2018年7月28日オープン!コーヒー、ビール、サンドイッチだけじゃない。 アートや神戸のお土産までたくさんの人の、ワクワク!ドキドキ!があつまる 喫茶店「パーラークニヲ」をつくりたい

プロジェクト本文

▼はじめに

 

▲ディレクターの飯島さんによる、コンセプトを描いたデッサン

はじまりは、「いろんなお客様が集まる ”なんか、楽しい!” 喫茶店を、地元神戸に作りたい」と思ったこと

学生時代からこれまでの20年以上、カフェでの接客、調理、運営全般に携わり、いちばん好きだったのが地元神戸の喫茶店でした。神戸には地元のおじさま、おばさま、若いカップルが集いだれしもが大好きなメニューを提供しながらも、その店舗ならではの味や空間、”個性”があるんです。

そんな喫茶店をやりたいとおもうようになり、この想いに共感し応援してくださる方と、一緒に喫茶店をはじめる予定でした。

が・・・!いろいろあって、二人でお店をすることは叶わず・・・

一人でお店をはじめることになりましたが、たくさんのご縁が重なり、協力してくださるチームができました。そしてオープンも7/28に決定しました。ただ、まだまだみなさまの力が必要です! 

▼「パーラークニヲ」とは

 

▲タケさんの原画といっしょに撮影

たくさんの絵をちりばめ、アートをより身近に感じることができる喫茶店

「パーラークニヲ」は、店内の2階がコーヒーやビール、軽食などを提供する喫茶店。1階ではテイクアウト、神戸にゆかりのある雑貨が買えたり、芸術鑑賞ができるギャラリースペースになっています。

そんななかでもかかせないのが、アート。その理由は後々お話するとして。。

「パーラークニヲ」についてお話するうえで、必要不可欠なのが鈴木剛さん(通称タケさん。後々登場します!)。そしてタケさんの絵。昔からタケさんの絵が大好きで、喫茶店をオープンするときには、ぜったい!飾りたいと思っていたのです。

 

タケさんのアートワーク

「パーラークニヲ」では、オリジナルのロゴアートから、お客様に提供するコーヒーカップ、サンドイッチのお皿、サンドイッチにちょこんと指す旗から、なんとおしぼりまで!(実はまだまだあるんです・・・)

つまり、店内にあるものには、タケさんの絵がちりばめられています。

 

▲タケさんの原画がはいった、スケッチブック

このなかに、クニヲで使う、タケさんの絵が入っています。手元に届くたびに、ドキドキ。絵はもちろん、すべて手書き。実際に描いていただいた紙に絵がかかれているので、手にふれるときがいちばん緊張?いや、感動します…!

 

▲タケさんの原画をスキャンしたもの

この豚さんの表情・・・愛くるしい。繊細なのに線のひとつひとつは力強くて、心にグッとくる感じがするのです。ここで紹介するのはほんの一部。お店で、ぜひタケさんの絵を見つけてみてください。

 

キャラクター? いや、クニヲおじさん!

 

 

店舗にちなんだメインキャラクターの「クニヲおじさん」。おひげと蝶ネクタイがチャームポイント。

でも、お店で働いているのは女性・・・。あれ、お店でクニヲさんみかけないな?ここは、クニヲさんの喫茶店じゃないの?っていうか、そもそも、クニヲって誰?そんなギモンが湧いてくるかと思います。

  

お店をはじめるとなったときに、ひとつの思いとして「女性もおじさんみたいに喫茶店でコーヒーやビールをぐいっと飲んだり、いきいき働いたりできたらいいなぁ!」と感じていました。そんな”おじさん”の象徴として、生まれたのが、このおじさん。そして、「クニヲ」という名前を、タケさんがつけてくれたのです。

つまり、このクニヲおじさんは、実在しません。残念ながら・・・

でも、お店のどこかで、きっと、ひっそり見守ってくれている、はず。クニヲさんって誰だろう?どんなお店だろう?となんだか面白くて、楽しくて、ワクワクするような気持ち。そんな思いをたくさんのお客様と共有したいです。

 

《お店について》

▲ディレクターの飯島さんによる、店内のデッサン

 

場所は、元町駅から徒歩二分。駅と元町商店街をつなく、元町穴門商店街にあります。

店内2階は喫茶店、1階はテイクアウト、アートギャラリー、神戸の雑貨販売スペースも設けます。

 

メニューについて

▲タケさんが書いた、メニューのイメージ図

馴染みのある喫茶店メニューが当たり前に美味しい。けど、「クニヲ」でしか食べることができない

コーヒーや角食のトースト、サンドイッチ、カレー、ナポリタン。ごくごく当たり前に喫茶店でよくみかける”懐かしい”メニューですが、「パーラークニヲ」では、体によい素材を使い、お店で手作りします。

 特にこだわっているのは、砂糖。コーヒーにもよく使われるかたも多いと思いますが、体を冷やさない甜菜糖を使います。これを溶かして、ガムシロップも。

 そのほかにも、自家製酵素シロップをつかって「季節のフルーツソーダ」や自家製ジャムの「ジャムバタートースト」など。なぜこだわりたいかというと、コンビニやファストフードもいいけれど、やっぱり、普段の生活のなかで体にいいものを、当たり前のように取り入れてもらいたいから。

 

《オリジナルコーヒー! クニヲブレンド・カミヤマブレンドがうまれるまで》

 

▲グラフィック担当の濱さんがデザインしたコーヒーバック

 

喫茶店の”あじ”がでるコーヒー。「パーラークニヲ」を結局ひとりでスタートすることになりましたが、いちばんはじめにクニヲをささえてほしい、と声をかけたのが芦屋エビアンコーヒーの神山佳士さん。(後々登場します!!)

 

▲5月末、芦屋エビアンコーヒーにてコーヒーの調合や味を確認しました

 

もともとお店のコーヒーが大好きで、クニヲでコーヒーを出すときには神山さんにお願いしたいと思っていたのです。打ち合わせをかさね、「クニヲブレンド」は浅煎り、「カミヤマブレンド」は深煎り、サイフォンで出すことが決まりました。

 

《オリジナルメニュー! ”クニヲワールド”って?》

神戸には観光地としても人気の神戸北野異人館。その近くにはレトロマンションが立ち並び、たくさん国の外国人の方々が住んでいます。

そんな、外国人が住む街・神戸を表現したのが<クニヲワールド>。ヨーロッパやアメリカなどのサンドイッチやインドカレーなど世界の食堂をテーマにした料理を提供します。レシピは、クニヲさんが世界を旅に出て、持って帰ってきたとかいう、ウワサ(架空のお話です)。


《店内1階 グロサリー&ギャラリー》

▲5月中旬に完成した店内1階雑貨スペースに置く棚。内装担当の四方陽介さん作

 

1階では、コーヒーやビール、パンやお菓子などのテイクアウト販売をします。

通勤する方が非常に多く通られるところにあるため、出勤前やランチの合間に、パパっと立ち寄れるように。特にテイクアウト販売でおススメなのは、関西で初めて発売されるいましろファームさんの「豆乳のソフトクリーム」。

ギャラリースペースは5.5㎡。こじんまりしていますが、神戸をはじめ関西で発表の場を求めている作家やアーティストさんを募り、作品の鑑賞やトークイベント、手作り教室を実施したいと思っています。ときには音楽ライブなんかも。一般的なイベントよりも、もっとカジュアルに、子どもから大人まで気兼ねなくアートに触れてほしいんです。

それから“神戸っ子”に親しまれているお店、LikeLikeさん、Mandrakeさん、Creationさんなどと提携した、雑貨スペースも設けます。「神戸の小さいお土産屋さん」として、少しでも神戸を好きになってもらえたら。

 

▼このプロジェクトで実現したいこと

▲5月末スタートした内装工事初日の様子

内装費、オリジナルのコーヒーカップ制作で、ワクワクするお店にしたい

さきほどチラッと書きましたが、どうして、ここまで ”アート”にこだわるのか。

理由は2つあります。ひとつはカフェが古くからさまざまな人が集まる場、また芸術家の社交場とされていて、お茶やお酒、軽食をたべながら、アートに触れる場であり、その「カフェ」本来の形を再現したいから。

もうひとつは、おじさんが集いそうなイメージの喫茶店でも女性や若い方々にもおもいっきり楽しめる喫茶店を作りたいと感じたから。

 

プロジェクトが実現した際には、店舗をデコレーションする内装費、そしてもっともクニヲのメニューで大切なコーヒーをお出しする「コーヒーカップ」のオリジナルデザインを制作に使わせていただきたいと思っています。

 

▲プロジェクト開始当初タケさんが書いた、オリジナルコーヒーカップのデッサン

 

▲6月中旬、ついにコーヒーカップのデザインが決まりました!

 

すでにお伝えしていますが。

お店にきていただいたお客様には「何これ?!面白い」と驚いてもらったり、「可愛い」と思わずコーヒーカップの写真をとりたくなってみたり・・・そんなワクワクするような「なんか、楽しい!」お店にしたいんです。

 

いまも、これからも、準備はすすんでいます。また「クニヲができるまで」の様子をこちらでも随時ご報告いたします!

 

▼自己紹介

 

3人娘が神戸で、10年越しに再び出会い、スタートさせることになりました

ひとりで立ち上げ、スタートをきったものの、気づき始めました。「ひとりでクニヲやるには夢が壮大すぎる!」ということ。そこで、よく知る2人のメンバーに声をかけたのです。

私たちの3人の出会いは、ちょうど10年前の2008年。関西初出店の某海外家具チェーン店にあるフードコートのオープニングスタッフとして、一緒に働いていました。店をオープンするやりがい、チームプレーの大切さをここで学びました。

2~3年して別々の道へ行ったりもしましたが、それぞれのタイミングや思いがつながって、また再びお店を、「パーラークニヲ」をオープンすることに。不思議なご縁です。

 

▲右からDORA、AIRAです。KAZUEは不在・・・、残念っ!

 

《オーナー》DORA

パーラークニヲを立ち上げようと思った、張本人。

神戸の大学に通っていた1990年代「アフタヌーンティールーム」でアルバイトをしたときから、これまで20年以上カフェで働いています。イギリス、アメリカ、あらゆる国のカフェ文化を経験しましたが、神戸の喫茶店がいちばん好き!

 

《2階担当》KAZUE

COMEING SOON!! 

 

《1階担当》AIRA

COMEING SOON!!

 

▼クニヲをささえる、チームメンバー

DORAひとりで立ち上げるつもりが、やりたいことがふえるのと同時に、次々と素敵な人と出会いました。とっても頼もしい、ゆかいなでロックな(?)、仲間たちを紹介します。

 

《コーヒーディレクター》 神山佳士さん

 

《設計》淵田泰明さん

 

 

《施工》田中智文さん(ヒロデザイン)

 

《内装デザイン》 四方陽介さん


《グラフィック》 濱 章浩さん(神戸デザインセンター)

 

 

《画家》 鈴木 剛さん

 

パーラークニヲの絵を描いていただいている、タケさん。17歳で四谷セツモードにて長沢 節氏に絵を学ばれています。銀座、パリ、日本で活躍されています。クニヲのアートやイメージをつたえる手段は、おもにYoutube。(!)ちょっとパンクなですが・・・それでもどんなときもクニヲのことで親身になって相談に乗ってくださるオトコマエな画伯さんです。

 

タケさんの主な作品

 

東京 渋谷 TRUNK HOTEL壁画(喫煙所)

 

東京 渋谷 WIRED TOKYO 1999

 

名古屋 豊市パン

 

名古屋 BOCA CENTRO

 

 《トータルディレクター》 飯島広昭さん

ありとあらゆるディレクターをしていただいている、DoBeCompany代表の飯島さん(通称EZさん)。神戸にある神戸オリエンタルホテルのグラフィックワーク、三ノ宮をはじめ東急ハンズのデザインディレクションなどとんでもなくスゴイかたなのに、これまたすごく優しくそして的確にアドバイスくださいます。このかたなしでは、パーラークニヲは存在しなかったといっても過言ではありません!

 

 

▲銀座大食堂イメージ

 

飯島さんのディレクションで、タケさんが絵を描いたプロジェクトは、近年では銀座にも。2017年7月にオープンした、銀座SIX6階にはタケさんのアートがフレームに、のれんに、飾られています。

二人がタッグを組んで、神戸に絵をかくのがクニヲがはじめて。どんなアートができるのか、楽しみです!

 ▼クニヲができるまで。これまでの活動

《2018年 4月5日》

キックオフミーティング! お世話になっている、ヤキトリゴッチさんで。さきほど紹介した、EZさんの手書きデッサンはここで生まれました・・・カッコいい。

 

《2018年4月末》

東京チーム(タケさん、飯島さん)と神戸チームの淵田さん、四方さんで内装のオンラインMTG。理想のレイアウトになるよう、細部の細部までこだわります。

 

《2018年5月9日》

図面をもちながら、イメージに近いお店をまわりながら、打ち合わせ。これが彼らのスタイル・・・! 刺激されまくり。感謝。そして、カッコいい。

 

《2018年 5月19日》

神山さんと、コーヒーの打ち合わせ。サイフォンをどちらにしようか・・迷いに迷います。はたして、店頭に立つのはどちらの子なのでしょうか。

 

《2018年5月23日》

チームクニヲMTG。現場にて、内装のこと、みっちり話し合いました。何気に、みんな帽子・・。

 

《2018年 5月24日》

昨日に引き続き、チームクニヲMTG。この日はグラフィック関連。飯島さんの、こんなのどう?に即興で応えるスタイルの濱さん。

そして仕上がったのがこちら。キレッキレです。このクニヲさんはどこで登場するのか、お楽しみに!

 

《2018年5月26日》

 

内装工事開始。とうとう始まってしまい・・ドキドキ。

 

《2018年6月17日》

内装デザインの四方(バク)さんが、壁の色を調色。

いつもお世話になっている、居酒屋「たまいち」さんも加わり、壁を一斉に塗りました。ほんとうに、みなさまご協力ありがとうございます!

 

《2018年 6月末》

タケさんが神戸に来てくださり、ショップカードの最終仕上げ。実寸のものに、タケさんが枠を描いてくださっています。こんな感じで手作りしているのです!

 ▼資金の使い道


店舗内装費(アートデコレーション材料費など含む)>70万

オリジナルカップ&ソーサー製作費>30万


もし目標金額を超過した場合には、オープン時以降のメニュー考案&試作費、オリジナルグッズの制作に使用させていただきたいと考えています。

 

▼リターンについて

お店でつかえるフード券、ドリンク券をはじめとする、制作するオリジナルコーヒー&カップ、タケさんが一枚一枚手作りする《限定》のシリアルナンバー入りロゴトートカミヤマさんのワークショップなどなど、ご希望にあわせた、さまざまなプランを用意いたしました! いまだけ限定のスペシャルオファーもあります!!

▲タケさん手作りのオリジナルロゴトートバックのイメージ。手作りの版なので”限定30個”!

 

《店舗オープンまでにご購入いただいた方限定スペシャル!》

 オープンから決まった期間、1杯目のドリンク無料!好きなものをご注文いただけます!

※期間はプランによって異なります。当日1回限り有効

※こちらの限定スペシャルがふくまれているプラン購入期限は、すべて、2018年7月27日までです。それ以降の購入された場合は、個別にご連絡させていただきます。

 

《クニヲでコーヒーやサンドイッチを食べたい方》

パーラークニヲで使えるフード券、ドリンク券がついたものです。芦屋エビアンコーヒー神山さんに調合していただいた、オリジナルのコーヒー”クニヲブレンド”、”カミヤマブレンド”どちらか、または両方のドリップバックやコーヒー豆を、お土産としてお付けしております。

 《クニヲのオリジナルグッズが欲しい方》

タケさん作!オリジナルロゴトート、またはオリジナルのコーヒーカップ&ソーサーをお渡しします。トートバックはいましかない版でつくるもの。一枚一枚タケさんがつくるので、風合いがどれも異なります。そこに”限定”のシリアルナンバーをいれて。パーラークニヲのグッズが欲しい!方におすすめ。

 

《クニヲでワークショップに参加したい方》

クニヲブレンド、カミヤマブレンドを作った、神山さんがいれるコーヒーのワークショップ。ここだけの限定申し込みでの開催です! クニヲが世界を旅していることにちなんで世界のコーヒーを楽しんでいただけます。

 

 《クニヲでギャラリー展示をしたい方》

ギャラリーの使用料を特別割引価格で、ご利用いただけます。神戸が好きで、個展をしたい、イベントをしたい、ワークショップを開きたいかた、ぜひ!

 

《クニヲに開店祝いを!お花が気持ち。という方》

 オープンのお祝いもしたいし、応援もしたい、けど遠方などで来れない方など。支援のお気持ちを花でお祝いしていただけるプランです。

 

《クニヲってなんかようわからんけど、とにかく頑張って!応援してる!という方》

オープンのお祝いもしたいし、応援もしたい、けど遠方などで来れない。そして神様のようなまなざし(!)で、お花や食事券の代わりに、ご支援いただける方に。クニヲのコーヒーやお菓子などの詰め合わせとお礼のお葉書をお送りします。

 

▼店舗情報

 

所在地/〒650-0022 兵庫県神戸市中央区元町通1-7-2 ニューもとビル

営業時間/2階 パーラークニヲ 7:30-20:00

(土日祝モーニングは9:00から、たまに夜の営業もあり〼)

1階 グロサリー&アートギャラリー 10:00ー20:00

 

アクセス/JR東海道本線 元町駅、阪神本線元町駅より 徒歩5分

穴門商店街内にあります

 

Facebook /https://www.facebook.com/parlourkunio/

インスタグラム/@parlourkunio

活動や店舗についての情報を更新予定です

 

《周辺情報》

「パーラークニヲ」の周辺、神戸元町には地元の方に人気のスポットや、県外や外国人があつまる名所がたくさんがあります!

 

元町商店街

全長約1.2km、300店舗も並ぶ、神戸を代表する商店街。昔ながらの喫茶店や商店などが軒をつらねています。ちょっとしたお散歩におすすめ。

 

大丸神戸店

神戸っ子が、必ずやみんな行っている・・・人気買い物スポット。居留地に位置することもあり、ヨーロッパ風の佇まいが素敵です。

 

南京町

関西の中華街といえば、こちら! 食べ歩きには、もってこい。美味しい豚まん、いっぱいたべてください!

 

メリケンパーク

左から神戸ポートタワー、神戸海洋博物館

 

これぞ、神戸のシンボル! ランドマークの「神戸ポートタワー」と海洋博物館をながめながら、海辺をお散歩できる、最高のスポットです。

 

オリエンタルホテル、人気のフォトスポット「BE  KOBE」モニュメント

 

夜には、オリエンタルホテル前の港から出発するクルーズも。港町ならではの夜景も美しいので、夜まで神戸の街を満喫することができます。

 

▼最後に

 

なんか面白そう・・・、だから「行ってみたい!」と思っていただけるようなお店を目指して

 

「だれもが、喫茶店で美味しいコーヒーやサンドイッチを食べながら楽しく過ごす」一見ありきたりのことの感じることかもしれません。

ですが、「パーラークニヲ」ではその当たり前を当たり前にできるお店でありたいと思っています。そのためには、たくさんのお客様がドキドキ、ワクワクできるような、お店をつくることがまず重要です。

これまで、お客様がいかにコーヒー一杯でくつろげるか、居心地のいい空間を過ごせるかを考えること、提供の仕方や距離を計りながら、ホスピタリティーをもった接客すること、それが大好きでカフェの運営に携わってきました。

そしてこれからも、そうありたいと思っています。

大好きな街神戸で多くの方々の日常に「美味しいコーヒーを飲む」「ホッとするサンドイッチを食べる」「気軽にアートを鑑賞する」「素敵な雑貨を買う」をひとつのお店で、もっと楽しく体感していただくために。

ひとりじゃなくチームクニヲと、そしてこれから応援してくださるみなさんと一緒に、そんな空間を作りたいと思っています。

ご支援、ご協力のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

  • Default image l da671d394b3f9fc866ab67dc2120460e7ef1e7b521ebfff2b6c6437c3e33cbd0.png?ixlib=rails 2.1
    活動報告

    御礼、プロジェクト終了のご報告

    2018/08/31 15:37

    みなさま、こんにちは。 パーラークニヲの高見です。   昨日で支援総額524,000円、クラウドファンディングが終了いたしました。 達成率52%と目標額に達することはできませんでしたが、多くのかたに応援いただきましたこと、あらためて御礼申し上げます。   なにより、このクラウドファ...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください