プロジェクト本文

 

ーオシャレなトレーニングウェアで、周りを気にせずに自由に楽しめるプールを作りたい。

《世界一おもしろいプールとは、世界一色んなニーズに応えられて、どんな人でも楽しむことができるプールである》
という発想から、ルールに縛られない自由な楽しみ方ができるワクワクドキドキなプールジムを作ろうと考えました。
水の上でヨガやコアトレーニングを楽しんだり、ゆらゆら揺れながら読書ができたり、泳ぎながら映画が観れたり、海のダイビングや宇宙遊泳がVRで擬似体験できたり...。

▶ご挨拶

数ある案件の中から、このプロジェクトに興味を持って頂きありがとうございます。

プールでしか撮影しないプロ水中フォトグラファーで、プールのことしかやらないプールベンチャー《株式会社Rockin’ Pool》の代表で、2020年までに世界一おもしろいプールを作ることを目標とする団体《東京プール研究室》の室長をしております西川隼矢と申します。 

CAMPFIREの利用は去年に続いて2回目で、1回目は空飛ぶ体験ができるプール専用の65インチ水中ディスプレイの開発をしたいという呼びかけに360万円以上の賛同が集まり、完成した【アクアサイネージ】はWBSのトレンドたまご年間大賞最終候補にも選ばれました。

第二弾となる今回のクラウドファンディングは足立区のマイ・エス・スイミング花畑にある施設をリノベーションをして、自由な楽しみ方ができるプールジム【TOKYO POOL LABO】を立ち上げるべく、CAMPFIRE に掲載しました。

※東京プール研究室1周年記念パーティで研究員の皆さんと。

クラウドファンディングに至るまでの経緯 

現在、日本のプールのメイン利用者層は子供と中高年で、20代、30代の若者が少ないという空洞化現象が起きています。
特に若い女性の利用が少なく、理由を聞くと「めんどくさい」「恥ずかしい」「楽しくない」という応えが返ってくることが多いです。
水泳は全身運動なのでダイエットに効果的というのを皆知っているのですが、「痩せたら行く」と答える方も少なくありません。

ということは、

体型が隠せるオシャレなウェアで、メイクもしたままで、水泳キャップもかぶらず、楽しいエクササイズができたらもっとプールを利用する若者が増えるのではないか!?

という想いから株式会社Rockin' Poolは、顔を水に浸けずに水上でエクササイズが行えるプールエクササイズボード『Poolno』を株式会社スマートスタートと共同開発しました。

Poolnoオフィシャルサイト
http://poolno.rockinpool.com

『Poolno』は名前の通り「プール(専用)の」ボードで、「プールの」新しい楽しみ方を増やしてほしいという願いを乗せて、命名しました。

揺れる『Poolno』の上ではバランスを取るのはとても大変なので、陸上よりも短時間で効果的な体幹トレーニングが可能となります。

一言で言うと「キツたのしい!」です。

Poolnoは協会も作らず、ライセンスも発行せず、決まったプログラムも設定しないので、ビート板と同じように自由な使い方ができるアイテムとなっています。

なぜ協会を作らず自由な使い方を目指すのかは説明すると長くなってしまうのですが、一言で言うと「日本中のプールを変えたいから」です。
詳しくはこちらの過去のブログをご参照ください。

「落ちても安全で楽しい」というのも、Poolnoエクササイズの魅力のひとつです。


※導入施設の宇都宮ベルフィットネスのエクササイズ風景


2016年の10月から販売を本格スタートしたPoolnoですが、イメージビデオの公開直後から全国のスイミングクラブから問い合わせがあり、導入店舗も徐々に増えてきました。

しかし、それと同時に

「どこに行けばPoolnoを体験できますか?」

という若い女性からの問い合わせも増えてきて、そして

「PVはカッコイイし、実施風景はオシャレだが、本当に若い人に受け入れられているのか、すでに導入している店舗の実施風景を見てニーズを確認したい」

という施設関係者の意見も多くなってきました。

「現在のところ気軽に参加、見学ができる施設が日本に無い...日本中に広めるには、いつでもPoolnoエクササイズが気軽にオシャレに実施できて、情報を自由に発信できる施設が必要だな...」

そう考えるようになりました。

しかし、

「ただPoolnoが体験できるだけのプールジムを作ってもつまらない!もっとワクワクドキドキする楽しい施設にしたい!」

と考えた私は、

「どうせやるならPoolno以外にも新しいプールの楽しみ方が開発できて、プールの可能性や魅力を多くの人に発信できるラボにしたい!」

「赤ちゃんからお年寄りの方まで、どんなニーズにも応えられて、どんな人でも楽しむことができる世界一おもしろいプールにしたい!!」

そして「クラウドファンディングで多くの人と一緒にこのラボを共創し、魅力的な可能性を発信することでみんなで日本中のプールを盛り上げたい!」

と考えるようになりました。

これが本クラウドファンディングのはじまりです。

※TOKYO POOL LABO 完成イメージ(模型)

▶TOKYO POOL LABOで叶えたいこと

Poolno
・誰でも気軽に最先端Poolnoエクササイズが体験できるような施設にしたい
・Poolnoを体験しているところをSNSなどネットにアップして広く多くの人に知ってもらいたい
・全国のプール施設に導入していただき、若い人がプールに行きやすい環境を全国のプールに広げたい
・色んなスポーツ種目のトレーナーさんが考えるその種目に特化したPoolnoトレーニングを撮影、発信できるスタジオにしたい
・サッカーやスケートなど、体幹が必要な種目の体幹トレーニングをプールに行って補強するという新たなプールへの導線を作りたい

プールの可能性の発掘、発信
・最新テクノロジーをプールに取り入れ、可能性と魅力を発信する実験施設にしたい
・一年に1回プールの見本市を開催し、その年の世界最先端プールアイテムが一堂に会するイベントを開催し、多くの人にプールの可能性を知ってもらい、プール市場を盛り上げたい
・プールで使える新しいアイテムやアプリを開発したいと思うプールベンチャーに実験する場所や発信する機会、お客さんに試してもらえる場所を提供し、一緒に盛り上げたい
・小さいプールを組み合わせたプール施設の可能性を発掘し、全国の廃プールをリノベーションして蘇らせるプロジェクトを始動させたい

▶日本のプールの現状

プール事故の発生と共にどんどんルールが厳しくなり、『飛込みNG』『いっぱい潜るのNG』『ずっと浮いてるだけもNG』というプールが増えてきました。
都内の民間プールでは私がバタフライを泳いでいたら「隣の人が迷惑しているのでバタフライはお控えください」と監視員に注意されたこともあります。
アップルウォッチやSPEEDOのSHINEなどスイミングモードのあるウェアラブル端末も増えてきましたが、隣で泳ぐ人に当たったら危険だからという理由でそれが使えるプールが日本にはほとんど無いのが現状です。

リスクを取り除き、危険を避けた結果、今の日本のプールは30年前と変わらず『歩く』か『泳ぐ』かメインの使い方で、同じ景色のところを行ったり来たりする施設のままとなっています。
陸上の世界はこの30年ですごい進化してるのに、プールの中だけ時間がストップしています。
むしろルールが厳しくなって後進しているようにも感じられます。

本当にプールはこのままでいいのでしょうか。
ヨガやボルダリング、ランニングなど、オシャレで楽しいエクササイズがどんどん生まれているこのご時世、そんなエクササイズと勝負できるのでしょうか。
本気で若い人を呼びたいと思っているのでしょうか。

なので、私はあえて誰も言わない言葉を声を大にして言います。

 

今のプールは若者にとって魅力が少ない!!!
進化を望まない日本のプールはつまらない!!!!!

(※マイエススイミング花畑のような魅力的で楽しいプールも中にはございます) 

 

 

私は日本のプール文化をこのTOKYO POOL LABOから変えれると確信しています。
なぜなら、東京プール研究室の研究員や賛同してくれている多くの仲間がいるからです。

新しいプールの楽しみ方をここから発信し、私もやってみたい!というニーズが起こればそのニーズを汲み取って、新しい楽しみ方を導入してくれる施設は絶対出てきます。

ただ、この世界一おもしろいプールに成長するであろう【TOKYO POOL LABO】から【日本中の】プールを変えれるまでの影響力を持たせるにはまだまだ仲間が足りません。

このクラウドファンディングのパトロンという名の《東京プール研究室の一員》となっていただき、TOKYO POOL LABOに声を集めて、一緒に
日本中のプールにもっと人と笑顔が集まる文化を創っていきましょう!!

▶実現に向けて

足立区のマイ・エス・スイミング花畑内にあるこちらのプールは築40年以上が経過し、水底に穴が空いてもう水が溜められないのでかれこれ5年以上プールとして使われていない施設です。


現在こちらの施設の片隅をお借りし、1台の小型のプールとアクアサイネージを置かせていただいております。
このプールの奥側をリノベーションし、大小7つのプールが設置されたTOKYO POOL LABOを作ります。

▶4月のスタート直後にできること

リターンの無料体験チケット1枚で2名まで丸プールを一箇所1時間貸切で利用できます。 
丸プールにはPoolnoが標準で1枚浮かんでおり、半個室のパーソナルプールでは横の人を気にせず、マイペースでプールを楽しむことができます。

クラウドファンディングの合計金額次第でトレーニングムービーやテレビを視聴しながらPoolnoが実施できるディスプレイも設置することが可能となりますが、ディスプレイがなくてもスマホでPoolnoエクササイズ動画を見ながら運動できる環境は整えます。

ご家族やカップル、お友達と一緒にプライベートなプール遊びを堪能ください。
(2枚目のPoolnoは別途2,000円必要となります)

スマホを持ち込み、好きな音楽や動画を見ながらゆらゆらリラックスした時間を過ごしたり、

夜間は照明を落とし、間接照明をプールに入れて、ムーディな空間で運動することもできます。

もちろんPoolnoを外して、お好きな楽しみ方をすることもできます。
(水深は30cm程度)

奥の長方形プールは65インチの水中ディスプレイアクアサイネージの10分間体験が可能です。
トレンドたまご年間大賞最終作品にも選ばれた「飛べる体験」は丸プールを予約していただいた方に有料で体験していただけます。
※アクアサイネージの体験利用は別途1,000円必要です。

▶今後TOKYO POOL LABOで提供できそうな楽しいこと

水中ランニングマシーンや水中バイクにより足腰に負担少なくウォーキング、ランニング、バイク運動が実施できるようになります。

・水中VRによるダイビング、宇宙遊泳の仮想体験(写真はイメージです)
・VRによるサーフィン、カヌー、ボートの仮想体験
・浮きながら映画鑑賞(真上のスクリーンにプロジェクターで投影し、音声は水中スピーカーで)
・軟水のプールで美肌ケア
・オンライン水泳大会(水中ディスプレイを見ながらリアルタイムで競争)

などなど。
無重力空間だからこそできる可能性や楽しみ方をTOKYO POOL LABOから発掘、発信し、日本中のプールでも体験できる仕組みを作っていきます。

▶利用上のルールについて

予約について
TOKYO POOL LABOの6つの丸い小プールは完全予約制となります。
前日までにオンライン予約サイト上で予約していただき、予約時間までにご来場ください。
四角い大プールに設定してあるアクアサイネージは丸い小プールを利用していただいた方のみの有料にて体験可能です。
1,000円で一組10分間体験利用可能となります。

予約可能日について
リターンのTOKYO POOL LABO無料で1時間体験できるチケットで8月末まで利用いただけます。
毎週金曜の14:00〜22:00か土曜日の12:00〜20:00でご予約が可能です。
ただし、クラウドファンディングの支援数の数によって開催曜日が増える場合がございます。
1枚につき2名まで利用可能で、1枚につき利用できるプールは1つとなります。

親御さまの付き添いについて
親御さまが見学の場合は、親御さまは人数にカウントされないので、無料体験チケット1枚で、お子様2名までご利用可能となります。

メイクについて
メイクしたまま利用OKです。
ただし、著しく水質を汚しそうなメイクの場合は落としていただく可能性がございます。
また、スタートしてみて、水質の維持管理があまりにも困難だった場合はプールを何個かメイクNGに設定する可能性がございます。

服装について
トレーニングに適した格好で且つ、子供の教育に適した格好であればなんでもOKです。
ヨガやランニングなどのトレーニングウェアを推奨致します。
もちろんフィットネス水着やビキニの着用もOKです。
ただし、著しく水質を汚しそうな服装の場合は着替えていただく可能性がございます。
レンタルウェアは有料にてご用意致します。

撮影について
館内はスマホやカメラの持ち込み自由で、撮影もOKです。
どんどんSNSにアップしてください。
写り込んでアップされて困る方はご来場を控えていただき、撮られたら恥ずかしい格好での利用はご遠慮ください。

水質の維持について
フィルター付きの循環器と定期的な水の入れ替えで水質の維持に努めますが、多少のゴミや油が浮いた状態をゼロにすることは困難であるため、ゴミや油が取り除ける網を1個のプールにつき1つご用意致しますので、利用前後に網による水質の維持向上にご協力お願い致します。

駐車場について
申し訳ありませんがTOKYO POOL LABO専用の駐車場はございません。
マイ・エス・スイミング花畑の駐車場は使用禁止となります。
お車でご来場いただく場合は近くのコインパーキングに停めていただきますようお願い致します。

▶資金の使い道について

TOKYO POOL LABOの開業資金に使わせていただきます。
本クラウドファンディングはAll-In 方式(目標金額を達成しなくても資金を受け取れる方式)で、内装は合計金額に合わせてアップグレードしていきます。


50万円…丸い小プール6つ、長方形の大プール1つ、シャワーゾーン(プールに片隅に一箇所)が備わります
100万円…人口芝が敷き詰められます

-----------ここまではマイエススイミング花畑の更衣室を利用-----------

200万円…男女別々の更衣室が備わります
250万円…男女の更衣室にユニットブースのシャワールームが各一個備わります

---------------------本クラウドファンディング目標金額--------------------

350万円…7つの各プールの前にディスプレイが備わります
400万円…更衣室に冷暖房設備が備わります
-----------------------------------------完成---------------------------------------

*完成予想図

▶リターンについて

【無料体験チケット】
TOKYO POOL LABOが無料で1時間体験できるチケットになります。
1枚につき2名まで利用可能で、1枚につき利用できる丸い小プールは1つのみとなります。
※混雑時に1つのプールしか予約が取れない場合で、4人が1つのプールを利用した場合も2枚分回収させていただきます。

【スペシャルサンクスボード】

ビルの定款表示と同じように、支援していただいた方のお名前をラボが閉鎖するまでずっと掲載致します。

【TOKYO POOL LABO オリジナル POOL JUNKY グッズ】


ステッカー、Tシャツ、防水スマホケースを予定しております。活動報告の中で正式決定次第、ご案内いたします。
※デザインは多少変更になる可能性がございます。


【オープニングパーティ招待券】
いち早くTOKYO POOL LABOをお楽しみ頂けるパーティへの招待券です。
Poolnoやアクアサイネージが無料で体験可能で、ドリンク、軽食、誕生秘話などのトーク会のコンテンツを予定しております。
4月16日の1部(12時〜16時)または2部(18時〜22時)のいずれかにご参加いただけます。

4月23日の1部(12時〜16時)または2部(18時〜22時)のいずれかにご参加いただけます。

※ 日程は工期スケジュール等により変更になる可能性がございます。1週間前までに正式決定いたします。

【関係者, マスコミ向け オープニングパーティ招待券】
4月15日(土)夜の関係者, マスコミ向け オープニングパーティの招待券です。

4月22日(土)夜の関係者, マスコミ向け オープニングパーティの招待券です。
Poolnoやアクアサイネージが無料で体験可能で、ドリンク、軽食を予定しております。
※ 日程は工期スケジュール等により変更になる可能性がございます。1週間前までに正式決定いたします。

【クラウドファンディング限定カラーPoolno】

定価107,784円→クラウドファンディング特別価格20%OFFの80,000円
中央のすべり止め部分が限定カラーの【ブラック】になります。
※写真はイメージです。多少色の見え方が違う可能性がございます。

【スポンサードボード】【導入店舗名ボード】

企業スポンサードしていただいた企業様のお名前やロゴはスポンサードボードに記載し、常に通路に表示させます。
また、Poolnoエクササイズムービーを撮影する際に露出を提供致します。

【TOKYO POOL LABO一日貸切チケット】
Poolnoエクササイズの指導や安全講習を一日貸し切って行えるチケットです。
Poolnoトレーナーの講習料も込みとなります。
何人でも参加可能なので、企業様のPoolnoインストラクター養成の際にご利用ください。
TOKYO POOL LABOの外装はテントのような生地で音漏れが激しいので、大音量を出すイベントはNGとなります。

▶Poolnoのお試しレンタルしたい施設関係者の方へ

Poolnoオフィシャルサイトで無料レンタルを承っております。
是非お問い合わせください。

今後Poolnoの販売代理店を増やしていき、全国でPoolnoが試しやすい環境を整えていく予定です。
販売代理店の情報はPoolnoオフィシャルサイトよりご確認ください。

▶フリーランスのインストラクターやプール施設関係者向けのPoolno体験会について

世界最先端プールエクササイズアイテム【Poolno】の体験会を下記の日時で開催します。

1/27(金)14:00〜20:00
2/4(土)14:00〜20:00
2/10(金)14:00〜20:00
2/18(土)14:00〜20:00
2/25(土)14:00〜20:00
(今後日時が若干変更になる可能性がございます。変更次第随時本ブログにてお知らせ致します)

場所はTOKYO POOL LABOの予定地であるマイエススイミング花畑のアウトプールです。

マイエススイミング花畑
東京都足立区花畑4丁目33−4

体験会の参加は『プール施設関係者、又はフリーランスインストラクター』のみとさせていただきます。

また、完全予約制とさせていただきますので、前日までに下記のメールアドレスまでにメッセージをください。

j.nishigawa@rockinpool.com

Poolnoの施設導入を検討、またはPoolnoの指導をしてみたいという方は是非お気軽に体験しにきてください。

ご応募お待ちしております。

▶現在通われているプール施設にPoolnoを導入して欲しい方へ

是非こちらのフォームより施設の情報をご報告ください。
Poolnoを導入していただけるように全力で交渉させていただきます。
紹介施設でのPoolno導入が決まった際は何か良い物を送らせていただきます。

▶最後に

日本は40年後の2060年までに4000万人が減り、現在の人口の1/3が減ると予想されています。
単純に現在の会員数の1/3が減少するとなると、施設を維持存続できなくなり閉館に追いやられるプールが今後増えてくるということは容易に予想できます。
高齢者のプール利用増加に合わせて高齢者のプログラムを増やすことで若者の利用を遠ざけることになれば後で必ずツケが回ってくるでしょう。
若者のプール人口を増やし、継続的にプールに足を運ぶ流れを今のうちから作ることで来る氷河期に備え、40年後もプール界の繁栄が存続していることを切に願っています。
そのためにもTOKYO POOL LABOはこれからプールの可能性や新たな魅力を発信し続けます。
2020年までに世界一おもしろいプールと言われるくらいどんな方でも喜んでもらえるような施設にし、皆さんと一緒に日本中のプールに人と笑顔がもっと集まるプール文化を創造していけたら最高に幸せです。

そして最後に、今回のクラウドファンディングに挑戦するチャンスをくださいましたマイ・エス・スイミング花畑の大野さん、川野さん、そしてスタッフの皆さん、本当にありがとうございました。ご期待にお応えできるように最善の限りを尽くします!

  • 活動報告

    完成披露イベントを開催しました!

    2017/04/26

    こんにちは! 「服装も楽しみ方も自由な"世界一おもしろいプール"から日本中のプールを変えます!」のクラウドファンディングで完成したTOKYO POOL LABOの…

  • 活動報告

    日本初!体験型プールアイテム展覧会を開催します!

    2017/02/28

    こんにちは! 本プロジェクトの実行者西川です! とうとうクラウドファンディング最終日となりました! そんな日に重大発表があります! 日本初!…

  • 活動報告

    プールはARでマリオの世界になる

    2017/02/20

    こんにちは! なんでもプールに結べたがる性癖を持つプール研究家の西川です。 今日はひとつプールの未来の妄想をブログに綴りました。 プールはAR…

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください