■プロジェクト概要
・腕時計の様に携帯できる「ウェアラブルリコーダー」を再生産します
・多くのご要望にお応えするため、今回は「目標額を達成しなくてもリターンします」
・目標金額は「ウェアラブルリコーダーを再生産するための環境整備」に使用します




なにはともあれ、まずは実際のご使用者様の演奏動画をご覧ください。プロダクトの特徴を数分でご理解頂けます。













「リコーダーは誰もが知っている、”学校のたて笛”…

ですが、実際にはその歴史はとても古く、12世紀頃のヨーロッパで生まれたとされています。西洋音楽史で長きにわたって親しまれてきた木管楽器で、多くの作曲家がリコーダーのために作品を残していて、中世からルネサンス、バロック、現代音楽、ほか... 幅広いレパートリーがあります。

その人のお気に入りの歌やメロディーを、口ずさむように演奏できる楽器、それがリコーダーです。」

――出典:野崎 剛右 Koske Nozaki, リコーダーブログより


約800年以上の歴史を持っているリコーダー。このすばらしい楽器に、多くの人々が親しんできました。しかしながら「腕時計のように手首に巻いて携帯しよう」と思い立ち、開発し、完成させたのは、どうやら人類史上、私が初めてだったようです。

前々回のクラウドファンディングを経て3Dプリンタでの開発を行い、とうとう完成をみた「ウェアラブルリコーダー」ですが、多くの所有者様からの意見を取り入れ、前回、さらなる進化を遂げました。

進化点1:関節を1つ増やし、より縦笛に近い形状に変形できるようにしました
進化点2:間隔が狭く押さえづらかった指孔の間隔を広くしました
進化点3:関節の接合を2段テーパーにする事で、高強度、高密閉を実現しました
進化点4:サイズラインナップを増やしました

その後、一旦生産は終了したものの、多くの方から「こんなクラウドファンディングのプロジェクトがあったなんて知らなかった」「再生産をして欲しい」とのご要望を頂戴した事より、今回、改めてプロジェクトを実施する運びとなりました。





量産されているリコーダーの中で、最小クラスの物は「ガークライン」と呼ばれるリコーダーで、その大きさは全長約16.5cmです。奇しくも、人間の手首の周囲は、平均で約16.5cmと言われています。

つまり、理屈として「リコーダーは人の手首に巻くことができる」訳です。





とはいえ、リコーダーは笛です。時計の革ベルトのように柔軟な素材を使える訳ではありません。
「管として長さと太さを確保できる硬い素材」を「腕に巻きつけられる」
形にしなければなりません。

そこで開発したのが「管のまま変形ができるリコーダー」です(特許出願済)。
変形の様子は、是非トップの演奏動画でご確認下さい。

※ガークラインは、日本では「クライネソプラニーノ」とも呼称されます
※スペックは予告なく変更となる可能性があります









「リコーダーが腕に巻ける」
たったこれだけの事で、夢は広がります。
ここでは、いくつかの利用用途をご紹介します。

■腕やカバンの肩紐にひっかけて、カジュアルにリコーダーを持ち歩く
パーティーやキャンプなど、サッと取り出して演奏できます

■身の危険の回避
「震災で瓦礫に閉じ込められてしまった」「ストーカーに追いかけられている」など、有事で声が出ないとき、咄嗟に吹く事ができます

■ご年配の痴呆防止に
介護施設では現在オカリナなどの「肺活量が必要で指使いが複雑」な楽器が人気です。常にウェアラブルできる当製品は、ご年配も最適です

■アーティストのコンサートや、水族館・動物園などのグッズに
アーティストのロゴなどをあしらえば、シリコンバンドに代わるグッズとして最適です。腕に巻いてコンサートを楽しむのはもちろん、リコーダーで一緒に合奏するのは最高の気分でしょうね! また、この独特の形状に「チンアナゴ」や「ヘビ」の模様をプリントすれば、水族館や動物園で販売するグッズに生まれ変わります

■企業のノベルティに
サイズが手頃で洒落が効いています。
企業ロゴをあしらい、ノベルティとしてお客様に配るのはいかがでしょう?

■テーマパークのパスポート替わりに
テーマパークなどのパスポートを当製品にして、腕に巻いてパーク内を歩くのもステキです









ウェアラブルリコーダーの生産には3Dプリンタと、材料となるUVレジン、その他様々な消耗品が必要となります。しかしながら現在、ウェアラブルリコーダーを開発、生産していた3Dプリンタが、度重なる酷使により修理不能な故障状態に陥ってしまった為、再生産が不可能な状況となっております。

今回のプロジェクトで実現したい事は以下の2つです。
1.再生産に必要な3Dプリンタおよび消耗品の購入を行い、環境整備をする
2.進化したウェアラブルリコーダーを再生産し、より多くの人にお届けする







当製品は非常にエモーショナルなギミックを有した新機軸の製品であり、認知が向上してきた事により多くのご要望を頂ける様になりましたが、その市場規模はいまだ未知数です。今後の改善に向けたプロダクト使用感のフィードバックを頂戴するためには「先進的なプロダクトに戸惑いなく飛びつく」勇気のあるイノベータ層の力が必要で、かつ「柔軟にコミュニケーションをとることができる」仕組みが必要です。

この2つの要素が揃っている環境こそが、まさにクラウドファンディングだった、という訳です。







以下の項目を根拠に算出しております。
・開発生産費用(3Dプリンタ本体購入費用、材料、各種消耗品など)
・3Dプリンタ維持管理費用
・送料
・CAMPFIRE手数料

などです。







「ウェアラブルリコーダー」の完成品をご提供致します。

・早割【Sサイズ1つコース】3,000円:ウェアラブルリコーダー1つ 限定10
・早割【Mサイズ1つコース】3,200円:ウェアラブルリコーダー1つ 限定20
・早割【Lサイズ1つコース】3,400円:ウェアラブルリコーダー1つ 限定10
・早割【各サイズ1つずつコース】9,000円:各ウェアラブルリコーダー1つずつ 限定5
・【Sサイズ1つコース】3,300円:ウェアラブルリコーダー1つ
・【Mサイズ1つコース】3,500円:ウェアラブルリコーダー1つ
・【Lサイズ1つコース】3,700円:ウェアラブルリコーダー1つ
・【各サイズ1つずつコース】10,000円:各ウェアラブルリコーダー1つずつ


※サイズの目安については、トップ画像のサイズ比較画像をご確認下さい。左から小さい順に、Sサイズ、Mサイズ、Lサイズです
※お色目はお選び頂けませんが、ホワイトでの製作を予定しております
※お届け時期は2020年12月頃を想定しておりますが、状況により早期リターン、または延期となる場合がございます

尚、それぞれのリターンとは別に、当製品の共同開発、生産、販売をご検討いただける
メーカー様、販売店様などありましたら、個別にご連絡を頂ければと存じます。








 ―― おもちゃのように見えるかもしれない。けれどもこれは驚いたことに
    本格的な音が出る楽器だ。学生の頃に慣れ親しんだリコーダーは、
    ナイスなアイデアによってまさかの腕時計型に進化した。
    身につける楽器としてもっと身近な存在になることを願っている。
   (影石マサカズ@M_kageisi

 ――懐中時計が腕時計を経て最終的にスマートウォッチにたどり着いたように、
   リコーダーもこの腕に巻けるリコーダー、またはこれを経て誰も想像が
   つかないようなモノに進化するかもしれませんね。発想が進歩的です。
   私はこのプロジェクトを応援します。
   (30代・男性・ライター)

 ――いつでも腕に巻いておけるのが良い。
   介護施設に入っている妻にプレゼントしたいので、早く製品化して欲しい。
   (80代・男性)

 ――素直に面白い製品。手に取っただけで「欲しい」と思ってしまう。そこには理由は要らない。
 ――腕にはめてみると違和感なくお洒落。まさか誰もこれがリコーダーだとは気づかないでしょうね。
 ――よくこんな物が製品として存在できたな、と思う。量産は大変だろうが頑張ってほしい。
 ――小学校のリコーダーが全部これになってくれればいいのに。
   (展示イベントで実物を手にした人々の声)







同人サークルTORICOTORは、正式メンバーこそ私(ぼを)1人だけではありますが、既に20年の歴史を持っております。

音楽、動画、小説、プロダクト製作などを主軸に活動をしているサークルです。コミケ、M3、ボーパラなどのイベントでの出展実績があります。

発足は1998年頃。
名称の由来は、当時高校生だった私が執筆していた小説の主人公の名前です。

WEBサイトを立ち上げ、当時執筆していた小説や、現在のブログにつながる日記じみたコンテンツを掲載しておりました。

それから20年間、小説、3DCG、映像、漫画、アプリケーション製作、作曲活動、プロダクト製作活動などを細々と続けて、現在に至っております。

決して大きなサークルではありませんが、応援頂けますと幸甚にございます。
http://toricotor.web.fc2.com/


※当ページに記載されている、当製品に関する画像および動画についてはすべて同人サークルTORICOTORが著作権を有しております
※その他イメージ画像については、Pixabay等 にて提供されているフリー素材を、その利用規約に基づいて使用しております。
※当プロダクトに腕時計機能はございません。
※本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。



■ 特定商取引法に関する記載
◯ 販売事業者名: 同人サークルTORICOTOR
◯ 事業者の所在地:〒461-0005 名古屋市東区東桜1-4-32-402
◯ 事業者の連絡先:※こちらでは当該製品に対するお申し込み、質問等は受け付けておりません。

◯ 商品の販売価格・役務の対価:各リターン記載のとおり
◯ 対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり
◯ 申込期限:当ページ記載のプロジェクト終了期限どおり
◯ 代金の支払時期:各プロジェクトが募集期間内に成立した時点で、支援金の決済が行われます。コンビニ払いは、コンビニエンスストアで所定の方法により支払いが完了した時点で、決済が行われます。銀行振込(ペイジー払い)は、ATMまたはネットバンキングにて所定の方法により支払いが完了した時点で、決済が行われます。auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払い・ワイモバイルまとめて支払い、ドコモ払いは各決済画面により支払いが完了した時点で決済が行われます。
◯ 支払方法:クレジットカード払い(Visa/Mastercard/JCB/Diners Club/American Express)/コンビニ払い(全国の主要コンビニエンスストア)/銀行振込(銀行ATM・ネットバンキング)/auかんたん決済/ソフトバンクまとめて支払い・ワイモバイルまとめて支払い/ドコモ払い/PayPal。お支払いの手数料に関して、コンビニ払いの場合 350円(税込)が、お客様のご負担となります。また、銀行振込ご利用の場合は、所定の振込手数料がお客様のご負担となります。
◯ 商品引渡しまたは役務提供の時期:各プロジェクトが募集期間内に成立した場合のみ、支援金の決済が行われ、約定されたリターンを得る権利が発生します。なお、リターン毎の発送(履行)時期は各プロジェクトの記載・連絡に準じます。諸般の事情により遅延・遅配が生じる場合は、プロジェクトオーナーより記載・連絡されるものとします。
◯ キャンセル・返品: 利用規約記載のとおり、お客様都合による返品・キャンセルはできませんのでご注意ください。尚、製品到着後に破損や初期不良がある場合には交換させていただきますので「メッセージで意見や問い合わせを送る」から、または納品書記載の連絡先までお問い合わせください。

※上記以外の事項に関しては、お取引の際に請求があれば遅延なく提示いたします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください