110ヶ国以上の外国人に取材し、メディアでは知りえない"リアルな海外事情"と外国人から見た"日本の姿"をお届けします。「もっと多くの日本人に世界を知ってもらいたい。そして日本を知ってもらいたい」外国人との繋がりに国境の無い"ボーダーフリー"な世界を目指していきます。

プロジェクト本文

この星をもっとボーダーフリーに

国でもなくて、言葉でもなくて、人種でもなくて、人と人との心が繋がり合う、心で分かり合える世界を作りたい。

世界には貧富の差があるし、人種が違えば、言葉も違う。歴史を見ても、争いや傷つけ合い、強いものが弱いものから奪うことの繰り返し。

でも、どんな国の人だって家族がいて、友達がいて、その周りに笑顔があって、やりきれない悲しみもあって。それぞれに尊まれるべきそれぞれの生活がある。1人として変わることのない、同じ地球に生まれた地球人。

どうしていがみ合う必要があるのだろう。どうして退け合う必要があるのだろう。どうして知らないフリをしていられるのだろう。考えてみれば、同じ赤い血の通った人間じゃないか。

インターネットの普及した現代では、国と国との距離が、人と人の距離がグッと近くなった。SNSで簡単に繋がれるようになった。それでもまだ、心と心は繋がっていないんじゃないか。どこかで他の国のことは自分には関係ないと思ってる。

だからぼくは世界のどこかで喜びが溢れたときに一緒に飛び上がって喜べるような、世界のどこかで悲しみに暮れたときにそばに寄り添っていられるような、そんな心の繋がりを作りたい。他人ではなく家族として感情をともにできる世界。

思えば人類はその起源から繋がってる。世界76億人になっても始まりは同じ。ぼくらは生まれたときから地球上のすべてと家族。なら、ぼくらはもう一度繋がれる。君とぼくとで手を取り合って歩んで行ける。

国も人種も言葉も何もかもを超えた、心と心に境界のない“ボーダーフリー”な世界へ。

 

日本へ「世界」を発信します

世界を繋げる第一歩として、まずは海外と接点の少ない日本へ110ヶ国ものリアルな海外の情報をお届けします。

リアルな海外の情報とは、テレビやインターネットでは得られにくい情報です。実際にその国の人にインタビューして話を聞くことで、その国に興味を持つキッカケにしてもらいたいです。

同時に、外国人から見た日本のイメージもインタビューします。そうして、外国人に日本への興味を持ってもらえますし、海外から見た日本を日本人に知ってもらえます。

日本人とインタビューした110ヶ国もの外国人を繋ぐ、大規模なグローバルファミリーネットワークを作ります。そうして、ぼくと外国人だけではなく、パトロン様が直接外国人と繋がり、交流できるようになります。

こうした活動を通して、日本から世界へ興味が持てますし、いろんな情報を知って価値観が大きく広がります。その一つひとつの繋がりが世界を心と心で結びつけてくれるはずです。

 

野間 由夢(のま ゆうむ)プロフィール

4年間の会社員を経て、鹿児島からマレーシアへ大学留学。マレーシアで1番グローバルな大学、APUにてメカトロニクス工学専攻。

大学には110もの国から学生が集まり、1つの大学に地球上の世界が詰まっている。このグローバルな環境が未来は普通の環境であってほしい。

しかし、日本人は外国人と関わる機会がない為、コミュニケーションが苦手な人が多く、お互いの文化の共有ができていない。

メディアではわからない各国のリアルな情報を伝え、世界を知り、世界に視点を向けること、海外留学したい人やグローバルに活躍したい人たちを導きたい。

 

なぜマレーシアのAPUでメカトロを勉強しているのか?

マレーシアに来た理由は海外に出てみたかったという思いと「自分への挑戦」です。他にはこんな思いやメリットもあります。

・今から著しいスピードで繁栄している発展途上国の様子を見てみたい

・発展途上国の力強いエネルギーや躍動感を感じて、疲弊しかけている日本へその生命力を逆輸入したい

・3種族が共生していて多様性のあるマレーシアの生活を見てみたい

・マレーシアで1番国際的な大学で世界中の外国人との繋がりを作りたい

・英語やグローバルなコミュニケーション力を身につけたい

・海外生活で日本とは異なる文化や価値観を知り、日本と海外の両方の良い点と悪い点を客観的に見る視点を養いたい

・日本語も通じず、身内もいない海外で生き抜く術を身につけたい

・日本の大学で学ぶより大学費用や生活費の金銭的負担が軽い

・APUは世界中の急速なテクノロジーの発展に合わせて、IT人材の輩出に特化し、学生が技術競技会で数多くの賞を受賞している

 

世界中の繋がりをどう活かすのか

テクノロジーが発展して来ると、とりわけインターネットを用いた遠隔でのコミュニケーションや情報収集などが便利になる一方で、悪用や人に聞かなくても良いことが増えて、人と人との交流が疎遠になってしまうという問題があります。

しかし、テクノロジーは人と人とが共創に向けて有効的に活用することが大切で。そうして、もし目の前に110ヶ国もの繋がりがあれば、何か世界に向けて、とてつもなく大きなことができるんじゃないかとワクワクしています。

そんな中でも、どこかの国で喜ばしいことがあったら一緒に喜んで、悲しいことがあったらお互いに助け合っていけるような地球人としての繋がりを1番大切にしたいです。

 

プロジェクトのプラン

【プロジェクト期間】

約19ヶ月(月に6人のペースでインタビューを実施)

 

【ご支援のリターン】

・110ヶ国のインタビュー記事の閲覧権利

非公開のFacebookコミュニティーまたはLINEグループへとご招待し、インタビュー記事を閲覧できます。その他の企画考案等の情報共有もこちらで行います。

ご支援いただけた方からは、聞いてみたい質問がありましたら、いつでも受け付けます。その他、面白いアイデアがあれば、積極的に導入していきます。

・グローバルファミリーネットワークのグループ参加権利

110ヶ国の外国人と繋がり、交流できます。最後のインタビューまでご支援いただけた方はずっとメンバーとしてご参加いただけます。

・インタビュー完了後の記事をまとめた電子書籍を無料配布

・マレーシア観光案内

パトロン様がマレーシアへ来る際に観光案内をします。観光地はもちろん、ローカルなレストランやイベントに行き、マレーシア人の生活を体験できます。もちろんマレーシアでのぼくの実体験の話も盛りだくさんです。

 

【資金の使い道】

・インタビューするための活動費

記事作成の流れは以下のようになっています。1人でも多くの外国人とのコミュニティーができるよう、ご支援いただけたら嬉しいです。

1.インタビューする外国人とスケジュール調整

2.国について下調べをし、質問を考案

3.インタビュー

4.インタビュー内容を英語から日本語へ翻訳

5.文章の推敲、写真選び

6.記事の投稿

・インタビューに応じてくれた外国人へのお礼

外国人へは、ランチやお菓子、飲み物など、本プロジェクトに協力してくれたことに対してお礼をします。

 

日本と世界の架け橋になりたい

ぼくの大学では110ヶ国以上から来た学生が同じキャンパスで一緒に学んでいます。2017年に大学へ来たときには、「なにここ!?」という異常なまでに別世界の場所でした。

キャンパス内で右を見ても左を見ても、異なる人種、知らない言葉、文化の違う服装や髪型の人たちで埋め尽くされていて、ぼくはこの環境に世界の多様性を全身で感じました。

グローバル化という言葉を体現しているようなこの場所は、まるでマンガの世界のようですが、いつしかそれは、ぼくの日常となっていました。

世界での国際交流が盛んになる中、日本人はまだまだ外国人とのギャップが大きいように思います。このギャップを埋め、今ぼくが日常で感じている感覚をたくさんの日本人に感じてもらいたいです。

そこで今回のインタビューを、もっと日本人に世界のリアルを知り、世界へ興味を持ってもらえるキッカケにしたいです。

 

世界の日本を知り、自分の国に興味を持って欲しい

インタビューでは、各国のことだけではなく、外国人の視点から見た日本についても質問します。残念ながら、外国人に比べると、多くの日本人が自分の国に興味がありません。

確かに日本は、問題が多いです。働き方、教育、いじめ、自殺、少子高齢化など日本の中にいると、ネガティブな点が目立ちます。

しかし、世界から見た日本はもっとポジティブな点が多いです。

日本は常に海外へ上質な車や食べ物、おもてなしの心を見せてきましたし、日本のアニメやマンガ、ゲームといったポップカルチャーは世界中を魅了しています。

現代では、もしかしたら外国人の方が日本のことをよく知り、日本人より日本が好きな人が多いかもしれません。

もちろん、今回、外国人に質問するときに日本の良いところも悪いところも出てくるでしょう。ぼくにも様々な国から来た外国人一人ひとりが日本に対してどんな印象を持っているか分かりません。

だからこそ、外国人が日本に対して思っている生の声をインタビューして、お届けすることで、より多くの日本人に日本への興味を持ってもらえると信じています。

そして、日本に興味が持てる人が増えれば、日本のいろいろな活動が活発になり、日本の未来がさらに面白いものになるはずです。

 

さいごに

今までぼく自身がいろいろな国籍の人たちから文化を知り、価値観が大きく広がりました。

そんな変化をもっとたくさんの日本人にも経験してもらい、世界と心で繋がるキッカケを作りたいです。

迷っている方は騙されたと思って飛び込んでみてください。

一緒に世界をもっと深く繋げませんか?

 

▼入会方法

・各CAMPFIREファンクラブページの「パトロンになる」ボタンから入会することができます。なお、月の途中で入会した場合でも1ヶ月分の料金が発生します。(当月分は日割り計算になりません)。

・CAMPFIREファンクラブのご支援に使用可能なクレジットカードは下記のみです。

VISA/MasterCard/JCB/Diners Club/American Express

また、残り有効期限100日以上のクレジットカードに限らせていただきます。
※コンビニ払い・銀行振込(Pay-easy払い)には対応しておりません。

・領収書の発行は行っておりませんのでご了承ください。

・入会申請後、2営業日以内にCAMPFIREのメッセージでグループへの参加手順をご連絡します。2営業日たっても連絡がない場合はお手数ですが、CAMPFIREのメッセージ機能にてお問い合わせください。

▼注意事項

・本ファンクラブ内の情報や、オーナーが発信する内容について、外部へ漏洩することを禁止いたします。(口外、SNSなど。許可がある場合を除く)

・他の利用者への誹謗中傷、荒らし行為などに該当する行為があった場合、強制退会とさせていただく場合があります。

一度、強制退会処置になった方はFacebookの会員限定ページまたはLINEグループにはアクセスできません。
また、今後もリターンを受け付けることができません。

・その他規約はCAMPFIRE利用規約に準じます。
https://camp-fire.jp/pages/term

 

  • 5b6596ad ac34 4471 9bd6 68e50aae07a2.png?ixlib=rails 2.1
    活動報告

    インタビュー開始しました!

    2018/08/04 21:06

    大学で110ヶ国の外国人インタビュー企画スタートしました! 最初はインド系マレーシア人の友達。ぼくの質問に積極的に答えてくれて、こっちとしてもうれしかったです。 これから彼らの文化、生活、日本についてなどどんどんインタビューしていきます! ご期待ください! ※facebookユーザーで...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください