連合艦隊の艦艇を3Dモデル制作します。 戦艦等の大型艦から駆逐艦、潜水艦のネームシップを作りたいと思います。 制作したモデルの360度3D動画再生アプリを作ります。 まずは15隻、 大和、長門、扶桑、赤城、蒼龍、伊400、伊勢、榛名、 鳳翔、龍鳳、利根、青葉、大淀、天城、北上を作ります。

プロジェクト本文

ご挨拶

広島で映像制作をしているzoziといいます。

昔から連合艦隊が好きで、よくプラモデルを作っていました。

現在ではプラモデルに変わって3DCGモデルの制作をしています。

普段いろいろな動画を作っていますので、自己紹介を兼ねて以下のツイッターを見てみてください。

ツイッター

▼このプロジェクトで実現したいこと

艦艇の3Dモデルおよび360度3D映像の制作、その映像を見るためのアプリ開発。

まずは呉に縁のある艦艇から制作します。

大和、長門、扶桑、赤城、蒼龍、伊400、
伊勢、榛名、鳳翔、龍鳳、利根、青葉、大淀、天城、北上

最終的には全ネームシップの制作したいと思いますが、数が多すぎるのでまずは上記15隻から進めます。

 

▼プロジェクトをやろうと思った理由

プラモデルを作っていた時から、連合艦隊を勢ぞろいさせることが夢でした。

今はプラモデルがCGに変わりましたが、思いは変わっていません。

空いた時間に少しずつ制作してきましたが、このままでは終わらないので、

皆さんの力を借りて一気に進めたいと思いました。

▼これまでの活動

今のところ呉に縁のある艦艇から制作しています。

大和、扶桑が100%

天城、利根、青葉、伊400が50~80%。

長門、伊勢、大淀が30~50%程度できています。

この後、赤城、蒼龍、鳳翔、龍鳳、榛名、北上を制作します。

選択の理由は大和、長門、扶桑、赤城、蒼龍、伊400は呉で作られた艦であること、

伊勢、榛名、鳳翔、龍鳳、利根、青葉、大淀、天城、北上は呉で最後を迎えた艦だからです。

最終的には戦艦、空母、巡洋艦、駆逐艦、潜水艦のネームシップをすべて作れればと思います。

▼資金の使い道

1、艦艇モデル制作費及び資料購入費。

数人の友人が制作に参加することになっています。

その人たちへの制作費になります。

また、制作するために多くの資料が必要になります。これらの購入費にも充てます。

一部の資料は特定の図書館にしかない場合もありますので、それらを見に行く旅費にもなります。

2、アプリ開発費

できた動画をスマートフォンで見るためのアプリを開発します。その開発費です。

スマホをいろいろな方向に向けて、360度見ることができます。

また、カードボードなどのゴーグルを使えば奥行きを感じられる迫力の映像を見ることができます。

サンプルとして、以下のアドレス、QRコードをスマホで見てみてください。

これはyoutubeで公開した動画ですが、単体で艦艇動画を再生するアプリを作ります。

連合艦隊3D化計画解説動画

アプリの開発はこちらの方が行います。

ナカオクタカヒロ 広島Unity勉強会主催

 

また、支援して頂けなくても〇〇という資料に詳細が出ている、

〇〇で資料を見かけたなど、応援コメントも大募集です!

 

▼リターンについて

各艦艇ごとに3D360度動画アプリを送ります。

また高額支援者様にはさらにオリジナルポストカードや

オリジナルDVD「大和のいる風景・呉」を送ります。

ここの表示するポストカードは一部です(10枚以上になる予定です)。

 

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください