このイベントではさんさ踊りを体験し岩手の代表的な文化を肌で感じてもらうことで岩手に関心を寄せてもらうことが、岩手のコミュニティの関係強化になる。また、岩手に関心を持ってもらうことでプログラム卒業生の地元にもまたフォーカスして欲しいと考えています。

プロジェクト本文

▼はじめにご挨拶

このプロジェクトは岩手の若者が岩手の文化に触れ岩手の良さを改めて感じ、さらに岩手の良さから地元の良さまで注目できるそんな機会にしたいと思いこのプロジェクトを始めました。

 

このプロジェクトのメンバーはこの二人です!

 

はじめまして!角地美桜(かくちみお)です!

 

生まれも育ちもずっと岩手県の大学2年生です!

大好きな岩手県で生まれて20年、今まで1度も岩手県の伝統芸能であるさんさに関わったことがありませんでした。「それは勿体ない!!!」と考え、せっかくなら沢山の人と楽しく最高の思い出にしたいと思い、今年の夏いよいよさんさ踊りに初挑戦します!!

 

はじめして!本宮 和昌(もやみや かずまさ)です!

僕も生まれも育ちもずっと岩手です。ですが大学生になり青森に進学し今は岩手から離れて生活してます。岩手から離れて生活をしてみて岩手の良さが色々と分かってきした。そんな中今回さんさ踊りのパレードに参加できることになり、とても有意義なものになると考えています!

▼このプロジェクトで実現したいこと

私たちがこのプロジェクトで実現したことは3つあります。

 

1. さんさ踊りのパレードに参加し岩手の文化に触れること。

 

2. さんさ踊りに参加して岩手の良さを再発見すること。

 

3.さんさ踊りのパレードに参加をきっかけに自分の地元の良さも再発見すること。

▼プロジェクトをやろうと思った理由

東北六魂祭にもなっている岩手県のさんさ踊り。そんなさんさ踊りはギネスにも認定されています。

このような素晴らしいお祭りが岩手県にあるのにそれに参加している多くの人は盛岡にすんている人や盛岡近郊に住んでいる人ばかり。私は岩手県に18年間住んでいましたが一度も生でさんさ踊りをみたことがありません。岩手に住んでいるのにこれはもったいないことです。

また伝統的な祭りであるさんさ踊りに参加し、伝統や文化を肌で感じることで岩手のすばらしさを発見することができたら素晴らしいことだと考えました。そして岩手のすばらしさを発見したらそこから自分の地元のすばらしさや誇れるところを見つけることができたらさらにすごいことだと考えています。

▼これまでの活動

2018年5月27日に盛岡市でこのプロジェクトにつなぐべく講師を呼んでさんさ踊りの練習を行いました。

このイベントはTOMODACHIのプログラムに参加した人を対象に行われました。アイスブレイクでは私たちの地元でよく行われているアイスクリーム作りをしました。

また講師を呼んでのさんさ踊り練習ではみんな複雑な動作に四苦八苦しながらみんなで楽しく練習することができました!

※TOMODACHIの紹介

東日本大震災後の日本の復興支援から生まれ、教育、文化交流、リーダーシップといったプログラムを通して、日米の次世代のリーダーの育成を目指す公益財団法人米日カウンシルと在日米国大使館が主導する官民パートナーシップです。

美桜と和昌はともにTOMODACHIプログラムの中で、アメリカに行きました。

その後、日本国内でTOMODACHI global leadership academyなどに参加したのち、私たちはTOMODACHI Hokkaido-Tohoku地域リーダーを務めています。

 

  http://usjapantomodachi.org/ja/

▼資金の使い道

2018年8月4日さんさ踊りへ参加するにあたっての費用

 

宿泊費(パレードが終わると遅くなるため)\3,360

 

交通費(宿泊施設までのタクシー代、参加者への交通費)\62,000(\12,000,\50,000)

 

法被代\59,720

 

大学生参加費助成(18,000)

▼リターンについて

3,000

・お礼のお手紙

 

5,000

・お礼のお手紙

・集合写真

 

10,000

・お礼のお手紙

・集合写真

・限定動画(プロジェクト中に撮影した映像を編集し、その動画が完成し次第限定公開用のYouTubeのリンクをパトロンの方へお送りします)

▼最後に

このイベントをすることで岩手県が、岩手に住む若者が岩手の魅力を発見・再発見しさらに岩手県が盛り上がる地域になればいいと考えています。

 

ご協力よろしくお願いします!

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください