刻々と変わりゆく街、人、懐かしい空間を自分のペースで散策、ゲームではない新しいタイプのVR体験です。PSでは自由に歩けなかった空間を最新の技術でリアルタイム再現。立体音響、PSVRで没入感を増した異世界散歩体験。 懐かしい彼らとファイアの日に逢える。龍城路+αパートを6月頃の発売を目指します。

プロジェクト本文

「クーロンズゲートVR」資金調達大幅サクセス記念し、
ストレッチゴールを設定します。

皆様からの多くのご支援により、公開から15時間余りで当初目標を達成いたしました。
ご支援頂きました皆様へは重ねてお礼申し上げます。
既に制作を開始し、SIE(ソニー・インタラクティブエンタテインメント)社へPSVR販売の登録作業中です。
ご支援いただいた皆様には、予定の通りリターンをご提供させていただきます。
当初に目標としていた資金は、ゲーム基本部分の制作へ充てさせて頂きます。

ご支援頂きました皆様へは重ねてお礼申し上げるとともに、
あらたにストレッチゴールとして、300%の目標金額を設定いたします。

ストレッチゴール追加予定項目

蓜島邦明氏による、新アレンジ曲と合わせて
新たに今回のコンテンツの為の新曲の作成をします。

更にそれらの楽曲をVR空間で堪能出来るVRリスニングモードを開発いたします。

残り2週間、更なるご支援よろしくお願いします!

 

新規リターン設定

3500円

デベロップメントレポート
ゲーム発売前に支援者専用 蓜島邦明氏マスタリング音源による
クーロンズゲートVR MusicVideo限定公開 視聴権
来年3月末公開予定

Vimeoでの公開を予定。(お持ちの携帯端末での閲覧が出来ない場合があります、事前にご確認頂き応募ください。)

-------------------------------------------------
20000円

お礼メールデベロップメントレポート
スタッフロールに名前(Special Thanks)
リターン者専用部屋解放1か所
ゲーム内案内屋のTV内に尋ね人として加工顔写真ランダムで登場件
※1点顔写真を提出していただくことが条件となります。

50名限定

 

 

 

▼ご挨拶

私たち株式会社ジェットマンは、Sony Music Entertainmentにて1997年発売の「クーロンズ・ゲート九龍風水傳®」企画制作に関わったオリジナルメンバーを中核に是空から続くジェットグラフィクスを母体とするデジタルコンテンツ制作等を行っている会社です。今回できる限りオリジナルの再現を目指し、20年越しの思いを込めてスタッフ一同過去データの再現作業を行っております。少ない人員での作業にてブレのないオリジナルを超えるクオリティを目指します。

クーロンズゲート開発スタッフからの20年目の提案。没入型テーマパーク。
(Immersive First Person Experience)

For First Generation and New Generation Fun.

株式会社ジェットマン
http://www.jetman.co.jp/



▼プロジェクト「クーロンズゲートVR 」PlayStationVR版 概要

『クーロンズ・ゲート -九龍風水傳-』は4年を超える製作期間を費やし、1997年にSony Music Entertainmentより発売したPlayStation®用ゲームソフトです。CDROM4枚組で発売された大作アドベンチャーゲームで、アジアンゴシック、サイバーパンクなディープな世界観と独特の世界観から、およそ20年を経る現在においても、多くのファンを魅了し最近のプレイ実況や設定資料集の販売にて、昔からのファンだけでなく新しい若い世代のファンが、その世界観を通じてユーザーコミュニケーションを交わしています。

 クーロンズゲートの膨大な情報を再構築するプロジェクトの一環として、まず世界観を構築するMap空間をPlayStationVRを使い、バーチャルリアリティでの最新体感コンテンツとして提供します。

 コンテンツテーマ:クーロンズゲートDeep in trip

 

97年当時リアルタイムでは到底再現できなかったゲーム内クーロンの街並み(Jpegダンジョン部分)をハイレゾ化リアルタイムで自由に街並み散策を可能にします。

今回オリジナル版にての龍城路及びクーロンフロントのパートの再現を行います

昔訪れた街を再度散策する様なクーロンゲートテーマパーク。
蓜島邦明氏よるオリジナルサウンド、オリジナルSEにての立体音響による没入感を強化した、従来のゲームとは異なる滞在型の体感コンテンツです。

街は日々変化をします。時間によって閉まっている通路に入り中を探検したり、懐かしいあのキャラクターに出会うこともあるでしょう。

探索型イベントなどを行い、見つけたお気に入りの場所は写真を撮りコレクション等ユーザーは他ユーザーとコミュニケーションを取りながらクーロンの世界をゆったり楽しむ事が出来ます。

 ストレッチゴールとして、目標金額300万を超えた分はクーロンフロント部分ダンジョンとキャラクター等の制作に充てさせて頂きます。

 ▼PlayStationVRとは?

PlayStation VRとは、ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)が発売する家庭用ゲーム機PlayStation4向けのVRシステム、および、ヘッドセット。
2016年10月13日(木)に発売が予定されている。

PlayStation VRサイト

 

▼このプロジェクトで実現したいこと

 VRプロジェクト第一弾として、龍城路・クーロンフロントの一部をPlayStationVRにてVR再現し20周年を迎える2017年5月発売を目指します。

その後ユーザー様やコンテンツ動向などを考慮し、クーロンズゲートにおける全てのダンジョンの再現を目指し、完成の暁には次回作への背景データとして使用を展望とします。

昨今のゲームコンテンツは多くの人員と時間を必要とし、リリースタイミングが遅れコンテンツの旬を逃してしまう事、オリジナルのクーロンズゲート同様少人数によるブレの少ない制作を行う為、拡張型制作にてのリリース方法の可能性があるのか試みたいと考えます。

クーロンズゲートVRは、クエストやアイテムバトル型のイベントを追加して長く付き合っていけるデジタルコンテンツを目指します。

 

 

▼クーロンズゲートとは?

『クーロンズゲート』(KOWLOON'S GATE -九龍風水傳-)は、1997年にSMEが発売したPlayStation用ゲームソフト。 

この世と対なす別世界「陰界」から突如出現した「九龍城(クーロンじょう)」。その風水を正し、世界の崩壊を防ぐことを命じられた「超級風水師」を主人公とするアドベンチャーゲーム。

PlayStation初期タイトルとして、PS発売以前からプロモーションムービー等が公開されていたものの、開発の遅れによって発表から発売までに4年以上の歳月を費やした。

2010年4月14日から2013年4月10日の間、PSP/PS3用ゲームアーカイブスとしてPlayStation Storeで配信。PlayStation Vitaには非対応。2015年9月16日より再配信。こちらはPlayStation Vitaに対応している。 

wikipediaより抜粋

 

▼JETMANとクーロンズゲートのこれまでのつながり

当時のSMEクーロンゲート開発メンバー4人が
現在もジェットマン、ジェットグラフィクスに所属。今回の制作にも参加。

他のもオリジナルメンバーの参加予定

・1997年 PlayStation ソフト「クーロンズ・ゲート九龍風水傳®」発売

・1998年 有限会社 是空設立

・1999年 是空解散後、主要メンバーにて有限会社 JetGraphics設立 

・2007年 JetGraphicsのUI/UX部門として株式会社 ジェットマン設立

・2007年 オリジナル10周年時にSecond Life内にクーロンズゲートモチーフSIM Neo Kowloon SIMを開設

・2007年 Second Life内NeoKowloonがバーチャルコミュニィアワード受賞等SNSコ   ミュニティが評価される。(SL内Neo Kowloonは現在も運営中、ファン定着により9   年間に渡り現在も収益あり)

・2014年 サウンドトラック再販イベントを行う。

・2015年 18年を経て代表井上のキャラクター資料集 
 クーロンズゲートアーカイブスが販売される。

・PSアーカイブスにてオリジナル版再販

・中野ブロードウェイにて設定画展開催

・2016年5月クーロンズ夜奏会コンサート開催

・2017年 20周年 クーロンVRリリース予定。

 

プレイヤーはオリジナルクーロンズゲート(OKG)の時間より少しだけ以前の陰界に存在する九龍城へダイブします。陰界では多くの奇妙な住人たちが生活しています。OKGでは行けなかった場所や部屋に入ることもできるかもしれません。自分のお気に入りの場所を見つけ出したり、時には住人達に何か頼まれたり。
時間の変化で変わりゆく陰界を心ゆくまで体験できます。

陰界の旅に出かける感覚は、今までにない新しい体験となることでしょう。

クーロンズゲートVRは既存のゲームとは異なる「新しい何か」なのです。

▼資金の使い道

今のタイミングで制作するためには、本コンテンツに注力する必要があります。我々のストックでは本プロジェクトを始動するにはかなり厳しい状態でした。合わせて可能な限りオリジナリティを保つため楽曲、SE等の版権使用費として発生します。

この20周年のタイミングにてクーロンズゲートハイレゾ化の第一弾制作費として、製作費に掛かる費用の一部として皆様のご協力を仰ぎたい次第です。

▼リターンについて

 支援頂ける方々へ3コース素敵なリターンをご用意しました。

・妄人コース

¥3,000
お礼メール
デベロップメントレポート

¥5,000(限定数量:50)
お礼メール
デベロップメントレポート
スタッフロールに名前(Special Thanks)
リターン者専用部屋解放1か所

¥15,000(限定数量:50)
お礼メール
デベロップメントレポート
スタッフロールに名前(Special Thanks)
リターン者専用部屋解放1か所
占い人形に自分の好きなコメントを言わせる権利(テキスト表記)
(ランダムで現れるコメント内に使用、コメント規定あり)

¥30,000(限定数量:30
お礼メールデベロップメントレポート
スタッフロールに名前(Special Thanks)
リターン者専用部屋解放1か所
ブロマイド屋のテクスチャに写真で登場する権利(規定あり)

¥50,000(限定数量:20)
お礼メール
デベロップメントレポート
スタッフロールに名前(Special Thanks)
リターン者専用部屋解放1か所
作品内に張り紙に登場権利(規定あり)

¥100,000(限定数量:20)
お礼メール
デベロップメントレポート
スタッフロールに名前(Special Thanks)
リターン者専用部屋解放1か所
作品内に映画ポスターで登場する権利(図柄は選べません)

¥150,000(限定数量:20)
お礼メール
デベロップメントレポート
スタッフロールに名前(Special Thanks)
リターン者専用部屋解放1か所
街路看板に登場する権利

¥200,000(限定数量:10)
お礼メール
デベロップメントレポート
スタッフロールに名前(Special Thanks)
リターン者専用部屋解放1か所
ハッピーアワーCMに登場する権利 (図柄は選べません)

¥300,000(限定数量:5)
お礼メール
デベロップメントレポート
スタッフロールに名前(Special Thanks)
リターン者専用部屋解放1か所
キャラデザイナー井上による新規デザイン路人で登場する権利
井上書き下ろし路人キャラクター設定原画(データ)

---------------------------------------------------------------------------------

・物の怪コース

¥5,000(限定数量:100)
お礼メール
デベロップメントレポート
オリジナル特製クーロン手ぬぐい

¥5,000(限定数量:100)
お礼メール
デベロップメントレポート
リッチ妄人マグカップ

¥5,000(限定数量:100)
お礼メール
デベロップメントレポート
桃児キーホルダー

¥14,000(限定数量:100)
お礼メール
デベロップメントレポート
オリジナル特製クーロン手ぬぐい
リッチ妄人マグカップ
桃児キーホルダー

¥200,000(限定数量:20)
お礼メール
デベロップメントレポート
オリジナル特製クーロン手ぬぐい
桃児キーホルダー
リッチ妄人マグカップ
特製スタッフスカジャン

---------------------------------------------------------------------------------

・満漢全席コース

¥1000,000(限定数量:3)
お礼メール
デベロップメントレポート
スタッフロールに名前(Special Thanks)
リターン者専用部屋解放1か所
占い人形に自分の好きなコメントを1種言わせる権利(テキスト表記)
(ランダムで現れるコメント内に使用、コメント用規定あり)
ブロマイド屋のテクスチャに登場する権利
作品内に映画ポスターで登場する権利
ハッピーアワーCMに登場する権利
井上デザイン路人で登場する権利
井上書き下ろし路人キャラクター設定原画
街路看板に登場する権利
オリジナル特製クーロン手ぬぐい×2
桃児キーホルダー×2
リッチ妄人マグカップ×2
井上直筆サイン色紙
特製スタッフスカジャン

 

 

※リターンには完成品のゲームを含むことが通例ですが、16年8月現在ストア等でのVRアプリの扱いにクーポンコード配布や価格設定等の未確定事項が多く、今回リターン項目にアプリデータの配布は含んでおりません。


▼最後に

今回のプロジェクトを立ち上げました株式会社ジェットマン代表、宝塚大学教授の井上幸喜です。最近はゲーム的~と言われるすべての事柄に係るコミュニケーションデザインワークを研究、開発に携わっています。20余年前、クーロンズゲートという作品は3DCGデザイナーの私に多くの体験を与えてくれました。ゲーム企画、キャラクターデザイン、アートディレクション等、現在の私を形成する要素の多くはクーロンからもらった宝物です。

クーロンズゲートという作品は、多くの皆さんの思い出も巻き込んで巨大化し、容易に触れることのできない得体のしれないモノと化していました。
更に最近2,3年のクーロンズゲートの再ムーブは新しい若いユーザーを引き連れて新たなコンテンツを欲している様に感じています。
私たちクーロンズゲートに携わった者もこの機会を逃さず、みなさんの要求に応えるべくCGオリジナルメンバーでの制作を行う事としました。

■ゲームではないモノを発売する事

私たちは2年程前より、宝塚大学東京メディア芸術学部協力の下VR技術の研究を行っております。
再度訪れたVRの波が今回はどの様に展開するのか?
表現や操作など今までのゲーム作法が通用するのか?
多くの課題発見があり、研究過程のサンプルとしてクーロンズゲートの世界観を選びVR試作を行いました。今回試作のみの予定でしたが、多くの皆様の製品化の要望をお聞きしPlayStation VRでの制作を試みたいと思います。

しかしオリジナルを現在再現するには、膨大な時間とコストを必要とします。制作に時間を懸ければデジタルコンテンツとして制作するにはリリースタイミングを逃してしまう事となります。今回は膨大な制作の第一弾アウトプットとして、まずMapデータだけでもVRにてユーザー展開を行い、ニーズを取り入れながら成長するコンテンツを目指すアイデアです。新しいゲームの作り方を行う可能性として、ユーザーを巻き込んで「みんなでクーロンするため」に皆様の協力を仰ぎました。

20年の思い出を再現するまずこの第一弾になることを目標とします。

「みんなで死ぬまでクーロンします。」という事でしょうか。

みなさんのご協力よろしくお願いします。

 

▼メディア掲載記事

VR inside
http://vrinside.jp/interview/jetman/
ねとらぼ
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1605/17/news127.html
SocialGameInfo
http://gamebiz.jp/?p=161942
INSIDE
http://www.inside-games.jp/article/2016/05/31/99097.html

 

※本ソフトをプレイするには、「PlayStation VR」と別に
PS4専用の「PlayStation Camera」及びPS4本体を必要とします。

 

KowloonsGate ©1997 Sony Music Entertainment (Japan) Inc. 
KowloonsGateVR 2016 JETMAN Inc. All Rights Reserved.

  • 活動報告

    クーロンズゲートVR MusicVideo限定公開

    2017/05/09

    クーロンズゲートVR MusicVideo限定公開 視聴権の権利者の皆様へ 本日よりクーロンズゲートVRビデオの公開をいたします。 初公開の映像と今回専用に蓜島…

  • 活動報告

    スタッフロールリターンにつきまして

    2017/01/17

    昨日、スタッフロールへの表記につきまして該当の皆様へメールを差し上げました。 早速沢山のお返事を頂いております。 合わせてあたたかい応援コメントも…

  • 活動報告 - パトロン限定公開

    ありがとうございます。

    2016/11/28

    こちらの活動報告は支援したパトロン限定の公開です。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください