プロジェクト本文

▼はじめにご挨拶

プロジェクトをご覧いただき誠にありがとうございます。

今回のプロジェクトリーダーを務めている、國武悠也(株式会社フレラボ/バイヤー)です。

 いきなりですがフレラボは農家さんとの会話の中にあった「もっと作りたいんだけど売れないからなぁ」この一言から始まりました。

私が生まれ育ったのは、福岡県と大分県の県境にある、うきは市という自然が豊かな地域です。うきは市では、たくさんの農家さんが日々魅力的なフルーツや野菜を作り続けていますが、大多数の農家さんが、労力に見合った収益を確保できていない現状があります。

この問題の解決をミッションに、週に3日の直売を福岡市でスタートしました。「本当にいい商品を適正価格で販売」をコンセプトに運営を進めていったのですが、「安全安心で美味しいから少し値段は高いよ」とはいっても、お客様一人一人好みも味覚も違うので日々苦戦していました、そんな時お客様との会話で「私はココの朝採れコーナーが楽しみで毎日きてるよ」という言葉もらいました、通常直売所では、前日の夕方に収穫したモノを翌日販売することが一般的なのですが、私たちが運営する直売所では、農家様の都合上、当日にしか収穫することができず迷惑をかけながらも早朝に収穫してもらっていました。この偶然から生まれたのがフレラボの「超新鮮野菜」です。

 

▼「最高の野菜」を「最高の鮮度」で

美味しい野菜でも鮮度が落ちてしまえば野菜その物の栄養価も低下し、なにより味そのものが落ちてしまいます。

-本当に美味しい野菜だからこそ最高の鮮度で食べてもらいたい-

僕らが言う「最高の野菜」を「最高の鮮度」で、とは収穫からの無駄な流通を省き収穫から12時間以内にお客様に届ける「超新鮮野菜」です。

 

 

▼最後に

〜まだまだ進む日本の農業〜

生産者と消費者の2つの思いを繋ぎ合わせ、需要と供給を調整し新しい価値を作り上げて行くことが流通者の役割だと考えています!その役割を果たす第一歩がここ福岡からスタートします。

ぜひご支援・ご協力のほど宜しくお願いします!!

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください