小沢一郎議員に掛った国策捜査の経過とそれが何であったか明らかにし、その問題を日本の将来に写しこんで、日本において真の民主主義を実現すべく、これまでをまとめ、これからを展望するための本を出版したい。

プロジェクト本文

▼はじめにご挨拶

私たち、「小沢一郎議員を支援する会」は、小沢一郎議員の後援会ではなく、有志が集まったものです。

西松建設事件以来、これは、国策捜査ではないか?との疑念のもと、民主主義崩壊の危機と捉えました。

不当に晒されている小沢一郎議員の支援を通じで、日本の民主主義の崩壊を止めたいと願い、

裁判中の2011年「私たちはなぜ小沢一郎を支援するのか」と言う書籍を出版しました。

そして、2012年11月に無罪判決が確定しました。

▼プロジェクトをやろうと思った理由

これらの裁判は何であったのか? また、その間、世間ではどのようなことがあったのか?

小沢一郎議員の無罪を受けて、それらは、どのように評価されたのか?されていないのか?

これら、これまでの「まとめ」として、世に知らしめたいと考えました。

▼このプロジェクトで実現したいこと

「続 私たちはなぜ小沢一郎を支援するのか」(1080円)と言う書籍を出版したいのです。

この出版によって、日本に「真の民主主義」を実現することに寄与したいのです。

▼これまでの活動

数多くの集会、講演会を実施し、書籍を1冊、出版しました。

▼資金の使い道

全額を出版とリターンの費用に充てさせていただきます。

(クラウド以外も含めて、最終的に200万円目標です。)

▼リターンについて

出版につきましては、必ず実施します。

All In方式をとらせていただいておりますので、お申込み頂きましたら、必ずリターンを実施させて頂きます。

 

#下記の中から、リターンのバリエーションがあります。

 

1.「続 私たちはなぜ小沢一郎を支援するのか」

書籍:予価:1080円(税込み)、新書サイズ、出版時期=H31年春までに

#画像は、完成イメージで、出版時には、若干変更もありえます。

#書籍を複数冊お渡しするのは、金銭的支援ばかりでなく、この本を身近な方に配って頂きたいからです。

 

<目次> (案)

はじめに ~私たちが小沢一郎に拘るわけ

第1章 小沢事件とは何だったのか
1 小沢事件と裁判を知る
2 小沢事件の本質を考える

第2章 民主党政権の成立と崩壊
1 民主党とは何だったのか
2 野党共闘は成立するのか

第3章 小沢イズムとは何か
1 小沢一郎は何を主張しているのか
2 小沢政権はどのようなものか

第4章 私たちはなぜ小沢一郎を支援するのか
1 寄稿・対談・インタビュー
2 投稿

あとがき ~私たちが継承すべきこと

 

2.「私たちはなぜ小沢一郎を支援するのか」

書籍:1080円(税込み)、新書サイズ、2011年出版

 

3.「おざりん ラバーストラップ」

紐部を除く、ラバー本体部:70mm×50mm×3.5mm

 

4.「出版記念ステッカー」

サイズ:130mm×37mm

 

5.「投稿券」

続編に400字程度で、メールにより投稿できます。

採否、編集、修正は、編集部によります。

10月末日必着でお願いします。

#採用されなかった場合は、当会の会報の方へ掲載します。

#誹謗、中傷は、いずれも採用いたしません。

 

6.「出版記念パーティ」

出版に際して、東京23区内でパーティを開催します。

期日未定ですが、券を発行しますので、ご持参頂ければ、どなたでも無料で参加できます。

#期日が決まり次第、メールでお知らせします。

#日程が合わず、欠席の場合も払い戻しはありません。

#どのリターンの場合も、メールで出版記念パーティのご案内をします。(券がない場合は、別途有償です。)

 

7.書籍への芳名の掲載

5万円以上で、そのコースを選択された方のご芳名を出版協賛者として巻末に掲載します。

 

▼最後に

真の民主主義を実現し、その中で意思決定されていく分には、何ら問題はありません。

しかし、民主主義的な手法によらない意思決定には、大きく反対します。

また、民主主義体制を崩壊させていくことに大きく反対します。

この出版を通じて、民主主義を守っていこうとする人たちと繋がっていくことができれば、ありがたく思います。

 

 

 

 

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください