技術大国ドイツから満を持して上陸!機能美を追及したシンプルかつ高多機能な究極のバックパック。世界中で話題のBG BERLIN(BGベルリン)のMetroBag(メトロバッグ)がついに日本デビューします。

プロジェクト本文

  1. ■このプロジェクトについて
  2. ① 超軽量900gで人間工学に基づいたデザインなので身体にぴったりジャストフィットします。

  3. ② 180度 開くフルフラットオープン機能なので物の出し入れがカンタンです。

  4. ③ ポケットが13か所ついていていて、 15インチノートPCとタブレットを同時に収納可能です。



人間工学に基づいたデザイン(Ergonomic Shape)

身体にぴったりジャストフィットします

驚くほど軽い

だから肩の負担になりません


突然の雨でも安心なレインカバー付き

下部に収納されたレインカバーは数秒でバックパックを覆うことができるので、突然の雨でも大丈夫

使いやすい配置のUSBコード

背負ったままスマホの充電ができます

全面にウレタンクッションが施されているので

落下などの衝撃から中身を守ります

背面と前面に反射ラインを配置

夜道も安心です


180度 開くフルフラットオープン機能

物の出し入れがカンタンです

ラゲージストラップ付なのでキャリーオン可能

スーツケースと一緒に移動もラクラク


今スリやスキミング犯罪が非常に増えています!
クレジットカードや個人情報の不正利用は未然に防ぎたいですね

RFID隠しポケットを装備

大切な財布をスキミングや盗難から未然に防護します

メインジッパーはつまみが隠れるデザインなのでスリ対策もバッチリ

海外でも安心です


15インチノートPCとタブレットを同時に収納可能

細かい工夫がたくさん!

・ケーブル収納ベルト
・ペン入れ
・入れたものがわかる半透明ポケット
・キーチェーン

など

背面にスマートフォン用ポケットを配置

ストラップ部分にはスイカなどのICカードが収納できるポケット付き

改札でもスマートに取り出せます


 


年1回ベルリンで開催されるヨーロッパ最大の家電見本市IFAに出展。
世界中から来場するバイヤーやジャーナリストから高評価を受けました。


ベルリンは他のヨーロッパの都市とは異なる独自の発展を遂げた街です。
戦争や東西分断など負の歴史もありますが、それ故に古い慣習にとらわれない新種の気鋭に満ちた街へと発展しています。
ビジネス面では多くのスタートアップがベルリンから生まれていますし、ラブパレードに象徴される自由なカルチャーやアートも育っています。
BG BERLINはそんな空気の中で生まれた新興ブランドです。
アート、ファッション、機能性、そしてサスティナビリティを併せ持つプロダクトを生み出し続けています。

BG BERLINは現在世界の26の国や都市で販売中です。


商品名:BG BERLIN MetroBag (BGベルリン メトロバッグ)
カラー:ブラック、ネイビーブルー、グレー、ダークグレー
サイズ:H49 x W36 x D15cm
総重量:900g
容量:15L
企画・デザイン:ドイツ
組立:中国


初期不良の返品交換はもちろん、イメージしていたものと違っていた、色を変更したいなどお客様都合の理由でも返品交換を受け付けます。
CAMPFIREのメッセージにてご連絡ください。
※保証期間は商品がお手元に届いてから30日間となります。
※返送料はお客様のご負担となります。
※交換の際の手数料、再発送料は別途ご請求となります。


BGベルリン メトロバッグのモニター様を募集いたします。
メールアドレス:info@alatama.com


BGベルリン メトロバッグの販売をお手伝いいただける量販店様、商社様を募集いたします。
(販売は本プロジェクト終了後となります)
メールアドレス:info@alatama.com


BENGA INTERNATINONAL GmbH

BG BERLINを作るBENGAインターナショナルは、2014年設立のドイツの新興メーカーです。
斬新なデザインと高い機能性を兼ね備えたスーツケースを作るメーカーとして人気が高く、アテネ空港、カタール空港、香港空港、仁川空港、シンガポール空港などでもショップ展開しています。

BG BERLINはBENGAインターナショナル社が持つ登録商標です。
登録第014251649号(EU)
登録第5955332号(日本)


株式会社ALATAMA

最先端のトレンドとテクノロジーをキャッチアップしつつ、常にエンドユーザーの視点で「あったらイイナ」を追求する東京に本社を置く輸入商社です。
オリジナルブランドによる商品開発と世界中から日本未上陸の最新ガジェットの発掘をしています。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください