ふっくら・ふわふわで独特の光沢を放つ純カシミヤのスヌード、マフラー&ショールストール。この道40年の職人の手で仕上げられた、やさしい風合い。たくさんの方に、本物の肌触りを感じてほしい!前回のプロジェクトでは、たくさんの方にご支援を頂き、無事Prar-2をスタートする事が出来ました。

プロジェクト本文

 

地場の伝統を受け継ぎ、高度な技術で絶妙なもの作りを営んできた職人さん達。

肌で感じる気温、湿度、指先の感覚。彼らは「勘」と言ってるけど、その仕事は、確かな再現性と完成度。

そんな職人さん達に、最高級のカシミヤ原料で至福の肌触りを表現してもらいました。

少しでも多くの方へ、確かな技術と本物の肌触りを感じて頂けたら幸いです。

 

▷ ご挨拶

こんにちは!Bisyu's と申します。Bisyu’s - Products.はイタリアのビエッラ、プラートと共に世界3大ウール産地である『尾州』にて、原料、糸の選別から素材・生産地にこだわりものづくりをしております。

安心安全なJapan Quality、尾州職人の伝統の技をお伝えできれば幸いです。

 

▷ ブランドロゴ 『 BISYU 』

 

▷ きっかけ

カシミヤ100%の商品って周りにはいっぱいありますよね。

5千円前後のとっても安いのから、10万円を超える、超高級品まで。

何が違うんだろう? やっぱり原料かな・・・って勝手に納得してました。

ある日、尾州の整理やさん(生地の整理洗いSETや、揉み込み加工仕上げ等をして見える工場さん。)へ、ちらっと顔を出した時のことです。

何気なく仕上がって置いてあった生地を手にし、衝撃を受けました。

それは、しっとりした肌触り・ふっくら柔らかい風合いで、ずーっと触っていたくなる様な物でした。

そうです、職人さんの手による絶妙に仕上げられた、高級品とされる純カシミヤ、本物の風合いだったのです。

その時にあったものはコレクションブランド様向けのコート用織物素材でしたが、

もし、最高級カシミヤ糸を使いで、究極の丸編みニット生地をふっくら編み上げ、

尾州職人さんの手で仕上げてもらったら・・・きっと素晴らしい物が出来るんじゃないかなって。

そしてその素材でネックウエアーアイテム作ったらどんなに快適だろう、

同時に、尾州職人さんのこんなにも素晴らしい技術を絶やしてはいけない、そして、

伝統の技術を使い、現代のファッションにマッチしたアイテムを作ることができないだろうか?

そう考え、プロジェクトをスタートしました。

 

▷ Bisyu'sカシミヤアイテムの風合いを生み出す3つの条件

原料と糸 ー Yarn raw material:アラシャン地方(China)ー

・原料となるカシミヤ原毛は、アラシャン地域産を使用してます。

アラシャン地方とは、中国内蒙古自治区西部のある特定の地域で、古くから中国で一番細く、

風合いの良いカシミヤを産出するとしてその名を知られています。

この地域のカシミヤはその品質と希少価値ゆえに中国では毎年最高価格で取引されており、

カシミヤの中のカシミヤとも呼ばれ、世界でも最高級原料の産地として有名です。

・糸は、カシミヤの老舗、和歌山・東洋紡糸工業(株)さんにて、染色から紡績まで一貫して仕上げられています。

原料の良さと染色技術の高さで、国内TOPレベルのカシミヤ糸となっています。

編み ー Knitting:和歌山の編み職人さん・吊り編み機使用 ー

・日本にはほとんど数少ない超レアーな吊り編み機を使用

現存する機械も少なく、もう生産もしておりません。

編み生産効率は通常の1/15程度、よって市場への流通はほんの少ししかありません...

しかしながら、その編みあがりは他の追従を許さない絶品の風合い。ふっくらと編み上がります。

仕上げ ー Final finish:尾州 ー

どれくらいの時間で、どれくらいもみ揉めばいいか...

最高のふっくら仕上げの着地を熟知している仕上げ職人さん。

やはり最後は手作業にて1点ずつ、尾州でまとめ仕上げしてます。

▷ 報告

第一弾で使用していた糸から、さらに原料の良い物へバージョンアップ!

糸番手が繊細なものとなり、ボリュームはほんの少しだけ減りましたが、ふんわり感はほぼ同じ。

第一弾作品から、さらに、しっとりとした肌触りと、控えめな光沢感をが出ました。

納得のいく作品となりました。

 

▷ 今回のプロジェクト・リターン作品説明

お届けに関して

・希少な編み機での生産で、少しずつの仕上げていきます。

リターン品のお届けは12月とさせて頂いております。途中段階で生産に入り、プロジェクト終了後、随時発送させていただく予定です。

 

【 Pureカシミヤのふわふわスヌード 】

color:6 col  各色30本限定。

size:高さ40cm 巾60cm(ぐるりで、120cm)

design:縫い目のない無縫製カットオフ・スヌードです。

wear : すっぽり、捻りながら二重に巻けば、あたたかく包み込んでくれるスヌードです。

 

 

【 Pureカシミヤのふわふわマフラー 

color:6col  各色15本限定。

size:幅40cm 長さ180cm

design:無縫製カットオフ・マフラーです。

wear : ピッティー巻きや二重巻きも出来る長さで、ベーシックなサイズのマフラーです。

 

【 Pureカシミヤのふわふわショールマフラー 

color:6col 各色10本限定。

size:幅60cm 長さ180cm

design:無縫製カットオフ・ショールマフラーです。

wear : 巻くとボリューム感があって、大判なので軽く羽織ってもバランスの良い、ショールマフラーです。

 

▷ 第一弾お届けさせて頂いたご支援者さまより、暖かいメッセージをたくさん頂きました。

一部紹介させて頂きます。メッセージ有難うございました!

・「さっそく、着用して見ましたが、首だけが暖かい。こんなに軽いのに・・

・「あまりの柔らかさに感動しました。冬の強い味方になってくれそうです。」

・「もうふわふわで心地よく、びっくりです。巻いた感じもとても自然で大きすぎもきつくもなく、完璧でした。」

・「週末着用して出かけました。スヌードが発熱してる?!と思うくらいの温かさと軽さで、とても快適でした。
1日着けていても感触も気にならず大丈夫でした!ヌメリ感と、編んである質感が極上です。」

・「こんなに気持ちの良いカシミアは初めてです。この冬、絶対手放せなくなるのは間違いないようです。何とも言えないやさしさに包まれるよう.... 」

・「軽くて薄いのに、暖かくて驚きました。手触りがとてもよくずっと顔を埋めていたくなりますね。 カシミヤのマフラーはたくさんありますが、スヌードが欲しくてずっと探していたので出会えて嬉しいです。大切にします◡̈ 

 

▷ ボリューム検証

Bisyu's カシミヤ素材と他素材との比較検証を行いました。

最初に、それぞれ異なった代表的な素材を集めました。

画像右から、

1、リネン100%織物 ・よくリネンシャツに使われているタイプ。

2、COTTON 100%天竺 ・Tシャツによく使われている素材。

3、COTTON 100%裏毛 ・スエットトレーナー素材。30/10のベーシックタイプ。

4、デニム ・ジーンズ用しっかり目なタイプ14oz程度のスタンダードな素材。

5、 Cashmere-Productsの吊り天竺カシミヤ尾州仕上げ素材。

検証方法

条件 ・各素材10cm×10cmで切りそろえてカット。

検証一:四つ折りにしてのボリューム比較

検証二:各素材10㎠の重さ ※小数点はカット。

・・・結果

検証一 : UP画像の通り。圧倒的なボリュームです。

検証二 : リネン2g ・天竺3g・裏毛4g ・デニム5g

そしてカシミヤ素材はなんと、3gでほぼ天竺(Tシャツ素材)と同じくらい、裏毛スエット素材より20%以上軽いと言う事になります。

ボリュームがあり軽い=空気層があると言うことになります。

カシミヤの高保温性の要因はこんなところにも証明されていますね。

 

▷ 洗濯検証

検証方法

通常洗濯で、縦20cm×横20cm素材の形状変化を検証

条件一:洗剤は通常家庭用(アリエール) ※今回はあえてWOOL用中性洗剤を使用せず、過酷な状況にてテストしました。

条件二:洗い時間は洗いーすすぎー脱水までで56分のコース。※洗濯ネットに入れ、他の衣料と一緒に入れました。

 

・・・結果

洗濯前:縦20cm×横20cm→洗濯後:縦20.8cm×横19.5cm

洗濯前と比較し、縦+4%・横−2.5%という結果でした。

 

今回の検証は、「通常の洗濯機で普通にお洗濯をしたらどうなるの?」と言う一つの疑問から始まりました。

あえて普通の洗剤、お洗濯もシャツとかと一緒にということで、カシミヤにはちょっと過酷な条件だったかと思います。

しかしながら、ほとんど寸法の変化は見られず、尾州職人さんが自信満々な、洗い仕上げですので多分大丈夫だろうと

予想はしてましたが、やっぱりすごい!って、あえて再認識しました。恐れ入りました!

カシミヤはWoolと違って、クリンプ(鱗の様なもの)と言われる物が非常に少なく糸同士が絡みにくい性質があります。

よって非常に縮みにくい性質があります。

家庭用洗濯はOKとの結論ですが、素材へのダメージや、長くお使いいただくために以下の方法をお勧めします。

・Wool製品使用可の中性洗剤にて、洗濯ネットに入れ、軽く手押し洗い&すすぎして頂き、脱水後、

直射日光の当たらない場所にて、形を整え干して頂ければ大丈夫です。

作品に関しては、無縫製作品で、切りぱなしデザインですので、多少のほつれが出るかも知れません。

その場合はじゃまな部分はカットして頂き、指先で少し揉み込んで頂ければ止まります。

 



▷ Caution!:このスヌードは編み立て後、縮絨加工(もみ洗いでわざと縮める)をしております。

その後、一枚一枚職人の手で切り分けており、ミシン等の縫製を入れておりません。

よって、使用頻度により、切り目から、多少の糸ほつれ等は必ず出ます。

ただ、縮絨加工により、カシミヤ糸が絡み合い、解けにくくなっております。

もし、解けてきましたら、その部分をカットしてお使いください。

洗濯はクリーニング店にカシミヤです..とお伝えください。

 

▷ 最後に・・・

2017awシーズンにBisyu's Cashmere-Productsのプロジェクトスタート当初は、予想を上回る、反響を頂き、

驚きと感謝の一言でした。

しっかり、本物を真面目に製作している事には自信がありましたが、なししろ、皆様にどのようにお伝えしたら良いか...

かなりのプレッシャーの中、途中で開き直りまして、単純に飾らず事実を伝えればいいのだ! って思ったら、

少し楽になりました。

そして、御支援いただいたパトロン様にリターンのお品をお届けした後、たくさんの方にお褒めのお言葉を頂き、

本当にチャレンジして良かったと思いました。

プロジェクト後の報告をかねて、尾州の職人さんの方々へご挨拶に伺った時のこと、

とってもいい顔して、笑顔を見せてくれました。

あらためて、もっとあの笑顔が見たい、頑張らなきゃって思っております。

今後とも、宜しくお願い申し上げます。

Bisyu's

 

  • Default image my 0dc654dcb96a5e77583383cdf465256716de01a9aa70669e7d408c3203f5613a.png?ixlib=rails 2.1
    活動報告 - パトロン限定公開

    進捗状況報告です!

    2018/11/17 20:59

    こちらの活動報告は支援したパトロン限定の公開です。

  • マフラーモデル
    活動報告

    「 軽く、あたたかく」純カシミヤプロジェクト、本日最終日です。

    2018/11/05 08:24

    こんにちは! Bisyu'sです。 本日、プロジェクト最終日となります。 先行生産分もすこぶる順調です。 これから、どんどん寒くなってきます。 Bisyu's純カシミヤたちが、この冬、皆様が、外出される時の強い味方になってくれると いいかなって思ってます。 残り16時間。引き続き...

  • スヌードモデル
    活動報告

    寒くなりましたね、プロジェクト終了まであとわずか。

    2018/11/04 18:54

    こんにちは! Bisyu'sです。 プロジェクトもあと2日となり、最後の日曜日となりました。 あと少し、緊張しながら最終日を迎えたいと思っております。 先行して進めている分が、一部仕上げ工程(ふわふわ仕上げ工程)も終わり、 確認してまいりました。 やっぱりふわふわです。 職人のお...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください