10月に実施する「パブリックライフフェスさいたま新都心2018」で、まちの出店者やプレイヤーが溢れ出す、「オリジナルDIY屋台」を製作します!みなさんの支援があれば、屋台がひとつ増え、まちのプレイヤーが溢れ出す!そんな参加型プロセスで、まちをつくっていきたいと思います。応援、よろしくお願いします!

プロジェクト本文

▼ご挨拶

「ソトノバ屋台プロジェクト」は、10月に実施する「パブリックライフフェスさいたま新都心2018」で、まちの出店者やプレイヤーが溢れ出す、「オリジナルDIY屋台」をつくります!

プロジェクトは、パブリックスペース特化型ウェブマガジン・ソトノバメンバーが企画・運営します。

小澤亮太(写真左)、石田祐也(写真中央)、上石尊弥(写真右)は、建築やランドスケープデザイナー。ぼくたちが屋台をつくって、プレイヤーの皆さんをまちに飛び出すサポートをします!

▼オリジナルDIY屋台とは

まちの経済に小さく介入するコミュニケーションツールです。

飲食や物販でも、売り手は気軽に出店でき、売り手と買い手は面と向かって話すことができる

ーそういった強みを持っているのが、屋台の良さだと思います。
そして、屋台をつくり上げるプロセスをまちの皆さんと共有するのが、「オリジナルDIY屋台」です。


「オリジナルDIY屋台」は、手軽に持ち運びでき、盤上を陳列棚やカウンターとして使用できるように設えます。また、軽トラ車などによる運搬もできるようにサイズを設定します。

ひとつの屋台を組み上げるのは確かに大変です。しかし、苦労しながら完成させたときの感動、屋台がまちなかで使われている風景を見たときの歓びは、何事にも変えがたいもの。この想いが屋台への愛着、ひいてはまちへの愛着を育むものだと僕たちは信じています。

▼このプロジェクトで実現したいこと

このプロジェクトで実現したいことは、

・12個の「オリジナルDIY屋台」を設計し、制作つくること

・「オリジナルDIY屋台」でプレイヤーがまちのコンテンツをつくりだすこと

▼プロジェクトをやろうと思った理由

まちの原点ってご存知ですか?

「市」。つまり、マーケットなんです。

そこには、出店者(売り手)と消費者(買い手)の価値の交換による経済活動と、出店者同士、出店者と消費者との会話が、まちのコミュニケーションが溢れることで、まちに活気と交流が生まれます。

しかし、現代のまちは、高度化し、建築やビルにチェーン店が入り、便利になってきています。また、ネット社会やフリマアプリのようなシェアリングエコノミーなどで、自宅にいても手軽に、安価にモノを受け取れるようになりました。

便利になっていく一方で、何かが失われていないでしょうか?

それは、元々あった、買い手と売り手のコミュニケーションです。価値の交換による経済活動は複雑化し、買い手と売り手は見えにくくなり、また直接見えていなくても、モノその価値がしっかりしていれば、経済活動は成立しています。

でも、まちにとっては良くないこと。人が出歩かなくなり、会話が失われれば、まちの価値は下がっていくでしょう。

そこで、私たちは、まちでの売り手と買い手のコミュニケーションの機会として、「オリジナルDIY屋台」を作ることにしました!

・屋台があれば、近隣のテナントでも気軽にまちで出店できます!

・屋台があれば、スタートアップ、起業したい若者でも気軽に出店できます!

・屋台があれば、モバイル性もあり、準備や撤収が気軽にできます!

・屋台が「オリジナルDIY屋台」であれば、屋台をつくるプロセスから誰でも参加でき、まちや屋台に愛着がわき、参加度が高まります!

・「オリジナルDIY屋台」はまちのホームセンターの協力で、屋台づくりも人目に触れることで、屋台づくりをまちへ発信し、DIY好きや興味ある人と一緒に屋台づくりのプロセスをつくっていけます!


▼これまでの活動

これまで、私たちは、DIY屋台を仲間と一緒につくることで、人とのコミュニケーションを生み出すプロジェクトをやってきました。

屋台の設計をして、材料を調達、加工し、組み立て、制作をしていく。

人数にもよりますが、1−2日もあればつくれます!

でも、私たちは、この屋台をつくるプロセスからも、まちと一緒になって作りたいと思ったのです!

屋台は、あくまで手段であり、ツール。

売り手と買い手が屋台に向かい合い、価値の交換(経済活動)や会話を楽しむ姿を見るには、売り手や買い手の人たちと一緒に屋台をつくるプロセスを一緒に作りたいと思ったのです!

▼資金の使い道

・オリジナルDIY屋台・12台の資材費・制作費

・資材運搬費

▼オリジナル屋台を一緒に制作する仲間も募集

このクラウドファンディングでは、オリジナル屋台を一緒に製作する仲間も募集します。

がっつり屋台をつくりたいという方は【DIY部】に、まずは簡単な組み立てをしてみたいという方は【DIYワークショップ】に。作業のレベルに合わせて参加のメニューを2パターン用意しました。

DIYが好き!DIYをはじめてみたい!という方、私たちと一緒にオリジナル屋台をつくりませんか?

【DIY部】
 活動期間:9月16日~10月14日の土・日・祝日(予定)
 活動内容:資材の加工、組み立て、DIYワークショップの企画・運営
 場所:さいたま新都心周辺

【DIYワークショップ】
 開催日:9/29,9/30,10/6,10/7,10/8(予定)
 内容:パーツの組み立て
 場所:さいたま新都心周辺
 ※小学生以上参加可。中学生以下の方は、大人の方同伴でのご参加をお願い致します。

▼リターンについて

※DIYワークショップの参加は、9/29,9/30,10/6,10/7,10/8のいずれか1日からお選びいただけます。
※1枚の参加券で大人1名、子ども1名まで参加いただきます。
※保険料込み

※DIYワークショップの参加は、9/29,9/30,10/6,10/7,10/8のいずれか2日間をお選びいただけます
※1枚の参加券で大人1名、子ども1名まで参加いただきます。
※保険料込み

※図面データは、PDFデータの送付となります。

※屋台の引き取りは、10月下旬から11月上旬に実施予定

※オリジナルDIY屋台に企業ロゴを掲載し、パブリックライフ フェスさいたま新都心2018(10月15−24日実施)に使用します。

※屋台の引き取りは、10月下旬から11月上旬に実施予定

※ご注意:屋台引き取りには、配送料は含まれません。 引き取りについては、要相談ですが、後日お知らせする引き取り日に、指定した場所にきていただき、直接引き取りいただきます。

▼最後まで読んでいただきありがとうございます!!

プロジェクトの終了日は、9/15の23:59。

ぜひ、応援をよろしくお願いいたします!

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください