Please get in touch if you have any questions, interests or business ideas.

GET IN TOUCHno thanks!

[うしらく]の人生で遊びませんか?リアル人生ゲームはじめました。

現在の支援総額
29,000円
パトロン数
5人
募集終了まで残り
終了

現在3%/ 目標金額800,000円

このプロジェクトは、2016-06-17に募集を開始し、5人の支援により29,000円の資金を集め、2016-08-14に募集を終了しました

パトロンさんがやりたい遊びをわたしが「代行」したり、外国人が住むシェアハウスから「海外の遊び」をレポートや生放送を通じてお届けします。また、波乱万丈な人生を生き抜いてきたわたしがガチで人生相談にのります!

はじめまして、野望系ブロガーうしらくと申します!

今回、わたしは人生初のクラウドファンディング企画をスタートさせました。
題して「うしらくの人生で遊びませんか?リアル人生ゲームはじめました」です。

何というか、タイトルだけ見ると「なんじゃこりゃ?リアル人生ゲームって何するの?」と疑問を持たれると思います。ですので、本題に入る前にまずはプロジェクトを思い立ったきっかけからお話させてください。

 

--目次--
【1】「リアル人生ゲーム」を思いついたきっかけ
【2】 野望系ブロガー「うしらく」とは
【3】 波瀾万丈な人生で「躁うつ病」を患った過去
【4】 社会復帰してからの今
【5】 環境を変えて人生をリベンジさせたい
【6】 なぜプロジェクトをスタートさせるのか
【7】 プロジェクトの流れ
【8】 資金の使い道
【9】 お受けできないもの
【10】 リターンについて
【11】 わたしが叶えたいもう一つの野望
【12】 さいごに
--------

 


━━━━━━━━━━
【1】「リアル人生ゲーム」を思いついたきっかけ
━━━━━━━━━━
唐突な質問ですが、あなたはボードゲーム版の人生ゲームをプレイされたことはありますか?

ルーレットを回し、マップを進めながらお題をこなしていく、あの人生ゲームです。わたしが子供の頃から大好きな人生ゲームの面白みは「波瀾万丈で何が起こるか分からないところ」だと思っています。

そう、普段の生活では味わえない「非日常」や自分がやってみたいと思っていたことを、ボード上で追体験できるワクワク感が魅力的なのです。あの追体験を「個人の人生でやってみたら面白いだろうな」と感じたのが、大きなキッカケでした。

 


━━━━━━━━━━
【2】 野望系ブロガー「うしらく」とは
━━━━━━━━━━
さて、ここで「うしらく」の自己紹介をさせてください!

わたしは現在30歳(1985年生まれ)で、福岡県のド田舎に住んでいます。
普段は"野望系ブロガー"の看板を掲げてブログ活動をしていて、文章を書くのが大好きです!

生まれて死ぬまで、自分が本当にやりたいと思うことだけをやりたい!」…これがわたしのポリシーです。

そして、この野望の中でどうしても達成させたいことがあります。それは「外国人が住むシェアハウスで生活したい」というもの。
20代前半の頃に宿泊したシェアハウスで、ドイツ人と朝までアニメ「エヴァンゲリオン談義」をした体験が強烈に残っていて、もっと色んな国の人と仲良くなりたいなと思っています。
各国ならではの遊びを知りたいし、逆に日本で流行っている遊びも教えたいです!

 


━━━━━━━━━━
【3】波瀾万丈な人生で「躁うつ病」を患った過去
━━━━━━━━━━
ここから少しだけ、わたしの過去話にお付き合いください。

わたしは25才の時に就いていたホームレス支援の仕事が原因で「躁うつ病」を患いました。
毎日の就労時間がかなりハードで、日によっては12時間ぶっ通しで働いていたことがあります。
また、上司の感情の起伏が激しくパワハラな発言がきつかったため、入社して1年半が経つ頃には自分自身の身体に異変を感じました。胃痛や味覚障害、挙句の果てには通勤のバスに乗れない状態まで悪化し、医師に相談の上で退職しました。

退職後は自宅で療養生活を送る予定だったのですが、ここでまた自分の病状が悪化することとなります。

その原因は母と弟との激しいケンカに巻き込まれたこと。
当時のわたしは母と弟と3人で生活していたのですが、引きこもりの弟とヒステリックな母との相性がとても悪く、この2人の仲介役に入ることが多かったんですよね。
弟は激昂するとモノにあたっていたため、家の壁にたくさん穴をあけていたし、家電を壊すこともしばしばありました。

そして忘れもしない2012年の秋。わたしは弟の暴動の被害者となり、傷害を受けました。また、母からはわたし名義で借金されていたことが発覚したため、わたしは家を飛び出して一人暮らしを始めました。
弟と母に関しては警察及び弁護士を通して訴えを起こしましたが、納得の行く結果には繋がりませんでした。

 


━━━━━━━━━━
【4】社会復帰してからの今
━━━━━━━━━━
一人暮らしを始めてからは、とにかく自分で人生を切り開いてきました。
躁うつ病治療のための定期通院をしながら職業訓練校を卒業し、2014年の春に社会復帰。自分が好きなことをしようと思ったため、書店で働くことにしました。

本に触れる毎日はとても楽しく充実していたのですが、働き始めて2年経つ頃には色々と限界を感じることが多くなってきました。
まず、自分の体力が歳を重ねるにつれ急激に衰えてきて通勤するだけでもしんどくなってきたこと。次に、体を使った労働には将来性がないのではないかと思ったことです。
世の中の仕事がどんどん機械化され、本やマンガの電子化も超スピードで進んでいる現実を目にし「今のまま漠然と仕事をしていたら将来食べていけなくなる」と強く感じました。

2016年5月末、わたしは2年間働いてきた書店を退職し、プログラミングを勉強するために「TECH::CAMP(テックキャンプ)」の福岡天神校に通い始めました。1ヶ月間毎日プログラミングを学び、6月19日に卒業。
そして今「これからはブログの執筆とプログラミングを生かした働き方をしよう」というビジョンのもと生きています。

 


━━━━━━━━━━
【5】環境を変えて人生をリベンジさせたい
━━━━━━━━━━
「躁うつ病」を患ってから一時期は全く人と会いたくなくて、バスや電車に乗る余裕もありませんでした。
でも、そんな自分が少しずつでも確実に社会復帰できるようになった今だからこそ、以前から胸に秘めていた「外国人が住むシェアハウスで生活したい」という野望を達成させたいです。
色んな人が行き来する環境に身を置くことで、自分の人間性としての幅を広げていきたいと思っています。

 


━━━━━━━━━━
【6】なぜプロジェクトをスタートさせるのか
━━━━━━━━━━
こうやって自分の人生を振り返って見ると、子どもの頃に想像していたフツーの人生とは程遠いなと思いました。
そして、これまでが波乱万丈だったからこそ、これからの人生を楽しく生きていきたいと強く願っています。

このリアル人生ゲームでは、パトロンさんから依頼された遊びを代行することで、わたしの価値観を進化させていきたいです。

 


━━━━━━━━━━
【7】プロジェクトの流れ
━━━━━━━━━━
まず、わたしの方で「遊びのラインナップ」を提示いたします。これはあくまでもサンプルとしてのラインナップなので、細かくは事前に相談させてください。
パトロンさんにとっての「オーダーメイドな遊び」にしたいと思っています。

本プロジェクトの締切日は8月15日で、その時点で集まっている支援金の金額によって遊びの規模が変わってきます。
そのため、遊びのプラン実行は9月1日以降(CAMPFIREからの入金が済んでから)を予定しています。
また、今回のリアル人生ゲームのイベントの1つとして、わたしをシェアハウスに移住させていただきたいです!

 


━━━━━━━━━━
【8】資金の使い道
━━━━━━━━━━
資金の使い道としては、リアル人生ゲームの遊びに使う費用と、シェアハウスへの引っ越し費用に分けさせていただきたいと思っています。
あと、わたしは現在求職中の身であるため、移住後の生存資金(60日分)にも充てさせてください!

 

【目標金額80万円】

・遊びに使う費用30万円
(内訳:依頼されたイベントへの参加費、移動に使う交通費、遠征する際の宿泊費など)

・移住に使う費用25万円
(内訳:シェアハウス入居費10万円、今の家退去費15万円、荷物運搬及び処分など)

・60日分の生存費用25万円

 


━━━━━━━━━━
【9】お受けできないもの
━━━━━━━━━━
リアル人生ゲームでは、出来る限りたくさんのことにチャレンジします!
ただ、持病の再発に関わるものに関しては、ご遠慮させていただきたいです。身勝手なのは自分でも分かっていますが、それでも依頼を完遂させる上で必須なことですので。

 

1.高所/閉所(高いところや狭いところに行くと呼吸が苦しくなるため)
2.飛行機/長距離バス(密閉された空間に押し込められた感覚で目眩がするため)
3.お酒(服薬の副作用のため)
4.タバコ(喘息の発作に関わるため)
5.密集する人混み(以前よりも耐性はついてきたのですが、まだまだ人混みが息苦しく感じるときがあります)

※大変身勝手で申し訳ありません。だからこそ、上記5点以外のものには全力で取り組みます!

 

━━━━━━━━━━
【10】リターンについて
━━━━━━━━━━
ご支援いただいたパトロンさんにリターンとしてお届けしたいものは、大きく分けて3つあります。

[1]イベント等への参加代行
例えば、パトロンさんが行く予定だったイベントで急遽キャンセルしなくてはいけなくなったものに、わたしが参加代行します。
もしくは、前から行ってみたいと思っているけど何か踏みとどまっていることへチャレンジ代行も可能です。

そして、代行先からスマホを使った生放送や、代行先での体験をレポート記事としてお届けいたします!

※生放送での中継は5000円以上支援してくださったパトロンさん限定となっております。

 

[2]外国人が住むシェアハウスでの企画
わたしの移住先(シェアハウス)は、たくさんの外国人が暮らしているので世界各国の遊びを教えてもらいます。中にはかなり独特な遊びがあると思うので、その遊びの解説や光景をスマホで生放送したいです。

また、パトロンさんの方で「こういうことを海外の人に聞いてみたい」などご質問があれば、こちらも生放送でお届けしたいなと考えています。
スカイプなどを使ってオンラインパーティーを開くのも計画中です!

※こちらのリターンは、シェアハウスへの移住資金(30万円)が集まってからのスタートです。また、生放送での中継は5000円以上支援してくださったパトロンさん限定となっております。

 

[3]人生相談
波乱万丈な人生を歩んできたわたしだからこそ、色んな人の人生相談に乗ることができます。
もし今パトロンさんの中で悩んでいることがあれば、是非わたしに相談してください。悩んでいる行動への後押し、もしくは解決するために必要な情報を全力で集めます。

【 得意分野 】ホームレス支援の仕事で福祉の知識を学び、自分が躁うつ病にかかってからは精神医療について学びました。ですので、心療内科や精神科を選ぶときの注意点や信頼できる医師の選び方のアドバイスはお任せ下さい。
その他にも、困ったときの相談機関の選び方から、精神的に落ち込んでいる時にどんなことをするのがいいかをお伝えします!

 

※相談の内容については、絶対に部外者に話しません。個人情報を厳守します。

※相談方法はオフラインもしくはオンラインを考えています(オンラインの場合はスカイプがメイン)。

 


━━━━━━━━━━
【11】わたしが叶えたいもう一つの野望
━━━━━━━━━━
わたし自身、25才の時に「躁うつ病」を患い、そこから3年間は誰とも会わない生活をしてきました。
でも、時間はかかったし遠回りもしたけど、社会復帰できたことに大きな達成感を感じています。

そして今回、クラウドファンディング企画をスタートさせ、新たなミッションに取り組んでいるので、かつてのわたしのように「今しんどい人」に声を上げる勇気を与えたいです。


━━━━━━━━━━
【12】さいごに
━━━━━━━━━━
プロジェクトの本文を最後まで読んでくださって、本当にありがとうございます。

カネなしコネなし、でも野望はたくさんある"うしらく"がクラウドファンディングを使ってどんな生き方をするのか。
そして、このリアル人生ゲームを通じてパトロンさんにどれほどのワクワクを与えられるのか。

あなたの想像を遥かに上回るサプライズをご用意いたしますので、ぜひご支援をお願いします!

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください