▼はじめにご挨拶

こんにちは、株式会社オモレイの大亀靖治です。
学生時代に焼栗の屋台から独立し、現在9年間会社を運営しています。フィリピンにも会社があったりします。(ちなみに、写真はフィリピンでオニギリを路上販売していた時の写真です!)

メインの事業は高校生の進学先紹介事業で、この事業はスタートして約8年が過ぎました。主な取引先は、大学や専門学校です。

8年前に高校生の進学先のミスマッチを無くそうと事業を始めました。現在は年間で約13,000人の高校生に進学サポートをしています。

今回は沖縄の高校生をサポートできる拠点作りのため、企画を作りました!

 

▼プロジェクトをやろうと思った理由

沖縄では経済的な事情で、パソコンが自宅にない高校生が沢山います。
学校にもパソコンはありますし、生徒はスマホを持っています。ただ、先生が言うには、スマホで学校を調べる生徒は少なく、約200人の生徒が学校のパソコンを使用する為にパソコン待ちをしているのが現状との事です。近年はWEB出願等の対応も必要な中で、学外で進学先の情報を調べる事が出来る施設の必要性を感じておられるとの事でした。



また、沖縄の多くの高校生が県外に進学するため、先生も全国の進学先の情報を多く生徒に伝えたいと考えています。このような先生のご意見から高校生の為に全国の情報を調べることが出来る拠点作りを思いつきました。

多くの沖縄の高校生が県外に進学していく中で、少しでも多くの選択肢を高校生に届けていくことが、先生と私達の共通の考えです。

 

▼このプロジェクトで実現したいこと

上記の理由から、沖縄の高校生に進学先を調べる事が出来る拠点(以下、進学カフェ)を用意します。実際の拠点になる場所は、那覇市の旭橋エリアです。
この場所は先生から「今後バスターミナルが再開発される関係で、沖縄の高校生が移動しやすい所。また、周辺の高校とも近い所だから、この場所に作ってほしい」
とアドバイスをもらっています。



進学カフェでは、全国の大学・専門学校のパンフレットを自由に受け取れたり、近年増えているWEB出願もサポートします。また、奨学金の説明、県外に進学した時の生活費なども相談できます。希望者にはスカイプで全国の進学先との相談会も実施していきます。

▼これまでの活動

高校生に対しては、これまで関東、関西、北陸、中四国にて、進学のイベントを実施してきました。現在では年間約13000人程がイベントに来るまでになりました。
沖縄の高校(那覇商業高等学校、那覇高等学校、那覇西高等学校、豊見城高等学校、小禄高等学校、陽明高等学校)を訪問し、各学校の先生から話を聞いております。
今後こういった学校関係の方からのサポートを頂きたいと考えています。

 

▼資金の使い道

資金は、高校生が滞在出来る拠点の設立です。

旭橋の地域に、15坪ほどの事務所を借りる予定です。スタッフとしては、教師を定年退職された方にお願いをする予定です。
進学先の情報が集まる拠点を作り、生徒・保護者・先生が自由に情報(カリキュラム・学費・生活費)を得られる場所にします。
継続的に運営していく為の運営費用は、全国の大学・専門学校のパンフレットの設置料で捻出していきたいと考えています。こちらに関しては、1校あたり年間2万円程の設置料を頂けるとヒアリング済みです。

▼リターンについて

大きく、下記の3つで考えています。

■進学カフェ内での告知活動
進学カフェにチラシ設置(1年間):20,000円
進学カフェにポスター設置(1年間):20,000円

■お名前・企業名の刻印設置
入口スペースにお名前の刻印(大):50,000円
入口スペースにお名前の刻印(中):30,000円
入口スペースにお名前の刻印(小):10,000円

■当社の部活動イベント(13,000人)での広報活動+その他


1年間の部活動イベントでのチラシ配布+代表の大亀よりお礼の講演(希望があれば・交通費別途):200,000円
*当社のイベントでは関東・関西・中四国・北陸の多くの高校生が集まります!

▼最後に

子供たちに教育の機会を与えるプロジェクトです。頂いた資金は事業のスタートの為に利用させて頂きます。是非とも皆様のご協力をお願いします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください