Logo 3a7b3934534dac03dc283cd4a393e86703f8b656270c3f0a33410fc6e1678389.png?ixlib=rails 2.1

愛と希望とロック。あなたと作りたい復興支援フェス!!

Aaecd05f b607 4d6d b2da bf1452a2837f.png?ixlib=rails 2.1
現在の支援総額
182,500円
パトロン数
27人
募集終了まで残り
16日

現在9%/ 目標金額2,000,000円

このプロジェクトは、All-In方式です。
目標金額に関わらず、2018/11/30 23:59までに集まった金額がファンディングされます。

[IKIMASU ROCK JAPAN 2018 〜チャリティーミュージックフェス〜] 開催費ファンディングプロジェクト!! 被災地への想い、復興への想い、その「何か力になりたい!」という想いを形にして下さい!!真の復興、真の平和を共に創りましょう!!

▼はじめにご挨拶

災害復興支援団体「IKIMASU.広島」です。

当プロジェクトをご覧いただきありがとうございます。

この度の西日本豪雨災害に見舞われた地域の復興を祈って全国から多数豪華アーティストが集まり年末にチャリティーフェスを開催致します。

我々主催者と、被災地で活動するボランティア団体と、このクラウドファンディングにて応援してくださる皆様と共に、このチャリティーフェスを成功させ、被災地の、日本の、そして世界の笑顔に繋がるものにして行きましょう!

沢山の応援と実践という愛を力にして、どんな困難にも力を合わせていきましょう!

よろしくお願い申し上げます。

IKIMASU.広島代表 竹内大策(空手家)

 

IKIMASU.広島副代表 岡田直己(飲食店経営者)

 

▼このプロジェクトで実現したいこと

今年7月の西日本豪雨災害で被災された地域の一日でも早い復興の為に支援金を集める目的と、

災害から約半年が過ぎ、だんだんとこの災害が人々の記憶の中から過去になって行く過程で

今一度この災害という地球からのメッセージを見つめ直し、またどこで何があっても、「繋がっている」という確認をフェスを通して伝えていきたい。

そして、ここに人のために命を燃やして生きている人々がいるんだという事、その想いを伝えて行きたい。

被災地の最前線で活動するボランティアを応援する事で、被災地の復興へと繋げ、何かしたいけどどうしていいのかわからない人の想いを形にする事も大きな目的です。
また、このフェスのロック魂を通して1人でも多くの人の心に火が灯り、本当に支えあって生きていける世の中、真の復興、平和に繋がる
そんなチャリティーミュージックフェスに致します!!!

 

クラウドファンディングにおいて200万円の目標金額を設定し、このプロジェクトの思いを実現できる最高のアーティスト、最高の会場、最高の環境の中、実現させます!!

 

名称: [IKIMASU ROCK JAPAN 2018] 〜チャリティーミュージックフェス〜
開催日時: 2018年12月29日(土)

13:30 open 14:00 start

会場: 妙慶院 2階講堂
住所: 広島市中区小町2-1
客席数: 300~400席

入場料: 前売¥2000 当日¥2500 (小学生以下無料) ※詳しくは下記の[資金の使い道]をご覧ください。

出演アーティスト: 原田真二、佐藤タイジ(theatre brook)、奥野勝利、ちむぐくる、大山百合香、十輝、中田雅史、岩崎けんいち、THE KAZEASHI、真義館、上八木IBM

 

Pick Up Artists

原田真二 プロフィール



1977年10月、18才で「てぃーんず ぶるーす」でデビュー。11月には「キャンディ」12月には「シャドー・ボクサー」と3ヵ月連続でシングルを発売。 3枚全てが同時に数々のチャートでベスト10入りし、翌年2月に発売されたファースト・アルバム「Feel Happy」はオリコン初の初登場1位を獲得するという日本音楽史上初の快挙を成し遂げる。 また、他のアーティストへの提供曲は200曲を超え、作曲数は、500曲以上となる。 ミュージカルや映画音楽を制作し、東京の公立小学校2校の校歌もてがける。 

 

佐藤タイジ プロフィール

圧倒的なカリスマ性と独自の感性を持ったギターサウンドでシアターブルックのサウンドを牽引し、作詞・作曲を担当。またJAM系、ダンスミュージックを主体とした別ユニットThe SunPauloの活動を行い、自らをROCK STARと名乗り数多くのFesやLIVE、チャートを湧かし続けてきた。

 

奥野勝利 プロフィール

1974年2月3日横浜生まれ、神戸、シンガポール、アメリカ育ち。父親が歌が好きな影響もありピアノを幼稚園の時に始める。多民族国家のシンガポールで多様な文化、多様な価値観、多様な音楽の中で日本人として育つ。シンガポールでは10年、その語大学の為にいったアメリカでも10年、合計20年外国にいた後、故郷日本に帰国。変わり果てた日本に寂しい思いをするものの東京で作曲家として生活。しかしストレスが溜まり体も心も疲れきっている時たまたま見つけた「親愛なる母上様」という手紙に無我夢中で曲を付ける。その10ヶ月後日本を離れる決心をし、最後の放浪の旅に出る。旅先で人生を変える出会いをたくさん経験し、今は広島の大朝にスタジオを構え、旅を続けている。

 

ちむぐくる プロフィール

「自分だから出来る事がある。」
出逢いの中で曲を生み、人の為に唄うユニット、ちむぐくる
2013年、6月6日結成。関東にて、路上ライブから400人ホールでの単独ライブを経て、2016年に、日本縦断の旅を遂行する。旅の出逢いをきっかけに、日本全国へ活動範囲を広げている。
沢山の人からもらった言葉を唄にして、一人一人の心に愛が伝わるように、真心を込めて音楽を届けている。現在47都道府県ツアー進行中!!

 
▼なぜROCKなのか?

共にこのフェスを企画し、出演するロックバンド「THE KAZEASHI」

ギターandボーカルのアッちゃんが、「ロックって言うのは、ジャンルじゃなくて生き様なんだよ!IKIMASU.広島はまさにロックだよ!」という言葉がきっかけになり、このフェスを開催する事に至りました。

様々な「ロック」な生き様を表現するアーティストが集まり、フェスを盛り上げます。

「ロック」って愛の溢れるそしてカッコいいものなのです!

 

▼これまでの活動

IKIMASU.広島と名乗る前は

2014年の広島土砂災害

熊本大震災にて支援活動をしてきました。

そしてこの度、その経験を活かし「IKIMASU.広島」を立ち上げ、広島各地の土砂撤去作業、一般ボランティアでは難しい特殊な作業、被災者のメンタルケア、物資の提供、炊き出し、被災地の子供の笑顔を増やすためのイベント開催など、多岐に渡る活動をしております。

また、広島の宿泊施設である「ゲストハウス縁」と協力して、全国からのボランティアの受け入れ、コーディネートも行ってきました。

 

 

▼資金の使い道

 

◇目標金額 200万円
運営費の149万円と
キャンプファイヤーへの手数料(目標金額の14%)28万円
合計177万円

◇入場料金の合計金額
([例]チケット2,000円×会場収容人数最大500人)
約100万円

入場料金とクラウドファンディング残金23万円の

合計123万円

また目標金額を上回った場合の金額

全て支援金として
災害支援に直接関わる団体へお渡しいたします。

 

 

支援団体は、下記の通りです。

コミサポひろしま http://comsup.saloon.jp/

 

SAVE THE HIROSHIMA https://sth20140824.jimdo.com/

 

&KUMANO https://www.facebook.com/junji.takeda.12

 

広島たすけ隊 https://ja-jp.facebook.com/hiroshimatasuketai/

 

旅商人拓 https://ameblo.jp/kigokoronomise/

 

IKIMASU.熊本 https://ja-jp.facebook.com/ikimasukumamoto/

 

IKIMASU.広島 https://m.facebook.com/pages/category/Nonprofit-Organization/Ikimasu広島-658657217809583/

 

▼リターンについて

[IKIMASU ROCK JAPAN] オリジナルタオルやTシャツ、フェス当日のDVD、IKIMASU.広島の活動報告会トークライブの開催権利等。

 

 

▼主要STAFF 

ステージコーディネーター 清水十輝(シンガーソングヒッチハイカー)

 

サブマネージャー 政宗遥介(消防士)

 

ゲストハウス縁オーナー 正垣紅(飲食店経営者)

 

バックヤードマネージャー 清水綾乃(主婦)

 

▼最後に

災害、イジメ、差別、格差、そして戦争。

この世界で抱える大きな問題の多くは、もしかしたらなくならないのかもしれません。

しかし、私達「IKIMASU.広島」は、この問題に寄り添い、食い止めることができるのでは無いか?と感じております。

全ての人が、それぞれの「違い」を知り、「応援」し合う、そして「活かし合う」事がそれを実現するんだと感じています。

それに対しても色んな「違う」想いが皆様の中にあると思います。

しかし誰もが幸せを願う気持ちは同じです。

だからその想いをそれぞれが実践しましょう!

そしてその実践を応援しあいましょう!

誰しもが自分らしく。

誰しもがありのままで。

個性あふれる幸せな世界を願って。