プロジェクト本文

 

▼はじめにご挨拶

 50歳を過ぎて、糖尿病による合併症で両目の視力を失った井上さん。アジアに格別の思い入れがある彼は、どうしてもアジアに住みたい。アジアで死ぬなら本望と言い続け、三年前、プノンペンに移住しました。

 当初は周りの誰もが案じていましたが、この三年間、逞しく暮らしています。ちっぽけな同情心から井上さんの移住に関わることになった我々も、思いもかけない障害者の視点から、海外移住を見つめ直すことができました。

 10数年前、目が見えていた頃はアフィリエイトサイトで喰っていた井上さん。健康を犠牲にしてサイト更新に入れ込み、結果的に視力を失ったわけですが、その後、手を入れる人もなく、リンクも切れまくって半死半生状態にあるこのサイトが、なんと未だに毎月300ドル前後のお金を稼いでおり、自分の障害者年金を実家の借金返済に全額提供している彼は、実質このわけのわからないアフィリエイトで何とか生活できているのでした。

 現在は週一回やってくるバイタクの兄ちゃんに、買い物やたまの外出のサポート、ATMの操作等を任せ、日々の生活は落ち着いていますが、そんな彼にはひとつ、大きな悩みがありました。

 彼が暮らす、プノンペン場末のスラム長屋(家賃35ドル)は、カンボジア人と結婚した70歳の日本人男性が家主をしています。はじめは親切だったこの家主、世話を焼くと見せかけ、井上さんの部屋にある小さなものをくすねていたことが発覚。

 それを指摘すると急に機嫌が悪くなり、夜9時就寝を迫ったり、NGOが井上さんに差し入れたスパゲティを「毒味してやる」と横取りしたり、散歩に連れて行ってやるから月100ドル寄越せ!と無理強いしたり……。

 そうした嫌がらせは徐々にエスカレート。最近では井上さんの部屋の窓を塞ぎ、目を開けていられないほど大量の殺虫剤を撒いて自分だけ避難するなど、常軌を逸したレベルに達しています。日本人が家主なら安心。と思いきや、これでは本末転倒。

 そうでなくとも、雨の日は滝のような雨漏り。雨季は床上浸水。ねずみだらけ。ほこりだらけ、ダニまみれ(日の光が届かない)という、瘴気の満ち満ちた部屋……。とはいえ、月35ドルという激安物件はさすがのプノンペンでもあまりなく、あったとしてもカンボジア人に先を越されてしまいますし、治安も良好とは言えません。

▼このプロジェクトで実現したいこと

 可及的速やかに、そこそこ人間らしい部屋を借りて(月60ドル程)現在の電波アパートから井上さんを移動させます。

 そこにネット回線をひきこみ(月12ドル程)、ネットで何かできる最低限の環境を作ります。井上さんにも「ユーチューバーになりたい」とか、本人なりの野望があるので、それらをできる範囲でサポートしながら、その様子を支援者にお伝えするとともに、この先、大勢現れるであろう「貧困中高年」に、日本に居たらじわじわ少しずつ首を絞められるだけの少ない年金や貯金でアジアをサバイブし、幸せに、静かに暮らすためのノウハウを、井上さんと一緒に少しずつ蓄積・発信したいと考えています。

 新しい「居場所」には、迷走する人が集い、似た境遇の者同士、語り合えるスペースを作ります。ステレオタイプの社会復帰ではなく、各々の適性に即した新しい生き方を模索し、可能な範囲で人生を再インストールするきっかけを提供し、サポートしてゆきます。

▼プロジェクトをやろうと思った理由

 どうか、ビデオで井上さんの生活ぶりをごらんください。これが理由の8割ですが、それだけではありません。

 ここ数年、カンボジアに定住する日本人が激増しています。ビジネスを始めたり、周辺国の物価上昇に耐え切れず逃げてきたり、理由はそれぞれですが、カンボジア人もびっくりの「井上さん的な生活」を送る日本人、実は少なくないのです。

 好きでやっているぶんには良いのですが、様々な理由で情報を遮断され、仕事を選べない人々もいます。訳もわからず連れて来られ、劣悪な環境で休みなくこき使われ、帰国もできず、生かさず殺さず、飼い殺し同然の扱いを受けている日本人もいます。

 そんな彼らを日本に帰しても、根本的な解決にはなりません。日本には彼らの居場所が無いからです。さらなる切羽詰まった状況に追い込まれ、再びこの地に戻ってくるでしょう。

 彼らを枠にはめず、追い詰められている目先の問題からとりあえず解放し、自分を見つめなおし、人生を再インストールする時間と精神的余裕を与えたい。日本で同じことをする何十分の一のお金でそれが可能となります。

▼これまでの活動

 電子書籍ベースの人生再インストールマガジン「シックスサマナ」の発行、ポッドキャスト配信、アジアを放浪する親父たちの記録映画制作などを通して、社会の枠からはみ出した英雄たちの人生を追ってきました。

▼資金の使い道

 プノンペン郊外に60〜150ドル程で小さなスペースを借り、井上さんを住まわせ、必要最低限の生活インフラを提供します。スペースに余裕がある場合、他の困窮者に提供する場合があります。

 皆さんへのリターンとして発送するグッズ等の制作・郵送経費等をはじめ、資金からの支出は家賃、水道・光熱費(月30ドル程度)、インターネット(月12ドル程度)など、文化的な生活に必要最低限の用途に制限し、それ以外のことにお金を使う場合は事前に報告し、意見を募集します。 

▼リターンについて

このようなリターンを準備しています。

(1)井上さんからお礼のメールと感謝状(PDF)が届きます。

(2)不定期になりますが、日記形式のレポートがメールで届きます。

(3)スポンサーとして井上ルームの壁にA4サイズの広告ポスターを貼ることが できます(公序良俗に反したデザインは不可)ユーチューバーデビューの際、背景として映ります。

(4)スポンサーとして井上ルームの壁にA3サイズの広告ポスターを貼ることが できます(公序良俗に反したデザインは不可)ユーチューバーデビューの際、背景として映ります。

(5)井上さん主演の記録映画にスポンサーとしてクレジット。

(6)井上さんのカンボジア電話番号(とりあえず一年間有効)。

(7)相撲取り風の井上さん手形色紙をお送りします。

(8)プノンペン市内で行われるミーティング参加権。井上ルームへのご招待(プノンペンまでの交通費別)。

(9)井上ルームでのVIP待遇。および、超限定オリジナル井上Tシャツ(新品日本製)。

 

▼最後に

 過去3年間、井上さんは平均月150〜200ドルの生活費で全てをやりくりしてきました。この金額には、週一回の買い物やアシストを依頼するカンボジア人の給料も含まれています。

 物価の安いカンボジアでは、少ないお金でも人間らしい生活を送り、人生を楽しむことが充分可能です。 

 このプロジェクトは、厳しい老後を生き抜くために欠かせない、実践的な知恵を集める重要な試みとなるでしょう。皆さんからの、暖かいご支援をお待ちしています。

  • 活動報告

    Tシャツができました

    2016/09/16

    「井上救援クラウドファンディング」最高額支援者へ送る特製Tシャツが完成! 井上ハウスの詳細地図もあわせてプリントされています。バイタクにパッと見せれ…

  • 活動報告

    井上さんからのビデオメッセージ

    2016/09/03

    「アジアの困窮日本人を魔窟から救い、暗い未来の道しるべになってもらう」プロジェクト、無事目標金額を達成しました! 目標額を達成したばかりか、…

  • 活動報告

    ちなみに井上さんの引っ越しは完了しています。

    2016/08/29

    みなさんのご支援もあって、引っ越しは無事終了しました。引っ越しについての経緯と詳細は、 シックスサマナ25号 俺だけは大丈夫! にまとめました。あわせて…

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください