ウィーンの音大に16歳で入学した現17歳のピアニスト・作曲家。音楽ビジネスなどを実践の場で学び、3年分の飛び越えてしまった高校の勉強をすることで、より多くの可能性と実行できる知識を得るためにゼロ高等学院に入学したいです。ただ海外留学費と被ってしまい学費を払うことができないのでご支援お願いします!

プロジェクト本文

ご挨拶

こんにちは。児島響です。

僕は今17歳で、去年の9月よりオーストリア・ウィーンにあるMUK音楽大学 作曲科にて勉強しています。

ウィーンへは音楽修行のため、小学6年生の夏(12歳)に渡りました。

クラシックやジャズ、ポップスを演奏するピアニスト兼作曲家として活動しています。

このプロジェクトで実現したいこと

僕は今年の10月にゼロ高等学院に入学したいです。

その理由は、音楽ビジネスや映画音楽、コミュニティの作り方などを実践の場で学び、かつ僕が大学に入るために3年分飛び越えてしまった高校の勉強をすることで、ピアノや作曲だけに囚われずにより多くの未来への可能性と活用・実行できる知識を得るためです。

そしてゼロ高で学んだことを生かして、近い将来、音楽だけに限らず、テクノロジーを使って新しいエンターテイメントやサービス、アプリなどを作りたいと思っています。

ただ、今の段階で既に海外留学費を払っているので、ゼロ高の学費・費用を払うことが非常に困難な為、費用の一部を両親に借りました。

残りは自分のスキルをリターンにして、クラウドファンディングでご支援をお願いしたいと思います。

今までの主な活動

僕は12歳の頃からピアニストとして東京・神奈川・埼玉・地元群馬などでソロコンサートを行なったり、地元群馬県の保育園などで、クラシック音楽文化普及のため、作曲家のことも楽しく話したりしながらミニコンサートで演奏しています。また作曲家として楽曲提供も行なっています。

資金の使い道

ゼロ高等学院にかかる学費・費用1年分として活用いたします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください