福島県の北部、献上桃の郷として知られている、桑折町の美味しい「桃」を使用した『福ももの酢』。風評被害に苦しむ故郷の地域復興の支援のために、福島の上質な桃のお酢で健康的な食をご提案します。

プロジェクト本文

▼追記(2018/7/15)

この度はみなさまのおかげもあり、クラウドファンディング開始8日目にして
目標金額である『50万円』を達成することができました!

故郷、福島県のために何かしたいと思って始めたこのプロジェクトが
こんなにも多くの方々に支援していただくものになり、
より一層『福ももの酢』製品化実現への思いが熱くなりました。

本当にありがとうございます。

今回はみなさまと共有のできる新たなゴールを設定し、
福島県の応援団としてより素敵な、プロジェクトにしていければと思っております。

新たな目標金額は、
ーーーーーーーーー
+100,000円
ーーーーーーーーー
です。

当初から『福ももの酢』を製品化することを目的としていましたが、
それに加えて新たに以下のような取り組みをしたいと考えております。

 

■『福ももの酢』の贈答箱、パンフレットなどの制作

福島の桃を使った『福ももの酢』を多くの人により良い形で届けるために、商品の贈答箱やパンフレットなどの
販促物制作をしたいです。

■福島県の物産展を開催する

福島県の物産展は全国的に見てもなかなか目にすることがありません。
このプロジェクトを通して福島県の美味しい桃を始めとする特産品をみなさまにお伝えしたい、またその物産展を通して福島県と桑折町の美味しい果物・農作物等の販売拡大の一助となるよう、様々なイベントを企画したいです。
物産展はレンタルスペースつくばCASAで12月ごろに開催することまでが決定しています。

 このような2つを新しい資金の使い道として考えました。

なお、このネクストゴール達成のために、以下のリターンを用意しました。

■シークレットゲストとオーナー鶴町との「“食を考える“つくばカーサでの食事会+福ももの酢試飲会」(12月予定)

 詳しい日程は10月中旬ごろ決定いたします。
※このリターンへご支援いただき万が一お越しいただけなくなってしまった場合は、『福ももの酢』を3本(1本1,300円ほどを予定)をお送りいたします。

みなさまのご支援と応援に答えられる様にますます精進いたします。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

▼以下は開始時の本文です

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

福島県の北部、桑折町(こおりまち)。

“桃の一大産地"であるこの町には、
「献上桃」と呼ばれる美味しい桃があります。

「献上桃の郷」福島県桑折町の美味しい桃を使用した
『福ももの酢』を作りたい。

「献上桃」とは・・・

毎年皇室に献上している上質な桃のことです。
2018年8月には献上桃となって25年目になります。

桑折町の桃の中でも、主力品種の「あかつき」は、
最先端の光センサー糖度選別機による品質の揃った味を提供、
福島県ブランド認定産品にも指定されています。

数ヶ月前、東京の面白い料理教室で築地の豆屋さんのご主人から

「東京都内の学校給食では、福島ひいては東北という名前のついた食材はまだ使わないそうだよ!」
と聞きました。

福島県民は東日本大震災後の風評被害にあれからずっと苦しんでおります。

故郷、福島県のために何かできないかという想い、
福島県桑折町の「献上桃の郷」の美味しい桃を使って
福島に協力したいと思いをもっておりました。

私は日頃から、健康なカラダづくりには、気を付けて食材を選んでおります。

また、運営しているつくばCASAでは「食と健康を考える」というコンセプトを常々大切にしております。

献上桃の里として有名な福島県桑折町の極上で日本一美味しい桃を使って、
復興に役立てたらと思い、桃を季節問わず、
健康的に日々の食事に取り込むためにどんな商品を作れるか考えておりました。


私は酢ムリエ講座に通っていたこともあり、全国各地のいろいろなお酢を試飲しておりました。

1日大さじ1杯のお酢は血液をサラサラにし循環を良くし、
健康に有意義だと知り、皆さんに福島県桑折町の「美味しいもも」も知っていただくためにも、
「もものお酢」の製品化を実現したくなりました!

このプロジェクトで目標金額を達成しなくても製品化は実行いたします。

「日々の生活で美味しく・健康的な食べ物」を作り、
福島県桑折町を応援したい!という想いの元、
沢山の方々にご協力頂いて「福ももの酢」プロジェクトを立ち上げました。

ただ今、「桃農家さん」そして「お酢の醸造所さん」が選定され、
桃の収穫を待ち本格的な「桃の酢」を作ろうと計画・準備をしております。

お酢の製造・加工は常総市にある野村醸造株式会社さんに製造して頂く事になりました。

関東・東北豪雨(2015年)で被災した常総市本石下の老舗酒蔵「野村醸造」

豪雨の際は、北西約2キロの地点で鬼怒川が越水し、酒蔵も冠水しました。
室内が泥まみれになり、瓶詰めした日本酒1万5,000本も出荷できなくなったそうです。

その後、約500人のボランティアの支援も受けて復旧し、水害を乗り越えフレンチレストランに改装し、話題を呼んでいます。


野村醸造の野村一夫社長には、お酢の作り方を丁寧にご指導頂き、「福ももの酢」の製品化に向けて光が見えて来ました!

福島の「桃」は間もなく収穫の最盛期を迎えます。
7月後半より本格的な収穫時期を迎え、福ももの酢の製造に取り掛かります。

福ももの酢は9月下旬製造予定です。

(内容量:200ml予定)

(2018年7月3日 桑折町の桃の様子)


皆さん、フルーツビネガーをご存じですか?

美容や健康に興味がある人なら、毎日のビネガードリンクを習慣にしている人も多いですよね。
お酢は、ヘルシー志向の方には欠かせない食材です。

普通のお酢は刺激も強くて、普段のお料理で使いこなすのはなかなか大変ですよね。そんな時はフルーツビネガーなら、簡単に美味しく飲むことができちゃいます。

おススメの使い方

炭酸水で割って「ももスカッシュ」に


豪華に「海鮮入り酢豚」


ヨーグルトの「ソース」に

サラダの「ドレッシング」に

そのままストレートで飲んでもOK!

いろいろな使い方で毎日の食卓に「福ももの酢」をお使いくださいね。

福島県桑折町議会議員 佐藤武朗さんも応援!

■福ももの酢(1本1,300円ほどを予定)

■シークレットゲストとオーナー鶴町との「“食を考える“つくばカーサでの食事会」

■CASA特製ランチペアチケット(予約あり)

■健美の酵素ドリンク(ファスティングドリンク)
※1日20mlから60mlを目安にそのまままたは5倍から6倍に希釈してお召し上がりください。

■レンタルスペースつくばカーサ レンタルルーム使用

福島県、また桑折町の人、風評被害に困っている農家の皆さんに。
地元の桃に自信を持ってもらいたい、このプロジェクトにはそんな想いももっています。

故郷に、元気を届けられれば嬉しいです。

 

▼プロフィール

鶴町 伸子(つるまち のぶこ)
福島県桑折町出身 茨城県土浦市在住 夫・子供2人長男(29歳)次男(26歳)

ジュニア野菜ソムリエ・クシマクロビオティックス・コンシェルジュ
レンタルスペースつくばCASA代表 

■レンタルスペースつくばCASA


つくばCASAのポリシー

食と健康を考えるお店です。

食品の安心・安全はもちろん、ゆったりと心地よい時間を過ごしていただきたい!

そんな想いを込めて皆様をお迎えします。

つくばカーサのこだわり

① 添加物・化学調味料は使いません。

② お米は「無農薬米」です。

③ 日本伝統の発酵食品や乾物を使います。

④ 「野菜・肉」はすべて50℃洗いをします。

⑤ トランス脂肪酸を含まない、圧搾有機油だけを使います。

店舗情報
店名 レンタルスペース つくばカーサ
住所 茨城県 土浦市中村西根12-1
最寄り駅 JR常磐線荒川駅
道順 乙戸沼公園となり

〇お車でお越しの方
・常磐自動車道「つくば牛久IC」から約3分
・常磐自動車道「桜土浦IC」から約5分

〇公共交通機関でお越しの方
・JR常磐線荒川沖駅西口4番のりば発
「つくばセンター行」「筑波大学中央行」乗車
「関鉄ニュータウンつくば」下車
・つくばセンター(TXつくば駅)4番のりば発
「荒川沖駅行」「阿見中央公民館行」乗車
「関鉄ニュータウンつくば」下車
電話番号 029-843-4312
定休日 日曜、月曜
営業時間(レストラン) 11:30 ~ 14:00
営業時間(レンタルルーム) 9:00 ~ 18:00

※その他のお時間は要相談となります。
駐車場 駐車場あり
ランチについて ※ランチは完全予約制となります。

※クレジットカードのご利用は¥10,000以上からとなります。

 □詳細□
HP:http://tsukuba-casa.jp/
Facebook:https://www.facebook.com/fukumomonosu/
Instagram:https://www.instagram.com/fukumomo__project/

〇その他

レンタルスペースつくばCASAでは、いろんな用途に使えるレンタルスペースとして運営しており、さまざまなジャンルの方が訪れる場所となっております。

まだ未定ですがレストランの厨房もありますので、こども食堂や女性や主婦の勉強会、地域のお母さま達の勉強の場として活用していきたい夢があります。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください