「四六の筑波サンバ」CD製作プロジェクト! 筑波山が好きになる!みんなで歌って踊れる!をテーマとした筑波山オリジナルソングです! 子どもたち世代を中心に筑波山を知ってもらい、筑波山が大好きになる、カワイイ歌・カンタンな踊り・ガマ口上を覚えちゃう曲を製作します!

プロジェクト本文

▼ご挨拶

「四六の筑波サンバ」CD製作プロジェクト実行委員会の代表・守屋俊甫です!

この度、「筑波山が好きになる!みんなで歌って踊れる!をテーマとした筑波山オリジナルソングを製作します!

子どもたち世代を中心に筑波山を知ってもらい、筑波山が大好きになって欲しいという想い、

そして、みんなが楽しめる空間を作ることを目指しています!

▼つくばの象徴こそ、筑波山!

筑波山は、関東平野に聳え立つ由緒正しい山として、私たちを見守ってくれました。

しかし、筑波山近隣に住んでいても遠足で行ったり、登山をしたり、あまり筑波山の歴史や文化に触れる機会はない人が多いのではないでしょうか?

そこで、、、、筑波山をもっと好きになるために、今回のプロジェクトを立ち上げました!!

▼筑波山をもっと好きになるためには!

ズバリ!筑波山を身近に感じる歌を、幼少期から歌い続ける!!これに尽きるという結論に達しました!!!

小さい頃から慣れ親しむことが、何よりも重要であると考え、子どもたちが楽しめる曲を作ろう!!

そこで、歌のコンセプトには、、、

▼コンセプト

筑波山を好きになる!

 あまり筑波山を知らない子ども世代、若いパパママ世代、つくばに学生として住んでいる若人が、筑波山を好きになるきっかけにしたい!!

筑波山への愛が深まる!

 これまでも筑波山と触れてきた地元の方々にも、もっとつくばへの愛を深めて欲しい!多世代で交流できる場づくりを通して、筑波山が大好きな人々がもっと増えるきっかけにしたい!!

そして、、、

とことん子ども世代を中心に普及させていきます!筑波山を歌う・踊ることで、筑波山が地元に根付いている山として愛着を持って欲しい!!

▼筑波山を盛り上げる4人組

今回は、茨城県内でアーティストとして活躍する4人が結集!

筑波山が大好きな私たちが「四六の筑波サンバ」を作りました!

*オニツカサリー ONITSUKA SALLY*

かすみがうら市出身 シンガーソングライター。

・かすみがうら市ふるさと大使/石岡市ふるさと大使/自衛隊茨城広報大使/きこえの親善大使/いばらき統計サポーター/3D増毛イメージガール/JA土浦れんこん大使 

あらゆるものと音楽をコラボレーションさせ、音楽の新たな可能性を追求し続けている

*小松崎 純 KOMATSUZAKI JUN*

土浦市出身 音楽プロデューサー

1975 トランザムにキーボードで参加。「ビューティフルサンデー」「Come on in coke」等のヒット曲。NTV系ドラマ「俺たちの旅」「俺たちの朝」等の音楽担当。
1979 高橋真梨子コンサートツアーにキーボードで参加。(現在も継続、今年40年目)
1984、2013、2015、2016、2017 NHK紅白歌合戦出演
1993、2008、2016 ニューヨーク、カーネギーホール  
1994 ロンドン、ロイヤルアルバートホール
1997 香港 コンベンションセンター
1999 日本武道館
2001 音楽企画制作会社「サム・プランニング有限会社」設立。制作企画グループを提唱し、プロデューサー、作編曲家として活動中。

*筑波 和弘 TSUKUBA WAKO*

筑波山名物・ガマの油売り口上士

地域を元気にするガマ口上で大人気!58歳で一念発起し、筑波山ガマ口上保存会の講習会に足を運んだ。

2004年にガマの油売り口上士として免許皆伝。約25分の口上では、その真剣な眼差しに加えて、愛嬌たっぷりのWAKO劇場で観客を引き込む。

トレードマークのひげの風貌から「ひげガマ」と親しまれている、素敵な口上士!

※ガマの油売り口上は200余年前、常陸国筑波郡筑波山麓出身の永井兵助が傷薬として全国に知れ渡る故郷の軟こう薬・ガマの油の販売を思いつき、考案した”売り口上”を江戸・浅草の縁日の大道で披露したのが始まり。以来、大道芸として代々受け継がれてきた。(常陽リビング一面記事 2011年10月17日(月)より抜粋)

*守屋 俊甫 MORIYA SHUNSUKE*

北海道出身・つくば歴13年(2005年筑波大学入学〜NOW)
健幸エンターテイナー(作詞・振付家/ソーランソロダンサー/モノマネ芸人など)/筑波大学アスレチックデパートメントつくばコーディネーター/筑波大学大学院内科系スポーツ医学所属

つくばが大好き!つくばで骨を埋めると決めた、”あらゆる顔を持つ”男!

2008年より、YOSAKOIソーラン曲の振付・演舞指導、日本国内およびフランス・タイ・南アフリカでのソーラン公演を経験。現在は、YOSAKOIソーランの健康効果を筑波大学大学院スポーツ医学研究室にて研究中。

2016年12月より、ピコ太郎のモノマネを始め、年間約40回のイベント・祭りに出演。

2017年には、有名な南中ソーランの産みの親「民謡歌手・伊藤多喜雄」氏と共同で、“健康ボウリング・39ソーラン”を製作。作詞および振付を担当した。

▼「四六の筑波サンバ」の特徴

ズバリ!!

1に、カワイイ歌!

2に、カンタンな踊り!

3に、ラップ調のガマ口上!

みんなが楽しく歌って、踊れる要素がたくさんです〜!^0^

▼カワイイ歌

歌うのは、茨城県を中心に活躍中のオニツカサリーさんです!

サリーちゃんの歌声が、と〜〜ても可愛いんです!優しい声の「ガマガマ〜、ガンマミ〜ア〜!」のフレーズが脳内リピート間違いなしです!!

そして、小松崎純さんの作曲したサンバリズムは、昭和のレトロ感を含んだ味のあるテイストに!

きっと、みんなで歌いたくなっちゃいますよ〜!

▼歌詞「四六の筑波サンバ」

イメージは、子どものガマガエルの物語!

1.ガマの油売り口上にある「鏡の前に映る、みにくい自分の姿を見たときに出てきた油汗」を子どもガマが初めて経験した時の様子を描いています。

2.夫婦(めおと)の山で有名な筑波山!その特徴である「うたがき」を、子どもガマのパパとママの出逢いとなった”歌”と掛けて、「歌がきっと」と表現しました。

3.多くの人々が集まる筑波山!みんなという意味の”みな・皆”、男女という意味の”みな”を掛けて、神様に守られている山を表現しました。

※「筑波嶺(つくばね)の峰より落つる男女川(みなのがわ)恋ぞつもりて淵(ふち)となりぬる」で有名な男女川。

4.最後に、楽しく”ガンマミ〜ア〜”(マンマミ〜ア〜を文字っています!)と叫びながら、祭りで踊っている子どもガマたち!皆さん、もうイメージが湧いてきますね!!^^

▼カンタンな踊り

守屋が初代舞長(ぶちょう)だった、筑波大学 斬桐舞が提唱しているユニバーサルソーランの考えに基づいて、ユニバーサル振付を採用しています!理由は、誰もが参加しやすく、親しめる踊りにしたいからです!

メロディに合わせて考えた特定の振付以外にも、出来ない動きはとにかく自由にアレンジして好きに動くのもOK!

椅子に座っても、立っていても、寝ていてもOK!手や足など、動く体の部位だけを使ってもOK!

子どもたちも楽しく踊れる振付と、大人たちの頭をフル活用できる脳トレ振付も入れて、みんなで楽しく踊ります!

▼ラップ調のガマ口上

筑波山名物・ガマの油売り口上は、伝統芸能として今も筑波山ガマ口上保存会の皆さんが語り継いでいらっしゃいます!

しかし、伝統芸能を続けていくためには、もっと子どもたち世代に普及する必要があると考えました!

普及するためには、どうしたらいいのか?と考えた結果、、、がラップ調へのアレンジでした!

ガマ口上の一節を、ベテラン口上士の筑波 和弘さんによってラップ調になります!

▼資金の使い道

資金は、CD製作代として活用します!

プレス費用 約20万円(約1000枚)

ミックスダウン&マスタリング費用 約10万円

ジャケットデザイン 約10万円

出張指導時の交通費・雑費等 約5万円

合計45万円!

上記が資金目標ですが、ここは楽しい目標金額にしようと考え、

462983円(四六の筑波山)に設定しました!!

▼リターンリスト

◾️3,000円…「四六の筑波サンバ」CD(ノーマル)1枚+製作者全員のお礼メッセージ動画

◾️4,500円…「四六の筑波サンバ」CD(ノーマル)1枚+製作者全員のお礼メッセージ動画

+「四六の筑波サンバ」CD(サイン付きスペシャル版)1枚

◾️6,000円…「四六の筑波サンバ」CD(ノーマル)1枚+製作者全員のお礼メッセージ動画

+「四六の筑波サンバ」CD(サイン付きスペシャル版)1枚+CDクレジットにあなたのお名前を掲載

◾️7,500円…「四六の筑波サンバ」CD(ノーマル)1枚+製作者全員のお礼メッセージ動画

+「四六の筑波サンバ」CD(サイン付きスペシャル版)2枚+CDクレジットにあなたのお名前を掲載

◾️15,000円…「四六の筑波サンバ」CD(ノーマル)1枚+製作者全員のお礼メッセージ動画

+「四六の筑波サンバ」CD(サイン付きスペシャル版)1枚+CDクレジットにあなたのお名前を掲載+守屋俊甫による振付出張指導(指導を受ける人が30人未満規模の場合はこちらを推奨)

◾️20,000円…「四六の筑波サンバ」CD(ノーマル)1枚+製作者全員のお礼メッセージ動画

+「四六の筑波サンバ」CD(サイン付きスペシャル版)1枚+CDクレジットにあなたのお名前を掲載+守屋俊甫による振付出張指導(指導者2人体制)(指導を受ける人が30人以上の規模の場合はこちらを推奨)

▼最後に

私たちの取り組みは、筑波山を勝手に盛り上げたいという、わがままな気持ちからスタートしています!

このつくばにとって、つくばやその周辺に住む地域の方々にとって、次世代を担う子どもたちにとって、筑波山がより身近な存在になって欲しいという願いを込めた活動です!

何年か先に、「あぁ、筑波山が見たいから、つくばに帰ろうかな!ガンマミ〜ア〜!」なんて思って、ガマガマと口ずさんでくれたら最高だな!!なんて、思っています。

是非とも、筑波山が好きになる!みんなで歌って踊れる!をテーマとした筑波山オリジナルソング製作にご協力ください!

文責 「四六の筑波サンバ」CD製作プロジェクト実行委員会 実行委員長 守屋俊甫

  • S  21659679
    活動報告

    がまレース2018でお披露目!筑波山でみんながガマガマ!!

    2018/08/13 13:46

    ついに、筑波山にて「四六の筑波サンバ」のお披露目いたしました!! 様子はこちらから 発表の機会を作ってくださった、がまレース実行委員会のみなさま、心より感謝申し上げます!! つくば市長の五十嵐 立青様には、「どんどん拡げいってください!!」とエールをいただきました!!どうもありがとう...

  • 5b61c135 271c 4695 9122 3ede0aae07a2
    活動報告

    【「四六の筑波サンバ」を解禁!お披露目しました!】

    2018/08/01 23:18

    土浦市の土浦協同病院「オニツカサリー&小松崎純」ロビーコンサートにて! これぞ、四六の筑波サンバ!楽曲が出来上がり、公のイベントで初めて披露しました!! ちなみに、4人が全員揃ったのも初めて!!   お客様からは、「楽しくて、頭にも刺激が入るから素敵ですね!」との感想をいただき...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください