プロジェクト本文

▼創業88年。「ドラゴン」の生みの親・太田煙火(えんか)のこと

 多くのご支援、誠にありがとうございます。連日のように新聞・テレビなどメディアに取材いただくなど、こんなに反響があるとは夢にも思いませんでした。 

こんなに皆さんの想い出の中に「ドラゴン」があったなんて、とても感激です。

支援金が増えることよりパトロンが増えることに喜びを感じると共に背中を押されているように感じます。

しかし、一方で正直、戸惑っている部分もあります。早々に目標金額60万円を達成させていただき、その後は10万円増えるたびに1万個の増産を掲げてまいりましたが、想像以上のご支援をいただき、増産だけではすべての思いを受け止めきれなくなってきていると感じています。

せっかくのご支援をより有意義に活用させていただくために、どうすればいいか。考えない日はありません。自分なりに考えに考えた結果、今後の支援につきましては次のようにさせていただきたいと思います。

当初は、来年度5万個限定ということで立ち上げましたが、プロジェクトの目的である「純国産花火の現状を一人でも多くの方に知っていただき、純国産花火を盛り上げたい」という思いを次年度以降も発信しつづけていくために、翌年以降も支援金の額に応じて生産をさせていただきたいのです。引き続きご支援よろしくお願い致します。

欲を言えば、これが純国産花火が普及していく足がかりになればと・・・・・

(もちろん、小売店さんで購入していただくのもご支援につながりますので、そちらもこそっとお願いをしておきます。)

 

下記の文は、初期のものですが最後までよくお読みのうえ、ご理解の上、ご支援よろしくお願い致します。

 

はじめまして。プロジェクト責任者を務めます、株式会社太田煙火製造所の太田恒司と申します。まずは、このプロジェクトに興味を持ってくださって、ありがとうございます!やはり、子どもの頃に「ドラゴン」で遊んでいただいた世代の方々でしょうか。こんなに小さな花火のことを覚えていてくださって、本当にありがたいかぎりです。今回はそんな皆さんのお力をお借りしたく、プロジェクトを立ち上げさせていただきました。まずは、私のこと、そして私たち太田煙火製造所の花火づくりについてご紹介させてください。 

太田煙火製造所は、オカザえもんや「徳川家康生誕の地」として有名な愛知県岡崎市にある小さな花火メーカーです。昭和3年(1928年)に創業し、2016年で88年目。私は5代目にあたります。上の写真は、初代からつづく火薬の配合帳。花火にもいくつかの流派があり、私たちは「武田流」の配合をベースに光り方や色の強弱などをつけてきました。

現在、巷では火を着けると「シューーーッ!!」と噴き出す花火のことを総称して「ドラゴン」と呼ばれたりしていますが、「ドラゴン」は商品名。本家本元の「ドラゴン」は、私たちが昭和24年に発売したものなんですよ。太田煙火はそんな「ドラゴン」に代表されるような噴出型花火を得意としていて、創業以来ずっと国産にこだわって製造をつづけてきました。

1本1本、手作業で導火線を埋め込んでいきます。

配合した火薬を紙パイプに詰めているところ。この込み方次第で噴き上がり方
も変わります。

機械でプレスし、フタをしていきます。

今もこうしてすべて手作業で火薬の調合からパッケージまで行っています。あまり知られていませんが、日本の花火は「工業製品」。「JIS規格」をクリアしたもののみが製品として認められるため、高い安全性や品質が保たれているんです。しかし、そんな国産花火が今、危機にさらされています。 

▼日本の夏の夜空を彩る花火の、9割以上が外国産

この話をすると驚かれたり、「え、なんかショック…」と言われることがほとんどなのですが、実は、現在日本の花火市場の9割以上は中国をはじめとする外国産のもの。私たちが家族や友人、恋人たちと一緒に見上げている花火大会の花火も例外ではなく、スターマインなどは日本の花火師がつくった花火はごく一部で、あとは中国産のものということが少なくありません。品質も良くなってきていますし、見た目では見分けはつきません。

※写真はイメージです

ただ、「たーまやー!」「かーぎやー!」と日本では昔から花火屋の名前を呼ぶことで花火師の技を競い、称えてきた独特の文化があったように、「日本の夏の夜に日本の花火」という文化が廃れていってしまうのは、一日本人として、一花火職人としてすこし寂しいというのが正直な気持ちです。 

ではなぜ、そうなってしまったのか。話は、昭和50年頃にまでさかのぼります。当時は言わば、バブルの時代。増え続ける花火のニーズに国内の生産だけでは応えきれず、中国に製造を頼ったことが、振り返ればそもそものきっかけになっています。当時、外国産の花火の品質はあまり良くなく、日本からの技術指導もあり日本品質に匹敵するものが入ってくるようになっていました。

しかし、そんな昭和50年頃をピークに花火の需要は減少。結果、国産よりも安い外国産の花火が主流になっていきました。他の商品もそうですが家庭用の花火も例外ではなく、同じ価格でひとつでも多くの花火を楽しめるほうがいいと、国産花火が少しずつ淘汰されていったという経緯があります。 

▼2008年、「ドラゴン」生産中止

そんな中、実は「ドラゴン」も今から8年前、平成20年(2008年)に火薬や材料費の高騰から生産を中止しました。一時は火薬の量を減らして販売続行することも検討しましたが、これまでドラゴンを愛してくださっていたファンの方をだますようなことになってしまうと考え、「ドラゴン」は「ドラゴン」としてキレイな思い出のままにしておこうと決め、1949年の発売以来58年間も愛されてきたロングセラー商品でしたが、生産中止に踏み切りました。現在販売しているのは、あくまでその後続品です。 

▼プロジェクトで実現したいこと。それは、「ドラゴンの復活」。そして…

上記の写真は最終のパッケージ。この度、このプロジェクトを通じて昭和24年発売以来のパッケージを再現し、廉価版ではありますが「復刻版ドラゴン」をつくらせていただきたいと考えています。時に、「噴出型花火の代名詞」「日本を代表する花火」とまで言われてきた「ドラゴン」は、言わば「国産花火」の象徴とも言えるもの。その「ドラゴン」をみなさんのお力をお借りして復刻させていただくことで、ご友人やご家族となつかしい「ドラゴン」に思いを馳せていただきながら、国産花火の置かれている現状を知っていただきたい。そして何より、花火をする機会を持っていただきたい。そう考えました。

そのため、今回は「セット用」のつまり廉価版復刻「ドラゴン」を作りたいと考えています。「セット用」というのは、よくホームセンターなどで「ファミリーセット」などの名称で販売されている花火のひとつとして扱われるもの。現在、純国産品は価格面でセットに採用されることが少なく、全国のお店に出回ることがむずかしくなっています。現に、「ドラゴン」もその後続品もこれまでセットになったことはなく、単品売りのための商品でした。しかしながら、今回はより多くの方へ届けるために、みなさんのお力を借りながら特別に、セット用の「ドラゴン」を製造し、一人でも多くの方へ純国産の商品を届けたいと考えています。どうか、あなたの手で「ドラゴン」を復活させていただけないでしょうか。 

▼あるクリエイティブチームとの出逢いに、背中を押されました。

今年のはじめ、会社に1本の電話がかかってきました。相手は「PARTY ANIMAL」というクリエイティブチームの方。

聞くと、「ドラゴン」を使ったアート作品をつくって展示会をやりたいとのこと。また、それに伴ってオリジナル商品をつくりたいというご相談の電話でした。それならということでもちろんOKし、「ドラゴン」のロゴデータも提供させていただきました。結果、次のようなアート作品とグッズが出来上がったようです。

 

 

 

 

「復刻版ドラゴン」プロジェクトを立ち上げるきっかけは、この「PARTY ANIMAL」との出逢いがきっかけでした。といっても、彼らから直接そんな話が出たわけではありません。しかし、すごく背中を押されたような気持ちになったのです。

彼らは私と同じくらいの年代。つまり、子どもの頃に「ドラゴン」で遊んでくれていた世代です。そんな彼らが自分の大切なアート作品に、わざわざ「ドラゴン」を選び、わざわざ私にコンタクトをとってきてくれたということが、純粋に心から嬉しくなりました。「ドラゴン」というのはそこまで愛されている商品なのかと、作り手ながらあらためて認識させていただきました。

ならば、国産花火の現状を多くの人に知っていただくために、「ドラゴン」が力になれるかもしれない。「ドラゴン」の、そして「ドラゴン」を愛してくださる方たちの力をお借りしようと、彼らと出逢ったことで、思うことができたのです。 

▼2017年夏限定で復刻版ドラゴンを販売します。

先ほども申し上げたように、より多くの人にお届けするために、今回のセット用「復刻版ドラゴン」はホームセンターなどでよく見られるようなバラエティパックに封入される商品のひとつという扱いにさせていただければと思います。廉価版ですので発売当時とは違います。今の市場や環境に合わせたものになります。

これらの商品と同サイズとなります。高さが135mm、セットの商品として一般的な大きさです。

本来であれば「ドラゴン」は単体商品として販売していましたが、「国産花火の現状を知ってもらう」という目的を果たすためにも、今回は皆さんのお力を借りながら、そうさせていただければと考えています。2017年夏のみ、限定50,000個の限定復刻版です。 集まった金額が多ければその分増産します。

▼資金の使い道

初期経費、特に化粧箱(パッケージ)の作成費・印刷費に充てさせていただきます。その分だけ卸値を下げることで市場価格に対抗したいと考えております。※昭和24年発売当初の「ドラゴン」のデータが残っておらず、デザイン費と印刷費が必要となります。

▼リターンについて (7月28日追加)

●支援額3,000円 

支援金の御礼メールのみになります。リターン品はありません。
お気持ちだけ頂きます。

※設定でこれ以下に出来ないみたいです、申し訳ございません。

 

●支援額3,000円 

復刻版ドラゴン10個

 

●支援額5,000円

復刻版ドラゴン10個

復刻版ドラゴンのパッケージに、お名前を入れさせていただきます。

 

●支援額6,000円

ドラゴンエースデザインの紙コップ 20個  限定20組
       #PARTYANIMAL 展 @ (PLACE) by method限定グッズ

復刻版ドラゴンのパッケージに、お名前を入れさせていただきます。(商品なし)
※復刻版ドラゴンが要らない方に・・・。やる場所がないなど。

 

●支援額7,000円

復刻版記念Tシャツ 昔使っていた英語のロゴ入り CF限定
    (サイズはS,M,L ドライタイプ)

復刻版ドラゴンのパッケージに、お名前を入れさせていただきます。(商品なし)
※復刻版ドラゴンが要らない方に・・・。やる場所がないなど。

 

●支援額8,000円

復刻版ドラゴン10個

復刻版ドラゴンのパッケージに、お名前を入れさせていただきます。

さらに、太田煙火製造所セレクト商品(小 17個)をお贈りいたします。

 

●支援額10,000円

復刻版ドラゴン10個

復刻版ドラゴンのパッケージに、お名前を入れさせていただきます。

さらに、太田煙火製造所のセレクト商品(大 28個)をお送りいたします。

 

●支援額15,000円

復刻版ドラゴン10個

復刻版ドラゴンのパッケージに、お名前を入れさせていただきます。

さらに、太田煙火製造所のセレクト商品(大 28個)をお送りいたします。

そして、復刻版記念Tシャツ 昔使っていた英語のロゴ入り CF限定
    (サイズはS,M,L  ドライタイプ) 
           

 

●支援額300,000円

オリジナルデザインの商品 1個250円相当の商品で・・・。
  ※予定では MAX25ドラゴンを使用。
個数は1,000個以下でご希望の数。
(数量が減ると割高になるので値段は変わりません)

 

 

※本プロジェクトで製作させていただくセット用「復刻版ドラゴン」の販売は、2017年の夏です。着火時の現象はシンプルで、噴き上がる高さも抑えてありますので、せまい場所でも遊んでいただけます。

※原料を吟味していますので、カビが生えるような場所での保管でなければ、10年は大丈夫です。

※(株)太田煙火製造所 太田恒司は、平成23年度「愛知県郷土伝統工芸品優秀技術者表彰」を頂きました。すべての商品は、太田恒司が「配合」や「てん薬」したものです。

▼今後のスケジュール(予定 7月25日変更) 

8月10日より オリジナルデザインデータ化

8月25日 デザイン完了

9月10日 印刷

9月15日 製造開始

9月20日 リターン品発送予定

 

Tシャツ、紙コップのみについては9月にでも発送出来そうです。

▼最後に

このままでは、国産(純国産)の花火が市場から消えてしまうのは、時間の問題です。一度生産を中止してしまえば、ただ作らなくなるだけでなく、「作れなく」なってしまいます。花火メーカーが作らなくなってしまうと、火薬や材料を作っている会社も作らなくなってしまうためです。そのような現状に一石を投じて、今一度、多くの方に国産花火に目を向けていただければと考えております。どうか、よろしくお願いいたします。

  • 活動報告

    そろそろ店頭に並びます。

    2017/04/28

     昨年 プロジェクト達成した「復刻ドラゴン」です。 製作はしたものの売れなくては仕方ありません。  で、ゴールデンウィークが始まると 各小売店に花…

  • 活動報告 - パトロン限定公開

    化粧箱が出来ました。

    2016/09/09

    こちらの活動報告は支援したパトロン限定の公開です。

  • 活動報告 - パトロン限定公開

    名入れ作業 順調に進行中

    2016/08/24

    こちらの活動報告は支援したパトロン限定の公開です。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください