兵庫県は神鍋(かんなべ)高原、関西で最も老舗のスキー場「アップかんなべスキー場」。ここに子どもも大人も楽しめる「雪のゆうえんち」を作りたい。このプロジェクトに賛同し、盛り上げてくれるサポーターを募集します。

プロジェクト本文

▼はじめにご挨拶

はじめまして。アップかんなべスキー場で支配人をしております樋口正輝と申します。
2歳の息子と妻の3名で兵庫県北部の但馬(たじま)という場所で暮らしております。
この度、ぜひ実現したいアイデアがあり、賛成も反対も含めてみなさんの声を聴きたいと思い、
プロジェクトの立ち上げをさせていただきました。

名称:アップかんなべスキー場
住所:兵庫県豊岡市日高町栗栖野59-78
HP:http://www.kannabe.co.jp/
営業期間:12月下旬から3月中旬を予定

▼アップかんなべスキー場とはどんなところか

アップかんなべスキー場は、兵庫県北部の豊岡市神鍋高原にあるスキー場です。

私たちが目指すのは、ずばり「日本一初心者にぴったりなスキー場」。
なだらかで幅広いゲレンデや、まだリフトに乗れない子どもでも楽しめるスノーエスカレーター、
国道すぐそば抜群のアクセスなどで、ウィンタースポーツはじめの一歩を応援しています。

▼「雪のゆうえんち」を作りたい理由

昨年の冬のこと、もうすぐ2歳になる息子と自分のスキー場に遊びにいきました。
これが私にとって初めての子連れスキーの経験。このくらいの年齢だと、
まだスキーは無理だけれど、ソリや雪遊びでたくさん楽しもう!とワクワクしていました。
ところが、これが思った以上に大変で、今までは見えていなかった、
小さい子どもと一緒に楽しむには気になる所がたくさん見えてきたんです。


気づいたことを書き出してみると…

・おむつ替えスペースがほぼゼロ
・子どもが飽きるorグズると、他につぶしがきかない。
せっかくの出費が無駄になる…。

・上から滑ってくる人もいるので、子どもから目を離せない
・自分だけの時とは大違いなほど、子ども連れだと荷物が多い。
ただでさえファミリーは荷物が多いのに、それに加えてニット帽、ゴーグル、
手袋など冬装備もあってとにかく用意も大変。

息子は楽しんでくれてはいたけれど、スキー場には慣れているはずの私でさえ、
子連れのゲレンデデビューは大変でした。私は自分が支配人をしているスキー場が、
まだまだ小さな子供連れにやさしいとは言えないことを、初めて思い知りました。
本当に歯がゆい想いでいっぱいで、「このままではだめだ…」と痛感し、
「このスキー場を、もっとみんながワクワクできる場所にしたい!」と強く思いました。

▼「雪のゆうえんち」ってなに?

「雪のゆうえんち」で作るコンテンツは以下の5つです。
雪の降り方にもよりますが、例年だと12月下旬から3月中旬のオープンになります。

1)雪のメリーゴーランド
2)フワフワ滑り台
3)スノーラフティング
4)雪上ゴーカート
5)熱気球体験ツアー

小さな子どもから大人まで、特別な技術がなくても、
手軽に「雪」を楽しめるようなテーマパークのような
場所にしたいと思っています。

▼「雪のゆうえんち」で実現したい3つのこと

1)スキーやスノーボードができなくても楽しめるテーマパーク
スキーやボードって行きたくてもハードルが高いですよね。
「雪のゆうえんち」なら板や靴をレンタルしなくても、
特別な技術がなくても、安全に大人から子供まで楽しめるアクティビティを用意します。
これで、もしお子さんがスキーやスノーボードに飽きちゃっても安心です。

2)来場するお父さん、お母さんも寛ぎやすい環境
子どもと一緒にずっと遊ぶって楽しいことも多いですが、大変なことも多いですよね。
今回の雪の遊園地では、できるだけお父さん、お母さんが座って、
楽しんでいる子供を見ていられるような安心・安全な環境をスキー場側で整備します。
もちろん、一緒になって楽しめるアクティビティも用意します。
もしものときの、おむつ替えや授乳室も利便性が良い場所に新設します。

3)子供が雪を好きになるスキー場



雪が降る場所で人が住んでいる場所は世界全体でほんのわずかと言われています。
また、世界で最も雪の積もる都市ベスト10の上位3位はすべて
日本の都市が独占しています。
身近過ぎて忘れてしまいがちな雪の楽しさ、世界基準での価値。
子どもが自然と雪を好きになれる場所を作り、ウィンター業界全体に貢献します。

▼これまでの活動

神鍋高原は1年を通じて楽しめる観光エリアです。
今年のグリーンシーズンは、以下のプロジェクトを立ち上げ、サービス開始しました。

神鍋高原をワクワクするコンテンツでいっぱいにしたい、という想いで
2018年春から関西唯一の常設型熱気球サービス「神鍋そらんど」を始めました。

せっかくの豊かな自然と食材。ゆっくりと楽しんでもらえるように2018年夏から
グランピング「kannabe 5 sense(かんなべファイブセンス)」を立ち上げました。

▼資金の使い道

「雪のゆうえんち」のサービス充実、子供連れの方により快適な環境を整備するための
資金の一部として大切に使わせていただきます。

▼リターンについて



社員みんなで話し合い、多種多様なリターンをご用意しました。
実際にご来場可能な方から、「遠方だけど応援したい!」という方まで
ぜひご支援を何卒宜しくお願い申し上げます。

▼最後に

みなさんは日本のウィンター業界の実情をご存じでしょうか?
レジャー白書によると、1995年の1890万人をピークに日本のスキー・スノーボード人口は
70%ダウンし、2017年直近の統計では620万人と報告されています。



では、ウィンター業界は未来がないのでしょうか?
いえいえ、そんなことはありません。
より手軽に、雪や冬を楽しめる場所になればいいのです。

尊敬する映画監督の宮崎駿さんは、「この世は生きるに値する」ということを
子ども達に伝えるために映画を作っている、と語っています。

私たちも、かけがえのない日本の「雪」との触れ合いをとおして、
子どもたちが心から楽しめる場所を作っていきたいと考えています。

  • 神戸新聞記事
    活動報告

    実はこのリターンはめっちゃお得なんです

    2018/10/17 16:54

    みなさん、こんばんわ! アップかんなべの樋口です。 最近は今週末にある野外映画祭「かんなべマウンテンフィルムフェス」の準備でバタバタと しております。1日限りのために全力を尽くす、なんていうのは、ひさりぶりで 「イベントって運営する人はこんなに大変だったんだなぁ」と感慨深い今日この頃で...

  • Img 0060.png?ixlib=rails 2.1
    活動報告

    実際にやってみました!3:09:38とは…

    2018/10/05 18:39

    みなさん、こんばんは!アップかんなべの樋口です。 明日から三連休だというのに、チャ―ミーさん(前回の名前)に引き続き、コンレイさん(台風25号のお名前)には困ったものですね。(。-`ω´-)ンー   台風もこのあだ名?の方で呼ぶと、なんだかいつもと違う気持ちになるから不思議です。みなさん...

  • Snowamuse 01.jpg?ixlib=rails 2.1
    活動報告

    「雪のゆうえんち」があなたにできること

    2018/10/03 18:02

    みなさん、こんばんは。 現在のところ、パトロン4人、達成率11%。 ありがたや…、ありがたや。 この4名の方にはなんとお礼を言ってよいのか、、、 とにかくありがとうございます。m(_ _)mさてさて、10/1からクラウドファンディングを開始して、 いろんなアドバイスをいただいておりま...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください