「宮本から君へ」ヒロインなどに出演する華村あすか×ミレニアル世代を代表するモデルの岩崎拓馬×演劇界から彗星の如く現れた田中健介を主演に、さらに脚本に鳥皮ささみを迎えて制作されるMOOSIC LAB 2018短編作品。 25歳の新鋭監督、井上康平×SSW界最注目のNakanoまるのタッグ!

プロジェクト本文

はじめにご挨拶 

プロジェクトをご覧いただき、ありがとうございます。
はじめまして。『ドキ死』の監督を務めます、井上康平と申します。
普段は制作会社で働く会社員なのですが、
映画を作りたい。MOOSIC LABに挑戦してみたい。
と強く思い、参加させていただく運びとなりました。

MOOSICLAB とは

『MOOSIC LAB』は2012 年頃から始まった新進気鋭の映画監督とアーティストの掛け合わせによる映画制作企画を具体化する⾳楽×映画プロジェクトであり、それらをコンペ形式・対バン形式で上映する異⾊の映画祭です。
昨年2017 年は『聖なるもの』『少⼥邂逅』『なっちゃんはまだ新宿』と3本が単館上映を果たしました。
MOOSICLAB 公式HP

作品について

タイトル『ドキ死』
監督 井上康平

コラボミュージシャン Nakanoまる

出演 Nakanoまる、田中健介、華村あすか、岩崎拓馬脚本

脚本 鳥皮ささみ

公開:2018 年11⽉ 新宿K's cinema

その他映画祭への出品を予定しています。

ストーリー

主人公の並子(nakanoまる)は恋をすると、その男性をストーキングしてしまう24歳。無口な彼女は家に帰ると意中の男性への思いをしたため、決して人前で披露することはない歌を家で口ずさむ。ある日、恋に臆病なあまり並子と同じくストーキングをする順平が現れて…。

ちょっぴり可笑しくてちょっぴり切ないラブコメディドラマ。

メインキャスト

■並子:Nakanoまる

・プロフィール

福岡県糸島市出身

2017年ミスiD審査員特別賞後、つるうちはな主催レーベル「 花とポップス」に加入。
圧倒的、狂気的、かつキャッチーな表現で、 あらゆる人を中毒にする魅力を持つ、 唯一無二のシンガーソングライター。

2017年11月8日、花とポップスより全国デビューアルバム「 MOM」発売決定!

・コメント

今回MOOSICLABに監督に誘ってもらった時は、もうそりゃ飛び上がりました!

たくさんの人とわいわい制作することが大好きなので、本当に飢餓状態でした。しかも、やったことのない短編映画!

映画×音楽の実験室!掛け合わせて何を作ろうと本当にドキドキして死にそうでした!ははは

だけれどもー!

お金がなーーーーーーーい!ということで、みんなでわいわいもっと輪を広げさせていただきたく!

みなさんのお力を貸していただきたく!!!このプロジェクトを立ち上げました。

お金がない中で試行錯誤して作っていくみたいなものも大事だとおもうのです。

でも、監督のやりたいこと、脚本の映像化、楽曲制作、、、、本当にわがままばっかりなのですが、でもでもでもやりたい!!!!気持ちに逆らえず、、、、、

 

 

この、CAMPFIREクラウドファンディングを設立された家入一真さんが

-----------

「こういうことやりたいけど、お金がないからやれない」ということって、本当に多いと思うんです。だけど今は、クラウドファンディング、CAMPFIREがある。僕は「お金がない」というイイワケを、この世界から無くしていきたいんです。だからまず、CAMPFIREで声を上げてほしい。

引用→https://www.find-job.net/connect/campfire/

----------

ということで、私自身は既に2回もプロジェクトを実行させてもらったのですが、、おこがましくまたまたやらせて欲しいです。すいません

 

よろしくお願いします!!!!

 

■順平:田中健介

・プロフィール

1995年4月1日生まれ

千葉県出身

@monochrome546

現在、東京大学美術史学専修で、日本画を研究する傍ら、

四つ打ちEDM演劇を標榜する劇団「しあわせ学級崩壊」に所属。


「大脱走〜きゃっちゃ、いんざ、らい」(作・演出/岡本セキユ)

「みのほど」(作・演出/越寛生)

「焔の命」 (作・演出/松澤くれは)

「おかえりのないまち。色のない」 (作・演出/中島庸介)

「非国民的演劇」 (作・演出/僻みひなた)

 

・コメント

初の映画出演、しかもそれが数々の監督、ミュージシャン、 そして俳優を生み出してきたMOOSIC LABの作品であること、ワクワクが止まりません。

僕が演じる順平は、想いを寄せる女性をストーカーする男で、 ともすれば(当然?)気持ち悪い人物ですが、 どうも憎めない愛嬌があります。そこを演じ切りたいです。

皆さまの力を借りながら、ドキドキで笑える、 ポップなラブコメを全力で作り上げたいと思っています。

 

■麗名:華村あすか

・プロフィール

1999年3月18日生まれ
山形県出身
2017年8月「週刊プレイボーイ」の表紙・ 巻頭グラビアでデビュー。
 
出演作
【TV】
TBS「サンデー・ジャポン」
CX「笑うヒットパレード」
TX「宮本から君へ」ヒロイン
CBC「ボイメン新世紀 祭戦士ワッショイダー」ヒロイン
TX「さまスポ」
【WEB】
ひかりTV「ヒトコワ」
【広告】
仙台PARCO
【雑誌】
週刊プレイボーイ
ヤングジャンプ
スピリッツ
週刊現代
フライデー
SPA

・コメント

今回のドキ死では、 明るい性格で容姿端麗な女性を演じさせて頂きます。

オーディションの時、一番最初で実は緊張していました…。
ですが、 以前から明るい性格の女性を演じてみたいと思っていたのでこのような機会を頂けて嬉しく思っています。
しっかり役に努め、 何か少しでも吸収出来るよう頑張りたいと思います。

 

■ヤマシタ:岩崎拓馬

・プロフィール

1989年5月26日京都府生まれ。

 

インスタグラム:https://www.instagram. com/takuma_iwasaki

 

Twitter:https://twitter.com/ 05Iwasaki

 

PRポイント:涼しげな目元 物怖じせず、誰とでもすぐ仲良くなれる性格 オシャレすぎる

 

主な出演作:

【CM】

2017年

ソラシドエア

Honda Nシリーズ

【スチール/ポスター】

「BEAMS 2018 Spring/Summer」

装苑×zoff ビジュアルプロジェクト

等多数出演。

 

俳優業もスタートし、活動の場を広げています。

 

・コメント

今回『ドキ死』 で山下ナオヤ役を務めさせて頂くことになりました、 岩崎拓馬です。普段、モデルのお仕事が多いので、 映画にでれるのがすごく嬉しいし、すごくワクワクします。
しかも山下くん、とてもカッコいいじゃないですか。
非がなさすぎて演じるのが大変そうだけどw、 とにかくたのしんで沢山の方に観て頂ける作品にします。

 

■監督:井上康平

・プロフィール
1993年生まれ。
東京都北区出身。
下町ディレクター。
主に広告に携わりながら、「PNG」という集団で演劇をしている。
Twitter:@heiko_desu
 
・コメント
改めまして井上です。

・「抑えきれない衝動」とか「理解されない行動」というのは誰にでもあって
個人的な思いとか背景とかがスルーされちゃうと、人に嫌われたり避けられたり。
でも嫌われてもいいからもっと自由に生きようぜ自分
 
と、深夜3時のデニーズで
いつ書いたかさえも分からない謎のメモ書きを見ながら
今回の企画を考えていました。
 

音楽をお願いしたのはNakanoまるさん。
Nakanoまるさんの歌はそんな衝動を代弁してくれるような強さと優しさがあって
そのパワーを演技でもスクリーンで、遺憾無く発揮してくれると思います。
脇を固める役者陣も
陰湿な表情ながら光と知的さを感じる田中健介さん
男が惚れる爽やかな男、岩崎拓馬さん
女が嫉妬しちゃうほど素敵な女の子の華村あすかさん
と、イメージ通りの素晴らしい俳優部の方々も集まってくれ、
大好きなスタッフ達とこの映画を撮れることに感謝しています。
 
 
「映画が世界を変える」なんて考え無しに言うムードは嫌いです。
でも、映画はすばらしい助けにもなってくれるし、
先生や友達代わりにもなります。
勇気をくれることだって、
必要な辛さや暗さを感じさせてくれたりもします。
巨大なパワーにならなくてもいい。たった1人でもいい。小さなことでもいい。
誰かが救われる、そんな映画を作りたいです。

 

▼資金の使い道

ロケ地費⽤
撮影・照明機材レンタル代
⾞輌費
キャスト費

▼リターンについて
 
▼最後に 

ここまで読んでいただき、有難うございました。
今回クラファンを実施するにあたって、色々と考えているうちに
ふと昔のことを思い出しました。
 
小さい頃から何かに執着する子供でした。
サッカーが好きなのに、チームに入らず(自己紹介が怖かった)
誰もいない公園で、1人で、ボールを蹴っていたこと。
そこは僕だけの公園で、僕だけの世界でした。
 
でもサッカーって1人じゃできないんです。
高学年になってやっとチームに入った時、どう思われるのか怖くて、
知りたくなくて、でも勇気を出して、自己紹介をして、
初めて父親以外の人とパス交換をした瞬間、
なんでこんなに楽しいことを早く始めなかったんだろうと
感じたことを覚えています。
 

今回もそんな気持ちです。
映像も一緒で、1人じゃ作品は作れない、
たくさんの人の力をお借りしてやっと作品が出来上がる。
勇気を出してやっと自己紹介ができるほどのちっぽけな自分ですが、
Nakanoまるさん始め、素晴らしいキャストの方々、大好きなスタッフ、
本当にたくさんの人たちが、携わってくれました。
 
絶対にいい作品にします。
みなさまの力をお貸しいただけませんでしょうか。
ご支援いただいた全ての方々に感謝の気持ちを持って、この作品を完成させます。
何卒よろしくお願い申し上げます。
 
井上康平

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください