日本の三大パワースポットである聖域の岬がある石川県珠洲市の三崎町で古民家を完全にリノベーションし、地球上全ての方の「心の故郷」と言っていただけるようなゲスト+シェア+修行場を作りたいと思っております。一人様からグループでの宿泊、学生サークルや企業様などにもご利用していただきたいと思っております。

プロジェクト本文

下記は例です。ご自由にご入力ください。

▼はじめにご挨拶

皆さんこんにちは。

この度 私どもは日本の三大聖域の一つ「聖域の岬」と呼ばれる珠洲岬があります石川県珠洲市三崎町にて、一つの古民家を『心の故郷』として愛していただける場所にしたいと思い、クラウドファンディングで募集をさせていただこうと思いました。北陸地区というのは、全国的にも観光名所として広く知られており、北陸新幹線の開通で東京から金沢市までのアクセスは非常に良くなりました。また、金沢市の隣の野々市市は全国で住みたい町ランキングで一位に輝いた町であったり、お隣の県の福井県は、全国で一番幸福度が高い町で知られています。北陸地区もう一つの県である富山県も、富山県のサイト訪問高感度が一位、田の面積の割合(43.8%)は、都道府県ランキングで47都道府県中1位、人口100万人あたりの都市公園数(1,731.54公園)は、都道府県ランキングで47都道府県中1位と北陸三県は緑に囲まれ海もあり山もあり四季もはっきりと味わうことができる町としてのインフラは完璧といえる位に整った町です。

 

食に関しては、海鮮系ではのどぐろや甘エビなどは有名ではないでしょうか。野菜などでは加賀野菜などが有名です。お肉に関しても、まだまだ全国区ではないかもしれませんが能登牛があり、能登牛の専門店ですき焼きとステーキをリーズナブルな価格で提供しています。食に関しては、肉、魚、野菜、酒など何を出しても全国の中ではトップクラスの食材が揃っているかと思います。

 

今回私どもが行うプロジェクトは、金沢市からは少し離れた場所にある珠洲市の三崎町という町の古民家をリノベーションして全国の皆様の心のよりどころであり、「心の故郷」と思っていただける田舎を作りたいというプロジェクトです。自分達の手の中にあるものを活かして世の中の方々の癒しのスポットにしていきたいと思っております。

▼このプロジェクトで実現したいこと

先ず第一にクラウドファンディングをすることで6LDK+2部屋ある古民家を完全リノベーションし、ド田舎にひっそりと建つ美しい宿がこんなところに存在するんだ?ということを皆様方に知っていただきたいと思います。

その他に、北陸新幹線が開通し、金沢市には行ったけど能登半島には行っていないという方に是非とも能登半島のよさを知っていただきたいと思います。

もう一つありますのが、この場所を、ひと言で言えば「修行ができる宿」という新感覚の宿にしたいと考えております。昼間でも波と風の音が聞こえる位の町で、夜になればこの地区は無音になると言っても過言ではない位に静かな町になります。そこで心を落ち着け、色々と考えたり、見つめなおしたりできる宿にもしたいと考えております。

宿泊時のお料理に関しては、石川県の郷土料理や、その郷土料理をアレンジした昔ながらの精進料理を想定しております。お料理は完全予約の形を取らせていただきます。その他に食材のご用意はこちらでさせていただき精進料理を完全レシピ化して皆様方で作っていただける体験型もご用意する準備を進めております。

 

一つ付け加えますと、小民家の直ぐ裏手の山の中に私どもの親族関係のやっている専称寺という女性住職がいるお寺さん(安宅山さん)があります。そちらも利用することが可能で定期的にイベントなどもおこないたいと思っております。、町民の方々を集めて本堂を使用し、カラオケ大会なども行ったりしているようです。勿論、説法などを聞いて説くといったことも可能です。

 

冒頭でも書きましたが、今回のプロジェクトを実施する地区は、日本の三大聖域の一つである聖域の岬(珠洲岬)がありこの地は、海流が交じり合い”気”がある場所として、数々の伝説が残されていました。500万年のときを経てできた青いブルーのパワーホールは必見です!

伝説のパワースポット「珠洲岬」の詳細はこちら

 

今回の古民家の写真を掲載させていただきます。

【正面】

 

【左斜め】

 

【右斜め】

 

【家の目の前は日本海です】

 

【海の奥の方まで歩いていけます】

 

歩いて10秒の位置で釣りをすることも可能です。

 

▼プロジェクトをやろうと思った理由

私は、生まれて直ぐにこの能登半島に住むおじいちゃんとおばあちゃんに預けられて小学校に上がる頃まで育ててもらいました。私のおじいちゃんは私のいうことには何一つ首を横に振らないおじいちゃんで何不自由なく育ててくれました。またおばあちゃんも同じく全て「いいよ」といっていつもニコニコしながら私を育ててくれました。私は物心つく頃にはずっと都会暮らしをしていました。金沢市にも少しだけ住み、その後は、京都、名古屋、横浜、東京と人生の殆どは都会で暮らすようになりました。関東圏に住んで早20年ほどになるかと思います。

勿論、定期的におじいちゃんとおばあちゃんの顔を見るために田舎の方に会いに行ってはいたのですが、それが田舎のよさに気付く理由に自然となっていきました。

 話は少し逸れますが、ドイツの建築家でミース・ファン・デル・ローエという方が提唱する「Less is more」という言葉があります。これは私が20代の半ば辺りに建築関係の友人から聞いた言葉ですが、直訳すると「少ないほど、豊かである」と解いた言葉です。

今だからこそ、その理由がわかるような気がしています。ここまでお読みになって下さった方ならお気づきかも知れませんが、今回の古民家は、おばあちゃんから譲り受けた(譲り受ける)ものになります。

 

ここで少しだけここでおばあちゃんの家計(近江家)と親戚筋にあたる角田家(元天皇家の血筋)についてと、能登半島の伝説についても少々お話させていただきたいと思います。

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

琴江院(キンコウイン)に角田家と近江家の家計図があると伝えられています。

角田家とは、過去の天皇の血筋を引く家計であると伝えられています。
近江家は、近江商人で有名な近江の国の人であったと伝えられており、
過去かなりの財をなした旧家であると伝えられています。

その当時、旅人などに一晩の宿を貸してほしいと言われた際に、
旅人達は一宿一飯の恩義に応えて田畑の耕作に貢献してくれたようです。

すでに亡くなられた方ではあるのですが、これは母親が介護の中、直接聞いた話であり、
金沢市の金大の教授が仰られていたお話です。


今回のプロジェクト実施場所から車で数分の場所にある珠洲神社は、源 義経が奉納した
「蝉折の笛」で有名でもあります。

秋になれば大迫力の日本最大のキリコ祭りが今回のプロジェクト実施場所で行われます。


その他にも沢山の伝説があるといわれている能登半島でロマンを探してみてはいかがでしょうか?

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

ちなみにもう一つお話させていただきますと、現在では、唯一この地区に全国でも有名な温泉宿があります。名称は「ランプの宿」といい、私どもの親戚が営んでいる全国でも有名な温泉旅館になります。

ランプの宿の詳細はこちら

【概観①】

【概観②】

【温泉①】

ランプの宿はこのようなイメージです。

 

 

パワースポットのお話をしましたが、ランプの宿は丁度、聖域の岬のど真ん中を通っておりブルーのパワーホールの位置にあります。そして、私どものプロジェクトを実行する古民家の位置も気流の丁度ど真ん中の位置を通っています。

 

説明が長くなりましたが私のルーツであり、おばあちゃんから譲り受けた能登半島の古民家に命を吹き込み、必要な方々に使っていただきたいという思いで今回のプロジェクトを思い立ち掲載させていただきたいと思いました。

 

私を育ててくれて、いつも何をするにも応援してくれたおじいちゃんも今では病院の方で寝たきりになってしまいました。

【おじいちゃんと私の幼少期です】

 

【施設で眠っているおじいちゃん】

 

 

【おばあちゃん】

おばあちゃんに賃貸借契約書に長期契約の形でサインをしてもらいました。建物の賃貸借契約書と土地の賃貸借契約書の二点になります。

 

おじいちゃんとおばあちゃんが生きている間に能登半島に癒しを求める方々が沢山来てくれて、ここは本当にいい町だねと言ってもらえるプロジェクトにしたいと心から思っております。 

親戚筋とも連携して、より能登半島が栄え、皆様に求められる町になればいいなと思っております。

▼これまでの活動
▼資金の使い道

●『皆の心の故郷』ゲスト+シェア+修行場のリノベーション費用

●大工・土木の職人一ヶ月の費用(一人) 私を含め他4~5名で作業いたします。

●シャワー・トイレの付け替え費用

●必要家電の購入費

●必要家具の購入費

●野外のバースペース費用

※予定金額を超えた場合、増築なども視野にいれております。

▼リターンについて

 5000円から1000000円までの計8パターンご用意させていただきます。

▼最後に

 何度も復唱させていただきますが、今回のこの田舎再生の意味も込めた「心の故郷プロジェクト」でより多くの方々に石川県(能登半島)のよさを知っていただき、心の底から「ここが私の心の拠り所かも知れない」と思っていただけるような場所を作り上げたいと思っております。

今回はお話はさせていただいてはおりませんが、古民家の直ぐそばに広大な山と田畑があります。そこで今後農業体験やブランド野菜作りなど様々な案件を実施することも視野にいれております。土地は全て私の祖母の私有地ですので、自由に使用することが可能です。

一般市場価値としては全国どこの田舎も価値がないと言われていますが、世界の中でも一番心を大事にする日本人であれば、能登半島のよさを理解していただけると私どもは思いました。

素晴らしい環境やエネルギーが通う石川県の珠洲市に皆様の少しずつの元気を与えていただけはしませんでしょうか?

そして、この先皆様から愛され真の意味で心の故郷だと感じていただけたら本望です。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください