▼はじめにご挨拶

はじめまして、ハナウタカジツの片山和洋と申します。

熊本県で桃・すもも・デコポン・キンカンを育てている果物農家です。

http://hanautakajitu.jp/

先日、地元テレビでハナウタカジツについて放送されました。

https://www.videog.jp/player/G1CkgwWneahe

▼このプロジェクトで実現したいこと

世の中には美味しいものがたくさんあり、誘惑にあふれています。

そして、たとえ美味しい果物であっても 知ってもらわなければ買ってもらえません。

これまでハナウタカジツでは果物に関心が薄い方にも果物を知ってもらう広報PRを行ってきました。

・クリエイターとコラボして作った果物柄のバック

・ツイッターで「ハナウタカジツ」をテーマに140字小説を募集、ナレーション化

・たくさん買っても余らせてしまうの声にクックパッドで果物レシピを公開(考案は管理栄養士の卵)

・東大みかん愛好会とのコラボで新入生にハナウタカジツを配布

他の活動について、詳しくはコチラ

なかでも、力を入れているのが

身近な日本の季節の文化・行事と一緒に果物を写す「365日ハナウタカジツ」

鏡餅にデコポンを乗せたり、節分の日にキンカンを添えたりと。

なじみのある季節の行事と合わせて、果物の生育を伝えると旬の時期を覚えてもらいやすいようです。

今年の4月の熊本地震の際、ライフラインが絶たれたあとに、水が出た喜び、電気が通った驚き、ただの白いおにぎりがあんなに美味しかったこと。今まで日常となってしまっていたことが当たり前ではないことに気づかされた瞬間でした。

果物も忘れてしまわれがちですが、食卓を彩る一品に、食べると気持ちをウキウキさせる小さな幸せのひとつとして覚えていてほしいのです。

そこで、今回 若者がよく利用するアプリ「LINE」でスタンプを作成することで、より多くの方が果物の楽しさに気づくきっかけになればと思います。

▼資金の使い道

LINEスタンプのデザイン費

どんな文字をスタンプに入れるのかを学生に考えてもらうワークショップ費

LINEスタンプ申請の事務費

▼最後に

このように果物についてPRするのは果物を買ってほしいからだけではありません。

四季のなかで育つ果物は、これ以上環境悪化しては作れなくなってしまいます。

環境悪化を食い止めるのは、もう農家だけではもう不可能です。

四季の行事の写真とともにハナウタカジツがSNSなどで投稿することで、春夏秋冬の移ろいも感じてほしい。

また、そのなかで、ん?季節おかしくない?という環境の変化に違和感を感じて、一緒に環境も守っていきたいです。

  • 2016/08/22 14:37

    2010年から第3日曜日に開催しているUekiもんマルシェ。 来場の方にクラウドファンディングのお話をしたところ、ご支援いただきました。 近日、入金します☆ http://hanautakajitu.jp  

  • 2016/08/12 16:55

    熊本県立農業大学からアグリビジネス講座の講師依頼を受けました☆ SNSやLINEなどハナウタカジツらしいお話が出来ればと。

  • 2016/08/12 06:05

    8月11日は、片「山」の日。ということで、日ごろ 果物の成長を食べものの裏側としてお伝えしているハナウタカジツ。今日は、更にその裏側にまで迫ったニッポンタベルタイムスのインタビューを公開。      

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください