最後の清流四万十川でおなじみの高知県四万十市。今年は「土佐の小京都中村550年祭」というお祭りを年間を通して行っています。この節目の年にできるだけ多くの花火を打ち上げて、ふるさとへの愛着や誇りを思い出すきっかけ作りをしたいと考えています。皆さまからの温かいご支援をどうかお願いいたします。

プロジェクト本文

▼はじめに

はじめまして、四万十市観光協会です。

突然ですが、一條教房(いちじょうのりふさ)という人物をあなたは知っていますか?
四万十のまちづくりをし、私たちが慕ってやまない“いちじょこ”さん。
今年は彼にまつわる大事な年なので、感謝の思いをこめて四万十市は年間を通したお祭りをすることにしました。
それが【土佐の小京都中村550年祭】です。

 

 

▼四万十と一條公

みなさんが知っている“最後の清流 四万十川”の流れる四万十市ですが、かつてこのまちの基盤をつくり、商都にまで発展させたのが「前関白 一條教房公」 という人でした。

室町時代後期の長禄二年(1458年)~寛正四年(1463年)まで関白を務め、応仁の乱を機に京都から四万十市へ移り住んできました。
その豊かな知恵で流通や祭事、行政に取り組む一方、故郷をしのび碁盤目状の町並みや大文字の送り火といった、京都になぞらえた町作りを行ったのです。

これが応仁二年(1468年)、今より550年前のことでした。


▲中村三万石御代之図   四万十市教育委員会所蔵

 


▲四万十大文字送り火

 


▲土佐一條 公家行列

 


▲不破八幡宮大祭 神輿洗い

 

▼プロジェクトを行う目的

公家がつくった町、という大きな個性を持ちながらも、残念ながら今の私たちは町や歴史への関心が薄れ、若者は市外へと出ていってしまう傾向にあります。

子どものときから当たり前にあった神社や石碑、毎年楽しみにしていたお祭り。

 

昔の人たちが形作ったものへの感謝・愛着・誇りを思い出す機会として、今年の花火大会をいつもとは違ったものにしたいと考えております!

一般企業の皆さまによるご寄付と、市民の皆さまによる協賛券のご購入によってなんとか運営することができている花火大会ですが、毎年資金集めに大変苦慮しております。

今回 日本全国の皆さまに広くご支援を募り、大会開催だけにとどまらず、節目の550年祭として花火拡充を目指したいと思います。

 

 

▼支援金の使い道

リターン等の経費を除き、すべて打ち上げ花火増量に充てさせていただきます。
支援金3万円ごとに打ち上げ量が増加します!!

 

●花火大会概要●
名  称:第14回しまんと市民祭 しまんと納涼花火大会
開催日時:2018年8月25日(土) 20:00~21:00
打ち上げ場所:高知県四万十市 四万十川河川敷(赤鉄橋たもと)
ア ク セ ス :土佐くろしお鉄道中村駅から徒歩20分、高知道四万十町中央ICから車で約60分、松山道三間ICから車で約100分

駐車場:約1000台 無料・利用時間は16:00〜22:00

*雨天決行!
川の増水、雷等が発生した場合は翌日に順延となります。翌日も同じ天候の場合は、しまんと市民祭実行委員会で延期の日程を決定します。

 

 

▼リターンについて

・30万円「メッセージ花火」コース【限定 2】

あなたのお名前でスターマインを!!
熟練の花火師がオリジナル構成を考え出し、[2号玉・20発、2.5号玉・50発、3号玉・20発、4号玉・3発]をあなたのために打ち上げます。
メッセージの読み上げもあり、希望があればBGMをつけることもできます。

ささやかながら、スタッフからのお礼状も送らせていただきます。

※こちらのリターンは大変恐縮ですが、花火発注の都合上8月5日(日)までしかお申込みを受け付けることができません。
※8月6日(月)以降こちらのリターンでのご支援に対しましては、「ぶしゅまろくん 花火玉」・「四万十お守り」・「一條神社・看板猫のチビ ポストカード」・「スタッフからのお礼状」をお送りさせていただきます。

 

※花火大会は雨天でも決行しますが、増水・雷等が発生した場合は翌日に順延となります。翌日も同じ天候の場合は、しまんと市民祭実行委員会で延期の日程を決定します。
※公序良俗に反するなど、メッセージによっては内容を修正させていただく場合がございます。
※使用楽曲の希望については要相談となり、ご希望にそえないこともございます。
※メッセージ花火のご支援をいただいた後、メッセージにて詳細についてご連絡いたします。
※「ぶしゅまろくん 花火玉」・「四万十お守り」・「一條神社・看板猫のチビ ポストカード」・「スタッフからのお礼状」の発送は、お祭り終了後の9月上旬を予定しております。

 

・1万円「ぶしゅまろくん 花火玉」コース【限定 9】

花火玉のレプリカに、四万十のゆるキャラ「ぶしゅまろくん」を描いたオリジナルグッズ。
和のインテリアとして、また縁起物としていかがでしょうか。

ささやかながら、スタッフからのお礼状も送らせていただきます。

※一つ一つ心をこめて手描きさせていただく世界にオンリーワンのグッズになります。ハンドメイドだという点をご了承いただける心優しい方に記念としてお届けします。
※発送は、お祭り終了後の9月上旬を予定しております。

 

・5千円「しまんと市民祭ポロシャツ サイズM」コース【限定 8】

私たちも着ています!
胸元と背中にロゴが入ったポロシャツで、最高気温41℃の四万十市でもとても涼しく過ごせます。これを着てぜひ遊びにいらしてください。

ささやかながら、スタッフからのお礼状も送らせていただきます。

※色はロイヤルブルー限定となります。
※Mサイズ「身丈68、身巾50、肩巾46、袖丈21」のユニセックスサイズです。
※発送は、9月上旬を予定しております。

 

・5千円「しまんと市民祭ポロシャツ サイズL」コース【限定 10】

私たちも着ています!
胸元と背中にロゴが入ったポロシャツで、最高気温41℃の四万十市でもとても涼しく過ごせます。これを着てぜひ遊びにいらしてください。

ささやかながら、スタッフからのお礼状も送らせていただきます。

※色はネイビー限定となります。
※Lサイズ「身丈71、身巾53、肩巾48、袖丈22」のユニセックスサイズです。
※発送は、9月上旬を予定しております。

 

・3千円「四万十お守り」コース【限定15】

四万十市の「咲かずの藤」で有名な『一條神社お守り』と、国の重要文化財に指定されている『不破八幡宮お守り』を二つセットにして、支援への記念としてお届けします。

ささやかながら、スタッフからのお礼状も送らせていただきます。

※発送は、お祭り終了後の9月上旬を予定しております

 

・1千円「なんちゃあ」コース【無制限】

四万十市は幡多弁という方言になりますが、“なんちゃあ”とは「どういたしまして、気にしなくて大丈夫だよ」という意味です。
リターンは望みませんが支援します、という方へのコースになります。
お気持ちで支援額の上乗せが可能です。

ささやかながら、スタッフからお礼状を送らせていただきます。

※お礼状の送付はお祭り終了後の9月上旬を予定しております

 

・1千円「一條神社・看板猫のチビ ポストカード」コース【無制限】

一條神社で参拝に来た方を迎えるチビ。ここだけのオリジナルポストカードです。

ささやかながら、スタッフからのお礼状も送らせていただきます。

※発送はお祭り終了後の9月上旬を予定しております

 

 

▼最後に

おじいちゃん・おばあちゃんの代から四万十市に住んでいる人。県外から移住してきた人、はたまた海外から移り住んできた人。故郷とはそこに住んでいる人だけのものなのでしょうか。旅行で、仕事で、墓参で訪れる人、たくさんのみなさんがいて今日も四万十市は成り立っています。

この【土佐の小京都中村550年祭】を機に、あなたのふるさと・四万十市への想いで、満天の星空よりもキレイな夜空を私たちと一緒につくりませんか!?皆様方に広くご賛同をお願い申し上げます。

 

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください