PlayStation®4「とある魔術の電脳戦機(バーチャロン)」をツインスティックでプレイしたい!そんなバーチャロンファンの夢を叶える株式会社タニタの「ツインスティック・プロジェクト」。耐久性・操作性を向上した【一生もの】のツインスティック開発にご支援をお願いいたします!!

プロジェクト本文

※10月29日更新【お名前の表示に関するリターンの変更】

1口50,000円、ならびに1口100,000円の協賛枠のリターンにつきまして、「商品のお届け箱に、名前・企業名を記載」とございますが、正しくは「ツインスティック本体箱に、名前・企業名を記載」となります。表記に誤りがありましたことお詫びいたします。

株式会社タニタでは、2018年2月15日に発売されたPlayStation®4用ソフト「とある魔術の電脳戦機(バーチャロン)」に対応するツインスティックを開発いたします。

※プロジェクトの意図や経緯、前回のチャレンジに関しては、タニタのホームページをご確認ください。http://www.tanita.co.jp/page/twin-stick

※""および″PlayStation″は株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメントの登録商標です。

※PlayStation®オフィシャルライセンスプログラム申請中です。

 

TANITAツインスティック・プロジェクトでは、2018年6月8日から7月30日の期間で「ツインスティックVTX」の商品化を目指すクラウドファンディングを実施しました。タニタにとって異分野となる事業領域のものづくりへのチャレンジでしたが、ご賛同いただいた支援者の皆さまから8,245万8,710円のご支援をいただきました。

クラウドファンディングの成立には至りませんでしたが、終了した後も、多くの皆さまから商品化を求める声をいただき、タニタでは再挑戦へ向けて、あらゆる可能性を検討してきました。

そして、もう一度チャレンジできる準備が整いました。

クラウドファンディングを成立させ、「一生もののツインスティック」をつくる為に、私たちは前回の結果を踏まえて以下の2点を検討してきました。

■ツインスティック本体の商品金額、仕様、製造台数について

前回ご支援いただいたパトロン数をもとに、ツインスティック本体の製造台数を1,000台と定めました。

今回、台数を限定することで、小ロット対応ができる製造方法がないか再検討を進めました。前回は新規に設計する本体部分が製造コストを引き上げていました。そこで、今回は射出成型による樹脂製の本体に代わって、プレス加工による金属製の本体とすることにしました。これにより、高価な射出成型用金型のコストを抑えるとともに、小ロットの生産を可能にしました。

本体は専用筐体を彷彿とさせる横長のボディーデザインを採用するとともに、天板部はアーケード筐体以上の強度を持つステンレスプレートを使用し耐久性を高めています。プレス加工には、熟練の技術が必要となりますが、三和電子様・トラスティー様の協力により、 強度を保持すべきところは保持しながら、これまでよりコストを抑えながらはるかに堅牢なものに仕上がる目途がつきました。

また、三和電子様が保有する汎用部品、例えばボタンや本体のメインパーツなどを流用したり、アーケード筐体向けの設計・製造ノウハウをうまく活用したりすることで、品質・耐久性を高めつつ、製造コストを抑えるに成功。さらに、ツインスティックを製造するにあたり新規で作成した部品についても、他の機器、新商品など、その他商品への活用を検討しており、トータルでコストを抑える仕組みを構築しました。

板橋区に本社を置くものづくり企業、三和電子様・トラスティー様・タニタの3社が連携することで、物流コストを抑えることができたこともあります。「オール板橋」による高品質なものづくりに取り組みます。

前回のクラウドファンディング時に、「もう少し安かったらな・・・」というお客様から寄せられた声もあり、少しでもお客様にご満足いただける価格にしたいという思いから、記載したような製造コストを抑える方法を採用し、今回1,000台限定にて、本体価格を39,800円(税抜)としました。※別途、消費税・送料が入ります。

前回の射出成型用金型を使った製造方法と異なり、 一つひとつ手作業に近い、小ロットでの製造対応となるため、現状の製造ラインでは1,000台が限界となります。

今回、新たなものづくりの在り方に挑戦する本プロジェクトの趣旨に賛同いただき、三和電子様、トラスティ―様は利益度外視で協力してくださいます。もちろん、タニタも前回同様に儲けは考えずにチャレンジしています。

■目標金額について

製造方法の見直しを行った結果、コストを抑えることができ、 少ロットの生産に対応できるようになったことで、目標達成金額を大幅ダウンできることになりました。結果、前回の調達金額の約1/2となる4,460万円が目標となります。

 

バーチャロンを愛する"チャロナー"の皆様には言わずもがな、バーチャロイドを操作する醍醐味をより一層味わうことができるツインスティックは、セガサターン用、ドリームキャスト用、Xbox 360用などが発売されてきました。

しかし、長い期間使っていると破損したり正常に動作しなくなることがあり、チャロナーの皆様の中にはご自身でツインスティックを分解して修理・メンテナンスを行っている方もいらっしゃるようです。

今回タニタが開発する、XVCD-18-b 18式コントロールデバイス 「ツインスティック」(※)には、長い間ご使用いただくための5つのポイントがあります!【一生もの】のコンセプトを掲げ、究極の操作性を目指した、XVCD-18-b 18式コントロールデバイス 「ツインスティック」の魅力を詳しくご紹介させていただきます。

※商品名のXVCD-18-b 18式コントロールデバイス 「ツインスティック」は、バーチャロンシリーズの生みの親であるセガゲームスの亙重郎プロデューサーが、同シリーズに登場する巨大ロボット「バーチャロイド」の型番になぞらえて命名してくださいました。

 

スティック基部の構造をゼロから見直しました。これにより、ねじり・加重に対する強度がUP!長い期間使っても壊れにくい、強化されたツインスティックに!

★スティック基部のヒミツ https://www.tanita.co.jp/page/twin-stick/strength/

 

 

Xbox 360用の「ツインスティックEX」では、スティックを倒せる角度(傾斜可能角度)は4度まででした。XVCD-18-b 18式コントロールデバイス 「ツインスティック」では基部を強化したことにより、アーケード版と同じ傾斜角「8度」でのプレイが可能に!

 

 ※イメージ

上記の3DイメージをPDFでダウンロードする

※閲覧するには「Adobe Acrobat」で、3Dコンテンツの再生を有効にする必要があります

 

XVCD-18-b 18式コントロールデバイス 「ツインスティック」は、専用筐体を彷彿とさせる横長ボディーを採用。また、天板部はアーケード筐体以上の強度をもつステンレスプレートを使用。高い耐久性を確保しています。

※本体・スティック・ボタン等の、構造・配置・大きさ・デザイン・カラー等についてはイメージとなります。

 

■保証期間が切れてからの故障など

保証期間が切れてからツインスティックが破損したり正常に動作しなくなってしまった場合、チャロナーの皆様の中にはご自身でツインスティックを分解してメンテナンスや修理をされる方もいらっしゃるようです。

タニタとしては分解されることを推奨いたしませんが、保証期間が切れてからでも少しでも長く快適に使っていただくために出来ることはしておきたいと考えました。そこで、内部の配線をどのようにレイアウトするかを根本的に見直し、メンテナンスしやすい構造に!

※分解は自己責任にてお願いいたします。また分解をされた場合には、保証期間内であっても有償・無償を問わず修理をお受けできませんのでご了承ください。※お客様ご自身でメンテナンス・修理等をされる場合の方法についてのお問い合わせにはお答えできかねますのでご了承ください。

 

 ※イメージ

 

上記の3DイメージをPDFでダウンロードする

※閲覧するには「Adobe Acrobat」で、3Dコンテンツの再生を有効にする必要があります

 

XVCD-18-b 18式コントロールデバイス 「ツインスティック」のスティック基部を製造するのは、
アーケード版 初代バーチャロンのスティック基部も製造した三和電子株式会社。

今回のツインスティックのために、1から設計、構造を見直して高い耐久性を実現!

さらに、今回のツインスティックの商品化が成功した場合、交換用レバーの開発・販売も行います!【一生もの】のコンセプトにふさわしく、より長く愛用いただける準備を整えています。

 

■2ボタン/1トリガー仕様(予定)です。

※本体・スティック・ボタン等の、構造・配置・大きさ・デザイン、カラー等については開発中のイメージのため変更の可能性があります。

 ※イメージ

 

■シリアルナンバー付き

クラウドファンディング内で、ツインスティック本体(もしくは本体を含む)のリターンにご支援いただいた方には、もれなく世界で一つだけのシリアルナンバーが付いてきます。シリアルナンバーは特製カード(仮)を、お届けする予定です!

今回、ナンバーは、【金のツインスティック】をご支援いただいた方を優先とし(No,1~No,3まで)、その後はご支援をいただいた順番に割り当てをさせていただきます。

つまり、ご自身の支援順番のはやさが確認でき、且つ、ツインスティックがお手元に届いた時には「いかに早く支援を決めたか」も自慢できます!

※画像はイメージです。デザインは変更となる可能性があります。 

 

今回のプロジェクトでは、ツインスティック本体1,000台相当の支援金額が集まることを目指しています。

純粋に1,000台のご注文をいただくという形だけなく、企業や団体からのご支援や、ツインスティック本体以外のリターンに対するご支援であっても、合計した支援金額が目標に到達すれば、クラウドファンディング成立となるということ。

ご家族やご友人のみならず、当プロジェクトに賛同いただけそうな企業や団体様への呼びかけを行っていただくことも支援となりますので、何卒よろしくお願い申し上げます。

■企画担当者の皆様、日本の製造業の「ものづくり」に関わっている皆様へ

本プロジェクトでは、ツインスティックをチャロナーの皆様にお届けすることが最大の目的となります。

それに加えて、メーカーであるタニタがクラウドファンディングを活用することで、バーチャロンやツインスティックに直接の関わりがない場合でも、夢のある商品の企画を胸に秘めている方々や、Made in Japanの信頼を担っている「ものづくり」に関わっている方々に、商品をお客様にお届けする新たな可能性を示したいという思いもあります。

そのため、あらゆる分野で商品企画やものづくりに関わっている方々に、本プロジェクトについての情報を知っていただきたいと思っております。

クラウドファンディングにて直接ご支援いただくだけでなく、そういった方々に声をかけていただき広めていただくことも、ご支援の一つです。どうか皆様のお力をお貸しいただけますよう何卒よろしくお願い申し上げます。

 ※プロジェクトの意図や経緯に関しては、タニタのホームページをご確認ください。http://www.tanita.co.jp/page/twin-stick

 

 (1)XVCD-18-b 18式コントロールデバイス 「ツインスティック」本体:44,600円(税込、送料込)

 ※イメージ

タニタ製 XVCD-18-b 18式コントロールデバイス 「ツインスティック」をお届け!

金額:本体39,800円(税別)配送料一律1,496円(税別)合計41,296円(税別)により、44,600円(税込)での支援となります。

1,000台相当となる44,600,000円の支援で目標達成、クラウドファンディング成立となり商品の開発・製造に着手いたします。 お届け予定は2019年11月頃となります。

もれなく世界で一つだけのシリアルナンバーが付いてきます。詳しくは商品仕様をご確認ください。

(2)タニタコーヒー ツインパック:3,500円(税込、送料込)

  ※イメージ

タニタコーヒー プレミアムブレンド10個+カフェインレスモカブレンド12個のツインパックをお届け!

Aパターン:テムジン仕様 Bパターン:電脳戦機バーチャロン オラトリオ・タングラム仕様 のオリジナル箱(スリーブ)になります。お届け予定は2019年1月頃となります。

(3)ツインスティック本体箱に、名前・企業名を記載します:10,000円(税込)

ツインスティック本体箱に、ご希望の名前・企業名を記載します。

※黒スミ一色になります。サイズはお任せとなります。※文字数は20文字までとなります。※公序良俗に反するもの、および反社会的勢力については支援をお断りさせていただきます。また、その他不適切な内容と判断させていただいたものはお断りさせていただく場合がございます。

(4)1口50,000円の協賛枠
 

1口500,000円の協賛枠となります。

【1】ツインスティック本体箱に、名前・企業名を記載します!

【2】タニタのツインスティック・プロジェクトページなどに、幅200×高さ200pxのスペースにロゴ画像を掲載いたします。他の協賛者様と並列での掲載となります。

※ご支給いただくロゴマーク等のグラフィックの中央配置を基本としますが、キャラクター・イラスト・キャッチコピー等をご支給の場合はご相談ください。※余白の周りに1pxの罫線が付きます。URL1件へのリンクを設定します。

(5)1口100,000円の協賛枠
 

1口100,000円の協賛枠となります。

【1】ツインスティック本体箱に、名前・企業名を記載します!

【2】タニタのツインスティック・プロジェクトページなどに、幅400×高さ200pxのスペースにロゴ画像を掲載いたします。他の協賛者様と横に並ぶことなく、単独での掲載となります。

※ご支給いただくロゴマーク等のグラフィックの中央配置を基本としますが、キャラクター・イラスト・キャッチコピー等をご支給の場合はご相談ください。※余白の周りに1pxの罫線が付きます。URL1件へのリンクを設定します。

(6)ご自分のツインスティックを組み立てられます:100,000円(税込)

XVCD-18-b 18式コントロールデバイス 「ツインスティック」をご自分で組み立てることができます!組立後は、そのままツインスティックをお持ち帰りいただけます。

※XVCD-18-b 18式コントロールデバイス 「ツインスティック」の本体は含まれております。※実施時期は、2019年11月下旬の予定となります。※場所は、三和電子株式会社(東京都板橋区)となります。現地までの交通費等は、参加者様のご負担となります。

(7)世界にひとつ!銘板をあなた仕様にします:500,000円(税込)

1口500,000円の協賛枠となります。

【1】銘板を世界でひとつのあなた仕様にします!

※お届け時期は、2019年11月以降の予定となります。※デザインについては、プロジェクト成立後に弊社デザイナーとご相談となります。

【2】XVCD-18-b 18式コントロールデバイス 「ツインスティック」をお届けする様子を、タニタ公式twitter、ツインスティック・プロジェクトtwitterでご報告します。本企画にご支援いただいたことのPRとしてご活用いただければと思います。

 ※お届けは、タニタの本プロジェクト関係者が行う予定です。 ※希望されない場合は、その旨お伝えください。

【3】商品お届け箱に名前・企業名を記載+ロゴ掲載(10万協賛と同サイズ)をいたします。

(8)金のツインスティックをお届けします:500,000円(税込)

 ※イメージ

1口500,000円の協賛枠となります。

【1】本体、レバーともに金のツインスティックをお届けします。本体は金メッキ加工、レバーは粒子状の金色塗料を表面に蒸着させる方法で製作いたします。

※お届け時期は、2019年11月以降の予定となります。

【2】XVCD-18-b 18式コントロールデバイス 「ツインスティック」をお届けする様子を、タニタ公式twitter、ツインスティック・プロジェクトtwitterでご報告します。本企画にご支援いただいたことのPRとしてご活用いただければと思います。

     ※お届けは、タニタの本プロジェクト関係者が行う予定です。 ※希望されない場合は、その旨お伝えください。

【3】商品お届け箱に名前・企業名を記載+ロゴ掲載(10万協賛と同サイズ)をいたします。

(9)ツインスティック内蔵ゲーミングデスク&チェア:1,000,000円(税込)

【1】【一生もの】のツインスティック内蔵ゲーミングデスク&チェアをお届けします。電脳戦機バーチャロンが快適にプレイでき、且つ、上質な木材を用いたオールハンドメイドによる北欧家具のようなゲーミングデスク&チェアになります。板橋区に本社をおく、AS.CRAFT様(http://www.as-craft.com/)による完全オーダーメイドの自信作です。

XVCD-18-b 18式コントロールデバイス 「ツインスティック」、28インチモニター、スピーカーは付属となります。

※お届け時期は、2019年11月以降の予定となります。※アフターメンテナンスの都合用、お届け場所は基本は関東周辺に限ります。(遠方をご希望の場合はご相談ください)※仕様の変更はご了承ください。※PlayStation®4本体は含まれません。

【2】お届けする様子を、タニタ公式twitter、ツインスティック・プロジェクトtwitterでご報告します。本企画にご支援いただいたことのPRとしてご活用いただければと思います。

※お届けは、タニタの本プロジェクト関係者が行う予定です。※希望されない場合は、その旨お伝えください。

 

バーチャロンとは

巨大ロボット(バーチャロイド)による3次元仮想空間内での高密度かつ高機動な戦闘を実現したアクション・シューティングゲームです。1995年にアーケードゲームとして登場しました。

「とある魔術の電脳戦機(バーチャロン)」については、公式サイト(http://vo-index.sega.jp/)をご覧ください。

©SEGA CHARACTER DESIGN:KATOKI HAJIME
©2017 鎌池和馬
キャラクターデザイン・原作イラスト/はいむらきよたか
Licensed by KADOKAWA CORPORATION ASCII MEDIA WORKS

 

「とある魔術の禁書目録(インディックス)」とは

「とある魔術の禁書目録」は、鎌池 和馬氏が電撃文庫で展開する大ヒットシリーズの小説です。
短編集、外伝、コラボレーション作品を含め、多くの文庫・単行本が発刊、さらにコミカライズ、TVアニメーション、TVゲーム、劇場映画等、数々のメディアミックスを展開する学園異能バトルの金字塔と言われる作品です。

今回のPlayStation®4用ソフト「とある魔術の電脳戦機(バーチャロン)」は、この大ヒット小説「とある魔術の禁書目録」と対戦型ロボットアクションの代名詞「電脳戦機バーチャロン」が奇跡の融合を果たした作品となります。

2018年10月5日からは、TVアニメ「とある魔術の禁書目録Ⅲ」がAT-X、TOKYO MX、BS11、MBS、AbemaTVにて、放送が開始しました。詳しくは、公式サイト(http://toaru-project.com/index_3/)をご覧ください。

ツインスティックとは

「電脳戦機(バーチャロン)」用のゲームコントローラーです。ゲーム内の戦闘用巨大ロボット(バーチャロイド)を、2本の操縦桿(スティック)を使い操作します。この2本のスティックが「ツインスティック」と呼ばれています。家庭用のコントローラーとしてはアーケード版の筐体のコンパネ部分を忠実に再現した入力デバイスであり"チャロナー"御用達のコントローラーです。

ツインスティックがあると、バーチャロンをもっと楽しめる!

ツインスティックでプレイすることにより、自分がロボットを操作するという没入感をより強く体感できます。また、同シリーズの原点であるアーケードゲームの操作感を家庭でも再現できるため、PlayStation®4用ソフト「とある魔術の電脳戦機(バーチャロン)」からバーチャロンをプレイし始めた若い世代やライトユーザーの方にもぜひ体感していただきたいと考えております。

 

<商品(ツインスティック本体)について>

Q.PlayStation®4以外でも使えますか?

A.ご使用いただけません。PlayStation®4のみとなります。

 

Q.PlayStation®4との接続方法を教えてください。

A.USBケーブルで接続します。

 

Q.過去の家庭用ツインスティックと比べて、何が違いますか?

(1)スティック基部の構造強化(2)スティックの傾斜可能角度が8度(3)アーケード筐体と同等の高い耐久性(4)メンテナンスしやすい本体内部の配線レイアウト(5)交換用レバーも開発 の5点が主な違いとなります。

  

Q.タニタ製のツインスティックでオンライン対戦はできますか?

A.はい、通常のコントローラーと同様にPlayStation®4用ソフト「とある魔術の電脳戦機(バーチャロン)」のオンライン対戦でご使用いただけます。

 

Q.PlayStation®4用ソフト「とある魔術の電脳戦機(バーチャロン)」のアップデートは必要ですか?

A.はい。XVCD-18-b 18式コントロールデバイス 「ツインスティック」に対応するため、PlayStation®4用ソフト「とある魔術の電脳戦機(バーチャロン)」のアップデートも必要となります。その際にはインターネット接続が必要となります。ソフトのアップデートは無償となりますが通信費等はお客様のご負担となります。

 

Q.PlayStation®4用ソフト「とある魔術の電脳戦機(バーチャロン)」のアップデートには、製品的な対応も含まれますか?

A.アップデートの内容は、XVCD-18-b 18式コントロールデバイス 「ツインスティック」に対応した操作方法の追加のみとなり、その他の製品的な対応は予定しておりません。

 

Q.店頭販売はしないのですか?

A.店頭販売の予定はございません。

 

Q.今回売り切れとなった場合、追加製造は予定されていますか?

A.今回目標となる1,000台達成ができ、その後もご要望があった場合については、追加製造を行うことも検討いたします。なお、今回の1,000台についてはクラウドファンディング特別価格となり、追加製造時は価格が変更になる可能性がございます。

 

Q.開封したら不良品だった場合、交換は可能ですか?

A.初期不良の場合、株式会社タニタの負担で交換対応をさせていただきます。タニタお客様サービス相談室へご連絡をいただきますようお願いいたします。

<株式会社タニタお客様サービス相談室> 
・固定電話からは、フリーダイヤル:0120-133-821
・携帯電話からは、ナビダイヤル:0570-783-551
・受付時間 9:00~18:00(祝日を除く月~金)

 

Q.部品(パーツ)だけを購入したいのですが

A.部品(パーツ)のみのご注文については、クラウドファンディング成立後に詳細をお伝えいたします。

 

Q.修理期間はどのくらいかかりますか?

A.内容によって異なりますので、修理をご依頼の際に個別にご回答させていただきます。

 

Q.自分で改造してもいいですか?

A.自己責任にてお願いいたします。また、改造・分解をされた場合には、保証期間内であっても有償・無償を問わず修理をお受けできませんのでご了承ください。

 

<クラウドファンディングの利用について>

Q.支援方法がわかりません。

A.CAMPFIREでの支援方法につきましては、下記の手順ページをご確認ください。

「支援・応援のやり方がわからない!」という人向けの申し込み手順を徹底解説- CAMPFIRE MAGAZINE(https://mag.camp-fire.jp/17529/

 

Q.支払い方法には何がありますか?

A.以下の支払い方法を選択できます。
・クレジットカード ・コンビニ払い ・銀行振込(Pay-easy払い) ・後払い(Paidy) ・auかんたん決済 ・ソフトバンクまとめて支払い ・ワイモバイルまとめて支払い

詳しくはCAMPFIREサイト内のヘルプページ(https://help.camp-fire.jp/hc/ja)をご確認ください。

 

Q.支払い後のキャンセルはできますか?

A.支払い後にリターン内容の変更・キャンセル・返金は一切出来ません。詳しくは「よくある質問」をご確認ください。

 

Q.リターン内容が変更されることはありますか?

A.ありません。ただし、ページ内に記載の通り、商品の仕様・デザイン等については変更となる場合がございます。

 

Q.1人何台まで注文できますか?

A.お一人様4台までとさせていただきます。また、複数台数ご注文いただく場合は、お手数ですが上乗せ支援ではなく1注文1台とし、複数回ご支援をお願いいたします。

※複数台数をご注文の場合でも配送は1台ずつとなり、送料も1台ずつ発生いたしますのでご了承ください。

 

Q.クラウドファンディングの利用について、問い合わせたいのですが

A.プロジェクトページの上部の「メッセージで意見や質問を送る」欄からお問い合わせいただけますようお願い申し上げます(CAMPFIREアカウントが必要です)。

 

Q.消費税、送料は別にかかりますか?

A.全てのリターンは、税込み、送料込みの金額となります。

 

Q.ツインスティック本体が届くのはいつ頃ですか?

A.2019年11月頃を予定しております。進捗につきましては随時、本ページにてご報告いたします。また、その他のリターンのお届け時期につきましてはリターン詳細をご確認ください。

 

Q.目標金額に達しなかった場合はどうなるのでしょうか?

A.All-or-Nothing方式ですので、期日までに達成しなければプロジェクトは不成立となり支援者様の登録口座に全額返金となります。またその場合、全てのリターンが履行不可能となり、実施されませんのでご了承下さい。

 詳しくは「よくある質問」をご覧ください。

 

Q.複数のリターンを選ぶことはできますか? ※複数ある場合

A.可能です。その場合、お手数ですがリターン別に一口ずつご支援いただきますようお願いいたします。

 

Q.プロジェクトの支援者(パトロン)になるための条件はありますか?

A.特に条件や資格はありません。基本的な内容については、CAMPFIREのヘルプページ(https://help.camp-fire.jp/hc/ja)をご覧ください。

ただし公序良俗に反するもの、および反社会的勢力については支援をお断りさせていただきます。

・本企画への支援等にあたり、反社会的勢力(犯罪対策閣僚会議幹事会申合せ『企業が反社会的勢力による被害を防止するための指針』において定義される「反社会的勢力」をいう。以下同じ)に該当しないこと、及び反社会的勢力と一切関係を有していないことを条件とさせていただきます。

・反社会的勢力であると判明したときは、本プロジェクト運営者は通知又は催告等、何らの手続を要しないで直ちに支援等を拒否することができます。すでに支援金の入金が完了している場合には全額返金いたします。

本プロジェクト運営者は、反社会的勢力として支援等を拒否された者に対し、拒否により当事者が被った損害につき一切の義務及び責任を負わないものとします。

また、協賛枠へご支援をいただく場合、株式会社タニタおよび各グループ会社の事業と競合する他社の方または関係者からのご登録は、ご遠慮いただけますようお願い申し上げます。
また、本プロジェクトへご協賛いただくことが不適切と判断させていただいた場合も、支援をお断りさせていただくことがございますのでご了承ください。

 

Q.今後、タニタでのクラウドファンディングを利用した商品開発の予定はありますか?

A.未定です。

 

Q.目標額以上に集まった場合どうなりますか?

A.目標額を超えて集まった資金に関しましては、商品の品質向上などに充てさせていただきます。

 

<ツインスティック・プロジェクトについて>

Q.そもそもなぜ、タニタがツインスティックの開発プロジェクトを立ち上げたのですか?

A.プロジェクトの意図や経緯に関しては、タニタのホームページをご確認ください。http://www.tanita.co.jp/page/twin-stick

 

Q.プロジェクトについて聞きたいことがあるのですが、お問い合わせ窓口はどこですか?

A.下記までお問い合わせください。※お電話でのお問い合わせは対応しておりません。

<株式会社 タニタ お客様サービス相談室>
メール:お問い合せフォーム  ※受付時間 9:00~18:00(祝日を除く月~金)

 

Q.このクラウドファンディングが不成立となった場合、今後 対応のツインスティックは発売されないのですか?

A.不成立となった場合、発売の予定はございません。

 

ご不明な点について以上のQ&Aで解決しない場合には、お問い合わせフォームまでお寄せください。

   

2回目のチャレンジとなりますが、1回目のクラウドファンディング同様、成功に掛ける想いは変わりません。

今回のPlayStation®4対応のツインスティックが実現できれば、ファンの皆様に喜んでいただけるだけでなく、これからもバーチャロンという魅力あるコンテンツがさらに愛されていくお手伝いもできるのではないかと考えています。

チャロナーの皆様はもちろん、バーチャロンやツインスティックに直接の関わりがない場合でも、商品企画や日本の「ものづくり」を盛り上げていきたいという今回の趣旨にご賛同いただける方は、ぜひご支援をいただけますようお願い申し上げます。

皆様のご支援をお待ち申し上げております! GET READY!

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください