三重県鈴鹿市を拠点に日本ハンドボールリーグに参戦している三重バイオレットアイリスが、クラブの新たな活動のひとつとして海外遠征に挑戦します。2016年7月末に韓国にて行われる国際大会に挑戦します!

プロジェクト本文

★ご挨拶

私たちは三重県鈴鹿市を拠点に活動するハンドボールクラブチーム「三重バイオレットアイリス」です。今年7月末、韓国で開催される国際大会に挑戦します!

▼このプロジェクトで実現したいこと

クラブ創設以来初となる海外での国際大会で、海外のクラブを相手に優勝目指して戦います!

大会は2016年7月28日から韓国・釜山にて開催されます。参加チームは以下の4チームです。

・韓国:釜山施設公団(主催者)
・中国:SHANDUNG TEAM
・スイス:SPONO EAGLES
・日本:三重バイオレットアイリス

※正式な国際大会として順位が決められます。
※来年度よりIHF認定の予定。

▼プロジェクトをやろうと思った理由

三重バイオレットアイリスは日本ハンドボールリーグをはじめとする国内主要大会で優勝し、「日本一になること」をクラブの目標としています。

それと同時に「世界に通用するハンドボールクラブ」をクラブの長期的かつ、大きなビジョンとして掲げています。

「世界で通用する〜」と掲げながらも、実際には日本国内で海外チームとの対戦はなかなか実現できていません。そんな時、今大会の主催者である韓国のクラブから大会出場の打診がありました。

海外のクラブと本気の試合を経験したい!という選手たちの強い想い、そして世界の強豪クラブとの対戦でクラブとして成長し、実績を残したいというクラブの想いから今回の挑戦を決断しました。

決断するにあたっては資金的な問題がありました。三重バイオレットアイリスは地元三重県鈴鹿市の企業をはじめとするたくさんのスポンサーや個人サポーターのみなさんの支援があって運営させていただいております。

年間の活動予算は年度初めに決定するのですが、これまでに海外遠征を行ったことはなく、年度初めの予定にも組まれておりませんでした。今回の打診は年間の予算組みが終わっていた5月中旬にもらったため、新たに遠征費用を捻出する必要があります。

5月中旬に話をもらって7月末に遠征する…時間的な余裕がなかったために、自分たちでの資金集めと平行して、遠征費の一部をクラウドファンディングを利用して支援を募ろうという考えに至り、今回のプロジェクトを立ち上げることとなりました。

▼これまでの活動

・2002年:三重花菖蒲スポーツクラブ発足
・2004年:日本ハンドボールリーグ参戦開始
・2014-2015シーズンまで10シーズンに渡って日本リーグに参戦中
・2016年5月:新体制スタート
・2016年6月:スローガン「会いたいクラブ宣言」発表

これまでに参戦している国内主要大会
・日本リーグ
・日本選手権
・全日本社会人選手権
・国民体育大会

▼資金の使い道

 2016年7月27日〜8月3日の期間で韓国に遠征します。
選手15名とスタッフ5名の日本〜韓国往復にかかる航空券費用、合計60万円として使用させていただきます。

【6月30日追記】なお、目標額の60万円を超えた分の資金は、8月以降に行われる下記の公式戦の遠征費用として使用させていただきます。

・社会人選手権(山形県)
・日本リーグ(広島・長野・熊本・石川・岐阜・愛知・京都)
・日本選手権(東京)

▼リターンについて

① ダンマク名前入れ+サイン入り写真
韓国遠征時の試合会場で掲げる応援ダンマクに支援者全員の名前を入れさせていただきます。また、そのダンマクを前に選手全員で記念撮影し、サインを入れた写真を後日郵送させていただきます。

② ワールドチャレンジ2016限定Tシャツ(非売品)
ワールドチャレンジのロゴ入り限定Tシャツ(非売品)
+ ①の応援ダンマク名前入れ
+ サイン入り記念写真を後日郵送

③ 選手のサイン入りユニフォーム
昨シーズン、選手が実際に試合で着用し、今回の韓国遠征でも着用したゲームシャツ(ユニフォーム)にサインを入れてプレゼント!(※希望の選手は選べません)
+ ①の応援ダンマク名前入れ
+ サイン入り記念写真を後日郵送

▼最後に

三重県鈴鹿市から日本一を目指し、世界に通用するハンドボールクラブを目指す。

これは決して簡単な目標ではありません。しかし、スポンサー企業やパートナー企業、そしてたくさんのファンの皆さんとの期待と夢を背負って、着実にその目標を達成すべく、選手たちは日々トレーニングに励んでいます。

三重県で応援してくださっている方々だけでなく、ハンドボールに励む日本全国の少年少女、全国でハンドボールの普及に尽力されているみなさんの夢を背負って、わたしたち三重バイオレットアイリスは新たな挑戦をします。

ぜひ今回のプロジェクトを通じて、わたしたちの活動にご理解をいただき支援いただきますよう、応援よろしくお願い致します!

Super Violet Soul!

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください