プロジェクト本文

服薬支援サービスflixy

“ラクに、おしゃれに、楽しく“ お薬の飲み忘れを防ぎ皆様の健康を支えるアプリ「flixy」を、より多くの人に届けるために、アプリと連動するお薬ケースを作る応援を集めるプロジェクトです。

クールな服薬ケースとアプリで新しい服薬文化を創造します。

薬を飲む意識はあるけど、忙しいとついつい忘れてしまう。
薬の効果も実感わかないし、薬これ以上飲んで意味あるのかな?
薬一人で飲んで、一人で病気と戦うのって寂しいな...
flixyはそんなユーザーを助けるアプリです。

画像1

サービス立ち上げの背景

薬の飲む忘れによる病状の悪化で年間 6,400 億円の医療費が増大し、薬で治るはずの病気で闘病生活を余儀なくされている患者さんが非常に多い。また、開発を進め、ユーザーアンケートをする中で、服薬は自分一人やっているのもつまらないし、なんだか孤独。自分の家族や彼氏、彼女の服薬状況が分かればフォローしたいという声の意外に多いということも分かってきました。
このニーズを解決するために僕たちは flixy を開発しています。
2013 年医療向けアプリ開発コンテスト Applicare で優勝し多くのメディアで取り上げていただきました。(@IT, Makfun, M3.com, Yahoo!)

flixyの提供するサービス

●専用ケース
スタイリッシュなケースで服薬へのモチベーションを向上させます!
ケースは手のひらサイズでカバンに入れて持ち歩け、会社員がランチで外食に出かけるときも持って出歩き易いサイズとなっています。
ユーザーは処方された薬のシートをそのままケースに移して使うことができます。

画像2

●アプリ
ケースからの服薬データに連動し、服薬を促すアプリケーション

アプリは「服薬アラート」「自動ログ」「情報提供」「タイムライン」の仕組みをもち、ユーザー服薬を楽しみながら続けられるように促します。

画像3

■「服薬アラート」:
飲むべき時間をあらかじめ登録しておくことにより、その時間になればスマートフォンのアラートがなり服薬を促します。
■「自動ログ」:
ユーザーの服薬ログはケースから自動でアプリに送られるため、他アプリと異なりユーザーゼロ負担での服薬ログが溜まります。



■「情報提供」:
服薬情報をもとに、薬の効能説明など適宜必要な情報をユーザーにプッシュ通知を行ったり、飲めば飲むほどめくれてくる美人めくり機能や、他の人と服薬状況を競いあうランキング機能、状況悪化のビジュアル表示の機能を搭載し、服薬に楽しさをプラスします。



■「タイムライン機能」:
服薬状況を家族や同じ症状の患者、また医療従事者と共有することで、一人ではなかなか続けることの出来ない服薬習慣に対して新たなインセンティブを持たせます。

なぜ、皆様のご協力が必要なのか?

現在、ケースの開発は3Dプリンターやフィジカルコンピューティングツールキットのkonashi(ユカイ工学)を使いプロトタイプを作成し、ブラッシュアップを続けています。
メンバー全員が学生であるため、資金がなく 2014 年 3 月のリリースに向け、 ケースを量産するため予算が足りない状況です。新しい服薬の文化をこのサービスで実現し、一人での多くの人にこのサービスを届け、皆様の健康を支えたいと本気で考えております!

僕たちのビジョンにご賛同していただける皆様へ

日本中どこにもないクールな次世代服薬ケースのプロトタイプがあなたの手に!
ケースは(プロダクトデザイナーと連携し)おしゃれでかっこいいケースを目指しました。このケースをここで手に入れ、"ラクに、おしゃれに、楽しく"新しい服薬生活を送ってみませんか?
ここでケースを手に入れていただける方には限定でお好きな文字をケースに刻印致します!

医療分野で新しい文化を創造したい仲間を募集しています

医療分野に服薬アドヒアランスで新しい文化を創造したい人、医療×ITで何かイノベーションをおこしたい人。今の医療に疑問を抱く人、どんな理由でもflixyの活動に興味を持ってくださった方、僕たちと一緒にサービスを立ち上げ、広げて行きませんか?僕たちはそんな情熱溢れるメンバーを募集しています。
是非ご興味のある方はCAMPFIREのメッセージにてご連絡ください!!

画像4_2

メンバー紹介

● ディレクター
慶応大学医学部医学科 6年
吉永和貴
● アプリエンニジア
東京大学 情報理工学系研究科 2年
片岡悠人
● ハードウェアエンジニア
電気通信大学 情報理工学部 知能機械工学科 3年
上平倫太郎
● 営業
東京女子医科大学 医学部医学科 5年
横松知咲子
グロービス経営大学院3年
石川真也

  • 活動報告

    【仲間集めサービス-Combinator】

    2014/04/12

    Flixyが、清水君のサービスComninatorにて取り上げられました! https://www.combinator.jp/projects/50 Flixyでは、今後サービスを拡大するにあたり、アプ…

  • 活動報告

    【MedTech Japan2014】

    2014/04/10

    4月9日から11日まで東京ビックサイトでおこなっているアジア最大の医療機器の展示会、MedTech Japanでflixyのサービス紹介をさせていただいております。 …

  • 活動報告

    【QS Tokyo】

    2014/03/26

    昨日はApple Store銀座さんでQS Tokyoに参加させて頂いて、サービスの紹介をさせて頂きました。デザイナー、研究者、宇宙飛行士と様々な方に出会え、非常に建設…

レコメンド

  • さぽこら唯一の学生チーム会員「flixy」によるプロジェクト。
    医療や工学などを学ぶ学生グループが、
    うっかり飲み忘れを防ぐ服薬支援アプリを開発しています。
    皆さんの支援をお待ちしております!

    by 

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください