、劇団「ムシラセ」の保坂萌による演劇『羊人間012』「小劇場の進化」「Ustream」「DVD」で体験していただくことで、この作品をより多くの人に鑑賞してもらい、今後も取り組みを継続していくために、このプロジェクトではみなさまの応援を募集します。

羊人間012は舞台上の演劇にとどまらず、本作のために制作した実写映像を使用し、
森本晃司が得意とする「不可思議な空間」を生み出します。
舞台では、人間の進化と本質を問うテーマを真っ向から描き、映像では、現実なのか夢なのか?想定している解釈を越えた、森本晃司ワールド全開の異世界へ導きます。

[公演情報]
--------------------------------------------------------------------------------
●タイトル:『羊人間012』
●日程:2013年12月7日(土)~12月16日(月) 全15ステージ
●会場:新宿サンモールスタジオ
●チケット料金:全席自由 5,500円(税込)
●チケット受付期間:10月7日(月)14:00~
●公式URL:http://sheep012.com
Facebook:https://www.facebook.com/sheep012
Twitter:@sheep_012 (https://twitter.com/sheep_012
●企画制作:phy[Φ]、ムシラセ
--------------------------------------------------------------------------------

■テーマは“進化”『羊人間012』

2

[ストーリー]
ひとりの人間から、あるとき分裂した11人の「分裂人間」たち。
姿形も違えば、歩んできた人生もまるで違う。彼らはとあるバーで、いつものように集まり、自分とは違う人生を歩んできた他の「分裂人間」たちと話をしていた。ときに互いの人生についてアドバイスをしあったり、情報交換をしたり……だが、その日あるひとりの分裂人間が発した言葉が、彼らの世界を激変させる。

■森本晃司×保坂萌プロフィール

●森本晃司(Koji Morimoto)

3

1995年に『MEMORIES』 EPISODE 1 『MAGNETIC ROSE(彼女の想いで)』、1996年に『EXTRA』(KEN ISHII)のMVを監督。代表作に『アニマトリックス』『次元爆弾』など。2011年にフランス禁煙広告キャンペーンで発表した「Attraction/魅力」でカンヌ・インターナショナル・クリエィティビィティ・フェスティバル(旧名称カンヌ国際広告祭)にてサイバー部門銀賞を受賞。現在クリエィティブチーム『Φphy(ファイ)』を主宰。
http://kojimorimoto.com

●保坂萌(Megumi Hosaka)

4

2007年に美大のメンバーとともに上京。2008年に劇団『ムシラセ』を立ち上げる。所属役者を持たず、美大卒のメンバーのスキルを活用した独自の演出スタイルによりアーティスティックかつ情感豊かな舞台を創り上げる。2012年に発表した『煉獄アリス』(脚本・演出)はその斬新な世界観と大胆な構成、そして人間の内面をえぐる脚本が話題を呼び、本作を収めたDVDは現在も映画関係者などの間で多くのファンを生み出しつづけている。
http://mushirase.jugem.jp

■アニメーションと演劇、二つの才能の出会い

5

2012年秋、新宿御苑にて、二つの才能が出会いました。
一人は、『EXTRA』『アニマトリックス』『次元爆弾』など、鮮烈な映像で観る者の意識を揺さぶり、世界のアニメーションをリードし続ける映像作家、森本晃司
もう一人は、2008年に劇団『ムシラセ』を立ち上げ、その圧倒的な美意識と、人間を内側から観る独特の観察眼で話題作を創り続ける気鋭の女性劇作家、保坂萌
今回、この二つの異なる芸術の才能がスパークし、全く新しい作品を造り上げます。

6

これまで、映像作品で世界中を魅了してきた森本晃司の世界観を新宿にある小劇場、サンモールスタジオに再現します。1回の公演で100人も入らない、小さな空間です。その森本ワールドを舞台上に具現化するのが保坂萌。この二人の連携が、この二人の対決が、火花となって舞台上に出現します。
観客は、出演者の体温、汗、息吹を至近距離で感じます。そしてそれを一人でも多くの方に観ていただくことが、このプロジェクトの目的です。

■二つの才能を出会わせた名作『煉獄アリス』


※『煉獄アリス』の本編は『羊人間012』公式サイトにて期間限定公開中です。

[ストーリー]
ひきこもりの女子高生アサミは家から出ることができず、特撮ヒーローのお人形で一人遊びを繰り返す出口のない日々を送っている。が、そんな孤独な闇に閉ざされた世界の底がある日突然、抜け落ちた!なんの前ぶれもなく迷い込んだのは、彼女の夢を具現化したような特撮ヒーローが存在する不思議な世界だった。愛憎の葛藤を生々しいファンタジーで描いた保坂萌の最高傑作——

ムシラセ第7回公演『煉獄アリス』は、2012年11月、今回と同じ新宿サンモールスタジオで上演されました。煉獄アリスを観たことで、森本晃司のクリエーター魂に火をつけ、そして今回のプロジェクトがスタートしたのです。

■森本晃司が「なぜ今回はアニメーションではなく演劇なのか」

7

森本晃司です。なぜ今回アニメーションではなく演劇なのか?疑問に思われるサポーターの皆さんへ、自分のチャレンジについてお話させて下さい。
自分が携わっているアニメーションを生み出す作業というのは、徹底したチーム作業でありながらも、長期的に長い時間、1人で自己作業に没頭する事の繰り返しなので、「今作っている作品が果たしてどういった受け止め方をされるのか?」「どんな目でこの作品が受け止められているのか?」作品を生み出す過程でユーザーの反応が気にならない表現者はいないと思っています。特にアニメーションに関しては、制作期間がかかるので、観て頂いた方からの反応が私達へリアルに届くのは制作がスタートしてから早くて2年後、3年後~アイデア段階からいえば5年、10年先の場合もよくある話です。

12

それらと比較すると、演劇という表現方法は、その場でオーディエンスの反応を目の前で浴びる事ができる素晴らしさがあります。その瞬間に表現者と受け取り側が共有しえる感動です。表現するものとしてその場で生の反応を体感できるという場は虜になります。時々、自分がDJをプレイしているのも、フロアの反応を共有しながら”次はどういう音がいいかな?”と考える行為が楽しくて続けています。演劇はその延長線上だと思っています。
私はこの『羊人間012』という世界を、小劇場という距離感を最大限有利に活かした「実験場」として、アニメーションとはまた一味違ったユニークなアイデアを投下してみたい、その試みを実現したいと思っています。

■ご支援を頂きたい理由

8

1.「森本晃司の新しいチャレンジをリアルタイム(Ustream)中継させて欲しい」
森本晃司×保坂萌が表現したいと試みる世界を、東京の小劇場で全15公演のみという限定された場所・座席数ゆえに本作品を観て頂ける人数が限られています。人数が限られると発生する予算も限られてしまいます。全公演が満席になっても1,000名程度のお客様にしかこの舞台を観ていただくことができません。
このことは、私たちにとって非常に残念なことであり葛藤でもあります。ですので、今回皆様のご支援で「Ustreamによる舞台生中継を実施」させて欲しいです。生中継で全国どこでもリアルタイムでこの作品の感動を共有させて欲しい。少しでも高画質のUstream配信を可能にし、『羊人間012』を観て頂きたい。プロジェクトが成功した暁にはサポートして下さった方全員が視聴頂けます。

2.「公演DVD制作」
公演後は、DVDでも感動を共有して頂けるように「森本晃司が編集するDVDの制作」を考えております。上限が決まっている小劇場の予算のみでは、実写映像を制作する予算は持ち合わせおらず、森本晃司が求める最低限のクオリティを求めるとなると実現する事が難しいというのが現状です。
そこで、皆様からご支援を頂けた場合は新たに森本晃司が撮影する実写映像素材をポイントで加え、舞台収録用のカメラの台数を増やし、グレードを上げ、より生の舞台に近い見応えあるDVD作品を制作する事が出来ます。

——「今後の展望」——

11

Ustream配信とDVDの販売が叶い、共有をして頂ける方が増えれば、今後、東京公演だけではなくより複数の会場で『羊人間012』の再演、あるいは新作の公演を行い、一人でも多くの方にこの「小劇場の進化」を体験して頂けるのではないかと思っています。
今後の展望も視野に入れたこのプロジェクトのご支援を、心よりお願い申し上げます。

■プロジェクトにかける思い

【保坂萌】

9

――演劇というのは、役者や劇場、お客様に力をもらって初めて成立する表現です。その時々の空気ひとつで生々しく変化していく、とても珍しい「生き物」です。森本監督の生み出すアニメーションとは、作り方自体が全く違います。演劇を作っている人間として、この出会いと挑戦には心が躍るのです。生身の役者が目と鼻の先で演じる演劇だからこそ伝わる作品、共有できる物語があります。そして今回、我々の挑戦にお力添え頂くこと自体が、アニメーション、演劇両表現の新しい風になると確信しています
と堅苦しく書きましたが、演劇というのはそこまで仰々しいものではありません。とても楽しくて素敵な、帰り道で新しい何かを発見できる、そういう作品にしたいと思います。

【森本晃司】

10

――長年、安部公房、寺山修司らに憧れ続けて今年54歳になる自分が、務め上げてきたアニメーション分野ではなく小劇場のミニマムさと可能性を活かした取り組みにチャレンジをさせて頂くチャンスに恵まれてとても嬉しく思っています。新しい分野へチャレンジする事に僅かな不安もありますが、それでも表現したいというワクワクした気持ちが率先しています。舞台演出をするだけではなく、小劇場の今後の発展にも貢献できるように何かいいアイデアがないか悩みながらも、こういった試みをこの場で全てオープンにし、またサポートして下さる方と一緒にこのプロジェクトを形にしていきたいと思っています。よろしくお願いします。

■リターンについて

今回、森本晃司、保坂萠からのスペシャルなアイテムを含んだリターンを多数ご用意させて頂きました!
--------------------------------------------------------------------------------
●お礼のメッセージ:500円~
・森本晃司、保坂萌からの直筆お礼のメッセージ。

●『羊人間012』Ustream視聴権利:500円~
・12月9日(月)19:30からUstreamでリアルタイムに公演を視聴できる権利です。
プロジェクト成功時にCAMPFIREのメッセージ機能でUstream視聴用のパスワードをお送りします。
配信する公演映像は12月10日(火)~16日(月)までUstreamのアーカイブに保存しますので、その期間はいつでもお好きな時に閲覧が可能です。
--------------------------------------------------------------------------------
●『羊人間012』ポストカード:2,000円~
・森本晃司デザインのオリジナルポストカード(5枚)。
--------------------------------------------------------------------------------
●『羊人間012』DVD:7,500円~
・森本晃司が特別編集した『羊人間012』のDVD。
--------------------------------------------------------------------------------
●ムシラセ第7回公演『煉獄アリス』DVD:15,000円~
・保坂萌主催『劇団ムシラセ』の第7回公演『煉獄アリス』の会場限定発売用のDVD。

●DVDにお名前クレジット掲載:15,000円~
・『羊人間012』のDVDのエンドロールにお名前(本名・ハンドルネーム可)をクレジット掲載。
プロジェクト成功時にCAMPFIREのメッセージ機能でご希望のお名前を伺います。
--------------------------------------------------------------------------------
●『羊人間012』ポスター:30,000円~
・森本晃司デザインのポスター(森本晃司直筆サイン入り)。

●『羊人間012』限定 T-Shirts:30,000円~

13

サンプルイメージとなりますので、実物はデザイン・色合いなどは異なる場合があります

・森本晃司がデザインした枚数限定のT-Shirts。
サイズはS、M、L、LLから選べます。
プロジェクト成功時にCAMPFIREのメッセージ機能でサイズを伺います。
--------------------------------------------------------------------------------
☆CAMPFIRE特別企画 森本晃司のラフスケッチをプレゼントします!
●『羊人間012』森本晃司描き下ろしラフスケッチ複製作品:50,000円~

・森本晃司が特別に描き下したラフスケッチの複製(森本晃司直筆サイン入り)。
フレームに入れてお送りします。

●本編チケット&オープニング参加へご招待:50,000円~
・通常は参加ができない本編オープニングへご招待します。以下の日程の中から第3希望のうち1公演にご参加いただけます。最前列付近で本編もご覧頂けます。
★オープニング参加日時:12/7(土)19:30~、12/11(水)19:30~、
12/14(土)19:30~、12/16(月)15:00~
当日受付にてCAMPFIREにご登録頂いているお名前を提示頂ければ、引換券をお渡しします。
プロジェクト成功時にCAMPFIREのメッセージ機能で希望日を伺います。
※開場時間の15分前にご来場ください。
※オープニングに参加できない方は全公演日程の中から第3希望のうち1公演にご招待いたします。

「オープニング参加って何?」
本編前に「オープニング」を30分間設け、劇場全体をバーに見立てて森本晃司本人がDJをします。バーカウンターを設置し、そこで音楽を聴きながらお酒を楽しんで頂いたり、踊って頂いたり、自由に楽しんで下さい。こういった遊びと演劇の境目を曖昧にした森本晃司のアイデアを楽しんで頂ける方のサポートをお待ちしています。
--------------------------------------------------------------------------------
●稽古場見学へご招待:100,000円~
・指定日(11月下旬、都内)の中からご希望の日に公演の稽古を見学して頂くことができます。
プロジェクト成功時にキャンプファイヤーのメッセージ機能で詳細をお送りします。

●『羊人間012』脚本:100,000円~
・本公演の脚本(森本晃司、保坂萌直筆サイン入り)。

●保坂萌撮影『羊人間012』舞台写真集:100,000円~
・プロカメラマンでもある保坂萌撮影により舞台写真集(保坂萌直筆サイン入り)。
--------------------------------------------------------------------------------
☆CAMPFIRE特別企画! 森本晃司の絵(原画イラスト)をプレゼントします!
●森本晃司描き下ろし限定オリジナルカラー原画:300,000円~

・森本晃司が描き下したオリジナルイラストレーション(シリアルNO入り、森本晃司の直筆サイン入り)。アクリルフレームに入れてお送りします。
世界で1枚のみの原画となります。サイズはA2以下からお選び頂けますが、モチーフは森本晃司本人が選んだものをお届けします。
プロジェクト成功時にCAMPFIREのメッセージ機能でサイズを伺います。

●公演最終日の打ち上げに参加する権利:300,000円~
・最終日12月16日(月)公演後に行われる「スタッフ打ち上げ」に参加できる権利です。
ご飲食代金も含まれますが、最大で1万円までとさせて頂きます。
プロジェクト成功時にCAMPFIREのメッセージ機能で詳細をお送りします。
※お店、席は指定させて頂きますが、途中退店、参加は自由です。

■問合せ先

●主催:羊人間012実行委員会
●お問い合わせ先
<チケットに関する問合せ先> all-info@ticket-every.jp
<公演に関する問合せ先> info@sheep012.com

レコメンド

  • アニメーション監督の森本晃司氏が、劇団ムシラセと一緒に最新演劇作品『羊人間012』に挑戦するプロジェクト。インサートされるアニメーションの演出が斬新で注目を集めました。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください