Logo 3a7b3934534dac03dc283cd4a393e86703f8b656270c3f0a33410fc6e1678389.png?ixlib=rails 2.1

一般社団法人「ながさき学びのネットワーク」を設立したい!

Jun.jpg?ixlib=rails 2.1
現在の支援総額
200,000円
パトロン数
36人
募集終了まで残り
終了

現在111%/ 目標金額180,000円

このプロジェクトは、2018-07-27に募集を開始し、36人の支援により200,000円の資金を集め、2018-08-30に募集を終了しました

卒業生から在校生へ。先輩から後輩へ。県内外からOB・OG(有志メンバー)が母校に集い「キャリアセミナー」を行ってまいりましたが、このタイミングで法人化をすることにいたしました。

私たち「ながさき学びのネットワーク」は、長崎県雲仙市に居住する中学生を対象に、職業講話・キャリアセミナーを行っている団体です。県内外からOB・OG(有志メンバー)が母校に集い「働くこと」や「職業」についてそれぞれの思いを語ることで、生徒自身が具体的な将来像を描くためのきっかけ作りを行っています。

 

▼今年の実施日程

7月14日 雲仙市 吾妻中学校(実施済み)

8月21日 雲仙市 瑞穂中学校(実施済み)

 

地元の中学校と連携をしながら2015年から毎年開催。職業観醸成・キャリア教育を目的としていますが、それだけではなく、講話・セミナーを通して「地元の素晴らしさ」も伝えたいと思っています。地元新聞でも取り組みを取り上げていただきました(2018/7/15 長崎新聞より転載)

 

▼きっかけは3.11東日本大震災

代表・発起人の前田は、普段は大阪で学習塾を経営しています。3.11東日本大震災後、前田は宮城県や福島県へ行き、被災がきっかけで満足のいく学習環境を確保できずにいる中学生や高校生を対象に、無償で授業・学習支援を行っておりました。時を同じくして宮城県や福島県で行われていた「職業講話・キャリアセミナー」に前田自身が参加したことが今回の長崎県での取り組みのきっかけとなります。

 

代表の前田の出身地である長崎県雲仙市瑞穂町(みずほちょう)からスタートしたこの取り組みですが、4年目の今年は隣町まで広がりを見せており、ゆくゆくは長崎県内の他の市町村まで活動範囲を広げていきたいと考えております。

 

▼一般社団法人の設立 

運営面では これまでは、都度、協力できるメンバーが集まり学校とのやり取りから講師(県内外のOB・OG)集めまですべて行ってまいりましたが、今後、学校や地域からの信頼度を高めつつ この取り組みを拡大していくために「一般社団法人」を設立し、法人として活動を継続していこうと考えています。※今回のクラウドファンディングや法人化は特定の学校からの要請を受けて行うものではございません。当団体単独・独自の取り組みです。

 

今回のクラウドファンディングで、この法人設立にかかる「設立費用」を集めたいと考えています。公証人手数料、定款印紙代、登録免許税など一般社団法人の法人登記に関わる費用です。設立する法人では、現在の職業講話・キャリアセミナー以外に、将来的には、地域コミュニティの強化や住みよい街づくりを目的とした事業を行っていきたいと考えています。ご協力のほどどうぞよろしくお願いします。

 

ながさき学びのネットワーク

代表・発起人 前田純

クラウドファンディング担当 進藤雅文 ※前田とは高校サッカー部時代からの縁です。