八王子にあるNPO法人おもてなし国際協議会と八王子市黒須元市長プレゼンツ!普段会うことの出来ない台湾のゲストを含めて国際交流ができるチャンスゲスト:元高雄市代理市長・現鄭南榕基金会 葉菊蘭女史

プロジェクト本文

(CAMPFIRE編集担当:水本)

 

▼はじめにご挨拶

本プロジェクトをご覧頂きありがとうございます。

NPO法人おもてなし国際協議会の代表をしております長野と申します。

おもてなし国際協議会は、国際交流ボランティア団体として活動していますが、

近年は特に台湾の方々との交流イベントも多く開催しています。

 

この度、葉菊蘭女史をはじめとして多くのゲストをお招きして国際交流イベントを計画しています。

この機会を通して、普段会えない台湾の方々や文化と触れ合って頂けたらと考えています。

今回のイベントではあらゆる年代の方々に楽しんで頂けるプログラムをご用意しております。

ゲストの葉菊蘭女史は、台湾の英雄と称される鄭南榕氏の奥様でいらっしゃいます。

鄭南榕氏は台湾では知らない人はいないという程の方で、

台湾の近年の発展の礎となった、民主化運動において自らを犠牲にして活動された方です。

鄭南榕氏について紹介している基金会のHPはこちら

 

私たちはこれまで、「おもてなしの心」を大事にしながら活動を続けてまいりましたが、

その理念と通ずるものを感じたことがきっかけで、台湾の方々とも協力して活動するようになりました。

 

「おもてなし」とは、本来、商業的で、意図的なものではなく、家族と接するように、

表裏のない心で見返りを求めない対応だと言われています。

自分が害を受け、損をするとしても、隣人の痛みを、自分の痛みのように分かって、自分のことのように愛する心で、

分け与える『真のおもてなし』は、民族や人種を越えて、共感するものです。

今回のイベントでは、「質の高いおもてなし」とは何かを、

海外の方々の目線に立って研究し、清潔で、温かく、誠実な対応ができる

ホスピタリティ精神を持てる人を増やすために、このイベントを計画しました。


▼このプロジェクトで実現したいこと

八王子市の海外友好都市でもあり、世界一の親日国である台湾に焦点をあてたいと思っています。

このイベントの交流会を通じて、台湾の方との交流のきっかけ作りや場作りに貢献したいと考えています。

八王子市では2013年3月に「国籍、民族、文化の違いを互いに認め合い、助け合い、活かし合いながら、共に暮らす多文化共生のまちづくり」を基本理念とする多文化共生推進プランが策定されており、施策のテーマに「外国人観光客等へのおもてなし」が追加されています。

今回のイベントでは、メインゲスト以外にも台湾大学(日本でいう東大)の学生も呼んで交流をする予定です。

台湾の方々と交流する上で、台湾の歴史を理解することは欠かせません。

今回のイベントでは、台湾の歴史をより深い理解を得るために演劇を通して、台湾の歴史を学ぶ機会を用意しています。

その国の背景の歴史を知って、もっと深い交流、深いおもてなしが出来る八王子市を作りたいと考えています。


そして今回の音楽劇の裏テーマは「弱いヒーロー」

人は弱いものですが、どんな考えでどんな行動をするかで強くも弱くもなれます。

思いがあれば、誰でも何かが出来るというメッセージが多くの人に伝わることを願っています。

 

【開催概要】

★8/31 もっとしりたい 台湾(演劇鑑賞、トークショー)

・日時: 8/31(金) 14:30開場 15:00開演 17:30終了予定


・開催場所

いちょうホール 小ホール(JR八王子駅 徒歩10分)

http://www.hachiojibunka.or.jp/icho/sub_hall.php

〒192-0066 八王子市本町24番1号

 

・参加費

一般:2000円 学生:1000円 中学生以下 無料


・お申し込みフォーム

8/31イベントお申込みフォームはこちら

 

★9/1 日台青年交流サミット(音楽・ダンス・パネルディスカッション)

・日時: 9/1(土) 朝9:30開場 9:45開演

・開催場所

八王子市民センター(北野駅 徒歩1分)

http://www.hachiojibunka.or.jp/center/kitano/#map

〒192-0906 東京都八王子市北野町545-3 きたのタウンビル8階

・参加費

一般:700円 学生:600円 中学生以下 無料

・お申し込みフォーム

9/1お申込みフォームはこちら

 

・イベント紹介ページ

イベント紹介ページはこちら


・プログラムプログラム

8/31 もっと知りたい 台湾

場所:八王子いちょうホール

一部:音楽劇「七十一日的台湾白百合~明けぬ夜に咲く白い花~」の上演(桜人企画)

二部:トークライブ 

ゲスト

・葉菊蘭女史(鄭南榕基金会 会長)

・黒須隆一氏(前八王子市長、NPO法人八王子・台湾友好交流協会理事長)

・馬場さくら 氏 (劇団 桜人企画 代表)

 

演劇公演あらすじ
新人雑誌記者のタマキは、卒業論文研究のため台湾に行ったまま音信普通になった親友アオイを探しに台湾へと向かう。滞在先にアオイの姿はなく、床に散らばった数枚の写真と『北村アオイは人殺し』と書かれた手紙だけが残されていた。古ぼけた写真を頼りにアオイの消息を必死に探すタマキは、台湾についての思いもよらない真実を知ることになる。写真に写っていた真実とは?アオイの行方は?真実を知ったタマキがとった行動とは…?日本人旅行先ランキングで上位に位置する台湾の明るく陽気な瞳の奥に深く潜む語られなかった想い。教科書にはのっていない台湾の民主化への歴史を紐解くミステリー。

 

9/1 日台青年交流サミット

・台日交流会

-学生×葉菊蘭女史によるパネルディスカッション

-台湾大学生との交流(自由参加)

・バンド演奏

・日本音楽の紹介(尺八演奏)

・ダンス公演

▼プロジェクトをやろうと思った理由

日本と台湾の関係は、行政関係者、企業家など、多岐にわたって、長年、先人たちによって、築かれており、特に両国の震災の度に、助け合うことが自然な関係までになっており、国家間の関係性において、最高レベルの域に達しています。

この関係を、さらに市民や次世代を担う若者たちが、引き継ぎ、発展させるきっかけとなるイベントをしようとして、今回の企画がスタートしました。

▼これまでの活動

『おもてなし国際協議会』はこれまで、八王子市の海外友好都市との大学生交流、国際理解教育に力を入れてきました。その方法として、演劇を通しての国際理解教育や、参加型パネルディスカッションは非常に効果的であり、好評を得てきました。

おもてなし国際協議会HPはこちら

 


◆公演実績


【音楽劇「七十一日的台湾白百合~明けぬ夜に咲く白い花~」】

初演:2017年11月4-5日@大阪

台湾公演(第2回公演)2018年4月7日@台湾大学


◆台湾公演は台湾のニュースで多数取り上げられました

報道の記事はこちら

 

劇団の方の交通費(大阪から講演に来てくださっている方も…)

会場費

リターンのプレゼント

ゲストへの記念品

 

▼リターンについて

★プロジェクトが目標金額に達さない場合でも、リターンは履行いたします。

 

★A:演劇チケットご優待席プレゼントプラン

8/31 15:00@八王子いちょうホールのS席付き。見やすい位置で演劇が鑑賞できます。

様々な特典もよいですが、まずは会場に足を運んでいただき、その目で感動を共有しましょう☆

(お申込みが総勢300人を超えた時点で締め切らせていただく予定です。50名分の枠は確保してございますが、お申し込みはお早めに)

会場受付にて、CAMPFIREの支援ページをご提示ください。ご案内いたします。

現地に行けば、台湾大学の学生とも交流することができます☆

 

 

★B: 企業の方にお勧め。協賛頂いた方への特別記念品プレゼントプラン

今回のイベントに合わせてデザイナーに特注した特別記念品へお名前・会社名をお入れし、

台湾・日本の友好協賛メンバーとして記念品をプレゼントします!

メインゲストの鄭南榕基金の方々にもご協賛頂いたこと個人・会社様名を記載した記念品をお渡しする予定です。

 

★C: 企業・団体の方にお勧め。企業アピールプラン

本イベントには日本・台湾関係の深い関りをお持ちで、かつ社会の第一線でご活躍の経営者の方々、

高い意識を持った大学生の方々、一般の方々総勢200名~250名がお越しくださる予定です。

企業名・ロゴを会場入り口に掲載させて頂き、ご希望の方々には会社パンフレット等を会場入り口近くに

設置させて頂くことができます。

細部につきましては、個別でCAMPFIRE内のダイレクトメッセージ機能にてご調整させてください。

ご応募頂いた後、すぐにプロジェクトオーナーよりご連絡差し上げます。

 

▼最後に

おもてなし国際協議会はNPO法人であり、非営利団体です。

内部には見返りを求めず、仕事の合間の時間を使って運営に携わってくださっている方々も多数です。

ひとりひとりの真心と献身によって、今回のイベントも開催する運びとなりました。

一人ひとりに細やかなおもてなしをするためには、皆様のご協力が必要です。

是非、皆様にとっても、本プロジェクトに参加いただき、

心温まるひとときになっていただけたらと考えております。

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

おもてなし国際競技会

一同

 

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください