プロジェクト本文

--------

製作秘話ダイジェスト

 本編インタビュー動画はこちら
---------

はじめに
「両開きのスーツケースは使いづらいなー。」と思ったことありませんか? 荷物がパンパンになって乗っかって閉じたり、空港やホテルで出し入れするのに半分に開くので場所をとったりします。なので、立てたままフタ側10%と本体側90%に荷物を開ければ楽だよね!という発想から今回の「Carryco with me」が登場しました。さらに使いやすさとデザインも追求しました。



▼プロジェクトをはじめたきっかけ
HIU(堀江貴文イノベーション大学校)の定例会で、堀江さんと対談していたゲストの人気ブロガーちきりんさんの一言がきっかけでした。
ちきりんさんはブログでも旅行に便利!!ということで大きなソフトスーツケースを勧めています。

ちきりんさんブログはこちら

 その日の定例会でもソフトスーツケースがどれだけ良いのかというのを、堀江さんと一緒に熱く語っていたんですが、「でも、日本のソフトスーツケースって地味なのしかないよね?」という一言。

この一言をきっかけに、HIU物販グループの旅行好きとファッションが大好きなメンバーが集まって、「今までにないスタイルの便利なソフトスーツケースを作ろう !」となりました。


追記:ちきりんさんのブログでも本プロジェクトは紹介されました!
http://d.hatena.ne.jp/Chikirin/20160901

▼このプロジェクトで実現したいこと
パッキングを楽にして、ステッカーでカスタマイズして自分だけのスーツケースで世界で遊んで欲しい。

▼まだロゴも決まっておりません
募集終了後に支援者様全員にアンケートをお送りしてロゴを決定致します。
ロゴのアイディアも同時に募集中です!


※現在のロゴイメージです

▼商品について
大型のソフトスーツケースは、日本ではあまり売っているところを見かけません。ほとんどのお店が、ハードタイプのスーツケースが売られています。
でも、海外に行くと「ハードタイプ」ではなくて「ソフトタイプ」が、主流なんです。実は、ソフトタイプは、便利で使い勝手が良いし、イメージよりも頑丈にできています。
例えば、ハードタイプは、両開きタイプなので、狭いスペースだと場所をとって邪魔になる上に、収納が2 箇所に分かれてやりにくいです。ソフトスーツケースは、片開きなので、スペースもあまりとらず、収納も奥行が深いので入れやすいです。

■■商品特長■■


 


 

※ブルー以外は参考商品です。

 

 

 

▼HIU 物販プロジェクトとは
私たちはHIU(堀江貴文イノベーション大学校)のメンバーで結成した有志のプロジェクトチームです。飲食店経営、会社員などメンバーの職種は様々です。今回素晴らしい製品のコンセプトと出会い、このスーツケースを世に出すためそれぞれのスキルをいかして取り組んでいます。

▼最後に
HIU 物販プロジェクトでは、ずっと何かをやりたいという想いがありながら、これといったものがなく、ずっとくすぶっていました。
その時に出会ったこの企画に、8 人のメンバーの心に火がついて、すぐにプロジェクトが始動しました。
それから、試作品が完成まで1 年半という月日が経ちました。
いざ作ろうってなった時に、理想とするソフトスーツケースを作ってくれるところが
笑うほど見つからず、やっとみつけたかと思うとうさんくさい工場だったり、もう自分たちで作ることは出来ないんじゃないか?と頭を悩ませられる問題が次から次と現れて、何度空中分解しそうになったかわかりません。
でも,行き詰まりや,失敗を乗り越えた分だけキャリコの改善につながりました。
そんなキャリコを持ってわくわくしながら遊びや旅行に行く人が増えるといいなと思っています。
応援よろしくお願いします。

 

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください