たくさんの人と共有したい旅の思い出はありませんか? 旅の文章を広く公募し、集まった作品で冊子作成と展示会を開催するプロジェクトです。旅をする人や文章で表現したい人に作品を形にして発表する場を提供し、冊子を読む人や展示会を見に来る人に「次はどこへ行こうか」と想像し、ワクワクしてもらうことが目標です。

プロジェクト本文

◆タビノコトバについて

 

タビノコトバとは、「旅の偶発的な出会い」をテーマに、

1.旅の文章を世界中から公募する

2.1冊の冊子を作成する

3.展示会を開く

という企画です。

 

それでは、この3つの段階を順番に説明していきたいと思います。

まず、2016年7月1日から9月4日の期間に、旅の出会いを綴ったエッセイ、心の描写を綴った詩、誰かへの想いを綴った手紙など、ここではないどこかを旅した文章を広く公募しました 。

結果、107作品の応募がありました。

応募作品の中から10〜15点の採用作品を掲載した冊子を作成し、旅の偶発的な出会いをテーマに描かれた選りすぐりの作品を読んでいただきます。

さらに、2016年11月23日〜27日まで東京江戸川橋のギャラリーNIWにて、募集された作品を展示する「タビノコトバ展」を開催して作品を披露します。

旅×公募×冊子×展示」と、旅を通した文章表現の場を提供し、作品を共有し合う機会を作りたいと思っています。


タビノコトバについての詳しい情報はこちらをご覧ください。

http://tabinokotoba.tumblr.com/

 

 

 

◆プロジェクトで何を実現したいか?


このプロジェクトで実現したいことは、「ワクワクの共有」です。

今すぐに旅のブログを作ることはできます。旅の思い出をSNSに載せることもできます。しかし、実際に文章作品を冊子として形にし、グループ展として企画することは大変なことだと思いませんか? 

今回のプロジェクトでは、ひとりでは実現することが困難な冊子制作・展示会をタビノコトバがプロデュースし、作家に作品を形にする喜びを感じてほしいと思っています。

また、支援をしてくださった方々には、「旅×公募×冊子×展示」という新しいスタイルの企画から作られた“ワクワクするような作品”をお見せしたいと思っています。

 

 

◆こんな冊子を作ります


題名:「タビノコトバ」

完成予定:2016年11月

形態:A4サイズ、32ページ(予定)

内容:応募して頂いた作品の中から10〜15作品を採用

入手方法:クラウドファンディングでのリターン・展示会での直販・ネット販売のみの限定販売

 

これまで、旅の記録や写真をまとめた本はありましたが、旅の出会いにまつわる話を一般公募し、冊子にまとめた作品はほとんどなかったのではないでしょうか。そういった意味でも、新しい冊子だと考えています。

沢山の方々の旅の出会いにまつわる話を読んでいただくことで、自分自身の旅を思い出して他者と共有することや、次の旅へと想いを馳せてワクワクしていただくことができる冊子になっています。

そんな素敵な時間を味わっていただけることが、「タビノコトバ」の魅力です。

 

◆こんな展示会を開きます


展示会場:東京江戸川橋、ギャラリーNIW

展示期間:11月23日(祝・水)〜 27日(日)

展示内容:応募していただいた作品の中から、冊子に掲載されなかった作品を含めて展示

イベント

1. オープニングパーティー(11月23日)

2.世界一周経験者であるタビノコトバスタッフと、作家が交わったトークイベント(調整中)

3.その他も企画中

 

写真でも絵でもなく「文章」が中心の展示会というのも、珍しいのではないでしょうか。
5日の展示期間で、今回のクラウドファンディングのリターンでもあるオープニングパーティーを開催したり、スタッフや作家のトークイベントを企画しています。展示やイベントを通して、同じように旅が好きな方や文章表現したい方同士の交流の場となればと考えています。
旅のような特別な出会いを、本展示会でも経験していただけたら本望です。 

 

 

◆活動実績と今後の計画


タビノコトバでは冊子と展示のための作品を募集しました。7月1日の募集開始から9月4日の募集終了期間まで、「旅の偶発的な出会い」をテーマに107通の応募がありました。 

11月までに、応募された作品から厳選された10〜15作品を1冊の冊子として作成し、今回のクラウドファンディングのリターンとしてお送りします

また、11月23日からの展示会では冊子に掲載されなかった作品を含めて展示し、来場してくださる多くの方々に作品を観ていただきます。

 

 

◆支援のお願い


ここで皆様にお願いがあります。冊子作成・展示会開催資金の一部である20万円を支援していただけないでしょうか。

主な使い道は、展示場レンタル費用、額装費用、冊子印刷費用です。

 皆様より多くの支援をいただくことができれば、冊子の紙質や展示の工夫など、より質の高い作品を作ることができます。どうか、お力をお貸しください。

 

 

 

 ◆お礼の品について
 

------3000円のご支援をして頂いた場合①------

【冊子タビノコトバ】

完成した冊子・タビノコトバをお送りします。

【冊子タビノコトバにお名前掲載】

完成した冊子・タビノコトバの「Special Thanks欄」に、お名前を掲載いたします。

※掲載を希望されない方はメッセージにてご連絡ください。

 【卓上カレンダー】

タビノコトバスタッフが撮影した旅の写真を、卓上カレンダーにしました。

 

 

------3000円のご支援をして頂いた場合②------

【冊子タビノコトバ】

完成した冊子・タビノコトバを5冊お送りします。

【冊子タビノコトバにお名前掲載】

完成した冊子・タビノコトバの「Special Thanks欄」に、お名前を掲載いたします。

※掲載を希望されない方はメッセージにてご連絡ください。

 

 

------5000円のご支援をして頂いた場合------※限定20名

冊子タビノコトバ

完成した冊子・タビノコトバをお送りします。

冊子タビノコトバにお名前掲載

完成した冊子・タビノコトバの「Special Thanks欄」に、お名前を掲載いたします。

※掲載を希望されない方はメッセージにてご連絡ください。

 【卓上カレンダー

タビノコトバスタッフが撮影した旅の写真を、卓上カレンダーにしました。

オープニングパーティーにご招待

2016年11月23日に東京江戸川橋のギャラリーNIWで行われるオープニングパーティーにご招待いたします。

 

 

------10000円のご支援をして頂いた場合------【限定5名】

【冊子タビノコトバ】

完成した冊子・タビノコトバをお送りします。

【冊子タビノコトバにお名前掲載】

完成した冊子・タビノコトバの「Special Thanks欄」に、お名前を掲載いたします。

※掲載を希望されない方はメッセージにてご連絡ください。

 【卓上カレンダー】

タビノコトバスタッフが撮影した旅の写真を、卓上カレンダーにしました。

【オープニングパーティーにご招待】

2016年11月23日に東京江戸川橋のギャラリーNIWで行われるオープニングパーティーにご招待いたします。

【額装したタビノコトバ作品1点】

完成した作品の中から、お気に入りの作品を額装してお渡しします。

 

 

------30000円のご支援をして頂いた場合------【限定1名】

【冊子タビノコトバ】

完成した冊子・タビノコトバをお送りします。

【冊子タビノコトバにお名前掲載】

完成した冊子・タビノコトバの「Special Thanks欄」に、お名前を掲載いたします。

※掲載を希望されない方はメッセージにてご連絡ください。

 【卓上カレンダー】

タビノコトバスタッフが撮影した旅の写真を、卓上カレンダーにしました。

【オープニングパーティーにご招待】

2016年11月23日に東京江戸川橋のギャラリーNIWで行われるオープニングパーティーにご招待いたします。

【お礼の品を持って会いに行きます(日本国内)+ 額装したタビノコトバ作品】

タビノコトバスタッフがお礼の挨拶に行かせていただきます。

私たちスタッフが、ご支援者様に会ったときのことを書いたタビノコトバ作品を額装してお渡しします。

 

 

 

◆最後に


2016年9月4日に、第一回タビノコトバの募集が締め切られましたので、まだ「タビノコトバ」の冊子が完成しておらず、分かりづらい部分もあったかと思います。それでも、最後まで読んでくださった全ての皆様に、心より感謝いたします。本当にありがとうございます。

そもそもは、自分一人だけの冊子を作成しようと思っていました。

自分で考え、自分で書き、自分で展示する。こんな簡単なことはありません。具体的に文章を書き始め、いよいよ作品がある程度出来上がってきたときに、「この企画を一人だけで行っていいのだろうか?」と、考えるようになりました。

 

なにかを創り上げることは、とてもワクワクすることです。

文章を書くことも、冊子として形になることも、展示をして人に見てもらうことも、全てがとてもワクワクします。初めて写真の個展を開き、作品を人に見ていただいたとき、私は嬉しくて、ありがたくて、泣きそうになりました。このワクワク感を、自分だけで楽しむのではなく、人と共有し合えれば、その喜びはさらに拡がるのではないかと思い、今回の企画に至りました。

 

旅と文章には不思議な力があります。

誰しもが体験してきた個人の旅を、そっと振り返って文章にすることで、その旅は特別な旅へと変化します。

ぜひ一度、自分の旅を振り返り、文章にしてみてください。そして、他の誰かの文章を読み、あなたの旅とリンクさせてみてください。

タビノコトバ展で、皆様の旅と出会えることを心よりお待ちしています。

あなたもタビノコトバを読んでみてください。

 

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください