東京五輪2020を目指す、日本フェンシング協会 日本代表選手で構成されたアスリート委員会(選手会)が主体となり、フェンサー(フェンシング選手)による、[フェンシング][フェンサー]を知ってもらうための『ぼくたち、わたしたちに会いに来たくなるイベント』を開催いたします。

プロジェクト本文

初めまして、日本フェンシング協会 選手会です!

皆さんにお願いがあります。

我々を人気のある競技、フェンシングとして東京2020を皆さんと迎えていただけませんでしょうか?

▼TOKYO 2020に向けたフェンシング会場パンパンプロジェクト!!
 略してFPP(Fencing Panpan Project)

東京2020のフェンシング競技がどこで開催されるか知ってますか?!

大丈夫です、ほとんどの方は知らないでしょう。

その答えは、「幕張メッセ」です!

なんとなく東京2020五輪チケットは取りにくいと感じている方が多いですが、

実はそんなことはありません。競技にこだわらないのなら割と簡単に手に入ります。

何故そう思うのか、それは我々が直面している課題に関係があります。

▼我々の目標「7万人の観客を動員する」

それが日本フェンシング協会の目標だけでなく、我々選手会の目標でもあるのです。

東京2020までに私たち選手は"フェンシング"を知ってもらわなければなりません。

"観戦する楽しみ"を見つけてもらわなければなりません。

そうして初めて、我々アスリートは、応援してもらえるようになるのではないかと考えております。

▼FPP(Fencing Panpan Project)実現のため、選手主体のEVENTを開催したい

フェンサー(フェンシング選手)主体となり、

フェンシングを知ってもらう、

我々を知ってもらうイベントを開催したいです。

 

・フェンシングファン感謝祭(年1回開催)

 

・フェンシングファンエンジン(不定期開催)

我々フェンサーにも人生があり、それは一人ひとり違うストーリーがあったりします。

一人でも多くの方に、

我々とイベントにて交流することで、

フェンシングというスポーツを

フェンシングに勤しむフェンサーたちの思いを

<共通点×相違点>を発見し、共有することで

日本フェンシング協会:選手会の平均年齢10代後〜20代前半

皆さんの息子、娘、甥っ子、姪っ子、そして友人を応援するように
我々フェンサーを応援していただければと思います。

▼全日本選手権:観客動員数はたったの150人

2年前、
我々が、日本一を決める大会(全日本選手権)での観客動員数はたったの150人。
これが我々の今の現実です。

目標:150人▶7万人

これは、我々アスリートの問題でもあります。
ナショナルチームのメンバーを筆頭に、我々自身が会いに来てもらえる選手に、成長していくべきだと思っております。

 

▼リターンについて

この度は2018年フェンシングファン感謝祭の開催にあたりリターンをご用意しています。

スタンダードなコースは5200円よりございます。

以前の感謝祭の価格よりも20%のディスカウントに加え、来場者全員にサイン用のボードをプレゼントいたします。

宛名を付けて予め出演選手全員のサインが記入されているプレミアムコースも8800円でご用意しております。

他にも、プレミアムコースに加え選手のお好きな選手のサインが記入されたグローブをプレゼントさせていただく

5万円のコースや実際に試合で使うこともできる剣をご指定の選手好みにカスタマイズしてサインを入れてプレゼント

させていただく10万円コースをご用意しています。

また企業様向けに、選手会とのタイアップイベントをご提案させていただくコースもご用意していただいております。

【フェンシングファン感謝祭 詳細】
10月14日14~17時
東京芸術芸場内レストラン
我々が2020年に幕張メッセで皆様と一緒に戦うためにもご協力心よりお待ちしております。

 

日本フェンシング協会 アスリート委員会 一同

 

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください