この時代を愛した全ての人達に。平成30年の歴史と思い出を彩る名曲をオールナイトでプレイする。泊まれる音楽フェス「平成ラストサマー」。人と街のメディアになるソーシャルホテルHOTEL SHE,OSAKAの開業1周年を記念して、8月31日(金)18:00~翌6:00に開催。

プロジェクト本文

【コンセプト】

平成最後の夏が来るらしい

 

バブル崩壊、不況、ゆとり教育、2度の大震災、テロの脅威、インターネット

目まぐるしく変化する世界と相変わらずの甘く退屈な日常


誰もが何を信じていいのか分からなくて、束の間のから騒ぎで夜を越していた

でも、そんな時代だからこそ 

街ではたくさんの音楽が生まれて、僕たちの思い出を彩った


もしかしたら、この先、世代を越えてみんなで盛り上がれるような音楽が生まれることは

もうないのかもしれない


未来のことは誰にも分からないけど、1つの時代の終わりは確実に近づいている


平成が思い出になる前に、もう一度聴きたいあの曲を今夜

 

【イベント概要】

日本の音楽史上、空前の盛り上がりを誇った平成の音楽シーン。

誰もが知っているカラオケの定番曲から、聴くとあの頃の光景が蘇る思い出の名曲まで。

皆様からのリクエストをもとに1989年から2018年まで、平成30年の歴史を振り返るプレイリストの編集。

個性派揃いのDJが独自のアレンジを加えてオールナイトでフロアを揺らします。

 

<みんなでつくる平成最後の夏を〆るにふさわしいプレイリスト>

クラウドファンディング期間中(7.1~8.24)
twitterで #平成ラストサマー であなたの平成の思い出の1曲をリクエスト

 

リクエストをもとに各年代ごとにプレイリストを毎週、公開予定。

 

 

(※画像は1989年~2008年までのプレイリストのイメージです)  

 

当日は、HOTEL SHE.OSAKAを一棟丸ごと貸し切り。

1階は、ロビーのメインステージを中心に客室を含めてイベントエリアとして、全面開放。

2、3階は イベント参加者限定の宿泊エリアとして提供。 

 

※イベント参加チケット当日販売は、クラウドファンディングで申し込みが定員に満たなかった場合検討します。

会場

HOTEL SHE,OSAKA

大阪府大阪市港区市岡1-2-4

※JR大阪環状線弁天町駅 徒歩6分

電話:06-6577-5500(6:00~23:00)

営業時間:6:00~23:00

【出演アーティスト】

tomad

インターネットレーベル「Maltine Records」主宰。2006年頃からラップトップを使ったDJ活動開始。都内を中心にLIQUIDROOMやUNIT、AIR、MOGRAなど様々なクラブでプレイ。2009年から都内のクラブにて年数回のペースで自身レーベルのイベントオーガナイズもしている。

Maltine Records 

 

Batsu

15歳の年に親戚からの勧めでDJ活動を開始。ロンドンで1年間garageの文化に触れ、多大な影響を受ける。現在は関西にとどまらず、その活動の幅を広げている。また同時にトラックメイクも行っており、2015年に「ゆざめレーベル」から、2016年には「TREKKIE TRAX」からオリジナルの楽曲をリリース。

 

YOTTU

京都在住。11月11日生まれ。祖先が忍者。
2002年よりDJ活動を開始。年間80本のPARTYを飛び回わるDJ /オーガナイザー/お菓子職人。関西初FREE FOOD PARTY「猫食音」の発起をはじめ、自身のParty「Gift」を各地で主宰。 17年には「Gift」パーティーとして、りんご音楽祭に出演。MIXCDが常に高セールスを記録/完売。アパレルブランド globe walker の店内BGM、静岡hug coffeeとのコラボMIXCD など選曲活動も多岐に渡る。どんな肩書よりも「何よりもPARTYが好き」というまっすぐな想いと、絵本から飛び出てきたようなキャラクターが足あとを残す京都の”鴨川のハイジ”。

 

SHIN

平成生まれのウクレレ奏者&起業家。サイパン島で育つ。早稲田大学在学中に結成したユニット"ninja beats"でバンド世界大会優勝。 レバレジーズ株式会社に新卒入社するも音楽活動は続け、ドイツ大統領への演奏、ヨーロッパツアー、TEDxへの登壇や、Red Bull Studios Tokyoとのコラボレーションを実現。 独立後はウクレレスクールや関連事業を展開。ウクレレ業界を牽引する若手プレーヤー。

 

and more 総勢10名以上のDJが参加予定。

※追加出演アーティストの情報は活動報告で随時発信予定。

 

【タイアップコンテンツ】

①ボーイズエチケットブランドshyboi (シャイボーイ)とコラボレーション

平成ラストサマー限定オリジナルグッズを展開

shyboi

なぜか存在を隠されがちなコンドームやアンダーウェア。

でもそれが飾っておきたいくらいに可愛いものだったらどうだろう?

「shyboi」はエチケットグッズやベーシックウェアを中心に展開する、ボーイズ·エチケットブランド。大切なガールフレンドと2人だけが知る大切なアイテムだからこそ、お気に入りのTシャツやキャップを買うように選びたい。そんなシャイボーイにぴったりな小洒落たエチケット·アイテムをお届けします。

webshop: https://shyboi.me

instagram @shyboi.me 

Twitter @shyboi_me

※画像はクラウドファンディングとイベント当日限定「平成ラストサマー」オリジナルTシャツと栓抜きバッチ 

 

 

②京都の芸術レーベルKESHIKI.JPと

ホテルの1階の客室を使ってアーティストとコラボレーションした「平成を閉じ込めた部屋」を企画予定。平成に流行した物を集めて、滞在しながら、懐かしのあの頃の気分を味わえる空間をつくります。

 

KESHIKI.JP

『アーティストと人と場所を繋げて一つの「景色」に変える。』

KESHIKI.JPは京都を拠点に発信し続けるアートレーベルです。

 

 

※集まった資金の使い道

平成最後の夏に、平成生まれの私達が、みんなで平成の音楽シーンを振り返るイベントを企画したい。

そんな思いから、はじまったこの「平成ラストサマー」。

皆様から応援いただいた資金は、全額「平成ラストサマー」のイベントの運営費に当てさせていただきます。

(出演者への謝礼、グッズ制作費、音響機材費、会場設営費、スタッフの人件費など)

 

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください